イチゴ(苺/いちご)の育て方・栽培方法

イチゴの育て方・栽培方法

1.イチゴ栽培の特徴と時期


イチゴの育て方手順に沿って、畑やプランターでイチゴを栽培してみましょう!
イチゴは簡単に育てられるので、初心者が栽培するのにもオススメの作物です。

イチゴ(苺/いちご)の栽培データ
■イチゴの栽培難易度:★★★☆☆

■イチゴの旬:春5月~6月

■連作障害:あり

■栽培時期:春植え・秋植え

■春植え:5月~6月
 収穫時期:翌年5月~6月

■秋植え:9月~10月
 収穫時期:翌年5月~6月

■イチゴの苗や種が買えるお店
イチゴの苗や種を買いたい場合は、販売店をのぞいてみましょう!
こちらから購入するとポイント還元があります。

イチゴは年2回栽培することができる作物で、イチゴの旬は、春の5月~6月です。

イチゴは、バラ科の植物でリンゴやナシと同じ科目に属する多年草です。
多年草であるため、毎年実をつけることはできますが、実が年々小さくなってしまいます。
大きな実の収穫を楽しむのであれば、毎年新しい苗から育てることが栽培のポイントです。

イチゴの栄養素としては、ビタミンC、カルシウム、カリウム、マグネシウム、食物繊維、葉酸などの栄養素が含まれています。

イチゴの品種としては、『とちおとめ』『幸の香』『レッドパール』『おいCベリー』『アイベリー』『らくなりイチゴ四季なり』『ふさのか』『四季なりいちご桃娘』『四季なりいちご あまごこち』『宝交早生』など色々な品種があります。

イチゴの栽培時期は春植えと秋植えがあり、春植えは5月下旬~6月下旬、秋植えは9月下旬~10月下旬に行います。
どちらも収穫時期は5月上旬~6月下旬までであるため、春植えの場合は収穫まで約1年かかることになり、その間は病害虫や気候の変化によるダメージを受けやすいものです。
収穫量を多くしたいのであれば秋植えをおすすめします。
栽培する際は、水はけの良い土壌がおすすめですが、水はけの悪い場所で栽培しなければならない場合は高畝にして排水性を良くしましょう。

植物にはそれぞれ生育に適した土壌の酸度があり、これを好適土壌pHといいます。
イチゴの場合は5.5~6.0なので、この数値になるように土作りをしてください。
イチゴは寒さに強く、暑さに弱い植物のため、夜の気温が25℃以上になる季節は病気に感染しやすくなるのが特徴です。

イチゴの生育には生殖生長と栄養生長があり、冬の低温に十分当てなかったり、肥料が多すぎたりすると生殖成長をせずに育ってしまいます。
生殖成長をしないと花が咲かないため、実の収穫ができなくなってしまいます。
そのため、適切な肥料の量を与えることや冬場の低温に当てることが大切です。

イチゴ栽培

実の収穫には、自然の風やミツバチによる受粉が必要になります。
しかし、栽培場所によってはこのような受粉を望めないこともあるでしょう。
そのような時は刷毛などを使用した人工授粉をして実を結実させることが必要です。

また、同じ植物を同じ畑で続けて育てることによって収穫量が減少してしまう症状を連作障害といいますが、この連作障害を防ぐために翌年は違う場所で育てるようにしましょう。

連作障害を予防するためには、収穫を終えた畑では2~3年他の科目の植物を育てることが理想です。
同じ科目の植物は似たような肥料成分を必要とするため、その畑の土からは、栽培した植物が必要とする肥料成分はなくなり、不要な肥料成分は多い状態となります。このことにより畑の肥料成分に偏りが生じるため、生育が悪くなる連作障害を起こします。

その他にも、同じ科目の植物を育てることによって起こる連作障害の原因は害虫です。その植物を好む害虫が、連作することによって畑に寄って来るため、特定の害虫が増殖し被害が大きくなり収穫量を減少させます。

しかし、スペースの問題で毎年違う場所で育てるのは難しいということもあるでしょう。その場合は症状を軽減させる対策が必要です。
プランター栽培の場合は土を新しいものに入れ替えてください。

畑で栽培していて、土の入れ替えは難しいという場合は土壌消毒を行いましょう。
消毒の方法は、太陽熱消毒や土壌消毒剤を使用する方法があり、太陽熱消毒は土に十分な水分を与えてからビニールなどで覆い、日光に当て土壌の温度を上げることで害虫を死滅させる方法です。

連作障害を起こす害虫は60℃程度で死滅するとされているため、この温度まで上昇させることが大切です。
しかし、地域によっては気候の関係で、この温度まで上昇させるのは難しいこともあります。
そのような場合は、土壌消毒剤の使用も検討しましょう。
また、これらの方法は軽減策であるため、完全に連作障害を防止する方法ではありません。

2.イチゴの栽培基本(畑・プランター)

肥料

イチゴの栽培は種まきから始める方法もありますが、イチゴの種は休眠状態であるため発芽させることが非常に難しいものです。
そのため、栽培するのであれば、苗を購入して植え付けをするところから始めることをおすすめします。

種を発芽させる場合、イチゴの種は18~22℃程度の環境で光を好み、乾燥を嫌うため、土を被せずに種をまいた後はビニールなどで覆うと良いでしょう。
この方法で成功すれば1か月程度で発芽します。

苗から育てる場合は苗選びが重要です。
健康な良い状態の苗を選ぶことが、実の収穫率を高くするポイントです。
健康な苗の特徴は3枚の小葉の形が揃っていることや、葉の緑が濃く綺麗な状態であること、株元のクラウン(葉の付け根にある王冠のような形をしている部分)が太い、葉が間延びしていない、根がしっかり張っていることなどです。

葉の色が悪いと病気にかかっている可能性があります。
また、クラウンは葉の成長ポイントであるため、この部分がしっかりとしているものは健康な苗である証拠です。
以上のようなポイントから良いものを選ぶようにしましょう。

苗選びも大切ですが、植え付け前の土作りもイチゴ栽培の大切な作業です。
イチゴの根は肥料に弱く、肥やけを起こしやすい特徴があるため、土作りは植え付けの1週間前までには終わらせておきましょう。

植え付け前に与える肥料を元肥といいますが、肥やけを防止するために元肥に使用するものは、効果の持続性があり、ゆっくりと効果の出る緩効性タイプを選びましょう。

植物の生育に必要な養分の3要素に窒素・リン酸・カリウムがありますが、イチゴを栽培する時は窒素成分が少なく、リン酸の多いものを選んでください。
元肥を与える際はスコップなどで20cm以上深く掘り、根を張りやすいようにすることが大切です。

プランターで育てる場合には土自体に養分が配合されている培養土も販売されているため、培養土を使用するのも良いでしょう。
成分は元肥に近いものが配合されているものや、イチゴ栽培専用の培養土もあるため使いやすいものを選んでください。

植え付けを行う時のポイントは浅植えにすることです。クラウンに土が被ってしまうと生長を阻害してしまうことになるので注意しましょう。
畑で栽培する場合は、高さ30cm程度の高畝にすると水はけが良くなるのでおすすめです。

平らな状態でも良いですが、その場合マルチを使用するなどしてイチゴの実が地面につかないようにしたり、畑の周囲に溝を作って排水を促すようにしたりする工夫が必要になります。

植え付けをする際は、株間を25~30cm程度とり、実のなる方向が畝やプランターの外側になるようにしましょう。
実のなる方向は古いランナーの位置を見ると分かります。
ランナーとは蔓状の茎のことで、元の株から伸びてきたランナーが着地すると根を張り子株ができます。

新しいランナーは、花の咲く方向に延びる性質があるため、元株から切り離された古いランナーが生えている方には花が咲きません。
そのため、古いランナーを畝やプランターの内側に向けると花が外側に咲くということになります。

イチゴは乾燥に弱いですが、浅植えのため乾燥しやすい環境で育てることになります。
植え付けを終えてから1週間程度は株元が乾かないようにこまめな水やりが必要です。
1週間程度で地面への定着はできますが、その後も乾燥しないように水やりの頻度には気を付けましょう。

また、冬は休眠状態になるため、水分の吸収が緩やかになります。
冬も乾燥に注意は必要ですが、吸水の仕方が変わるため水やりを加減しないと与えすぎになります。
葉の状態などを見て水やりの回数を加減してください。

3.イチゴの栽培手入れ

水やり

イチゴの栽培中に必要な手入れは摘芯です。植え付け後に伸びてきたランナーは気が付いた時点で早めに摘み取っておきましょう。
ランナーから子株を育てて苗を作ることもできますが、実を取るまでは株に十分な養分を回すために摘んでしまうと良いです。
子株から苗を作りたいと考えている場合は、実の収穫後6月頃に行うのでも遅くはありません。
こうすることで、ランナーに養分を奪われることなく実の収穫をするための株に養分が集中します。

また、古くなった下の方の葉も摘み取るようにすると良いです。
ランナーと同様に葉が多すぎると、その分養分が分散してしまい、結実に必要な養分が不足してしまいます。
葉の数は5枚~8枚程度にしておくのが理想的な状態です。

イチゴは寒さに強いため、越冬の栽培はしやすい植物ではありますが、冬場の手入れはポイントがいくつかあります。
まず、3月頃までに開花してしまった花は摘み取ってしまうようにしましょう。

近年は品種改良により、品種によっては12月頃開花を始めるイチゴもあります。
しかし、この頃開花するのはビニールハウスでの栽培で結実するのが目的です。
屋外での栽培の場合、12月頃に開花しても結実させるのは難しく、結実したとしても大きな実の収穫は期待できません。
結実を期待できない花であれば、養分を余分に使ってしまうだけなので摘み取ってしまいましょう。
屋外栽培の場合は、3月頃から花を残すようにしてください。

最も寒くなる12月下旬~2月末頃は株元周辺の保温が必要です。
保温は保温素材のワラ、寒冷紗、その他通気性のある保温資材を直接株の上にかけて行います。
保温が必要なくなる2月下旬くらいになると休眠状態が終わり生育が始まるため、追肥が必要になります。

肥料の種類は化成肥料やイチゴ専用の肥料が販売されているため、それらを使用してください。
1株あたり5g程度が目安です。
根の肥やけを防ぐために追肥を行う際は、株元から離れた場所にパラパラと撒いて土に混ぜ込むようにすると良いです。

越冬し気温が上がってくるとイチゴは開花を始めます。
開花が始まったばかりの頃は、寒暖差の激しい時期でもあります。
イチゴ自体は寒さに強いので問題はないのですが、めしべだけは寒さに弱いため開花をしている場合は注意が必要です。
寒くなることが予想できる場合は株に保温素材を被せるなどして対処するようにしてください。

また、春になると雨も増えてきますが、いちごの花や実は水気に弱いのが特徴です。
雨が続くと、開花しても受粉がうまくいかなかったり、実が腐ってしまったりします。
雨による被害を防ぐには透明なビニールで雨避けを作ると良いでしょう。
雨避けを作る際には株との空間や地面付近は充分に開けておくことが大切です。
この空間を作ることで通気性を保つことができます。

イチゴは花が咲き受粉することで結実することになりますが、受粉は自然の風やミツバチなど訪問昆虫によって受粉することになります。
しかし、プランターなどを使用してベランダなどで栽培している時などは、このような受粉方法は期待できない可能性があります。
そのような場所で育てている場合には人工授粉をするようにしましょう。

人工授粉をするタイミングは開花から3日~4日後が目安です。
毛先の柔らかい毛筆用の筆などを使用して、花の中心付近を軽く撫でましょう。
人工授粉専用の刷毛なども売っているため、適切な筆の硬さが分からないなど悩むようであれば、このようなものを使用しても良いでしょう。
授粉が成功すれば開花から30日程度で摘果することができます。

4.イチゴの収穫時期について

いちご

イチゴは5月中旬から収穫ができるようになります。
実によって結実のタイミングなどが異なるため熟れすぎないうちに収穫できるように注意してください。
取り方によっては実を傷つけてしまうことがあります。
収穫する際は、ヘタの近くをハサミで切り取るようにしてください。
また、少しでも赤く色づいてくると鳥などの被害に遭う可能性があるため、実が付き始めたら防鳥ネットなどを使用して対策を取るようにしましょう。

収穫を終える6月下旬頃からは翌年以降の栽培に向けて子株を育て、苗を作るのもおすすめです。
子株から苗を作る場合、収穫を終えた株から出ている生育の良い太いランナーを残します。
しばらくするとランナーから子株ができます。

子株はランナーから切り離さず、土を入れたポリポットなどにおいて固定しましょう。
固定すると子株から根が出てきて土に根を張るので、しっかりと根づいたら親株側のランナーを2、3cm残して切り離してください。
親株から見て一番目の子株は、親株が病気にかかってしまっている場合、その病気を受け継いでいる可能性があるため、苗として利用するのは2番目以降の生育の良い子株を利用します。

収穫までの間には、生理障害による生育不良を起こすことがあります。
原因は養分が適切に与えられなかったり、温度が適切な状態でなかったりすることです。
イチゴに起きやすい生理障害は、水やりのしすぎによる根腐れです。
イチゴは乾燥に弱いものですが、水をやりすぎるのも良くありません。
土が湿っているのに更に水やりをするなどの過剰な水やりは控えてください。
水はけが悪いのも生理障害を起こす原因です。
水が流れる際には養分の流出が起こるものですが、水はけが悪いと養分も畑にとどまったままになることになるため、養分が過剰な状態になってしまいます。

そのような場合、肥料に弱いイチゴの根にダメージを与え、生育を阻害することになりかねません。
育てる前の土の水はけは充分に確認してから栽培を始めるようにしましょう。

また、肥やけを起こしやすいイチゴは、肥料の与えすぎも生理障害を起こす原因となります。
追肥をするタイミングで葉の色や大きさをみて、養分不足を起こしていないようであれば追肥は不要です。

窒素やカリウムを過剰に与えてしまうと、葉の状態の異常「チップバーン」などが起きる可能性があります。
「チップバーン」とは、新芽が開く前から奇形で生育することや、葉の先端部が枯れるなどの症状が見られます。
また、養分を過剰に与えること以外にも、カルシウムが不足した場合も同様の症状が出ますが、これらの原因を特定するのは化学分析などを行わない限り困難です。
肥料の与え過ぎに注意し、葉の状態が少し弱っているようであれば水やりをして様子を見てみましょう。
それで回復しないようであれば、少し追肥をしてみると肥料の与えすぎを防ぐことができます。

以上のように養分の過不足は葉の生育不良を起こし、結実までの生育を困難にすることがあります。
このような葉の生理障害以外にもイチゴは果実に起きる症状もあり、着色不良の果実や形の変形した果実となってしまうのが主な症状です。

果実の生理障害の原因は、養分の過不足以外にも気温が大きく影響するものもあります。
養分は葉の生理障害の対策と同様の対策を取るようにしてください。
気温については、夜の低温や日中の高温が影響します。
夜は5℃以下にならないように保温対策を取り、日中は30℃を超えないように雨避けのビニールやハウス栽培を行っている場合には換気を良くしましょう。

5.イチゴに発生しやすい病気と害虫

イチゴ栽培

植物はそれぞれかかる病気や、その植物を好む害虫が異なるため、栽培する植物によって病気や害虫の対策が変わります。
イチゴの栽培において発生しやすい病気は、イチゴ萎凋病やうどんこ病などです。
害虫は、ハダニやアブラムシ、ハスモンヨトウ、イチゴハムシ、ナメクジ、ネグサレセンチュウの発生に注意してください。

イチゴ萎凋病の発病した時の初期症状は、外葉の葉柄に紫褐色の条斑が出ることです。
病気が進行すると葉の一部や全体が茶褐色になりしおれ、最終的には小葉がしおれて枯れます。
その頃には外葉全体が青枯症状となって枯れてしまいます。

この病気は、土壌を介して伝染する病気です。
年間を通して発生の危険性がありますが、一番感染が多いとされているのは3月~5月頃です。
対策としては、土壌の菌が原因となるため、栽培を始める時に汚染されていない新しい土を利用するか、土壌の消毒が良いでしょう。

プランターでの栽培であれば、毎年新しい培養土に入れ替えることをおすすめします。
しかし、畑の場合は全ての土を入れ替えるのは大変な作業です。
そのような場合、太陽の熱を利用した消毒や土壌消毒剤を利用した消毒方法で対策しましょう。

ハダニによる被害は葉に小さな白点が現れ、被害が拡大するとは全体を弱らせます。
ハダニが大量に発生すると、葉の上はクモの糸を張ったようになるため、一目で被害の発生がわかります。
被害が大きくなってからでは対策が困難であるため、早期発見や早期対策が重要となります。

主な対策として、ハダニは苗から既に寄生していることが多く、発生原因は苗についていたハダニの増殖です。
寄生していることが多いのは下葉であるため、苗がしっかりと根付いたら下葉を除去してしまうと良いでしょう。
発見した際はすぐに殺虫剤などで除去してください。

アブラムシは、葉の裏側に寄生し植物の汁を吸って弱らせる害虫です。
アブラムシの発生により生育が衰え、ランナーの伸長が止まってしまいます。
数が少ない内はガムテープで取るなど手作業での除去もできますが、株の数が多かったり、大量に発生してしまった場合は殺虫剤を散布して対策しましょう。

ハスモンヨトウは葉を食害する害虫で、被害が大きくなると残らず食べられてしまい、葉の柄だけ残るような状態になります。
幼虫の時点では薬剤が有効ですが、大きくなると薬剤が効きにくくなります。こまめに観察して早期発見、早期対策を心がけてください。

イチゴハムシは、春から初夏、秋に活動し葉を食害する害虫で、不規則な穴が開くのが被害の特徴です。被害がひどくなると芯まで食べられてしまい、生育に悪影響を及ぼします。
冬は成虫となり、イチゴの枯葉や敷きワラの下などで越冬します。

気温が7℃~8℃になると活動を再開し食害をします。
成虫はこの時に葉の裏に卵も産みつけます。
対策は食害されているのを見つけたら直ちに薬剤を散布すると良いでしょう。
イチゴハムシ専用の薬剤はないため、アブラムシ対策も兼ねてアブラムシ用の薬剤を使用できます。

ナメクジは果実を食害する害虫です。
ナメクジ専用の殺虫剤を使用したり、数が少ないのであれば割りばしで取るなどして対策をしましょう。
また、インスタントコーヒーをまくと、ナメクジはコーヒーを嫌うため効果があるとされています。

ネグサレセンチュウは根を腐らせ、葉も枯れさせてしまうため、生育を非常に悪くします。
ランナーにも寄生するため生育全体に悪影響を与えるので注意してください。
対策は、専用の薬剤を植え付け前に土壌に混ぜると効果があります。





イチゴの育て方・栽培方法