キャベツ(きゃべつ)の育て方・栽培方法

キャベツ畑

1.キャベツ栽培の特徴と時期


キャベツの育て方手順に沿って、畑やプランターでキャベツを栽培してみましょう!
キャベツは簡単に育てられるので、初心者が栽培するのにもオススメの野菜です。

キャベツの栽培データ
■キャベツの栽培難易度:★★★☆☆
■分類: アブラナ科アブラナ属
■原産地:地中海沿岸
■キャベツの旬:4~7月、10~12月
■栽培時期:春まき・夏まき・秋まき
春の種まき:2~3月、植え付け:3~4月、収穫:6~7月
夏の種まき:7~8月、植え付け:8~9月、収穫:10~12月
秋の種まき:9~10月、植え付け:10~11月、収穫:4~5月
■連作障害:あり(3~4年あける)
■好適土壌pH:5.5~6.5
■発芽適温:15~20℃
■生育適温:15~25℃

■キャベツの種が買えるお店

キャベツの種を買いたい場合は、販売店をのぞいてみましょう!
こちらから購入するとポイント還元があります。

特徴

キャベツは、ヨーロッパが原産で、アブラナ科に分類されます。わが国には江戸時代初期に渡来し、明治になってから野菜として利用されるようになりました。
キャベツは、低温性野菜で冷涼な気候を好むため寒冷地で栽培されてきましたが、今は品種改良によって全国各地でキャベツ栽培がされるようになりました。

キャベツは、収穫時期によって「春キャベツ」「夏秋キャベツ」「冬キャベツ」の3つに区別されています。春キャベツは「新キャベツ」とも呼ばれ、葉が柔らかくて甘みがあるのでサラダなどの生食用に適しています。夏秋キャベツは「高原キャベツ」とも呼ばれ、高冷地で生産されています。冬キャベツは「寒玉キャベツ」とも呼ばれています。葉がしっかりと結球しているのが特徴です。
キャベツの種まきは、「春まき」「夏まき」「秋まき」があり、年3回収穫ができます。また、栽培方法によって「夏まき秋冬どり」「秋まき春どり」などと呼ばれています。

品種

キャベツは、品種を選んで栽培すれば、ほぼ1年中収穫することができます。
キャベツの品種は約60種類あると言われています。主な品種としては、『YR春空』『金系201号』『春波』『中早生2号』『新藍』など数多くありますので栽培時期と地域にあったものを選びましょう。
品種名にYRなどのアルファベットが付いているものは、病気に対する抵抗性があることを表しています。YRは萎黄病、CRは根こぶ病に抵抗性があります。
芽キャベツ、コールラビ、紫キャベツ、黒キャベツ、ちりめんキャベツなどは、キャベツの仲間です。

ミニキャベツ

最近は、一般的なキャベツのおよそ半分の500~800gのミニキャベツが人気です。株間20~25㎝で栽培ができることや、植え付け後約40~50日で収穫できることためベランダでの栽培に最適です。深さ30cm以上の大型プランターで、2株が目安です。

キャベツ

キャベツの栄養素

キャベツは、古代ギリシア時代には万能薬として食べられていました。キャベツは、ビタミンC、ビタミンK、ビタミンU、カルシウム、食物繊維など多くの栄養素を含んでいます。ビタミンCは免疫力を高めて風邪予防に効果があり、疲労回復、美肌にも効果があるとされています。ビタミンKは骨粗しょう症の予防効果や、血液凝固作用があります。ビタミンUは、「キャベジン」ともいわれる成分で、胃の粘膜の修復を促したり、胃酸の分泌を抑えて、胃潰瘍の予防・改善に効果があるとされています。

キャベツは、多くのがん抑制成分も含んでいます。中でも「イソチオシアネート」という成分は発がん物質の活性化を抑える働きがあり、がん細胞になる前の異常細胞が増えるのを抑制します。イソチオシアネートは消化を助けるほか、胃の病気の原因となるピロリ菌の殺菌効果もあるとされています。

料理方法

キャベツは、生食のほか、ロールキャベツ、スープ、炒め物、餃子、お好み焼き、漬け物など、和食・洋食・中華を問わず幅広く使える食材です。栄養価も高い万能野菜ですが、調理法によっては、ビタミンなどの栄養価を損なう恐れがあるので注意が必要です。
キャベツに多く含まれるビタミンCやビタミンUは、熱に弱くて水に溶けやすい性質を持っています。このため、長時間ゆでたり、水につけっぱなしにしているとビタミンが流出してしまいます。ビタミンCは外葉に多く含まれ、ビタミンUは芯や内側の葉に多く含まれています。ビタミンを効率よく摂るためには生で食べるが一番です。

キャベツ栽培のポイント

キャベツは、春に植えると害虫の被害が多く、暑さにも弱いことから栽培難易度は高くなります。初心者の場合、夏や秋に植え付けを行うことをおすすめします。
キャベツ栽培のポイントは、①栽培時期に合った品種を選ぶ、②連作をしない、③日当たりが良く、水はけのよい環境で栽培する、④防虫ネットを活用することです。

キャベツの種まき

キャベツは、生育適温が15~20℃で冷涼な気候と低温を好みます。発芽適温は20~25℃ですので、気温が涼しくなってから種をまきましょう。気温が25℃を超えると苗の生育が衰え、病気の発生も多くなります。このため、夏まきがおすすめです。
秋まきの場合は、春にとう立ちしやすくなります。キャベツは低温にさらされることで花芽の形成が始まり、春に急成長してつぼみをつけるため茎が伸びてきますが、これを「とう立ち」と言います。とう立ちすると、味にえぐみが出てしまいます。

キャベツの苗づくり

キャベツの種まきは、畑に直まきすることもできますが、家庭菜園ではポットに種をまいて苗を育ててから畑に植え付ける方法が良いでしょう。苗は日当たりの良い場所で育てます。

土壌pH

キャベツは、酸性にやや弱いため苦土石灰を施し、土壌酸度を調整する必要があります。好適土壌pHは、5.5~6.5です。植え付けの2週間以上前に苦土石灰を施します。

キャベツの連作障害

毎年、同じ場所に同じ作物や同じ科の野菜を栽培することを「連作」と言いますが、アブラナ科の野菜には連作障害が発生します。キャベツはアブラナ科のため、ハクサイやダイコンなどアブラナ科の野菜を3~4年以上育てていない場所で栽培するようにします。連続して栽培してしまうと生育障害や病害虫被害が拡大してしまいます。
キャベツのプランター栽培では、常に新しい土を使うことをお勧めします。

キャベツの収穫時期

キャベツの収穫時期は、夏まきは10月下旬~12月上旬、秋まきは翌年4月上旬~5月上旬となります。種まきから約100日が経過し、キャベツが堅く結球した頃が収穫の時期です。
葉が重なり合って球状になることを「結球」と言いますが、結球部分を手で押さえてみて堅く締まっていれば収穫できます。キャベツの収穫方法は、キャベツの下の葉を残して外葉を押し広げて、株元に包丁などを使って切り取ります。

キャベツの冬越し

-0℃以下で凍傷になってしまうキャベツもありますが、表だけの凍傷であれば越冬キャベツを作る事が可能です。
寒玉キャベツなどであれば、もう少し寒くても、凍傷になりにくいです。
寒さが強いと、芯の部分まで凍って半透明になってしまうので最低気温が-4℃に成る前に収穫します。

2.キャベツの栽培基本(畑・プランター)

肥料

キャベツの栽培方法をご紹介します。
キャベツの栽培は、とう立ちの心配がない夏まきがおすすめです。初めてキャベツを育てるという場合は、市販の苗を購入して植え付けした方が害虫の被害も少なく、上手く育てることができます。

キャベツの種まき

家庭菜園では、ポットにキャベツの種をまいて育苗します。夏まきの場合、7月中旬~8月中旬に作業を行います。3号ポット(9㎝径)に培養土を入れ、手の指で深さ1~2㎝のくぼみを4~5箇所作り、1つのくぼみに1粒ずつ種をまき、土をかぶせてたっぷりと水やりをします。
発芽するまでは土の表面が乾かないようにします。
発芽したら3本に間引き、子葉が開ききったら2本に間引いて、本葉3~4枚で1本立てにして育てます。本葉5~6枚になったら畑に植え付けします。植え付けの時期は、8月下旬~9月中旬となります。

キャベツの土づくり

キャベツを上手に栽培するためには、畑の土作りが重要です。アブラナ科の連作を避けて、日当たりと水はけのよい場所を選びます。病気や害虫による被害を予防するためにも、畑づくりの段階で排水性のよい環境にすることがポイントになります。
キャベツの植え付け2週間前に、植え付け場所に1㎡当たり苦土石灰100gを撒いて深く耕します。植え付け1週間前に、1㎡当たり堆肥2kg、化成肥料100gを撒いて耕し、土とよく混ぜます。幅60㎝、高さ10~15㎝の畝を作り、表面をレーキなどで平らに均します。

キャベツの植え付け

キャベツは残暑が厳しい時は日中の植え付けを避け、夕方に行うようにします。畝の中心に、株間40㎝として、ポットが入る分の植え穴をあけます。植え穴は苗よりも深めに掘ります。植え穴にジョウロでたっぷりと水を注ぎ、水が引いたら、ポットから苗を取り出して浅めに植え付けます。最後に苗の根元を上から軽く押さえつけ、たっぷりと水やりを行います。その後は、土が乾いたらたっぷりと水をやります。キャベツは、寒さには強いですが、乾燥には弱い野菜です。乾燥が続くと生育不良になり、肥料の吸収力も落ちるので、畑が乾いた時に水やりをします。

プランターでのキャベツ栽培方法

プランターは、大型サイズ、または大鉢(深底)タイプを利用します。キャベツは株間が最低でも30㎝は必要となります。種からでも育てられますが、市販の苗を購入して育てると手間が省けて便利です。

①種まきからはじめる場合
夏まきの場合、7月下旬~8月上旬に作業を行います。野菜用培養土を3号ポリポット(9㎝径)に入れ、手の指で深さ1~2㎝のくぼみを4~5箇所作ります。1穴に1粒ずつ種を入れ、土をかぶせて水やりをします。
種をまいてから3~5日ほどで発芽が始まります。発芽したら生育の良いもの3本に間引き、本葉2枚になったら2本に間引いて、本葉3~4枚で1本立てにします。本葉5~6枚になったらプランターに植え付けします。
キャベツのプランター栽培では新しい土を使用することをおすすめします。既存の土を使う時は、苦土石灰を混ぜ込んでpH調整を行ってから種まきをしましょう。
なお、種をプランターに直まきすることにより、早く収穫することもできます。

②キャベツ苗を購入する場合
キャベツの苗は、本葉が5~6枚あるものを選びます。茎が太く、節間が詰まった緑色が濃いものを選びましょう。病害虫の被害がないかどうかも確かめます。
プランターの底に鉢底網を敷き、底全体が見えなくなるまで鉢底石を敷きます。野菜用培養土はウオータースペースを残してプランターの上部から3㎝下のところまで入れます。
培養土を入れたら、ポリポットの大きさと同じくらいの植え穴を作ります。株間を30~35㎝とり、ポットより少し大きめの植え穴を掘り、植え付けします。キャベツを植え付ける際は、根鉢の土を崩さないようポットを逆さまにして苗を取り出し、そのまま植え穴に植え付けします。
キャベツの子葉が隠れないように、株元を少し高くして浅植えにします。
植えた後は、株元の土を上から軽く押さえ、プランターの底から水が出るくらいたっぷりと水をあげます。

防虫ネット

キャベツは、アブラナ科の害虫であるアオムシ、アブラムシ、ヨトウムシなどの被害を受けやすく、苗のときに食害されると結球できなくなります。害虫の被害を少なくするため、防虫ネットを掛けて虫の飛来と産卵を防ぐことが重要です。防虫ネットは、植え付け直後に速やかに掛けるようにします。キャベツ苗に害虫が付いていないことを確認することも大切です。

3.キャベツの栽培手入れ

水やり

キャベツを大きく育てるために、水やりと追肥が必要です。
水やりの基本は1日1回、早朝にたっぷりと与えます。

キャベツの水やり

発芽後も苗の植え付け時までは、土の表面が乾かない程度に毎日水を与えます。植え付け後は、根付くまでの間、表面が乾燥しないように毎日水を与えます。キャベツの苗が根付いた後は少し乾燥気味に育てます。日照りの強い夏場は、朝と夕方の2回たっぷり水やりをします
キャベツのプランター栽培は乾燥しやすいので、水やりに気をつけましょう。発芽するまでの間は土の表面が乾かないように水やりを行います。苗が根付く約1週間はたっぷりと水を与えましょう。夏の炎天下に水をたっぷりやると、土の中の水温が上昇し、蒸し風呂状態になって根が腐ってしまうので、夕方涼しくなった頃に水やりをします。

追肥・土寄せ

キャベツの栽培においては、追肥や土寄せも重要です。
①畑で栽培する場合
植え付けから3週間経過して本葉が10枚程度になったら1回目の追肥を行います。追肥は、株と株の間に化成肥料1㎡当たり30gを施します。化成肥料が葉にかからないように注意します。化成肥料と土を混ぜたら、キャベツの下葉が土で隠れない程度にくわを使って株元に土寄せします。2回目の追肥は、1回目の追肥を行ってから約20日経過した頃に行います。1回目と同じように株間に化成肥料1㎡当たり30gを施し、化成肥料と土を混ぜてから株元にしっかりと土寄せします。

②プランター栽培の場合
1回目の追肥は、苗の植え付けから約3週間経って本葉が10枚程度に育った頃に行います。
化成肥料10gをプランターの縁に施し、土と混ぜ合わせてから株元に土を寄せます。2回目の追肥は、植え付けから約20日経過した頃に行います。1回目と同じように化成肥料10gを葉にかからないよう株の周りにまき、土と混ぜ合わせて株元に土を寄せます。

4.キャベツの収穫時期について

キャベツ

キャベツの収穫適期

キャベツの種まきから約90~100日後に、結球部分を手で押してみて堅く締まっていたら収穫適期です。収穫作業は、早朝~午前中に行います。球が小さくてもそれ以上は大きくならないので、堅く締まっていれば収穫します。収穫適期を過ぎると「裂球」したり、味が落ちてしまうので注意しましょう。キャベツの収穫方法は、外葉を広げて1~2枚残し、茎に包丁を刺すようにして切り取ります。切り取る際は、外葉を2~3枚付けます。保存する場合、外葉があると痛みが少なくてすみます。

キャベツの生理障害

キャベツは、水やりの管理が不十分だと土壌の乾燥によってカルシウム、マグネシウム、ホウ素などが欠乏して生育不良を起こしてしまいます。肥料の過不足・過多によっても生理障害を起します。特に窒素肥料の過多に注意し、定期的に適量を施しましょう。

裂球(レッキュウ)

キャベツは、生育の途中で球が割れることがあります。キャベツは外側の葉から丸くなり、内側に新しい葉がどんどんと出来てきます。内側からの成長に外形が追いつかないと、最後には外側の葉を突き破って球が割れてしまいます。これを「裂球」と言いますが、適期になったら速やかに収穫するようにします。とう立ちによって割れることもあります。

5.キャベツに発生しやすい病気

キャベツの病気

キャベツに発生しやすい主な病気をご紹介します。

菌核病(きんかくびょう)

菌核病は、結球期から発生することが多いので注意が必要です。発病するとキャベツの茎や葉が水浸状に褐色してドロドロに腐敗します。軟腐病のような悪臭はありません。
菌核病を予防するためには、連作を避け、水はけの良い畝を作り、ワラなどを敷いて泥はねを防ぐことが大切です。窒素肥料の過多にも注意し、発病したらすぐにキャベツの株全体を抜き取り、病気の拡大を防ぐため畑の外に撤去処分します。

黒腐病(くろぐされびょう)

黒腐病は、土壌中の細菌によって起こる病気です。細菌は雨や泥はねで跳ね上がり、葉の水孔や害虫による食害痕、葉の傷口部分などから侵入します。キャベツの葉の先端部から中心に向かってV字型の病斑を生じ、やがてキャベツの葉全体が枯死してしまいます。
黒腐病を予防するためには、アブラナ科作物の連作を避け、畝の排水をよくします。窒素過多にも注意します。害虫の食害痕からの侵入を防ぐため害虫防除も徹底します。発病の激しい株は、すぐに抜き取って撤去処分します。

軟腐病(なんぷびょう)

風雨、灌水による泥はねで、土壌中の細菌がキャベツの傷口から侵入します。病斑が広がり、やがてドロドロに腐敗し、悪臭を放ちます。高温多湿の時期に多発します。
連作を避け、高畝にして排水性をよくし、ワラなどを敷いて泥はねを防ぎます。窒素過多に注意し、害虫防除も徹底します。発病株は早期に抜き取り撤去処分します。

萎黄病(いおうびょう)

土壌中の病原菌がキャベツの傷口から侵入して道管部で繁殖します。地上部の片側の葉の生育が停止して黄色くなり、やがてキャベツの株全体の葉が落葉して枯死します。
アブラナ科作物の連作を避けます。発病した株は早期に抜き取り撤去処分します。

根こぶ病

根こぶ病は、連作障害によって起こる病気です。日中は葉がしおれて夕方に回復することを繰り返し、やがてキャベツが枯れてしまいます。キャベツの根に菌が寄生して大小のコブができ、結球しなくなります。畑作りの段階で畝の排水をよくし、石灰を施用します。アブラナ科雑草の除草も大切です。発病後の治療法はないので、撤去処分します。

べと病

べと病は、アブラナ科、ウリ科などの野菜に発生するカビが原因で起こる病気です。野菜の科目によって病原菌が異なるので症状も様々で葉に発生します。葉表に黄色い病斑が現れ、葉裏にすす状のカビができます。長雨や水分が多い環境で伝染するので、水はけをよくし、日当たりや風通しを良くします。病斑の出た葉を摘み取って畑の外に撤去処分します。

6.キャベツに発生しやすい害虫

キャベツに発生しやすい主な害虫をご紹介します。

アオムシ

アオムシは、モンシロチョウの幼虫で、アブラナ科の野菜を好んで食害します。モンシロチョウは1年で5~6回産卵し、孵化したアオムシは食欲旺盛で、キャベツの葉をレース状に食べ尽くしてしまいます。葉を食害されると光合成ができないため成長が止まり、結球できなくなります。窒素肥料が豊富な株に産卵されやすくなるので、肥料過多にならないように適切な施肥量を守るようにします。
モンシロチョウの産卵を防ぐため、キャベツ苗の植え付け直後に防虫ネットや寒冷紗で覆うことが重要です。ネットに隙間がないかどうかよく点検し、アオムシを見つけたら手で捕殺します。アオムシを食べる天敵が住みやすい環境にすることも重要で、コンパニオンプランツとして、レタスやシュンギクを混植することも効果があります。

アブラムシ

アブラムシは、体長1~4㎜ほどの害虫で、キャベツの茎や葉に集団で寄生し、口針を刺しこんで植物の汁を吸収します。モザイク病やウイルス病に感染した植物を吸汁した際に体内にウイルスを取り込み、健康な植物にウイルスを媒介します。窒素肥料のやりすぎに注意します。
アブラムシの飛来を防ぐには、0.8㎜以下の目の細かい防虫ネットで覆うか、キラキラテープを張って飛来を防御する方法も効果があります。周りにソルゴーやムギなどのイネ科植物を植えて侵入防壁にしたり、寄生してもらうことも効果があります。繁殖力が非常に旺盛なため、見つけたら早急に捕殺するか、殺虫剤をキャベツの株全体に散布して駆除します。

コナガ

コナガは、蛾の仲間で、幼虫が葉の内部に潜り込んでキャベツの葉肉を食害します。繁殖力が強く、農薬にも強い虫なので、放置すると多発して野菜を食い尽くしてしまいます。窒素肥料過多の株は産卵されやすくなります。クモなどの天敵が棲みつく畑づくりをするのが効果的です。
防虫ネットで産卵を防げますが、キャベツの葉が被覆資材に触れていると外側から産み付けられてしまうので、被覆後もこまめにチェックします。アブラナ科の雑草にも飛来するので除草もしっかり行います。幼虫を見つけたら捕殺しますが、若齢幼虫は葉肉に潜るため捕殺は困難です。成虫はキク科とシソ科を嫌うため、コンパニオンプランツとしてシュンギクやレタスを近くに植えると飛来を防ぐことができます。

ヨトウムシ

ヨトウムシは、ヨトウ蛾の幼虫です。成虫は夜間に産卵し、数百個の卵を葉に産み付けます。
幼虫は集団で行動し、一晩で野菜を食い尽くしてしまう害虫です。キャベツ苗の植え付け時に防虫ネットで覆うと産卵の被害を抑えることができます。雑草防除も効果がありますので、しっかりと行います。キャベツの葉の裏をこまめに観察して、卵や幼虫を見つけたら潰して駆除します。大きくなった幼虫は、日中は株元の地面に潜って隠れているので発見が困難ですが、キャベツの株元を割りばしで掘ってみて捕殺する方法もあります。

キャベツの育て方を読んだあなたにおすすめの記事:

オルトラン粒剤の使い方・オルトラン効果まとめ!

2018.10.27

キャベツの後作に植えても良い野菜とは?(連作障害)

2018.09.13

芽キャベツのポトフ風スープレシピ

2018.09.05

芽キャベツの育て方・栽培方法

2018.04.15




キャベツ畑