葉ネギ(青ネギ)の育て方・栽培方法

葉ネギ(青ネギ)の育て方・栽培方法

1.葉ネギ栽培の特徴と時期


葉ネギの育て方手順に沿って、畑やプランターで葉ネギを栽培してみましょう!
葉ネギは栽培難易度も低いので、初心者が栽培するのにもオススメの野菜です。

葉ネギ(青ネギ)の栽培データ
■葉ネギ(青ネギ)の栽培難易度:★★☆☆☆

■葉ネギの旬:春4月~6月、秋10月~12月

■連作障害:あり

■栽培時期:春の種まき4月~6月、夏~秋の種まき7月~9月

■収穫時期:7月~9月、10月~12月

■発芽適温:18℃~22℃

■生育適温:16℃~20℃

■発芽までの日数:5日~8日

■葉ネギの苗や種が買えるお店
葉ネギの苗や種を買いたい場合は、販売店をのぞいてみましょう!
葉ネギの種は、サカタのタネの九条葉ねぎが人気も高く、育てやすいのでおすすめです。

葉ネギは年2回栽培することができ、葉ネギの旬は、春は4月~6月、秋は10月~12月です。

葉ネギは、科目としてはユリ科に属し、中央アジアが原産地です。青ネギ、万能ネギとも言われ、青い葉の部分を楽しむ香味野菜です。

葉ネギの栄養素としては、ミネラル、ビタミン類、食物繊維、硫化アリル(アリシン)が多く含まれています。
葉ネギの栄養素を、長ネギ(白ネギ)と比べると、ミネラル、ビタミン類が多く含まれています。

葉ネギは、太くて白い部分を楽しむ長ネギ(白ネギ)とは違い、薬味として人気があります。お蕎麦やうどんなどの薬味に使うのが葉ネギで、冬の鍋物に使うのが長ネギです。季節を問わず私たちの身近にある食材だと言えるでしょう。

葉ネギの品種としては、周年栽培できる『小春』、夏栽培に最適な『小夏®』、葉先の枯れが少ない『京千緑』や『京細ネギ』『九条細ネギ』などがあります。

小口ねぎ

葉ネギは長ネギと同様にコンパニオンプランツとなるので、他の作物を育てる際に利用するのも良いでしょう。
また、長ネギと違う特徴は、葉ネギは病害虫に比較的強いということです。

葉ネギの栽培時期ですが、4月~9月に種まきを行い、6月~11月に植え付けをして7月~12月で収穫時期を迎えます。どの段階においても非常に期間が長いという特徴があります。
暑さにも寒さにも比較的強い野菜なので、特別に季節を限定する必要はないのです。品種を選べば、1年を通して栽培を楽しむことができます。

好適土壌pHは6.0~6.5なので、畑で栽培する際には、苦土石灰を混ぜて耕す必要があります。
連作障害に関してですが、葉ネギは連作ができない野菜です。
最低でも1~2年は間隔をあける必要があるので、収穫後に再び育てたいというときには別の場所を選ぶようにします。

葉ネギの生育適温は16℃~20℃と比較的涼しい環境を好みます。しかし、暑さにも寒さにも強いので、この適温外でも育てることは可能です。
また、病害虫にも強いので繊細な野菜に比べると神経質になる必要はありません。
野菜を育てた経験が浅いという人には挑戦しやすい野菜だと言えます。

しかし、どの品種でも季節を選ばないというわけではありません。
寒さに強い品種や、暑さに強い品種などがあるので、季節を考えながらどの品種を育てるのかを選ぶのが、葉ネギの栽培を楽しむために重要です。
上手くやれば1年中栽培することができ、使いたいときに収穫するというような使い方ができます。

葉ネギ栽培のポイントはいくつかありますが、水やりの量や追肥でしょう。
全て適度が求められるので、様子を見ながら調整していくことも大切です。

2.葉ネギの栽培基本(畑・プランター)

肥料

葉ネギの栽培の仕方は、主に3種類に分けられます。
それぞれの方法を紹介していきます。

まずは、畑に直接植える方法ですが、最初に土作りを行います。
苦土石灰をまいて耕し、その後堆肥と化成肥料を混ぜて耕します。

葉ネギの種まきのやり方は、畝の表面に深さ1㎝の溝を作り、1㎝間隔で種をまいていきます。種をまいた後は薄く覆土し、水をたっぷりあげましょう。
発芽した後は3㎝間隔で間引いていきます。葉ネギの間引きはこの1回のみで何度も行う必要はありません。

次に、苗を育ててから植え付けを行う方法です。
自分で苗を育てるとなると60~75日程度かかるので、面倒だという場合には市販の苗を利用すると良いでしょう。5月頃になるとホームセンターや園芸店で販売されるようになります。

葉ネギの苗を植える場合には、葉ネギをポットから取り出して2~3本ずつに分けます。そして5㎝くらい間隔をあけて植え付けていきます。この時に太さや大きさをそろえるようにすると、その後の生育がバランスよくそろいます。

葉ネギを植える際には、深さ10㎝程度の溝を掘り、溝に立てかけるようなイメージで置き、用土をかぶせて軽く押さえつけ、根を密着させます。
こうすればしっかり根づいていくようになります。植え付けができたらたっぷりの水をあげましょう。

畑がないという場合は、ベランダにプランターを置いて育てることができますし、畑があれば他の野菜と一緒に育てることができます。
大型野菜ではありませんし、長ネギのように土を高く盛る必要もないので、ちょっとしたスペースがあれば栽培することは可能です。

様々な品種を栽培して1年中葉ネギをとることができるような状態にしたいのであれば、苗作りにこだわりすぎず、市販の苗を利用してうまくスケジュール管理をしていくことも大切です。

葉ネギのプランターでの栽培方法ですが、使用するプランターは株によって変える必要があります。3~4株程度の小株なら小型でも良いですし、それ以上の株数を育てたいのであれば標準サイズのものが必要になります。

プランターを用意したら、土作りを行います。
赤玉土、腐葉土、バーミキュライトを6.5:2.5:1の割合で配合します。
その中に石灰を用土10ℓあたり10~20g、化成肥料を用土10ℓあたり10~20g程度混ぜ合わせます。
自分で作るのが面倒だというときは、市販の培養土を利用すると簡単です。

土作りを行う上でポイントとなるのは、正しい配合で土を作ることだけではありません。
水はけをよくすることが必要となるので、鉢底石を敷き詰めてウォータースペースを確保しなければなりません。そのため、用土はたくさん入れ過ぎずに、7~8分目までにとどめておきましょう。軟白部分が欲しいというときは、用土量を減らすことで調整できます。

土の準備ができたらいよいよ種まきです。
苗ができるまでに60日以上かかるため、実際に収穫できるまでは更に時間がかかります。毎日様子を見て手入れをしてあげましょう。

3.葉ネギの栽培手入れ

水やり

苗を植え付ける方法ではなく、種まきから始める場合は間引きが必要です。発芽したら本葉2~3枚で間引きを行いますが、間引きはこの1回だけで十分ですので、あとはそのままの状態で育てていきます。
成長に伴い、細い葉が生えてきますので、雑草と間違えて除草しないように気を付けましょう。

日頃の手入れとして気になるのが水やりですが、葉ネギは種をまいてから発芽するまでの間は、土の中にしみこむほど毎日水やりをする必要があります。また、苗から植え付けを行った場合であれば、根付くまでの間はたっぷりと水をあげて用土が乾燥しないようにします。

葉ネギを栽培するポイントとして、適量の水やりを行うことが重要となるのですが、やりすぎてもいけませんし乾燥しすぎてもうまく育ちません。
頻度としては、土の表面が乾いたと感じた時に一度たっぷりの水をあげるようにすれば問題ありません。毎日あげている方が逆に水のあげすぎになる可能性があるので注意しましょう。

葉ネギの追肥に関してですが、基本的に元肥のみで育てます。
しかし、プランター栽培をする際や、根元を残して必要な分だけ収穫するというようなやり方をする場合には、種まきをした後から1~1.5ヶ月の間隔で肥料を与えます。プランター栽培であれば、水やりをかねて薄めた液肥を与えるという手段もあります。

病気に強い葉ネギですが、肥料が多すぎると病気を発症してしまう可能性があります。基本的に元肥だけで良いのですが、大きくならないと思ったり、標準よりも生育が遅いと感じるようであれば追肥を行うという感覚でかまいません。

追肥は必ず必要というわけではないので、葉ネギの育ち具合をしっかり観察して判断するようにすると良いでしょう。
気候にも病気にも強い野菜だからこそ、あまり神経質にならず育ててあげることが大切です。

土が乾いたと思ったときに水を与える程度でも元気に育ってくれるので、初心者でも難しく考えず育てられます。

4.葉ネギの収穫時期について

ネギ

葉ネギの収穫時期は、種をまいてから約2ヶ月程度が目安となります。
苗から植え付けを行った場合には、草丈が15㎝以上になったら収穫可能と思って問題ありません。

収穫時期を迎えたからといって急いでとる必要はないのですが、ずっと放置していると枯れる原因になるだけではなく、トウ立ちしてしまう可能性があります。トウ立ちした葉ネギは一気に品質が落ちてしまいます。
さらに、花芽が出る可能性もあるので、その時にはすぐに摘み取るようにしましょう。

薬味として人気が高い葉ネギの一番の魅力は、その独特の風味です。
新鮮であればあるほど風味が豊かなのですが、日にちが経って風味が落ちてしまったものは薬味として物足りなくなってしまいます。

元々葉ネギは日持ちしない野菜なので、収穫したらなるべく早く使い切ってしまうことがおいしく食べるために大切です。
収穫量が多くて消費しきれないと思ったときには、細かくカットして冷凍保存しておくとある程度長く使うことができます。

収穫後もまだ育てたいと思っている場合には、根ごととらないように気をつけましょう。根元だけをハサミやナイフを使って切るようにすれば、再びその断面から新たに新芽が伸びて栽培を楽しむことができます。
その時には追肥を行うことを忘れないように気をつけましょう。

5.葉ネギに発生しやすい病気と害虫

ネギ

初心者向きともいえる葉ネギですので、栽培中に気を付けるべきことは、多湿と連作障害くらいのものです。
とは言っても病害虫の心配が一切ないというわけではありません。
どんなものがあるのかをいくつか紹介します。

発生しやすい病気に、軟腐病やかび病、白色疫病があります。
どの病気も多湿と多肥が主な原因なので、育て方を気を付ければ未然に回避させることができます。
また、早期発見すれば治療と土壌環境の改善で被害を最小限に抑えることもできるので心配はいりません。
水はけが良いか、成長が悪いからと言って肥料を与えすぎていないかなどを見直してみましょう。

次に害虫に関してですが、葉ネギを秋から冬にかけて育てる場合は、害虫被害はほとんど心配ありません。
様々な虫が冬眠状態で活動しない期間なので、被害にあいにくいのです。
しかし、春になって暖かくなってくると虫が活発になってくるので、徐々に害虫被害も出てきます。

害虫としては、アザミウマやアブラムシ、ネギハモグリバエなどが考えられます。害虫は見つけたらすぐに駆除をするようにしますが、害虫が付いたからと言ってすぐに大きな被害になることは無いので、そのまま育てても問題はありません。
一切被害にあわないようにと、農薬を使うまでの心配はしなくても良いでしょう。なるべく害虫被害にあわないようにしたいのであれば、ネットを張るというのが有効です。

葉ネギ(青ネギ)の育て方を読んだあなたにおすすめの記事:

ネギ(ねぎ)の後作に植えても良い野菜とは?(連作障害)

2018.09.25

細ネギのチヂミレシピ

2018.08.01

ネギの種が発芽しない場合の解決方法!

2018.06.27




葉ネギ(青ネギ)の育て方・栽培方法