大豆(だいず/ダイズ)の育て方・栽培方法

大豆(ダイズ)の育て方・栽培方法

1.大豆栽培の特徴と時期


大豆の育て方手順に沿って、畑やプランターで大豆を栽培してみましょう!
大豆は簡単に育てられるので、初心者が栽培するのにもオススメの作物です。

大豆(だいず・ダイズ)の栽培データ
■分類:マメ科ダイズ属
■原産地:東アジア
■大豆の栽培難易度:★★☆☆☆
■大豆の旬:10~11月
■栽培時期:春まき
春の種まき:5~6月、植え付け:6~7月、収穫時期:10~11月
■連作障害:あり(2~3年あける)
■好適土壌pH:6.0~6.5
■発芽適温:25~30℃
■生育適温:20~25℃
■大豆の種が買えるお店
大豆の種を買いたい場合は、販売店をのぞいてみましょう!
こちらから購入するとポイント還元があります。

〇特徴
大豆は、東アジアが原産地で、中国から日本に伝わり、鎌倉時代から広く栽培されるようになったと言われています。大豆とエダマメは、マメ科ダイズ属で同じ種類の植物です。大豆は「穀物・豆類」、エダマメは「野菜・果菜類」に分けられます。エダマメは、大豆の若いサヤを収穫したものです。エダマメは、種まき後約80日~90日で収穫でき、大豆は約130日で収穫できます。
一般的な大豆は、種子が黄色で「黄大豆」と呼ばれ、種子が黒色の「黒大豆」は、お正月の煮物に使われます。大豆は年1回栽培することができる作物で、大豆の旬は10~11月です。大豆は、家庭菜園初心者の人でも育てやすく、少ない肥料でも十分に育てることができます。

〇品種
大豆は、国産のものだけでも300種類以上あると言われています。大豆とエダマメは同じ植物ですが、それぞれに適した品種があります。地域によって適応品種も異なるので、育てる前に品種をチェックすると良いでしょう。主な品種としては、『ユキホマレ』『エンレイ』『サチユタカ』『フクユタカ』『青丸くん』などがあります。

〇栄養素
大豆は、「畑の肉」と呼ばれるほど栄養が豊富な食材で、たんぱく質、食物繊維、カルシウム、カリウム、ビタミンEなどが多く含まれています。特に「大豆イソフラボン」は、骨粗鬆症予防、動脈硬化予防、美肌作りに効果があるとされています。

〇栽培のポイント
大豆を上手に栽培するためには、いくつかのポイントをおさえておく必要があります。栽培のポイントは、①日当たりが良く、風通しの良い場所で育てる、②連作障害に注意する、③窒素肥料の過剰に気をつける、④鳥害対策を施すことです。

〇栽培時期
大豆の栽培時期は、地域や品種によって異なりますが、5~6月に種まきをします。発芽適温は25~30℃、生育適温は20~25℃です。寒さに弱く温暖な気候を好みます。開花時期は6~8月で、その後に結実してサヤの中に2~3個の豆ができます。

〇好適土壌pH
好適土壌pHは、6.0~6.5になるように酸度調整を行います。

〇連作障害
マメ科目の植物は、連作障害を起こしやすいため、同じ土や畑で栽培をする際には必ず2~3年空ける必要があります。

〇収穫
収穫は10~11月となります。サヤがパキパキと割れるようになったら収穫します。

〇料理方法
大豆は、色んな料理に役立てることができます。自分で育てた大豆を使って豆腐を作ってみるのも良いですし、エダマメの状態で収穫をすることもできます。一度の栽培で、色んな味わいを堪能することができますので、ぜひ試してみて下さい。

2.大豆の栽培基本(畑・プランター)

肥料

大豆の栽培方法として、①畑やプランターに直接種をまいて育てる方法(直まき)と、②育苗ポットで苗を育ててから畑やプランターに植え付ける方法があります。大豆は、種まき後に鳥害に遭いやすいため、苗を育ててから植え付ける方法がおすすめです。苗を植え付けるまでの間、畑を有効に使えることも利点の一つです。③このほか、ホームセンターなどから市販の苗を購入して植え付ける方法もあります。

〇種まき
①畑に直まきする場合は、畝に深さ2~3㎝の穴を作り、1箇所に3~4粒ずつ種をまきます。株間は30㎝にします。軟らかい土をかぶせて手で軽く押さえ、まき終わったら水をやります。種まき後は、発芽するまでは種が腐ることもあるので水やりのは必要はありません。プランターに直まきする場合も同様の手順になりますが、株間は20~25㎝にします。
②育苗ポットに種をまく場合は、3号ポット(9㎝径)を用意します。ポットに培養土を入れ、手の指で深さ2㎝のまき穴を2箇所作り、1つの穴に2粒ほど入れます。土をかぶせて手で上から軽く押さえ、水やりをします。約7~10日前後で発芽しますので、それまでは土が乾かない程度に水やりをします。

〇間引き
大豆の収穫を上げるためには間引きが欠かせません。発芽すると子葉(双葉)、初生葉(双葉の次に出てくる葉)、本葉の順に葉が出てきます。生育の良い苗を1箇所に2本程度残して間引きをします。初生葉が展開したら生育の良い苗を1箇所に2本程度残して間引きをします。畑やプランターには、本葉2枚になったら2本立ちのまま植え付けをします。苗は2本程度残すことで根張りが良くなり、実つきもよくなります。

〇土づくり
畑に植え付ける場合は、植え付け3週間前に苦土石灰1㎡当たり100gを全面に撒いてよく耕します。植え付け1~2週間前に堆肥1㎡当たり2kgと化成肥料50gを入れます。マメ科の作物は根粒菌の働きで窒素肥料がなくても育つので、窒素は少なめにします。畝は幅60㎝、高さ10㎝にし、黒マルチを張ると良いでしょう。黒マルチを使うことで、保湿・地温を上げる効果が期待出来るため、良い土作りには欠かせません。大豆は連作を嫌うので、マメ科の作物を育てた場合は、2~3年の期間を空けます。また、窒素成分が多いと、葉ばかりが育ってしまい、実がつかない可能性がありますので、肥料が多く残っていない場所を選ぶことも大切です。

〇植え付け
本葉2枚になったら、風の無い暖かい日に植え付けをします。畝またはプランターに、ポットサイズより大きめの植穴を掘ります。苗の間隔は25~30㎝程度あけます。植えた後は、株元に2~3㎝の高さに土を寄せ、手で軽く押さえて苗を安定させ、水をやります。

〇プランターでの栽培方法
プランターで育てる場合は、大きめのサイズを用意します。深さは20cm以上あると良いでしょう。用土は、市販の野菜用培養土を使うと便利です。また、市販の苗を購入すると栽培の手間が省けます。購入の際は、病害虫の被害がなく、茎が太く、色が濃くて葉が2枚付いているものを選びます。植え付けの際は、苗の間隔を25~30cm程度あけ、根鉢を壊さずに2本立ちのまま植え付けます。

〇防虫ネット
大豆の栽培では、鳥害対策が重要です。大豆は鳩の好物なので、種まき後に食害されたり、発芽直後の双葉を食べられてしまうことがあります。また、サヤがつき始める頃にはカメムシなども発生しやすいので、害虫対策も必要です。これらの対策には防虫ネットや寒冷紗で覆うことが効果的です。種をまいたらすぐに防虫ネットやカゴなどを被せておきます。また、ポットで苗づくりを行ってから苗を植え付ける方法も鳥害対策の一つです。防虫ネットや寒冷紗は本葉が出たら外しても大丈夫ですが、害虫対策にもなりますので、生育に支障がなければ掛けておいても良いです。

〇水やり
大豆は、7~8月の開花時期までに乾燥しすぎると、花のつきが悪くなり収穫量に影響します。また、サヤがつくまでの間に水不足になると花が落ちたり、実つきが悪くなりますので乾燥に注意します。畑が極端に乾燥していたら水を与えます。また、サヤが膨らむ時期も水やりが必要です。プランター栽培の場合は、土の表面が乾燥して白くなっていたら水やりをします。水やりの回数が多いと根腐れを起こすこともありますので気を付けます。

〇追肥
大豆などのマメ科の植物は、根粒菌と共存しているため、肥料をあまり与える必要はありません。植物は、空気中の窒素を肥料として使うことはできませんが、根粒菌が空気中の窒素を植物が使えるように変換して供給してくれます。窒素分が多いと葉が繁り過ぎて、実つきが悪くなってしまいます。大豆の栽培では元肥だけで足りますので、追肥は基本的に必要ありません。生育不良などで追肥の必要がある場合、窒素分は少なめにします。


3.大豆の栽培手入れ

水やり

〇土寄せ
畑栽培の場合には、本葉3~4枚程度になったら1回目の土寄せを行います。通路や畝の部分を軽く耕して、軟らかくなった土を株元に寄せます。株元に土寄せを行うことで、苗の倒伏を防ぎ、雑草防除にもなります。2回目の土寄せは、1回目の2週間後に行います。大豆は、栽培期間が長く、草丈も大きくなりますので、土寄せを行って倒伏を防ぎます。マルチを張ってある場合は、土寄せ後にマルチを元に戻しておきます。

〇摘芯
本葉が5~6枚程度になった頃に、頂芽(頂上の芽)を摘み取って摘芯を行います。摘芯によって新しい枝が出て実を付けますので、収穫量を増やすことが出来ます。また、摘芯によって草丈を抑えることができるので、倒伏を防ぐこともできます

〇支柱立て
大豆栽培では、土寄せを行うことで倒伏を抑えることができますので、支柱を立てる必要はありません。プランター栽培の場合、底が浅くて倒伏が心配であれば支柱を立てると良いでしょう。


4.大豆の収穫時期について

大豆・枝豆

〇収穫時期
大豆の収穫時期は、10~11月です。葉が落ちて株全体が茶色くなり、葉やサヤが黄色くなってきます。サヤを左右に振ってみて、中の豆がカラカラと音を立てていたら収穫の目安です。収穫方法は、株を手で引き抜くか、株元で切り取ります。収穫が遅れるとサヤがはじけて中の実が落ちてしまいますので、注意しましょう。収穫したら、風通しのよい場所に吊るし、2週間程度乾燥させます。乾燥中もサヤがはじけるので、いくつかに束ねて、ネットなどで覆い保護することをおすすめします。乾燥したら、ビニールシートを敷いて大豆の枝を置き、棒やビール瓶などでサヤごと叩いて豆を落とします。乾燥が足りずにサヤから落ちなかった豆は、再度天日干しを行い、自然にはじける頃に豆を取り出します。虫食いや、生育不良の豆は取り除きます。収穫したばかりの大豆は、まだ乾燥が十分に出来ていないので、通気性の良い紙袋に入れて常温で保存します。

〇生理障害
マメ科の作物を連作すると、紫斑病、白絹病などの病気が発生しやすくなります。窒素肥料が多いと葉が過密状態になり、べと病などが発生します。水はけが良く、風通しの良い環境下で育てることが大切です。また、栽培期間も長いことから、アブラムシやカメムシなどの害虫の予防対策も行います。防虫ネットや寒冷紗を掛けて害虫の飛来を防ぐことが重要です。病害虫の予防対策を行うことにより、収穫量や豆の品質も良くなります。開花してから結実するまでの期間は、水やりをしっかりと行うことも大切です。

5.大豆に発生しやすい病気と害虫

大豆・枝豆

大豆に発生しやすい病害虫について、代表的なものをご紹介します。
■主な病気
〇白絹病(しらきぬびょう)
白絹病は、糸状菌(カビ)などによって起こる病気で、夏に発生しやすく30℃を超えると菌が増殖します。発病すると、株元や土の表面に白い絹糸のようなものが現れます。やがて株や茎が腐り、葉が黄色くなって枯れてしまいます。連作した畑で発生するため、マメ科の植物を植えた後は、2~3年ほど期間を空けます。また、水はけの良い風通しの良い環境で育てます。発病した株は撤去処分をして感染を防ぎます。

〇紫斑病(しはんびょう)
紫斑病は、大豆の表面に紫色の斑点ができる病気です。糸状菌が種子に寄生して伝染するので、健全な種子を使用します。連作を避け、発病した株は伝染源とならないよう撤去処分します。

〇苗立枯病(なえたちがれびょう)
苗立枯病は、苗の病気でほとんどの植物に発生します。土壌中に棲むカビが根や地際部から侵入し、やがて茎が腐敗して苗が枯れてしまいます。湿度の高い環境で発生しますので、育苗するときは過湿に注意します。直まきの場合も発生条件がそろえば発病します。土づくりの段階で水はけをよくしておきます。マメ科の連作を避け、窒素肥料を与えすぎないようにします。発病した株は、すみやかに撤去処分します。

〇べと病
べと病は、カビによる病気で梅雨の時期に発生します。カビが葉に寄生して繁殖し、薄黄色の病斑が出ます。窒素過多にならないように注意し、密植を避けて風通しを良くします。被害のあった茎や葉は、伝染源とならないよう撤去処分します。

〇モザイク病
ウイルスを持ったアブラムシが葉を吸汁することにより、健康な葉も感染してしまいます。葉脈が透けるようになり、葉にモザイク状の病斑が現われます。生育不良になり、枯れることもあります。モザイク病にかかった株はすぐに抜き取り、撤去処分します。過湿状態で大豆を育てることもアブラムシ発生の要因です。

■主な害虫
〇カメムシ
カメムシは、マメ科をはじめ、アブラナ科、ナス科、イネ科などの植物に寄生します。サヤがつき始める頃に成虫が飛来し、サヤの上から吸汁加害を続けます。被害を受けるとサヤが落下したり、奇形・変形の豆が出来てしまいます。成虫の飛来を予防し、卵の段階で駆除します。発生した葉は撤去処分します。

〇シロイチモジマダラメイガ
シロイチモジマダラメイガは蛾の仲間で、サヤに卵を産み付けます。孵化した幼虫がサヤの中に入ってサヤを食い尽くしてしまいます。サヤが付き始めた頃に防除対策をします。

〇ハスモンヨトウ
ハスモンヨトウは、ダイズ、キャベツ、ナスなど多くの野菜を食害する雑食性の害虫です。葉の裏に卵の塊を産み付けます。ふ化した幼虫は、集団で葉肉を食害します。こまめに葉の裏を観察して、卵を見つけたら潰して駆除します。

大豆の育て方を読んだあなたにおすすめの記事:

枝豆(エダマメ/えだまめ)の後作に植えても良い野菜とは?(連作障害)

2018.09.10

大豆(だいず/ダイズ)の後作に植えても良い野菜とは?(連作障害)

2018.08.27

枝豆(エダマメ/えだまめ)の育て方・栽培方法

2018.04.13




大豆(ダイズ)の育て方・栽培方法