小カブ(小かぶ・蕪)の育て方・栽培方法

小カブ(小かぶ)の育て方・栽培方法

1.小カブ栽培の特徴と時期


小カブの育て方手順に沿って、畑やプランターで小カブを栽培してみましょう!
小カブは簡単に育てられるので、初心者が栽培するのにもオススメの野菜です。

小カブ(小かぶ・蕪)の栽培データ
■小カブの栽培難易度:★★★☆☆

■小カブの旬:春5月~7月、秋10月~12月

■連作障害:あり

■栽培時期:春まき・秋まき

■春の種まき:3月~4月
 収穫時期:5月~7月

■秋の種まき:8月~10月
 収穫時期:10月~12月

小カブは年2回栽培することができる野菜で、小カブの旬は、春は5月~7月、秋は10月~12月です。

カブの科目はアブラナ科で、原産地は地中海沿岸、ヨーロッパとされています。古事記や日本書紀にその記述があることから、日本では古くから栽培されている野菜です。

カブの種類は、直径5~6㎝の小カブ、直径13㎝程度の中カブ、直径15㎝以上の大カブの3種類がありますが、小カブは栽培期間が短いこともあり、人気の野菜の一つです。

小カブの栄養素には、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンCやカリウムなどが含まれ、葉の栄養価も高く、カロテンやビタミン類、カルシウムも豊富です。

カブの育て方

小カブの品種としては、『四季まき小かぶ』『耐病ひかり蕪』『スワン蕪』『たかね小かぶ』『早生今市小かぶ』『みやま早生小かぶ』『時無し小かぶ』『あやめ雪蕪』『みふね』『たかね』『すみれかぶ』などがあります。

初心者でも育てやすい小カブのおすすめ品種としては、『四季まき小かぶ』です。
四季まき小かぶは、関東地方を中心に広く作られている小カブです。
生育旺盛で玉に近い腰高で、肉質がち密で、甘みがあるのが特徴です。
育成期間は短く、種まき後2日~5日で発芽し、40日~60日で収穫できます。

■小カブの種が買えるお店

小カブの種を買いたい場合は、販売店をのぞいてみましょう!
こちらから購入すると、届けてくれるので便利です。

小カブは、涼しい気候で育ちやすいという特徴があります。
このため、種まきは、春や秋に行うのが無難ですが、秋まきの方が虫の心配も少なく、収穫時によいものがとれます。

小カブの春まきは3月~4月に種まきを行い、収穫は5月~7月となります。秋まきは8月~10月に種まきを行い、収穫は10月~12月となります。
種まきから収穫までの期間は、約40日~60日です。

小カブ栽培のポイントは、種まきのタイミングをずらして収穫量を増やすこと、早春や晩秋など比較的気温が低くなる時期に種まきをする際には寒さ対策を徹底することです。
小カブは、品種や畑、プランターの状態によって収穫時期が多少異なってくることがあります。それぞれのケースに合った方法で、種まきや収穫のタイミングをはかっていくことがポイントになります。

好適土壌pHは6.0~6.6ですので、苦土石灰をまいて畑の準備をします。
小カブには連作障害がありますので、1~2年は期間を空けます。
連作障害は、同じ土壌で同じ作物を育てた時に起こる障害のことで、土壌や作物の異常、収穫量の減少を引き起こすことがあるので注意が必要です。

小カブは成長が早く、収穫までに期間もさほど必要ないので、家庭菜園が初めてという人でも比較的栽培しやすい野菜といえます。

2.小カブの栽培基本(畑・プランター)

プランター栽培

小カブの栽培の基本として、土作りは欠かせません。
野菜作りに適しているのは、堆肥を多く含んだふんわりとした柔らかい土壌です。また、土壌内の栄養分が豊富で微生物もたくさんいる状態が、野菜にとってはベストな環境となってきます。

小カブの栽培では、種まきから発芽の段階まで十分な栄養素をいきわたらせる必要がありますが、成長が早いため追肥なしに収穫まで過ごすことが出来ます。つまり、土作りの段階で十分な肥料を土の中に入れておかなければいけないということです。

そこでお勧めになってくるのが配合肥料です。特に野菜作りに適したバランスで肥料がブレンドされているため、初心者でも安心して使用することが出来ます。まずはこうした堆肥や肥料を使って小カブに適した土壌を作っていきましょう。

種まきの2週間前までに、畑に苦土石灰1㎡当たり100gを撒いてよく耕します。小カブは石や土の塊の影響で形が崩れてしまうことがあるので、土壌は丁寧に耕しておきます。
1週間前になったら、堆肥1㎡当たり2㎏、化成肥料1㎡当たり100gを施し、よく耕します。畝は、幅は60㎝、高さ10㎝にします。

小カブの種まきの方法は至って簡単です。
畝に条間20㎝で溝を2列を作って、1~2㎝間隔で条播きをしていきます。その後、上に土を軽くかぶせれば作業は完了です。たっぷり水を与えて発芽までの時を待ちましょう。
小カブは、条播きにすることでお互いに成長を促しあい、強い苗を作っていくことが出来ます。

小カブは植え付けは行わないため、一度畑やプランターに種まきした小カブは収穫まで手間がほとんどかかりません。こうした点も、小カブが家庭菜園初心者に向いているとされる理由の一つです。
ただ、春に種まきをする場合には、注意が必要になることもあります。
春は害虫が発生しやすく、特に苗の小さなうちは被害を受けやすいのが現状です。そのため、畑には防虫ネットを張って対処していく必要があります。
害虫としては、アブラムシ、アオムシ、コナガなどが発生する場合があるので早めに防虫を行いましょう。
アブラムシ、アオムシ、コナの防除には、透明寒冷紗などのトンネル被覆栽培も効果的です。

プランターで栽培を行う場合には、それに合ったプランターや道具をそろえることも大切です。
小カブはその性質上、大きな品種のように肥大化することはないため、浅いタイプでも十分なスペースさえ確保できれば問題はありません。プランター選びの際には深さよりも、広さに着目して選ぶようにしましょう。

プランターを用意したら、土作りを行います。
赤玉土、腐葉土、バーミキュライトを配合します。その中に石灰を用土10ℓあたり10g、化成肥料を用土10ℓあたり20g程度混ぜ合わせます。自分で作るのが面倒だというときは、市販の培養土を利用すると簡単です。

土作りを行う上でポイントとなるのは、正しい配合で土を作ることだけではありません。水はけも大切ですので、鉢底石を敷き詰めてウォータースペースを確保します。そのため、用土はたくさん入れずに、8分目までにとどめておきましょう。

小カブは、根が肥大する野菜ですので、プランターに直まきします。
用土を平らに均したら、支柱などを使って、条間10㎝、深さ5㎜のまき溝を2本作ります。種まきは、1㎝間隔で重ならないようにまいていきます。種をまいた後は土を軽く被せてから、上から軽く押さえて種を土に密着させ、水をやります。

発芽がそろったら1回目の間引きを行い、本葉2~3枚で2回目、本葉5~6枚で3回目の間引きを行います。間引いたあとは、株元に土寄せを行い株が倒れるのを防ぎます。3回目の間引きの際には土寄せとともに化成肥料10gを条間に施すとよいでしょう。
また、プランターでの栽培であっても、防虫ネットを用いて害虫対策を徹底していきましょう。

3.小カブの栽培手入れ

水やり

小カブの栽培では、適度な間引きと除草が欠かせません。
間引きは小カブの成長に合わせて行います。1回目は本葉の数が1~2枚になった頃に株間3~4㎝に、2回目は本葉3枚の頃に株間6㎝に、3回目は本葉5~6枚の頃に株間10㎝にします。

1回で間引きを終えてしまうと、小カブが肥大しすぎてしまい、実割れの症状が出やすくなります。また、味や質が落ちることも懸念されるため、このポイントはしっかり押さえておくようにしましょう。

種まきから発芽、収穫までの間に適度に雑草を処理することも重要です。
除草作業が面倒だと感じる人も中にはいるかもしれませんが、除草によって小カブの成長を促していきます。
この手間を惜しんだ場合、土壌内の栄養分が雑草にばかり行ってしまいますし、時に実割れなど見た目の問題も引き起こしてしまいます。

また小カブは、過度な乾燥や過湿は根の変形や割れを招いてしまうため、収穫の時まで適温を保つようにします。

小カブは、基本的に生育が早いので、畑の場合は追肥は行わずに最初に与えた肥料だけで収穫までを乗り切ります。
収穫のタイミングは小カブの肩が地面から見えてきた時です。

4.小カブの収穫時期について

小カブの収穫

小カブの収穫時期は、種まきのタイミングによって変わってきます。
早春に種まきをした場合には4月頃には収穫が可能ですし、それ以外のタイミングでも約40日~60日で収穫が出来ます。
種まきから収穫までのスパンが短いことも小カブ栽培のメリットです。

収穫の方法も簡単で、根茎が5~6㎝になったら、葉の根元をもって上に引き上げるだけです。小カブは、実も小ぶりですので、収穫自体は短時間で済ませることが出来ます。
この収穫のタイミングを逃してしまうとス入りしたり、味や実の品質が落ちてしまうことがあるので、収穫の時期を逃さないように見極めていくことが大切です。
適期収穫を心がけましょう。

最大でも根茎10cm以下で収穫すると、カブの繊維が硬くならないので、食べた際に美味しくいただくことができます。

小カブの収穫量が十分に確保できる場合はいいですが、時に苗が途中で枯れてしまうなどのトラブルが発生するケースもあります。
枯れる原因は、畑やプランターでの栽培によっても変わってきますが、多くは土壌や苗自身の問題にあります。土壌や苗に病気が蔓延していたり、あるいは害虫による食害にあったケースです。

病気や害虫の被害にあうと、収穫量はかなり下がってしまうので注意しましょう。家庭菜園初心者であれば、こうした病気や害虫の対処法、予防法について知っておくことが大切です。事前に予備知識をつけておけば、急に症状が出ても迅速に対応することが出来ますし、収穫量を確保していくことが出来ます。

5.小カブに発生しやすい病気

カブ

小カブに発生しやすい病気には、黒腐病や白さび病などが挙げられます。

黒腐病

黒腐病は葉の緑がV字型に黄色に変色していくのが特徴で、原因は細菌感染によるもので、発症した株はそのまま抜き取り焼却処分していきます。

白さび病

白さび病は葉や茎に白い斑点があらわれるのが特徴で、原因は病原菌への感染とされています。植物間を行き来することがあるので、発症した場合には葉や茎を取り除き市販の殺菌剤を用いていくのがおすすめです。

6.小カブに発生しやすい害虫

小カブの栽培中は、害虫への対処も必要です。

アブラムシ

アブラムシは特に注意が必要な害虫で、食害によって葉や茎が食い散らかされてしまいます。また、アブラムシの場合はウイルス病を媒介してしまうことがあるので、虫を見つけ次第駆除していくことが大切です。
アブラムシの場合には繁殖力が強く、人力だけでは対処が難しい場合もあります。そんなときにおすすめとなるのが天然由来の殺虫剤です。殺虫剤とは言いつつも天然成分で作られているものが販売されているため、こうした商品を用いれば食用の小カブでも安心して使用することが出来ます。

アオムシ

アオムシは、モンシロチョウの幼虫です。成虫はアブラナ科の葉などに卵を産みつけます。幼虫は、体が大きくなると食欲が旺盛になり、葉を食べ尽くすこともあります。
防虫ネットを被せるなどして、成虫が産卵するのを防ぎます。チョウを見つけたら、葉の裏を調べて、卵や幼虫を捕殺します。薬剤を使用する場合は、定期的に薬液散布を行います。

コナガ

コナガ(小菜蛾)は、小カブなどのアブラナ科に発生する害虫です。
コナガの幼虫は、緑色でイモムシと似たような見た目をしています。
コナガは葉の中に住み着き、葉っぱを食害し、主に葉っぱの裏側を食べ、表面を残していきます。
そのため、葉っぱが透けて見えるような被害が起きます。
コナガは農薬にも比較的強いため、小カブ栽培の際の厄介な害虫と言えます。

小カブは、病気や害虫による被害を受けやすいからこそ、その予防、対策を徹底していくことが大切になってきます。
家庭菜園初心者であれば、こうした知識をしっかり身に着けて備えていくことから始めていきましょう。

小カブの育て方を読んだあなたにおすすめの記事:

カブ(かぶ/蕪)の後作に植えても良い野菜とは?(連作障害)

2018.08.17

小カブのそぼろあんかけレシピ

2018.08.02

カブ(かぶ・蕪)の育て方・栽培方法

2018.04.09




小カブ(小かぶ)の育て方・栽培方法