ゴマ(胡麻)の育て方・栽培方法

ゴマの育て方

1.ゴマ栽培の特徴と時期


ゴマの育て方手順に沿って、畑やプランターでゴマを栽培してみましょう!
ゴマは簡単に育てられるので、初心者が栽培するのにもオススメの野菜です。

ゴマの栽培データ
■ゴマの栽培難易度:★☆☆☆☆
■分類: ゴマ科ゴマ属
■原産地:インド、アフリカ
■ゴマの旬:9~10月
■栽培時期:春まき
 春の種まき:5~6月、収穫時期:9~10月
■連作障害:あり(2~3年あける)
■好適土壌pH:6.0~6.5
■発芽適温:25℃前後
■生育適温:25~35℃

■ゴマの種が買えるお店
ゴマの種を買いたい場合は、販売店をのぞいてみましょう!

〇特徴
ゴマは、年1回収穫することができる野菜で、ゴマの旬は、9~10月です。
ゴマは、ゴマ科ゴマ属の一年草であり、原産地はインドからアフリカにかけての地域とされています。中国を経て日本へと渡来し、香辛料や油として栽培されてきました。ゴマは、どの地域でも育てやすく、水やりの手間がさほど無いため、家庭菜園初心者の場合でも栽培しやすい作物の一つです。

〇栄養価
ゴマは、栄養価が高く、タンパク質、ビタミンE、ビタミンB群、カルシウム、鉄分を多く含んでいます。動脈硬化、高血圧症によいとされ、ゴマに含まれるセサミンという物質は老化防止の効果があります。

〇品種
種子の皮の色により、『黒ごま』『白ごま』『金ごま』などがあります。

〇栽培のポイント
ゴマは、水はけがよく、日当たりのよい場所で栽培します。暑さや乾燥には強い作物ですが、寒さに弱い性質があります。気温が十分に上がってから種をまくようにします。また、窒素肥料が多いと徒長し、倒伏しやすくなるので注意します。

〇栽培時期
種まきは5~6月に行い、間引きを数回行って株間を適度に保ちながら育てます。ゴマの発芽適温は25℃前後、生育適温は25~35℃です。

〇連作障害
ゴマは連作障害があるので、2~3年の期間を空けて栽培します。

〇好適土壌pH
ゴマの好適土壌pHは6.0~6.5になっています。種まきの2週間以上前に畑に苦土石灰を施します。

2.ゴマの栽培方法(畑・プランター)

肥料

〇土づくり
ゴマを栽培するためには、畑の土作りが重要です。
日当たりと水はけのよい場所を選び、種まきの2週間前までに苦土石灰1㎡当たり100gをまいてよく耕しておきます。種まきの1週間以上前になったら、堆肥1㎡当たり1kg、化成肥料150gをまいてよく耕します。土をよく混ぜたら、畝を作ります。1列で作る場合は畝幅60㎝、高さ10~15㎝にします。黒マルチを施すと地温を上げられるので、通常の直まき栽培よりも発芽を早めることができます。

〇種まき
種まきは、早まきを避けて5月下旬~6月中旬にかけて行うようにします。
種を直接畑にまく場合(直まき)は、点まきにします。1箇所に5~6粒の種をまき、土を5㎜ほど被せて手で押さえ、水をたっぷり与えます。株間は20~30cmにします。
発芽したら、本葉が出始めたら間引きを行い、1箇所3~4本にします。草丈が5㎝ほどになったら2回目の間引きを行い、1箇所2~3本にします。
すじまきにする場合は、1~2㎝間隔で種をまき、間引きを2回行って最終的に20~30㎝の間隔にします。土を被せる際には薄く掛けることがポイントです。

〇追肥
間引き後は、株の様子を見ながら追肥を行います。1㎡当たり化成肥料20~30gを葉の下に施し、表面の土と肥料を軽く混ぜ合わせて株元に土寄せを行います。

〇プランターでの栽培方法
プランターでの栽培では、大型サイズ(60㎝以上)で、深型(30㎝以上)を使用するようにします。3~4株が栽培目安となります。水はけを良くするために、底部に鉢底石を敷きつめます。土は市販の培養土を利用すると簡単です。培養土はプランターの高さ8分目まで入れ、ウオータースペースを作ります。
種まきから栽培する場合は、すじまきか点まきにします。いずれの場合も、畑の場合と同じように行います。市販の苗を植え付ける場合は、1~2本ずつに分け、子葉の下まで土を入れるようにします。

3.ゴマの栽培手入れ

水やり

〇水やり
ゴマの栽培では、土が乾かないように水やりを続けることが大切です。特に発芽前は水を絶やさないようにします。

〇除草
梅雨の時期と、7〜8月の夏期は雑草が急激に伸び始めます。ゴマの生育を阻害しないように、こまめに除草することがポイントです。抜き取った雑草を畝間に敷き詰めておくと、雑草がマルチ代わりになり、雑草が生えにくくなります。

4.ゴマの収穫時期について

ゴマの花

〇収穫適期
7月中旬頃から花が開いてサヤができ、9月下旬あたりに実が充実し始めます。収穫適期は9~10月になります。サヤが黄・褐色になり、下の方のサヤが2〜3個割れてきた頃が目安です。収穫の際は、実がこぼれ落ちないように注意し、株元で刈り取ります。ヒモで束ねて軒先などで10〜15日ほど乾燥させます。乾燥したら、株をシートの上でたたき、はじけた実をふるいにかけてゴミを取り除きます。実はよく乾燥させて、ビンなどの密閉容器に入れて保存します。

〇生理障害
ゴマは病気に強い作物ですが、青枯病や立枯病が発生することがあります。元気だった株が青みを残したまま枯れてしまいます。高温多湿になると、病気が発生しやすくなります。連作を避け、水はけをよくして予防します。

5.ゴマに発生しやすい病気と害虫

ゴマの実

■主な病気
〇青枯病(あおがれびょう)
青枯病は、土の中の病原菌によって起こる病気です。病原菌は根から侵入し、茎の導管内で増殖するため、栄養分の上昇が遮断されて株の上部に栄養分が行かなくなってしまいます。病原菌は高温下で活発化するため日中は葉が萎れてしまいますが、夜間に気温が低くなると回復します。これを繰り返して、やがて株が青いまま枯れてしまいます。夏の高温期や雨が続く多湿でよく発生し、連作障害で株が弱っている時も発病しやすくなります。水はけを良くし、適度な水やりを心掛けます。発病した場合は根をなるべく残さないようにして、株ごと抜き取って撤去処分します。

〇立枯病(たちがれびょう)
立枯病は、土の中のカビによる病気で、根が侵されて株の生育が悪くなり、上部の葉が黄色く変色し、やがて株全体が枯れてしまいます。立枯病の原因は、連作や水はけが悪いことが主な原因です。発病した場合は株ごと抜き取って撤去処分します。

○うどんこ病
葉や茎にうどん粉を振りかけたような白い斑点が現れます。白い粉の正体はカビで、被害が進むと株全体に広がり、最終的には全部枯れてしまいます。カビは空気が乾燥した環境を好むため、乾燥時には水を切らさないようにします。種まきの時点で株間を十分取り、日当たりや風通しを良くして対処します。窒素過多の場合も病気が発生しやすいので、追肥にも気をつけます。うどん粉病が発症したら、白い斑点が出た葉は切り取って撤去処分します。白い粉が他の葉に飛んで病気が広がることもありますので、注意します。

■主な害虫
〇アブラムシ
アブラムシは、春先に発生する2~4㎜ほどの害虫で、口針を刺しこんで葉や茎の汁を吸収し、モザイク病などのウイルスを媒介します。繁殖力が非常に旺盛なため、発生したら早急に捕殺するか、殺虫剤を株全体に散布して駆除します。窒素肥料の過多にも注意します。

〇ハスモンヨトウ
ハスモンヨトウは蛾の幼虫で、ダイズ、キャベツ、ナスなど多くの野菜を食害する雑食性の害虫です。ハスモンヨトウは、卵の塊を葉の裏に産み付けます。こまめに葉の裏を観察して、卵を見つけたら潰して駆除します。ふ化した幼虫は、夜間に葉肉を食害します。昼間は根元近くの土の中に潜んでいるため軽く掘ると見つかるので、潰して処分します。

ゴマの育て方を読んだあなたにおすすめの記事:

オルトラン粒剤の使い方・オルトラン効果まとめ!

2018.10.27

かき菜のごま和えレシピ

2018.09.02

ほうれん草のごま和えレシピ

2018.07.21




ゴマの育て方