バジルの育て方・栽培方法

バジルの育て方・栽培方法

1.バジル栽培の特徴と時期


バジルの育て方手順に沿って、畑やプランターでバジルを栽培してみましょう!
バジルは簡単に育てられるので、初心者が栽培するのにもオススメのハーブです。

バジルの栽培データ
■バジルの栽培難易度:★★☆☆☆

■バジルの旬:夏から秋7月~10月

■連作障害:出にくい

■栽培時期:春植え

■春の種まき:4月~5月
 春植え:5月~6月
 収穫時期:7月~10月

■バジルの苗や種が買えるお店
バジルの苗や種を買いたい場合は、販売店をのぞいてみましょう!
こちらから購入するとポイント還元があります。

バジルは年1回栽培することができるハーブで、バジルの旬は、夏から秋の7月~10月です。

バジルの品種としては、メジャーな『スイートバジル』をはじめ、『レモンバジル』『ダークオパールバジル』『ブッシュバジル』『ホーリーバジル』『アフリカンブルーバジル』『シナモンバジル』『タイバジル』『グリークバジル』『パープルラッフルバジル』など様々な品種があります。

バジルを使った料理としては、トマトと相性が良いため、トマトサラダや、トマトのピザに添えられたりすることが多いです。バジルのパスタ料理なども人気です。
バジルの栄養素としては、βカロチン、カルシウムK、シネオール、オイゲノールなどが含まれています。

バジルの科目はシソ科の1年草で、暖かい環境を好むという特徴があります。
バジルは、イタリア料理に利用することが多い香草のひとつで生命力が強く、プランターがあればマンションや狭い土地でも簡単に栽培をすることができます。

バジルは、熱帯アジアが原産の植物なので暑さに強くて生育旺盛で、草丈は30~60cm程度なので狭い場所でも栽培ができるという特徴があります。

スイートバジルであれば、初心者でも簡単に栽培をすることができるので、家庭菜園やマンションのベランダで栽培をするのに向いています。ただし、寒さには非常に弱く、霜にあたると枯れてしまいます。

バジルの種や苗は、ホームセンターで販売されているので、簡単に入手することができます。

バジルの苗

バジル栽培のポイントですが、日当たりのよい場所でたくさん日光にあてること、たっぷりと水や肥料を与えること、たくさん収穫をするために適切なタイミングで摘芯をすることです。

バジルの栽培時期と収穫時期ですが、種まきをする場合には4月~5月に、苗の植え付けは5月~6月に行います。高温性の植物で寒さに弱いので、十分に暖かくなってから種まき、または植えつけをすることがポイントです。

地域によっては、春の時期でも寒い日がある場合があるので注意が必要です。
種から発芽させる場合でも1ヶ月ほどで収穫することができるようになり、上手に育てると10月初旬頃まで収穫期が続きます。

バジルの好適土壌pHは5.5~7.0で、中性の土壌を好みます。
日本の土のほとんどは酸性なので、石灰や卵の殻などを加えることで土壌を中和させ、よく耕してから栽培をするようにしましょう。

連作障害はあまり出ないのですが、相性の良いトマトと一緒に植えて混作をすると良いでしょう。トマトの間にバジルを植えておけば両方とも良く育ちます。

ちなみに、トマトもバジルと共にイタリア料理の食材のひとつです。
自家栽培をして収穫をしたトマトとバジルを使って、イタリア料理を作ってみるのはいかがでしょうか。

2.バジルの栽培基本(畑・プランター)

肥料

バジルを栽培する場合には、畑または植木鉢・プランターを利用すると良いでしょう。バジルの根は、地面の下の方に向かって細く伸びる性質があるので、ある程度の深さがある植木鉢やプランターを利用すると良く育ちます。

バジルを育てる場合には、最初に土壌を用意する必要があります。
初心者の方であれば、ホームセンターなどで販売されているバジル専用の土壌を購入することができます。
販売されている土壌には肥料が配合されているので、そのままプランターや植木鉢に移して利用することができます。

バジルを畑で栽培をする場合には、苗を植える前に土作りをしておく必要があります。
酸性が強い土壌であれば、あらかじめアルカリ性の石灰を撒いて土壌を中和させておくようにします。畑は植え付けをする2週間ほど前に石灰を撒いて中和して、よく耕しておきましょう。

畑に肥料を混ぜる方法ですが、畝の真ん中に20cmほどの溝を掘っておいて、堆肥と油かす・化成肥料を入れてから埋め戻しておきます。
その後に高さ約10cm幅90cmほどの畝を立てておきます。バジルは、水や肥料を多めに与える必要があるので、水はけのよい畑を選ぶことが大切です。

バジル栽培にプランターや植木鉢を利用する場合には、水はけを良くするために一番底の部分に軽石の粒を敷き詰めておきましょう。
底部に大きな穴が開いている場合には、網を敷いてから軽石を敷いておきます。

土を敷き詰める場合には、プランターや植木鉢の中ほどの層に肥料を敷いてから土で覆います。バジルは葉菜なので、窒素を多く含む肥料を使用すると良いでしょう。

バジルを畑で栽培する場合でも、植木鉢やプランターなどで発芽させてから畑に苗の植え付けをしましょう。種まきの時期は4月後半~5月頃、苗の植え付けは5月~6月頃にします。バジルの発芽温度ですが、気温が15℃~20℃が最適です。

種まきをする場合の間隔の目安ですが、3号ポットに等間隔で4~5粒の種をまきます。バジルは好光性で暖かい環境を好む性質があるので、覆土はなるべく薄くすることがポイントです。
種まきをした後に発芽して苗が育つまでの間、常に土が軽く湿った状態を保つようにします。

種まきから10日ほどで発芽するので、そのまま水を与えて日光が当たる場所で育てましょう。
本葉が3~4枚になる頃に成長が遅い株を間引きします。

本葉が5~6枚程度になるまでに間引きを済ませておき、一本立ちさせておきましょう。
間引きした株については、根を切り取ってからよく洗って料理に使うことができます。

畑に苗を植え付けをする時期の目安ですが、十分に暖かくなって遅霜が降りる心配がなくなった後にします。八重桜が咲くようになり、少し蒸し暑く感じるようになったらちょうど良いでしょう。

発芽して本葉が5~6枚ぐらいに育った頃に、畑に苗の植え付けをします。畑の畝に条間約45cm、株間25~30cmほどの間隔で植え穴を掘っておきます。
根を傷めないようにして丁寧に植えましょう。

植木鉢で栽培をする場合には、8号鉢であれば1株、65cmのプランターであれば2~3株が目安です。
畑やプランターに苗の植え付けをする場合には、互いに根が触れ合うことがないように隣の株と十分に距離を開けておくことがポイントです。

3.バジルの栽培手入れ

水やり

大きな植木鉢やプランター・畑などに苗の植え付けをしたら、本格的に栽培を始めます。
バジルを栽培する際に特に重要なことは、水はけを良くしてやることです。

バジルはたっぷりと水を与えてやる必要がありますが、水はけが悪いと根が腐ってしまいます。
プランターや植木鉢を利用する場合には、ブロックなどの上に置いて、水が抜けるようにしておくようにしましょう。

バジルは日光を好みますが、夏の炎天下など強すぎる日差しには注意が必要です。
強い日光が当たらないようにするために、夏の日中はプランターや植木鉢を日陰に移動させるようにしましょう。

バジルを栽培する場合には水やりが欠かせません。
ジョウロを使って毎日葉や茎にも水をかけながら水やりをしましょう。

植木鉢やプランターに水をやる量についてですが、鉢の底から水が流れる程度が目安です。
畑で栽培をする場合でも内部の土が軽く湿った状態を保つことが大切で、カラカラに乾燥させないように注意しましょう。

日頃の手入れのコツは、丈が大きくなり過ぎないようにするために、こまめに間引きや収穫を続けて摘芯栽培をすることです。
摘芯栽培とは、メインの茎を剪定して脇芽を成長させることで逆三角形の形状に枝葉を広げる栽培方法です。

摘芯栽培の方法ですが、草丈が20~30cmに生長したら一番の芯(幹)の部分を切って摘んでしまいます。
摘芯をしなければ丈が高くなり過ぎてしまいますし、一番芯の部分に栄養が集まってしまうことで収穫量が減ってしまいます。

畑で野菜を栽培をする場合には、雑草が生えてくるので除草をする必要があります。
ただし、花を咲かせる雑草については、全てを除草せずに少しだけ残しておくことがポイントです。

バジルには害虫が付きやすいという性質がありますが、もしも近くに香りの花を咲かせるような雑草が生えていると、虫が雑草の方に付いてくれるからです。

畑で栽培をすると、野生化したカモミールが雑草として生えることがありますが、花の強い香りが虫を引きつけてくれるので、そのまま残しておくことができます。
カモミールの周辺には、バジルの害虫であるアブラムシを食べてくれるテントウムシも集まって来るので好都合です。

4.バジルの収穫時期について

バジルの収穫

バジルは、畑や大き目の鉢やプランターに苗を植え付けしてから数週間~1ヶ月ほどで収穫ができるようになります。

上手に栽培をすれば、6月から10月頃にかけての時期に、収穫し続けることができます。
収穫量を増やすコツは、葉が硬くならないうちにこまめ剪定や収穫をしてやることです。

バジルが成長するにつれて、葉が生い茂って花穂が出てきます。
剪定をしなければ6月~9月頃にかけて白い花を咲かせますが、一年草なので花を咲かせると早く枯れてしまう原因になってしまいます。

種を収穫する予定がなければ、花を咲かせないようするために花穂を摘んでおいた方が収穫期間を長くして収穫量を増やすことができます。
ちなみに、摘んだバジルの花穂は、天ぷらにすると美味しく食べられます。

バジルは暑さに強くて生命力の強い植物ですが、秋が来る前に枯れてしまう場合があります。バジルが途中で枯れる原因として多いのが、低温や強い直射日光です。

バジルは、高温多湿の地方の植物なので低温に弱く、春頃に種まきをして発芽する頃に一時的に気温が下がると枯れてしまいます。
強すぎる直射日光も枯れてしまう原因になるので、プランターや鉢植えを置く場所に注意しましょう。

人間が食べて美味しい野菜には虫も食べるために集まってきてしまい、害虫が原因で枯れてしまうケースもあります。

5.バジルに発生しやすい病気と害虫

バジルの病気

基本的にバジルは生命力が強い植物なので病気になりにくいのですが、病気で枯れてしまうケースもあります。

バジルに発生しやすい病気には、軟腐病や根腐れがあります。
軟腐病は、野菜に多い病気で、細菌が栄養や水の通り道を塞いでしまう事で枯れてしまう植物の病気です。

水をやりすぎたり水はけが悪い環境で育てると、これらの病気に感染しやすくなってしまいます。
病気予防のためには、水はけや通気性の良い環境と土作りが大切です。
病気の伝染を防ぐために、清潔な剪定バサミを使用するようにしましょう。

バジルは害虫が付きやすいという性質があります。
バジルに付きやすい害虫にはアブラムシ・ハモグリバエ・ヨトウムシなどがあります。
これらの虫が付くと樹液が吸い取られたり収穫前の葉が食べられるなどの被害を受けてしまいます。

ヨトウムシが付いてしまうと、1晩で葉が全部食べ尽くされて丸坊主になってしまうケースがあるほどです。
夏の時期であれば、葉にハダニが付くことがあります。
アブラムシが付くとすす病が誘発されることもあり、病気予防のためにもきちんと害虫駆除をするようにしましょう。

害虫駆除の方法ですが、目視で虫を見つけたら早めに捕殺することが大切です。
数が少なければガムテープなどで虫をくっつけたり、ブラシでこすり落としましょう。

水やりの際に葉や茎にも水をかけてやることで、ハダニが付くのを防ぐことができます。害虫が活動するのは主に夜の間で、日中は近くの土壌に潜り込んで過ごしています。
そのため、株の周辺の土を掘り出して害虫を駆除するようにしましょう。

6.バジル栽培の後作にしたほうが良い作物

バジルと混植が良い、相性が良いと言われている野菜はトマトを初め、スイートコーン、ズッキーニ、ブロッコリーなどがあります。
バジルの後作にも、これらの野菜を選ぶと良いのですが、収穫時期と後作の植え付け時期を考えた場合にはサトイモが後作した方が良いものと言われています。

バジルは、4月から6月にかけて種まきもしくは苗上を行う植物で、10月頃まで収穫を楽しむことが出来ます。
10月の収穫を終えた後には、土壌を作り直してサトイモの栽培準備に取り掛かることが出来ます。

サトイモはお正月の料理でも登場する食材、バジルの栽培が終わった後は、追肥を与えて良く耕してから種芋を植え付けましょう。
バジルは乾燥が苦手な植物、水はけが良く、水持ちが良い土を好みます。
また、土づくりで収穫量に差が出るのもバジルの特徴です。
初めの時には、予め元肥が配合してあるハーブ用の土を選んでおくのも良いでしょう。

植え付けを行って1ヶ月ほど経過すると肥料不足になります。
月に1度などの割合で固形肥料や油かすを施しておく、7~10日の割合で液体肥料を与えてあげると元気に成長、収穫量も期待が出来るようになります。

下側の方にある葉が黄色くなった時には肥料不足のサインと考え、液体肥料を使って栄養不足を補ってあげると良いでしょう。
後作の場合、元肥がある程度施されていますが、枯れたバジルをすべて抜き取り、肥料を与えて良く耕し、後作のための準備を進めるなど、後作で選んだ野菜の収穫量に繋がります。

バジルの育て方を読んだあなたにおすすめの記事:

三つ葉(ミツバ)の育て方・栽培方法

2018.04.15

クレソンの育て方・栽培方法

2018.04.14

ほうれん草(ホウレンソウ)の育て方・栽培方法

2018.04.11

小松菜(コマツナ/こまつな)の育て方・栽培方法

2018.04.11




バジルの育て方・栽培方法