インゲン(いんげん豆)の育て方・栽培方法

サヤインゲン

1.インゲン栽培の特徴と時期


インゲンの育て方手順に沿って、畑やプランターでインゲン豆を栽培してみましょう!
インゲンは簡単に育てられるので、初心者が栽培するのにもオススメの野菜です。

インゲン豆の栽培データ
■インゲンの栽培難易度:★★☆☆☆
■分類:マメ科インゲンマメ属
■原産地:中央アメリカ
■インゲンの旬:7~9月
■栽培時期:春まき
 春の種まき:4~5月、植え付け:5~6月、収穫時期:7~9月
■連作障害:あり(2~3年あける)
■好適土壌pH:6.0~6.5
■発芽適温:20~23℃
■生育適温:15~25℃

■インゲンの種が買えるお店

インゲンの種を買いたい場合は、販売店をのぞいてみましょう!

特徴

インゲンは、原産は中央アメリカで、マメ科インゲン族の野菜です。日本には、江戸時代に「隠元禅師」によって伝えられたことから、「インゲン」という名前の由来となっています。明治時代になって欧米から多くの品種が導入され、雑穀として栽培されてきました。インゲンは、若採りしてサヤごと食べる「サヤインゲン」と、完熟したマメを食べる「インゲン豆」に分けられます。
インゲンにはつるあり種、つるなし種のタイプがあります。つるなし種は、種まきから収穫までの期間が短くて栽培しやすいので、家庭菜園初心者の方にも人気の野菜となっています。

品種

インゲンの品種はたくさんあり、つるなし種では、『つるなしいんげん』『グリーンマイルド』『サクサク王子』『さつきみどり2号』『モロッコ』『本金時』などがあります。地域によって適応する品種も異なるので、栽培する前にチェックしましょう。

栄養価

インゲンは、β-カロテン、ビタミンB群、ビタミンC、食物繊維、カルシウム、鉄などを多く含む緑黄色野菜です。疲労回復、夏バテ防止、皮膚や粘膜の保護、整腸作用などの効果があるとされています。

栽培のポイント

インゲンを上手に栽培するためには、①日当たりが良く、風通しの良い環境で栽培する、②霜に弱いため地温が上がってから種をまく、③窒素肥料の過多に注意する、③鳥の食害を防ぐことです。

栽培時期

インゲンの栽培時期は、種まきが4~5月、収穫が7~9月となります。栽培する品種や地域により異なりますので、種子袋やホームセンターなどで確認するようにします。発芽適温は20~23℃、生育適温は15~25℃です。

連作障害

インゲンは連作障害がありますので、マメ科の作物を栽培する場合は、2~3年の期間を空けるようにします。

好適土壌pH

インゲンの好適土壌pHは、6.0~6.5です。インゲンは酸性土壌に弱いので、苦土石灰を施して酸度を調整します。

2.インゲンの栽培方法(畑・プランター)

インゲン豆の苗

インゲンの栽培方法として、畑に直接種まきをして育てる方法(直まき)と、育苗ポットで苗を育ててから畑に植え付ける方法があります。園芸店やホームセンターなどで市販の苗を購入して植え付けてもかまいません。

土づくり

畑に直まきする場合は、種まきの2週間前に苦土石灰1㎡当たり100~150gを全面にまいてよく耕します。種まきの1週間前に1㎡当たり堆肥2㎏、化成肥料50gをまいてよく耕します。マメ科の作物には根粒菌がつくので、窒素肥料がなくても育つので窒素は少なめにします。畝は幅60㎝、高さ10~15㎝にし、黒マルチを張ると良いでしょう。黒マルチを使うことで、保湿や地温効果を高めることができます。

種まき

畑に直まきする場合は、株間30㎝程度にして、点まきにします。穴の深さ2~3㎝とし、3~4粒の種を等間隔にまき、土を2㎝ほど被せて手で軽く押さえます。種をまいた後は、種が腐ることもあるので軽く水やりをします。

間引き

1回目の間引きは、本葉2枚になったら、元気な苗を残して1箇所2本にします。2回目の間引きは、本葉4~5枚の頃に1箇所1本にします。つるなし種の場合は2本のままでもかまいません。

プランターでの栽培方法

プランターで栽培する場合には、大きめのサイズを用意します。深さは20㎝以上あると良いでしょう。プランターに植える際は、野菜用培養土を使うと便利です。また、市販の苗を購入すると栽培の手間が省けます。苗は、病害虫の被害がなく、茎が太く、色が濃くて葉が2枚付いているものを選びます。種まき方法や間引きは、畑の場合と同じように行います。

防虫ネット

インゲンの栽培では、鳥害対策が重要です。インゲン豆は鳥の大好物なので、種や発芽直後の双葉を食べられてしまうことがあります。また、害虫対策も必要です。これらの対策には防虫ネットや寒冷紗で覆うことが効果的です。種をまいたらすぐに防虫ネットやカゴなどを被せておきます。
育苗ポットで苗を育ててから畑やプランターに植え付ける方法も鳥害対策の一つです。防虫ネットや寒冷紗は本葉が出たら外しても大丈夫ですが、害虫対策にもなりますので、生育に支障がなければ掛けておいても良いです。

3.インゲンの栽培手入れ

水やり

支柱立て

つるなし種の場合は、支柱は不要です。つるあり種は、草丈15cm程度になったら長さ2mほどの支柱を合掌式に立てて、つるを支柱に誘導します。

水やり

インゲンは、乾燥と過湿を嫌うので、土の表面が乾いたら水やりをします。水分が不足すると花が落ちたり、サヤが変形することがあります。
プランター栽培の場合には、畑よりも乾燥しやすいので、注意します。水やりの回数が多いと根腐れを起こすこともありますので注意します。

追肥

インゲンの花が咲き始めた頃に、株元から少し離れた場所に化成肥料1㎡当たり10~20gをまき、土と混ぜながら軽く土寄せします。その後は株の様子を見ながら、1か月に1~2回追肥します。
インゲンなどのマメ科植物は、根粒菌と共存しているため、窒素肥料を多く与える必要はありません。根粒菌が空気中の窒素を植物が使えるようにして供給してくれます。窒素分が多いと葉が繁り過ぎて、実つきが悪くなってしまうので注意します。
プランター栽培では、株元から離れた場所に化成肥料2~3gをまき、土と混ぜながら軽く土寄せします。

4.インゲンの収穫時期と生理障害

インゲン

収穫適期

インゲンは、開花してから10~15日で収穫適期になります。収穫期間は、つるなし種で1カ月、つるあり種で2カ月くらいです。つるなし種は収穫が遅れると皮が硬くなりますので、サヤの長さ10~15㎝のふくらみかけた若いサヤを収穫します。収穫は、サヤのつけ根部分をハサミで切り取ります。

生理障害

インゲンは、高温多湿や密植状態で病気が発生することがあります。マメ科作物の連作に注意し、水はけの良い風通しの良い場所で育てるようにします。肥料が多すぎると葉が過密状態になり、実つきが悪くなります。また、窒素肥料の過多は、アブラムシやハダニの発生原因にもなります。

5.インゲン豆に発生しやすい病気

インゲン

インゲン豆に発生しやすい主な病気をご紹介します。

苗立枯病

苗立枯病は、土壌中に棲むカビが根や地際部から侵入し、やがて茎が腐敗して苗が枯れてしまいます。湿度の高い環境で発生しますので、育苗するときは過湿に注意します。直まきの場合も発生条件がそろえば発病します。土づくりの段階で水はけをよくしておきます。マメ科の連作を避け、窒素肥料を与えすぎないようにします。発病した株は、すみやかに撤去処分します。

菌核病

菌核病は、カビによる病気で、茎や葉に淡褐色の病斑が現れ、被害が株全体に広がり、やがて萎れてしまいます。マメ科野菜の連作を避けて、間引きを適時に行って風通しを良くします。土づくりの段階で畝を高くして、排水を良くすることも大切です。

さび病

さび病は、カビが原因の病気です。長雨が続くと発生しやすくなります。株が弱くなると発病しやすいため、水はけを良くし、多肥や肥料不足に注意します。発症した葉は撤去処分します。

モザイク病

ウイルスによる病気でいちばん多いのがモザイク病です。ウイルスを持ったアブラムシが葉を吸汁することで、健康な葉も感染してしまいます。葉脈が透けるようになり、モザイク状の病斑が葉に現われます。生育不良になり、収穫量も減ってしまうので、発症した葉や株はすぐに撤去処分します。過湿状態で育てることもアブラムシ発生の要因です。

6.インゲン豆に発生しやすい害虫

インゲン豆に発生しやすい主な害虫をご紹介します。

アブラムシ

アブラムシは、体長1~4㎜ほどの害虫で茎や葉に集団で寄生して葉を吸汁加害し、健康な葉にもウイルスを媒介します。窒素肥料のやりすぎに注意します。アブラムシの飛来を防ぐには、目の細かい防虫ネットで覆い飛来を防御します。繁殖力が非常に旺盛なため、大量発生した場合は殺虫剤を株全体に散布して駆除します。

ハダニ

ハダニは、体長0.3~0.5㎜でとても小さく、肉眼では見つけにくい虫です。成虫は主に葉の裏に卵を産み、幼虫は葉の組織から養分を吸いとります。ハダニは蜘蛛の仲間で、糸を風に乗せて飛来するので、防虫ネットを設置して予防します。大量に発生した場合には殺虫剤を散布して対応します。

ハスモンヨトウ

ハスモンヨトウはヨトウ蛾の幼虫で、成虫は葉に数百個の卵を産みつけます。幼虫は集団で葉を食害し、サヤも食べる害虫です。苗の植え付け時に防虫ネットで覆い、産卵の被害を抑えます。葉の裏をこまめに観察して、卵や幼虫を見つけたら葉ごと切り取って潰します。

マメハモグリバエ

成虫は体長約2㎜と小さく発見しにくい害虫です。葉に卵を産み付け、ふ化した幼虫は葉肉をトンネル状に食害し、白い絵を描いたような模様ができます。地表面の乾燥を防ぐとともに、マルチを敷きワラに替えます。

インゲン豆の育て方を読んだあなたにおすすめの記事:

スナップエンドウの育て方・栽培方法

2018.11.09

肉じゃがレシピ

2018.07.22

枝豆(エダマメ/えだまめ)の育て方・栽培方法

2018.04.13

そら豆(ソラマメ)の育て方・栽培方法

2018.04.12

大豆(だいず/ダイズ)の育て方・栽培方法

2018.04.11




サヤインゲン