カブ(かぶ・蕪)の育て方・栽培方法

カブ(かぶ)の育て方・栽培方法

1.カブ栽培の特徴と時期


カブの育て方手順に沿って、畑やプランターでカブを栽培してみましょう!
カブは簡単に育てられるので、初心者が栽培するのにもオススメの野菜です。

カブ(かぶ・蕪)の栽培データ
■カブの栽培難易度:★★☆☆☆

■カブの旬:春夏6月~7月、秋冬10月~12月

■連作障害:あり

■栽培時期:春植え・夏植え

■春の種まき:3月~6月
 収穫時期:6月~7月

■秋の種まき:8月~10月
 収穫時期:10月~12月

■カブの種が買えるお店
カブの種を買いたい場合は、販売店をのぞいてみましょう!
こちらから購入するとポイント還元があります。

カブは年2回栽培することができる野菜で、カブの旬は、春夏は6月~7月、秋冬は10月~12月です。

カブの栄養素には、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンCカリウム、カロテン、カルシウム、ビタミン類などの栄養素が含まれています。

カブの品種としては、『聖護院大蕪』『京千舞』『早生大蕪』『耐病にしき蕪』『CRにしき蕪』など色々な品種があります。

家庭菜園の初心者にもおすすめのカブですが、科目はアブラナ科で好適土壌pHは5.5~6.5とされています。

初心者は好適土壌と言われてもピンとこないかもしれませんが、最近ではpHの測定器やそのチェックができる液剤も市販されているので決して難しいことではありません。

カブの栽培のポイントは植え替えをせずに直播きで収穫までの栽培を行うという点です。最初に与える肥料だけで追肥が必要ないという点も、カブが初心者向きだとされる要因の一つになっています。

かぶの収穫

また、涼しい気候を好むこの野菜は真夏を割ければ年に2回栽培が可能です。
種まきの時期をうまくずらせば年間で数回カブを収穫することが出来るので、初めての野菜つくりで収穫量を確実に確保したいという場合にもおすすめです。

栽培時期は春と秋ですが、種まきの時期が早春、晩秋であれば苗が寒さでだめにならないように栽培に工夫が必要になってきます。
早春に種まきをする場合には1月の中旬から下旬にかけて、収穫は4月~5月になります。

この種まきが3月中旬であれば収穫は6月~7月、秋口の場合には収穫は10月~12月です。

晩春で種まきをすると収穫は1月~2月となり、それこそ夏を除いた季節で実りを楽しむことが出来ます。

同じ土壌で同じ野菜を育てることで引き起こされる連作障害ですが、カブの場合にはその障害が強くあらわれる傾向にあります。

ですから、一度カブを作った土壌では連作は避けること、これが栽培のポイントにもなってきます。

特に株は複数回に種まきを分けることで収穫時期をずらすことが可能です。
その分土壌の選び方も重要になってくるので連作障害を避けるためにも栽培は計画的に進めていきましょう。

連作障害になるとそれこそ、野菜の発育が悪くなってしまったり、土壌の状態が極端に悪くなってしまいます。

時に同じ畑で栽培していた他の野菜にも影響が出てくることがあるので、この点は事前にチェックしておくに越したことはありません。

2.カブの栽培基本(畑・プランター)

肥料

カブの栽培で基本となるのは、植え付けを行わないという点です。
野菜の中には種まきから苗に育つまでは小さなポットで栽培するという種類もあります。こうした作業が加わることで苗が成長途中で弱ってしまう事態を防ぐことが出来ますし、寒さや害虫からも守ることが出来ます。

これに対して、カブの場合はそういったポットでの栽培ができません。畑、もしくはプランターに直に種まきをすることになるので、そのポット栽培の手間を省くことは可能です。ただ、その分寒さや害虫対策が必要になってくるという点は最初に覚えておくに越したことはありません。

土作りのポイントとしては、先に挙げたように好適土壌pHを参考にしていきましょう。
基本的に野菜つくりに適しているのは養分が豊富で水はけが良い、さらには乾燥しにくい土です。

何度も野菜を育てている土の場合、土の中の微生物や養分が少なくなっていることもあるので、最初の土作りが大事になってきます。

ただ、土壌pHを調整するために土壌改良資材を用いることも大切ですが、こうした資材を多く使いすぎると土壌内の微生物が同じものばかりになってしまい、野菜の成長の妨げとなる場合があります。

極端にこうした資材にばかり頼るのではなく、最初のうちは堆肥や肥料をうまく取り入れて土作りをしていくといいでしょう。

特に家庭菜園初心者であれば、肥料にどんなものを使えばいいのかと不安を感じてしまう人もいます。

こうした場合には、初心者向けに販売されている配合肥料がおすすめです。野菜つくりに適した肥料がバランスよく配合されているので、初心者でも気軽に使うことが出来ます。

特にカブの場合には種まきから同じ土壌で栽培していくので、最初の芽がでた段階から効率よく養分を苗に行き届かせる必要があります。

配合肥料を最初から取り入れていればそういった面で不安は少なくなりますし、実際にカブが成長していく段階で必要な養分をしっかり蓄えることが可能です。こうした土作りは最低でも種まきの3週間前までには終わらせておくようにしましょう。

プランターの場合でもこの作業は同じですが、畑の場合と同様に土壌はしっかり耕しておくことが大切です。
カブは少しの土の塊、石でも成長の妨げとなってしまいます。時にカブの形が大きく崩れてしまうこともあるので、十分に注意していくようにしましょう。

カブには品種によって小さいものから大きめのものまでいろいろなものがありますが、どの種類であったとしてもその栽培方法は同じです。

畑やプランターに直接種をまく、その後苗がある程度成長するまでは寒さや防虫対策を徹底していきます。
成長事態は非常に早いので、こうした点にだけ注意していれば十分な収穫量を確保することが出来ます。

カブを一から栽培する際にはここで挙げたポイント、注意点をしっかり押さえておくといいでしょう。
プランターでの栽培の場合、小さいカブであればベランダなどの小さな範囲でも十分に収穫が可能です。

ただ、大きめの品種となればそれなりに間引きも必要になってくるので、まったくの初心者というのであればできるだけ小さな品種からチャレンジしていくのがおすすめになっていきます。

3.カブの栽培手入れ

水やり

カブの栽培には間引きと除草が欠かせません。本葉が出た段階で1回目の間引きをします。

本葉が3枚出た段階で2回目、そして本葉が5枚でた段階で3回目といったように、成長に合わせて間引きをしていくことでより強くしっかりした苗を残していくことが出来ます。
中には1回目ですべてを間引いてしまえばいいのでは?と思われる人もいるでしょうが、それだけカブが肥大しすぎて実割れを起こしてしまう可能性があります。
一気に苗に養分がわたりすぎてしまう、これも問題というわけです。
最終的には苗と苗の間が10㎝~30㎝ほどあくようにするのがベストです。

小さいサイズの品種であれば、10㎝でも十分な間隔となるのですが、これが大きな品種であれば話は変わってきます。
苗に十分な栄養が回るように、そしてカブ自体がきれいに成長するように、30センチほどの間隔をあけるのが無難になってきます。

畑であればこれだけの間隔でも十分確保することが出来ますが、プランターの場合にはそもそも種を植える品種が限られてくることになるので注意が必要です。
ちなみに、間引いた苗は食用にすることが出来ます。そのままゆでたりいためたり、はたまたお吸い物やみそ汁の具材として用いることもできるので無駄のない野菜ともいえます。

小さい品種であれば栽培期間が短いので追肥の必要はありませんが、大きな品種であれば2回目の間引きの段階で追肥を行います。
品種によって若干の違いがあるという点は注意しておいた方がいいでしょう。
もちろん、雑草取りなど基本的な手入れの方法は一緒ですが、追肥や苗の間隔、収穫時期に関しては事前のチェックが欠かせません。

初心者であれば断然、小さな品種がおすすめですが、ある程度カブの栽培に慣れてきたという場合には大きめの品種に挑戦するのもおすすめになってきます。
雑草はこまめに取り除くこと、これは小さなカブでも大きなカブでも変わらずに徹底していくべきことです。

4.カブの収穫時期について

カブ(かぶ・蕪)

カブの収穫時期は種まきのタイミングによって変わってきますが、基本的に種まきから45日~60日程度で収穫が可能です。
小さな品種であっても、大きな品種であっても、土からカブの肩が出ていれば収穫時期と判断していいでしょう。

収穫の方法は簡単で、葉をも土から引っこ抜くだけです。
このとき、根元を持つと形を崩さずに引き抜くことが出来ます。収獲に適した時期を逃してしまうと実割れが起こりやすくなったり、味が落ちてしまうことがあるので注意が必要です。

収穫量はそれぞれの畑、プランターによっても異なってきますが、時に害虫や病気の影響で収穫量が減ってしまうこともあります。
急に苗が枯れてしまう、その枯れる原因がわからないという場合には、土壌や苗に何かしらの問題があると考えていいでしょう。

カブは水はけがいい土壌で栽培するのが適していますが、時に乾燥が続きすぎた場合、あるいは大雨が続いた場合などには苗や実にそのダメージが回ってしまうことになります。
それこそ味が落ちたり、見た目が悪くなる原因になりますし、最悪の場合には苗自体が枯れてしまうこともあるということです。
収穫時期の見極め、そして土壌の管理には一定の注意が必要です。

5.カブに発生しやすい病気と害虫

カブ(かぶ・蕪)

カブに発生しやすい病気や害虫には複数のものが挙げられます。

まず代表的なものであれば、黒腐病や根こぶ病が挙げられます。
黒腐病は葉が黄色になり、その病変はV字型に広がっていくのが特徴です。
土壌に含まれる細菌が原因で引き起こされる病気ですが、発病した株を丸ごと引き抜き焼却処分することで対処が可能です。

根こぶ病はカビが原因で引き起こされていて、根にこぶができるのが特徴です。土や雨水を介して土壌全体に広がっていくことになるので、発病が発覚した段階で防除対策が必要です。
株をすべて処分するのはもちろんですが、その後しばらくはその土壌で野菜の栽培は控えた方がいいでしょう。

その他、害虫であればアオムシやアブラムシによる食害が顕著です。
アオムシの幼虫は見つけ次第駆除すること、必要に応じて殺虫剤を用いるのもおすすめです。

アブラムシの場合、時にウイルス病を媒介することもあるので注意が必要になってきます。
アブラムシは生殖力が強いため、予防がより重要になってきます。
見つけ次第つぶすこと、これはもちろんですが、数が多いので対処が遅れてしまう場合も十分考えられます。

ウイルス病が発症する前に天然由来の殺虫剤を用いるなどして対処していくのも一つの手です。
種まき段階であれば、ビニールをトンネル型にして害虫予防をしていく方法もありますが、ある程度苗が成長してからはその都度対策を徹底していきましょう。たったこれだけでも十分にカブの収穫率は確保することが出来ます。

カブの育て方を読んだあなたにおすすめの記事:

カブ(かぶ/蕪)の後作に植えても良い野菜とは?(連作障害)

2018.08.17

小カブのそぼろあんかけレシピ

2018.08.02

小カブ(小かぶ・蕪)の育て方・栽培方法

2018.04.15




カブ(かぶ)の育て方・栽培方法