白菜(ハクサイ)の育て方・栽培方法

白菜(ハクサイ)の育て方・栽培方法

1.白菜栽培の特徴と時期


白菜の育て方手順に沿って、畑やプランターで白菜を栽培してみましょう!
白菜は料理の使い勝手が良いので、家庭菜園でチャレンジする人が多い人気の野菜です。

白菜(ハクサイ)の栽培データ
■白菜の栽培難易度:★★★☆☆
■分類: アブラナ科アブラナ属
■原産地:中国北部
■白菜の旬:11月~翌年2月
■栽培時期:秋まき
種まき:8月~9月、植え付け:9月、収穫:11月~翌年2月
■連作障害:あり(2~3年あける)
■好適土壌pH:6.0~6.5
■発芽適温:18~22℃
■生育適温:15~20℃
■白菜の苗や種が買えるお店
白菜の苗や種を買いたい場合は、販売店をのぞいてみましょう!
こちらから購入するとポイント還元があります。

特徴

白菜は、年1回栽培することができる野菜で、白菜の旬は11月~翌年12月です。
白菜は、アブラナ科の野菜で、原産地は中国北部で古くから栽培されてきました。日本には明治時代に導入され、日本の気候にあった品種が育成されてきました。白菜は、低温に比較的強い野菜で、20℃前後の涼しい気候を好みます。白菜は大型野菜ですので畑栽培が基本ですが、ミニサイズの品種も販売されていますので、プランターで育てることもできます。
白菜は水分が多く、あっさりして癖がないので様々な料理に活用することができます。特に鍋が恋しくなる冬の時期に需要が高まります。白菜の栄養素は水分に溶けだしやすいので、栄養を効率よく摂取するにはスープも一緒に摂取すると良いでしょう。

栄養素

白菜には、ビタミンC、カルシウム、カロテンなどが豊富で、風邪の予防や免疫力を高める効果があります。食物繊維も豊富なので便秘解消にも効果があり、カロリーも低いのでダイエットにもおすすめの野菜です。

品種

白菜の品種は、『無双白菜』『オレンジクイン』『新理想白菜』『耐病六十日白菜』『仲秋白菜』『晩秋白菜』『黄ごころ』など多くの品種が販売されています。プランターでも栽培できるミニサイズの品種も販売されています。

栽培時期

白菜は、8月中旬に種まきを行い、9月頃に苗を植え付けると11月頃に収穫ができるようになります。種まきから収穫までの期間は、約70~100日程度になります。

栽培のポイント

白菜は、種をまく時期に注意します。種を早くまきすぎると夏の暑さで弱ってしまいます。また、アブラナ科の野菜のため、害虫の被害にあいやすくなります。
栽培のポイントは、①種まきの適期を守る、②日当たりが良く、水はけのよい環境で栽培する、③アブラナ科野菜の連作をしない、④防虫ネットを活用して害虫被害を予防することです。

好適土壌pH

白菜の好適土壌pHは6.0~6.5ですので、苦土石灰をまいて土壌pHを調整します。

連作障害

白菜は連作障害を起こすため、2~3年はアブラナ科の作付けを避けます。前年と同じ場所に植えないで、他の場所を選んで栽培します。

2.白菜の栽培基本(畑・プランター)

肥料

白菜の栽培は、病害虫の被害が少ない秋まきがおすすめです。初めて栽培するという場合は、市販の苗を購入して植え付けると害虫の被害も少なく、上手く育てることができます。

畑での栽培方法

種まきを行う2週間以上前に、苦土石灰1㎡当たり100gを全面にまいて深く耕します。植え付けの1週間前になったら、堆肥1㎡当たり2㎏と化成肥料1㎡当たり100gを施して耕します。畝立ては、1条の場合には畝幅60㎝、2条の場合には100㎝幅にし、高さは10㎝にします。白菜は大型野菜なので、株の間隔は40~45㎝以上あけます。マルチングを行う際には、黒いビニールを畝に広げ、カッターなどを使って種まき用の穴をあけます。

白菜の種まきは、8月中旬~9月上旬に行います。種まき方法は、直まきと育苗ポットまきの2種類にわかれます。直まきする場合は、直径5㎝、深さ1㎝程度の植穴を作り、5~6粒ほどまきます。3~4日程度で発芽するので、子葉展開時に間引きを行って3~4本立ちにします。本葉2枚になったら2本立ちにし、本葉6~7枚で1本立ちにします。間引く際には、残す株の根を傷めないように気を付けます。

ポットまきする場合でも、基本的に流れは同じです。野菜用培養土を3号ポリポット(直径9㎝)に入れ、手の指で深さ1㎝のくぼみを5箇所作ります。1穴に1粒ずつ種を入れて土をかぶせます。3~4日後に発芽しますので、本葉1枚目の頃に弱いもの2本を間引いて3本立ちにします。1週間後に本葉2~3枚になったら2回目の間引きを行い、弱いもの1本を間引いて2本立ちにします。このときに化成肥料を少し施します。2週間後に本葉4枚になったら1本立ちにして、本葉5~6枚の頃に畑に植え付けます。

白菜を育てる場合、もっとも大切なのが植え付けの時期です。適期に植え付けを行わないと根を傷めてしまい、葉数が少なくなってしまいます。葉数が十分にそろわないと結球が始まらないこともあります。植え付け時期が早すぎても遅すぎても発育に支障が出るので、注意が必要です。残暑が過ぎて涼しくなった頃を見計らって植え付けを行いましょう。

プランターでの栽培方法

白菜をプランターで栽培する場合は、大型サイズを用意します。ミニの品種であれば、標準サイズ(60㎝程度)でも3株程度は育てることが可能です。

土作りを自分で行う場合には、赤玉土:腐葉土:バーミキュライトを7:2:1の割合にします。これに石灰を用土10ℓあたり10~20g、化成肥料を用土10ℓあたり10~20gを混ぜます。土作りが大変だという場合には、市販の野菜用培養土を購入すると手間が省けます。

白菜の種まきは、直まきよりもポットまきがおすすめです。幼苗期は害虫の被害にあいやすく、発芽が揃いにくいので管理しやすいポットまきの方が有利です。種まきの方法は、畑の場合と同じように行います。
植え付けた後は、株元の土を上から軽く押さえ、プランターの底から水が流れ出るくらいたっぷりと水をあげます。プランターは、日当たりと風通しの良い場所で管理します。

防虫ネット

白菜は、アブラナ科の害虫であるアオムシ、アブラムシなどの被害を受けやすく、苗のときに食害されると結球できなくなります。害虫の被害を少なくするため、防虫ネットを掛けて虫の飛来と産卵を防ぐことが重要です。防虫ネットは、植え付け直後に速やかに掛けるようにします。苗に害虫が付いていないことを確認することも大切です。

3.白菜の栽培手入れ

水やり

水やり

白菜のの水やりの基本は、1日1回、早朝にたっぷりと与えます。植え付けを行った後は、まだ土に根付いていない状態で不安定ですので、たっぷりと水をあげることが大切です。小さな葉が急に大きく育ち始めた頃が根付いたサインです。日数としては、約2週間を目安に観察してみると良いでしょう。根付いた後は、水やりは少なめにします。用土が乾燥しない程度であれば、たっぷり水をあげる必要はありません。白菜は水を多くあげすぎると病気が発生する可能性があるので、注意が必要です。
白菜のプランター栽培では土が乾燥しやすいので、水やりに気をつけます。発芽するまでの間は土の表面が乾かないように水やりを行います。苗が根付く約1週間はたっぷりと水を与えましょう。夏の炎天下に水をたっぷりやると土の中の水温が上昇し、蒸し風呂状態になって根が腐ってしまうので、夕方涼しくなった頃に水やりをします。

追肥

白菜の栽培においては、追肥や土寄せも重要です。追肥は、畑であれば化成肥料1㎡当たり50gを株の周りにばらまくように施します。株や葉に直接肥料があたると、肥料やけを起こしてしまう可能性があるので注意しましょう。プランター栽培では、植え付けから2週間後と4週間後に化成肥料10g程度を株の周りにばらまくように施します。

土寄せ

成長するに伴い白菜の苗が倒れやすくなってくるので、それを支えるためにも土寄せを行うことが大切です。特に雨が続いて土壌が緩くなっている状態では、苗が腐ってしまう恐れがあるだけではなく、倒れて白菜がダメになってしまう可能性があります。土寄せの際には、合わせて除草作業をしておくと、土の中の栄養を白菜に集中させることができます。また、白菜がある程度大きくなってくると、外側の葉が黄色くなったり、虫食いにあったりするので、それらを取り除いて病気を予防します。

4.白菜の収穫時期について

白菜の収穫

白菜は、種をまいてから約70~100日で収穫時期を迎えます。ミニ種であれば、約40日程度で収穫できるものもあります。収穫のタイミングは、結球した頭の部分を手で押さえてみると分かります。触ってみて白菜がかたく、しっかりとしまっているようであれば収穫できます。収穫の仕方は、外葉を広げて白菜を手で少し傾けて、株の根元に包丁やナイフを刺して切り取ります。

家庭菜園では、一度にたくさんの白菜がとれても消費できずに困る場合もあります。この場合には収穫をせずに、そのまま畑で保管をするという方法もあります。その際は、白菜の外葉で全体をしっかりと包み、ひもで縛っておくようにします。

5.白菜に発生しやすい病気

白菜(ハクサイ)の育て方・栽培方法

白菜に特に多い病気には、菌核病や軟腐病などが挙げられます。ほとんどが多湿によるものが原因で、水のあげすぎや水はけの悪さなどが影響します。

菌核病(きんかくびょう)

菌核病は、外葉の地際部分に淡い褐色の病斑ができ、黄褐色になってやがて腐ってしまいます。菌核病を予防するためには、窒素肥料の過多に注意し、株間を十分にあけ、間引きを行って風通しをよくします。発病した白菜の株は畑から抜き取って撤去処分します。

軟腐病(なんぷびょう)

軟腐病は、外葉の地際部分が水で浸みたような状態になり、やがて灰褐色になり腐敗します。腐った部分から強い悪臭を生じます。窒素肥料の過多に注意し、連作を避けます。発病すると治療できないため、発病した白菜の株は撤去処分します。

6.白菜に発生しやすい害虫

白菜は、栽培期間が長いこともあり、害虫被害にあいやすい野菜です。生育初期にアブラムシ、アオムシなどの害虫が寄ってきますので、日頃から葉の様子をチェックしておきましょう。

アブラムシ

アブラムシは、多くの植物に寄生し、白菜の葉や新芽などの柔らかい部分に群がります。アブラムシが出す甘露でベタベタになりカビが生えて、すす病にもなります。アブラムシはウイルス病を媒介しますが、ウイルス病にかかると治療法はありません。繁殖力が非常に旺盛なため、見つけたら早急に捕殺するか、殺虫剤を株全体に散布して駆除します。種まき時や苗の植え付け時に粒剤を処理すると効果的です。

アオムシ

アオムシは、モンシロチョウの幼虫です。幼虫は体が大きくなると食欲が旺盛になり、葉を食べ尽くすこともあります。成虫は白菜の葉に卵を産みつけるので、防虫ネットを被せるなどして産卵を防ぎます。チョウを見つけたら葉の裏を調べて、卵や幼虫を捕殺します。薬剤を使用する場合は、定期的に薬液散布を行います。窒素肥料が多いと産卵されやすくなるので、適切な施肥量を守るようにします。

白菜の育て方・栽培方法を読んだあなたにおすすめの記事:

オルトラン粒剤の使い方・オルトラン効果まとめ!

2018.10.27

白菜(ハクサイ)の後作に植えても良い野菜とは?(連作障害)

2018.09.13

テントウムシは害虫か益虫か?駆除すべき種類と見分け方!

2018.07.05

キスジノミハムシが発生した場合の害虫対処方法!

2018.07.02




白菜(ハクサイ)の育て方・栽培方法