ブロッコリーの育て方・栽培方法

ブロッコリーの育て方・栽培方法

1.ブロッコリー栽培の特徴と時期


ブロッコリーの育て方手順に沿って、畑やプランターでブロッコリーを栽培してみましょう!
ブロッコリーは簡単に育てられるので、初心者が栽培するのにもオススメの野菜です。

ブロッコリーの栽培データ
■ブロッコリーの栽培難易度:★★★☆☆

■ブロッコリーの旬:春4月~5月、秋冬10月~12月

■連作障害:あり

■栽培時期:春植え・夏植え

■春の種まき:2月~3月
 春植え:3月~4月
 収穫時期:4月~5月

■夏の種まき:7月~8月
 夏植え:8月~9月
 収穫時期:10月~12月

■ブロッコリーの苗や種が買えるお店
ブロッコリーの苗や種を買いたい場合は、販売店をのぞいてみましょう!
こちらから購入するとポイント還元があります。

ブロッコリーは年2回栽培することができる野菜で、ブロッコリーの旬は、春は4月~5月、秋冬は10月~12月です。

一般にブロッコリーと呼ばれる部分は、主枝の頂点に出来る花蕾(つぼみ)のことです。

茹でて食べたり、炒め物にしたり、グリル料理に入れたり、ブロッコリーは色どりもよく栄養もあるため料理に重宝してくれます。
ブロッコリーの栄養素としては、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンK、カリウム、食物繊維、葉酸などが含まれています。

ブロッコリーの品種としては、『緑帝』『緑嶺』『緑笛』『ピクセル』『おはよう』『アーサー』『美緑408』『むつみ』『美緑410』『クリア』『ウィンタードーム』など様々な品種があります。

ブロッコリーは、科目はアブラナ科、好適土壌pHは6.0~6.5、連作が出来ず、2~3年の間隔を空けて作る必要のある野菜です。

ブロッコリー

栽培時期は、春まきか夏まきかによって違ってきますが、春まきの場合、種まきを2月に行って本葉が4、5枚になったら畑へ植え付け、収穫はその1カ月後の4、5月ほどです。

夏まきの場合、7月に種まきを行い、8月頃に畑へ植え付け、収穫は冬になる前に行います。また、冬になる前に収穫すると、冬の期間中にも蕾が出来るので収穫のチャンスになります。ブロッコリー栽培のポイントは、出来るだけ夏まきで育てることです。

春まきの場合、夏になる前の高温がブロッコリーには悪く栽培しづらいのですが、夏まきの場合は基本的に栽培が楽です。

夏に蕾が収穫した後、側花蕾というものが冬頃に出て来るので、それを収穫することで2度に渡って収穫することができ、結果として多くのブロッコリーを栽培できることにもつながります。

ブロッコリーを栽培する時は、害虫に気を付けるべく防虫ネットやマルチをかけるなども工夫を行う必要もあります。

ブロッコリーの天敵である芯食い虫は、畑に定植した段階からブロッコリーを食い荒す可能性が出て来るので、この防虫ネットを張るかどうかで収穫量にも大きく影響してきます。
マルチをかけないと病気に繋がることもあるので、工夫を怠ってはいけません。

また、ブロッコリー栽培の特徴としては育苗の部分にもあります。
高温多湿の環境下だと病気になったりもしますし、苗の状態で病害に侵されると栽培は難しくなるので、育苗から定植後、収穫まで気が抜けないのも特徴の1つです。

ブロッコリー栽培は、勉強して管理していけばたくさん収穫して美味しく食すことが出来るので、育ててみる価値は十分にあります。

2.ブロッコリーの栽培基本(畑・プランター)

肥料

ブロッコリーは、畑に直接種をまくのではなく、一度ポットに種まきを行って育苗します。9cmのポットを用意し、中に7分ほど土を詰めたら、3、4粒ほど種をまき、軽く覆土した後はたっぷりと水やりを行います。

種を植えてから大体1週間ほどで発芽するので、発芽したら間引きを行って1本立ちにし、本葉が4、5枚になるまでポットで育苗を行います。

ポットは、出来るだけ日当たりがよく暖かな環境で育てるのが良いですが、あまり高温になり過ぎても土壌の乾燥が早まってダメになってしまうので、適度な気温を保つことが大切です。

ビニールハウスの中に入れておくのが無難ですが、家庭では中々準備しづらいものだと勘違いされる人も多いです。スケルトンな棚にビニール袋をかけるだけでも代用可能です。

簡易な仕組みのものなら市販でも安価で購入することが出来るので、温度調節をより簡単にしたい場合は、簡易ビニールハウスの購入を考えると良いです。

また、夜に水やりを行うと「徒長」(植物が無駄に成長し、茎などが余計に伸びてしまうこと)になる原因にもなるので、水やりは朝に行う必要があります。

育苗の次は土作りを行いますが、ここでも条件があります。
ブロッコリーは排水性と保水性の良いジメジメとした肥沃な土壌を好みます。

土壌にまく肥料は、pH6.0~6.5のものが目安で、pH5以下の酸性のものを使用すると「根こぶ病」(茎葉が萎れてはそれを回復することを繰り返して根の部分にコブが出来てしまう病気)になってしまうので、石灰などを使用してpHを調整するのも良いです。

また、肥料に含まれる成分にも色々と条件があります。ブロッコリー栽培に使う肥料は栽培期間を通して、全てリン酸を必要とします。
逆に窒素を含み過ぎても茎葉が生い茂って普段見るブロッコリーの部分である花蕾が出なくなってしまうので、肥料選びにも十分注意が必要になります。

元肥と堆肥を使って畑を耕し、株間40cmほどを意識して高めの畝を作ります。
この時、害虫や雑草対策のために畝にマルチをかけておきます。
苗の本葉が4、5枚まで育ったら、畑に植え付け(定植)します。
株間40cmで深植えにならないように定植します。
定植する前にポットを水に浸しておくか、定植直後に水やりを行うなどして水分は確保させておきます。

ブロッコリーは連作障害がある野菜なので、同じ場所で栽培する場合は2、3年ほど空けるようにします。

定植が終わったら、アオムシや芯食い虫などの害虫に食害されないように防虫ネットをトンネル状に仕掛けます。
防虫ネットは大体1000円ほどで買うことが出来ますが、防虫ネットをかけずにブロッコリーの苗の中核にある生長点が芯食い虫に食われると、そのまま育てるのはかなり難しくなってしまうので、防虫ネットは必ずかけるようにして下さい。

また、害虫対策に「コンパニオンプランツ」(ブロッコリーと並行して他の植物を育てること)というのもオススメです。
ブロッコリーの天敵となる害虫が嫌がる植物を同時に植えることで、その植物を嫌ってブロッコリーにも近づかなくなります。ブロッコリーのコンパニオンプランツで優秀な野菜はレタスなどです。

3.ブロッコリーの栽培手入れ

水やり

ブロッコリーの手入れは、育苗中と定植後でそのやり方も変わりますが、育苗中の手入れもしっかりしておく必要があります。

育苗中は、水やりの仕方1つにしても注意しなければなりません。
ブロッコリーの苗は、発芽してすぐの時は水をそのままかけては折れることもあるので、手で一度水を受けて衝撃を抑え、それを横から苗の土へ流し込むイメージで水やりを行う必要があります。

また、水やりを夜間に行ってしまうと「徒長」の原因にもなるので、水やりは日中、出来れば朝に行います。

育苗する段階で害虫に食害されることはあまりありませんが、雑草による栄養不足で枯れてしまうこともあります。除草作業は、育苗中でも欠かさずに行うことが重要です。

また、発芽した頃には間引きを行う必要もあります。ここで1本立ちさせておかないと花蕾の品質に影響するので、しっかり間引きます。

定植した後は、マルチや防虫シートもかけるのであまり意識することは少なくなりますが、やはり食害や病気の前兆がないか目配りをしておく必要はあります。

株を十分に育てるとブロッコリーの品質も向上するので、追肥を施して外葉を大きく育てます。追肥を行う頃合いは、植え付けてから2週間後ほどが目安です。

本葉が7、8枚頃になると元肥の栄養も減りつつあるので、そこで1度目の追肥を行います。追肥で増えた土はブロッコリーの根元を安定させるために、しっかりと土寄せしておきます。

ブロッコリーの品質向上には欠かせない追肥ですが、頂花蕾(株の中心や先端に出来る花蕾のこと)が出来てからも追肥を行ってしまうと、花茎空洞症の原因になる上につぼみの状態も悪くなってしまうので、極力行わない方が良いです。

しかし、生育が進んでいないと感じた場合は追肥を行うようにし、多少の品質ダウンにつながってもしっかりと育つようにします。

また、この追肥を行うと同時に余った雑草の除草や、病気や食害の点検などを行っておくと良いです。

4.ブロッコリーの収穫時期について

ブロッコリー

株の頂点に出来ている頂花蕾が10cm~15cmほどになる10月~12月頃が、収穫のシーズンになります。頂花蕾の下の茎の部分を切り取って収穫します。

収穫が遅れて冬頃になってから収穫してしまうと、つぼみが膨らんでいってしまい味も食感も低下します。
この状態になると、食した時にゴムのような味わいになってしまうので、早めに収穫しておきます。

ブロッコリーは、ここで収穫すれば終わりではなく、更なる収穫量アップのために2回目の収穫も行います。
頂花蕾を寒くなる前に摘むと、わき芽が伸びて、葉の付け根に側花蕾というものが出て来ます。
この側花蕾は、頂花蕾を摘むことでその栄養を吸収し誕生するので、収穫量も上がります。

また、頂花蕾を切り取る場所でもその数は大きく変わります。より多くの茎やつけ根を切り落としてしまうと、側花蕾の数は減りますが、より多く残して育てると小さいものがより多く出来るので、お得になります。

ブロッコリーが枯れる原因は、窒素過多や水分不足になりますが、ほとんどの場合枯れることはなく、花蕾が小さくなる程度なので、しっかりと手入れを行っていれば大丈夫です。

病気が原因の場合もありますが、予防することが難しい病気ばかりなので枯れてしまったら仕方ないです。

5.ブロッコリーに発生しやすい病気と害虫

ブロッコリーの病気

野菜の栽培には病気や害虫が付き物ですが、ブロッコリーにもそれが存在します。

ブロッコリーが感染する病気の一つが「軟腐病」です。
植物の地際部に水浸状の斑点が生まれ、やがて全体が軟化し、腐敗し始めます。

軟腐病を発病すると、進行状態に応じて独特の悪臭を発するので軟腐病にかかったということには気づきやすいのですが、気づいた時にはもう枯れ始めてしまっていることが多いです。
この病気の病原菌は、育つ途中に傷ついたり、窒素の多い土壌で育った軟弱なものに感染します。

また、この病原菌は発病した株から徐々に他の株へと伝染していく恐ろしいものなので、軟腐病にかかったブロッコリーがあればすぐに処分し、細菌に効果のある農薬を使っての消毒を必ず行わなければいけないです。

梅雨など高温多湿の環境下で育つと、ほとんどの場合この病気が発生してしまいます。
傷口から感染するので、芽かきなどを行うことも効果的です。

病気と同じく害虫も注意すべき。
ブロッコリーだけでなく野菜全般において注意される害虫が「アオムシ」です。葉の上を移動しながら葉を食害していきます。
大量に卵を産み付けられていた場合、1枚の葉だったという原型すらわからないほどになるまで食害されることもあります。
しかし、幸いアオムシは発見しやすいので、発見し次第処分しておきます。

また、花が近くにあると成虫が蜜を吸うついでに卵を産まれてしまうので、花の近くでは栽培しないことも効果的です。

ブロッコリーの育て方を読んだあなたにおすすめの記事:

オルトラン粒剤の使い方・オルトラン効果まとめ!

2018.10.27

ブロッコリーの後作に植えても良い野菜とは?(連作障害)

2018.09.17

ブロッコリーのミルクスープレシピ

2018.09.02

鶏とブロッコリーのスープレシピ

2018.07.12

スティックセニョール(茎ブロッコリー)の育て方・栽培方法

2018.04.15




ブロッコリーの育て方・栽培方法