カリフラワーの育て方・栽培方法

カリフラワーの育て方

1.カリフラワー栽培の特徴と時期


カリフラワーの育て方手順に沿って、畑やプランターでカリフラワーを栽培してみましょう!
カリフラワーは栄養豊富な野菜ですので、家庭菜園でも人気の野菜です。

カリフラワーの栽培データ
■カリフラワーの栽培難易度:★★★☆☆
■分類:アブラナ科アブラナ属
■原産地:地中海沿岸
■カリフラワーの旬:4~5月、10~12月
■栽培時期:春まき・夏まき(苗:春植え・秋植え)
春の種まき:2~3月、植え付け:3~4月、収穫:4~5月
夏の種まき:7~8月、植え付け:8~9月、収穫:10~12月
■連作障害:あり(2~3年あける)
■好適土壌pH:6.0~6.5
■発芽適温:15~30℃
■生育適温:15~20℃
■カリフラワーの苗や種が買えるお店
カリフラワーの苗や種を買いたい場合は、販売店をのぞいてみましょう!
こちらから購入するとポイント還元があります。
<

特徴

カリフラワーは、地中海沿岸が原産地で、日本には明治時代に渡来しました。カリフラワーは、ブロッコリーの突然変異により花蕾が白くなった野菜で、栽培方法はブロッコリーとほぼ同じです。どちらもキャベツの仲間です。花蕾の色は白がメインですが、オレンジや紫色の品種もあります。カリフラワーの収穫時期は、ブロッコリーよりも20日ほど長くなります。
カリフラワーは、淡色野菜の中ではビタミンCの含有量が多く、キャベツの2倍もあり、ゆでたときの損失量も低いという特徴があります。また、茎の部分にはつぼみの2倍以上のビタミンCが含まれているともいわれています。カリフラワーは、スープ、グラタン、シチュー、カレーの具など、洋風から中華料理まで幅広く使われています。
カリフラワーを種から育てる場合は、病害虫の被害が少ない夏まきがおすすめです。市販の苗を購入して、プランターで手軽に栽培することができます。

栄養素

カリフラワーには、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2、カリウム、鉄分、食物繊維などが豊富に含まれています。野菜のなかでも特に栄養価が高く、ガンの予防や高血圧の予防に効果があるといわれています。豊富に含まれているビタミンCには、免疫力アップや美肌づくり、整腸作用などの効果があります。

品種

カリフラワーの品種としては、『美星』『バロック』『バイオレットクイーン』『ブライダル』『ロマネスコ』『オレンジブーケ』『パープルフラワー』『スノークラウン』など様々な品種があります。プランター栽培では、ミニ品種の『美星』などがおすすめです。

カリフラワーの育て方

栽培時期

カリフラワーを種から育てる場合は、春まきと夏まきができますが、冷涼な気候を好むため、夏まきがおすすめになります。夏まきの場合は、7~8月に種まきをして8~9月に植え付けると10月下旬から収穫ができます。春まきの場合、2~3月に種まきをして3~4月に畑に植え付けると、4~5月に収穫ができます。花蕾の直径が15~20cmぐらいになったら、切り取って収穫します。

栽培のポイント

カリフラワーの栽培のポイントは、①日当たりが良く、水はけのよい環境で栽培する、②アブラナ科野菜の連作をしない、③防虫ネットを活用して害虫被害を予防する、④白い品種は花蕾を葉で覆って遮光する、⑤収穫の適期を逃さず早めに収穫することです。
カリフラワーは、アブラナ科の野菜のため、アブラムシなどの害虫の被害にあいやすくなります。白い花蕾を収穫するには、外葉で覆って光にあてないようにします。

好適土壌pH

カリフラワーの好適土壌pHは6.0~6.5ですので、苦土石灰をまいて土壌pHを調整します。家庭菜園初心者であれば、土壌pHと言われてもピンとこない人もいるかもしれませんが、日本の土壌は酸性になりやすいため、苦土石灰をまいて野菜に適した土壌酸度に調整します。

連作障害

カリフラワーは連作障害を起こすため、2~3年はアブラナ科の作付けを避けます。前年と同じ場所に植えないで、他の場所を選んで栽培します。同じ場所に同じ野菜を栽培すると、土壌の中の微生物に偏りが出て、野菜の成長に悪影響が出ます。収穫量が極端に減ってしまうこともあるため、連作障害には注意が必要です。

2.カリフラワーの栽培基本(畑・プランター)

肥料

カリフラワーの栽培は、病害虫の被害が少ない夏まきがおすすめです。初めて栽培するという場合は、市販の苗を購入して植え付けると手軽に栽培することができます。

■畑での栽培方法

育苗

カリフラワーは、育苗ポットに種をまいて育苗します。夏まきの場合は、7~8月に種まきをします。
野菜用培養土を3号ポット(直径9㎝)に入れ、手の指で深さ1㎝のくぼみを3~4箇所作ります。1穴に1粒ずつ種を入れて土をかぶせます。4~5日後に発芽しますので、本葉2~4枚の頃に生育の弱いものや形の悪いものを間引き、1ポット1株にして育苗します。

土づくり

植え付けを行う2週間以上前に、苦土石灰1㎡当たり100gを全面にまいて深く耕します。植え付けの1週間前になったら、堆肥1㎡当たり2㎏と化成肥料1㎡当たり100gを施して耕します。畝立ては、1条の場合には畝幅40~45㎝、高さは10~15㎝にします。

植え付け

カリフラワーの苗の本葉が4~5枚に育ったら、畑に植え付けします。株間は40~45㎝にして、ポットよりも少し大きめの植穴を掘り、穴にたっぷりと水を注ぎます。水が引いたらポットから苗を取りだして、深植えにならないように植え付けます。根元を手で軽く押さえ、たっぷりと水を与えます。カリフラワーは過湿に弱いので、植え付け後も水のやりすぎに注意します。

追肥・土寄せ

追肥は、カリフラワーの苗を植え付けてから本葉7~8枚の頃に、化成肥料1㎡あたり30gを株間に施し、周りの土と軽く混ぜて株元に土寄せをします。2回目は、1回目の追肥から3~4週間後に同量の化成肥料を施して土寄せをします。

■プランターでの栽培方法

カリフラワーをプランターで栽培する場合は、大型サイズの容器を用意します。土作りを自分で行う場合には、赤玉土:腐葉土:バーミキュライトを6:3:1の割合にします。これに石灰を用土10ℓあたり10~20g、化成肥料を用土10ℓあたり10~20gを混ぜます。土作りが大変だという場合には、市販の野菜用培養土を購入すると手間が省けます。

カリフラワーは、種から育てることもできますが、市販の苗を購入して植え付けると手軽です。苗を選ぶ時は、本葉4~6枚で茎が太く、葉の色が濃いものを選びます。病害虫の有無もチェックします。
種から育てる場合は、畑栽培と同じような手順でポットに種をまき、本葉4~5枚になったら植え付けます。
排水性を良くするため、鉢底石をプランターの底に敷き詰めて、野菜用培養土を7~8分目くらい入れてウォータースペースを作ります。
根鉢の大きさの植穴を掘り、根鉢を崩さないようにポットから取り出して株間20~25㎝で植え付けます。株元の土の表面を軽く押さえ、たっぷりと水やりをします。プランターは、日当たりと風通しの良い場所で管理します。

追肥・土寄せ

カリフラワーの追肥は、植え付け後2~3週間後に化成肥料3gを株の周りに施し、土と軽く混ぜ合わせて株元に土寄せをします。2回目は、1回目の追肥から3~4週間後に同量の化成肥料を施し、土寄せをします。液肥を施す場合は、1週間に1回、水やり代わりに施します。土が流れて減ってきたら新しい用土を足し、株元に土寄せをします。

3.カリフラワーの栽培手入れ

水やり

水やり

プランター栽培では、土の表面が乾燥したらたっぷりと水を与えます。湿度には弱いので水の与えすぎに注意します。また、夜間に水やりをすると「徒長」の原因にもなるので、水やりは日中、出来れば朝に行います。
発芽してすぐの頃は水の勢いで苗が折れてしまうこともあるので、手で一度水を受けてから流し込むイメージで水やりを行う必要があります。

追肥

株を十分に育てるとカリフラワーの品質も向上するので、追肥を施して外葉を大きく育てます。1回目の追肥は、植え付けてから2~3週間後が目安です。2回目は、1回目の追肥から3~4週間後に同量の化成肥料を施して土寄せをします。

防虫ネット

カリフラワーは、アブラナ科の害虫であるアブラムシやアオムシなどの被害を受けやすくなります。害虫の被害を少なくするため、防虫ネットや寒冷紗を掛けて虫の飛来と産卵を防ぐことが重要です。防虫ネットは、植え付け直後に速やかに掛けるようにします。苗に害虫が付いていないことを確認することも大切です。

花蕾の遮光

カリフラワーは、花蕾が日に当たると黄色くなるため、白い花蕾を育てるためには遮光が必要です。花蕾が見えてきたら外葉を内側に折って花蕾を包んでひもで結束して遮光します。オレンジ色や紫色の品種は、日に当てた方が色付きがよいため遮光の必要はありません。

4.カリフラワーの収穫時期について

カリフラワーの収穫

カリフラワーの収穫時期は、花蕾の直径が15~20㎝になる10~12月頃が収穫適期になります。プランター栽培では、花蕾の直径が10~15㎝になったら収穫の目安です。

花蕾の根元にナイフを入れて茎の部分を切って収穫します。収穫が遅れてしまうとつぼみが膨らんで食味が低下しますので、早めに収穫します。不要な外葉は収穫後に包丁などで切り落とします。

5.カリフラワーに発生しやすい病気

カリフラワー栽培

カリフラワーに特に多い病気には、軟腐病が挙げられます。多湿によるものが原因で、水のあげすぎや水はけの悪さなどが影響します。
カリフラワーが病気にならないように、病気対策をしましょう。

軟腐病(なんぷびょう)

軟腐病は、カリフラワーの外葉の地際部分が水で浸みたような状態になり、やがて灰褐色になり腐敗します。軟腐病を発病すると独特の悪臭を発するので気づきやすく、腐った部分から強い悪臭を生じます。高温多湿の環境下で育つと、ほとんどの場合この病気が発生してしまいます。水はけをよくして、窒素肥料の過多に注意します。発病すると治療ができないため、発病したカリフラワーの株は撤去処分します。

根こぶ病

根こぶ病は、アブラナ科の作物だけに感染する病気です。病原菌が根から侵入して根に大小のコブができます。コブが導管を圧迫するため、地上部の茎葉が栄養を吸収できなくなり生育不良になります。アブラナ科野菜の連作を避け、水はけの良い環境で栽培します。発病したら、根こぶが腐敗する前にカリフラワーを抜き取って撤去処分します。

6.カリフラワーに発生しやすい害虫

カリフラワーの葉が食べられないように、害虫対策をしましょう。
カリフラワーは、栽培期間が長いこともあり、害虫被害にあいやすい野菜です。生育初期にアオムシ、アブラムシなどの害虫が寄ってきますので、日頃からカリフラワーの葉をチェックして予防します。

アオムシ

アオムシは、モンシロチョウの幼虫です。幼虫は体が大きくなると食欲が旺盛になり、カリフラワーの葉の葉脈を残して食べ尽くすこともあります。成虫は葉に卵を産みつけるので、防虫ネットを被せるなどして産卵を防ぎます。モンシロチョウを見つけたら葉の裏側を調べて、卵や幼虫を捕殺します。薬剤を使用する場合は、定期的に薬液散布を行います。窒素肥料が多いと産卵されやすくなるので、適切な施肥量を守るようにします。

アブラムシ

アブラムシは、多くの植物に寄生し、カリフラワーの葉や新芽などの柔らかい部分に群がります。アブラムシが出す甘露でベタベタになりカビが生えて、すす病にもなります。アブラムシはウイルス病を媒介しますが、ウイルス病にかかると治療法はありません。繁殖力が非常に旺盛なため、見つけたら早急に捕殺するか、殺虫剤を株全体に散布して駆除します。種まき時や苗の植え付け時に粒剤を処理すると効果的です。

ヨトウムシ

ヨトウムシは、ヨトウ蛾の幼虫です。成虫は夜間に産卵し、数百個の卵をカリフラワーの葉に産み付けます。幼虫は集団で行動し、一晩で野菜を食い尽くしてしまう害虫です。苗の植え付け時に防虫ネットで覆うと産卵の被害を抑えることができます。雑草防除も効果がありますので、しっかりと行います。カリフラワーの葉の裏側をこまめに観察して、卵や幼虫を見つけたら潰して駆除します。幼虫は、日中は株元の地面に潜って隠れているので発見が困難ですが、株元を割りばしで掘ってみて捕殺する方法もあります。窒素肥料の過多にも注意します。

カリフラワーの育て方を読んだあなたにおすすめの記事:

オルトラン粒剤の使い方・オルトラン効果まとめ!

2018.10.27

ブロッコリーの後作に植えても良い野菜とは?(連作障害)

2018.09.17

ブロッコリーのミルクスープレシピ

2018.09.02

鶏とブロッコリーのスープレシピ

2018.07.12

スティックセニョール(茎ブロッコリー)の育て方・栽培方法

2018.04.15




カリフラワーの育て方