アイスプラントの育て方・栽培方法

アイスプラント

1.アイスプラント栽培の特徴と時期


アイスプラントの育て方手順に沿って、畑やプランターでアイスプラントを栽培してみましょう!
アイスプラントは簡単に育てられるので、初心者が栽培するのにもオススメの野菜です。

アイスプラントの栽培データ
■アイスプラントの栽培難易度:★★★☆☆
■分類: ハマミズナ科メセンブリアンテマ属
■原産地:南アフリカ
■アイスプラントの旬:5~7月、11~3月
■栽培時期:春まき、秋まき
 春の種まき:2~3月、収穫時期:5~7月
 秋の種まき:9~10月、収穫時期:11~3月
■連作障害:少ない
■好適土壌pH:6.0~7.5
■発芽適温:15~20℃
■生育適温:5~25℃

〇アイスプラントの種が買えるお店

アイスプラントの種を買いたい場合は、販売店をのぞいてみましょう!

〇特徴

アイスプラントは、年2回収穫することができる野菜で、アイスプラントの旬は、5~7月と11~3月です。アイスプラントは多肉植物で、南アフリカが原産とされています。
アイスプラントは、健康志向のニーズにより、近年注目されるようになった野菜です。アイスプラントは、根から塩分を吸い上げ、葉や茎の表面の細胞に蓄えるので、食べるとほんのりとした塩味を楽しむことができます。葉や茎に付いている水滴状の透明な細胞が、凍ってキラキラと見えることから「アイスプラント」という名前が付いたと言われています。
家庭菜園初心者の場合は、市販の苗を植え付けて育てると栽培がしやすくなります。

〇栄養価

アイスプラントは、βカロテンや土壌中から吸収したミネラルを多く含んでいます。 生活習慣病の予防、血糖値の低下作用、老化防止などに効果があるとされています。

〇品種

アイスプラントは、『アイスプラント』『プチサラ』『プリアン』などの名前で販売されています。『プッチーナ』『ソルトリーフ』などの産地名で呼ばれているものもあります。

〇栽培のポイント

アイスプラントは、高温と多湿に弱い野菜ですので、水はけと風通しのよい場所で栽培します。種は非常に小さく、25℃を超えると発芽率が悪くなります。

〇栽培時期

種から栽培する場合、春まきは2月中旬~3月下旬、秋まきは9月上旬~10月中旬が目安になります。発芽適温は15~20℃、生育適温は5~25℃です。

〇連作障害

アイスプラントは、連作障害が少ない野菜です。

〇好適土壌pH

好適土壌pHは6.0~7.5になっています。種まきの2週間以上前に畑に苦土石灰を施します。

2.アイスプラントの栽培方法(畑・プランター)

肥料

アイスプラントは、高温多湿の場所を避け、日当たりの良い場所で栽培します。また、塩水を与えて育てるため、畑栽培よりもプランター栽培が適しています。

〇種まき

春まきは2月中旬~3月下旬、秋まきは9月上旬~10月中旬までに作業を行います。25℃を超えると発芽率が悪くなりますので、適期を守るようにします。3号ポット(9㎝径)に培養土を入れ、3~4粒ずつ種をまきます。種はとても小さいので、薄く土を被せます。種をまいた後は、種が流れてしまわないように注意します。発芽したら間引きを行い、本葉2~3枚までに1ポット1株にします。

〇土づくり

アイスプラントを栽培するためには、水はけの良い場所を選び、植え付けの2週間前までに土作りを行います。苦土石灰1㎡当たり100gをまいてよく耕します。植え付けの1週間以上前になったら、堆肥1㎡当たり2kg、化成肥料100gを畑全面にまいてよく耕します。土をよく混ぜたら、畝幅60~90㎝、高さ10~15㎝の畝を作ります。

〇植え付け

本葉5~6枚に成長したら、畑に植え付けます。植え付け時期は、畝にポットの大きさと同じくらいの植え穴を作り、株間30~50cmにします。ポットを逆さまにして苗を取り出し、根鉢の土を崩さないようにして植えます。アイスプラントは、茎や根が軟らかくて折れやすいので注意します。植え付け後は、土を寄せて苗を安定させ、株がぐらつかないように軽く押さえます。水やりの際は、葉に泥はねしないように、手で水を受けるようにして行います。

〇プランターでの栽培方法

プランター栽培では、標準サイズ(60㎝以上)を使用するようにします。一つのプランターに2株が栽培目安となります。株間は25~30㎝にします。水はけを良くするために、鉢底石や網袋に入れた発泡スチロールを底部に敷きつめます。土は市販の培養土を利用すると簡単です。土はプランターの高さ8分目まで入れ、ウオータースペースを作ります。
種まきから栽培する場合は、育苗ポットに種をまき、成長した苗をプランターに植え付けます。市販の苗を植え付ける場合も、畑の場合と同じように行います。ポットを逆さまにして苗を取り出し、根鉢の土を崩さないようにして植えます。アイスプラントは、茎や根が軟らかくて折れやすいので気を付けます。植え付け後は、土を寄せて苗を安定させ、株がぐらつかないように軽く押さえます。水やりの際は、葉に泥はねしないように注意します。

3.アイスプラントの栽培手入れ

水やり

〇水やり

アイスプラントは、多湿を嫌うので、水のやり過ぎには注意します。土の表面が乾いた際に、軽く水やりをします。収穫期前は水やりを控えめにして、乾燥気味にします。収穫の2~3週間前になったら、塩分を含んだ水を与えます。1リットルの水に対して大さじ一杯の塩を入れ、2週間に1~2回ほどあげるようにします。塩分濃度を高くしても一度に吸収することはないので、1~2%の濃度で足ります

〇追肥

追肥は、苗を植え付けてから2~3週間ほどたったら、株の生育状況をみながら定期的に施します。プランター栽培では、化成肥料3~5gを株のまわりに施します。

4.アイスプラントの収穫時期について

アイスプラントの収穫

〇収穫適期

植え付けから1か月ほど経ち、葉が大きく育ったら、葉元をハサミで切り取ります。葉を2~3枚残して摘み取るとわき芽が多く出てきますので、次々と収穫ができます。葉が大きく育ちすぎると食味が落ちるので、早めに収穫するようにします。

〇生理障害

アイスプラントは、生理障害は出にくい野菜ですが、害虫に注意します。ネキリムシは、苗の茎の部分を切断してしまうので、見つけたら捕殺するようにします。

5.アイスプラントに発生しやすい病気と害虫

アイスプラントの病気

■主な害虫

〇ネキリムシ

ネキリムシは、カブラヤガ、タマヤナガなどの蛾の幼虫の総称です。成虫が、葉や茎に卵を産み付け、幼虫は孵化すると土に潜ります。幼虫は夜行性で、夜中に地際の茎や葉を食害します。食欲が旺盛で、元気な苗を食べ尽くしてしまいます。防虫ネットで成虫の飛来を防止し、本葉4枚以上の苗を植え付けて予防します。

アイスプラントの育て方を読んだあなたにおすすめの記事:

オルトラン粒剤の使い方・オルトラン効果まとめ!

2018.10.27




アイスプラント