マクワウリ(メロン)の育て方・栽培方法

マクワウリの育て方

1.マクワウリの特徴と栽培時期


マクワウリの育て方手順に沿って、畑やプランターでマクワウリを栽培してみましょう!マクワウリはメロンの仲間で、小型で育てやすいのでチャレンジしてみましょう。

マクワウリの栽培データ
■マクワウリの栽培難易度: ★★★☆☆
■分類:ウリ科キュウリ属
■原産地:南アジア
■マクワウリの旬:7~8月
■栽培時期:春植え
 種まき:4月、植え付け:5月、収穫時期:7~8月
■連作障害:あり(3~4年あける)
■好適土壌pH:6.0~6.5
■発芽適温:25~30℃
■生育適温:25~30℃
■マクワウリの種や苗が買えるお店
マクワウリの種や苗を買いたい場合は、販売店をのぞいてみましょう!
こちらから購入するとポイント還元があります。

特徴

マクワウリは、南アジア原産のウリ科の野菜で、プリンスメロンなどと同じメロンの仲間です。
現在のメロンが一般的になるまでは、マクワウリを「メロン」と呼んでいました。
サカタのタネが開発した品種『プリンスメロン』は、洋種メロンと日本の「マクワウリ」を交配して育成されたものです。

マクワウリは、表皮に網目の出ない「ノーネットメロン」で、果皮がツルっとしています。ややかための食感で、シャキッとしたさわやかな甘みがあるのが特徴です。
高級メロンの甘さにはかないませんが、日本各地で栽培されて、色や形も様々なものが作られています。
品種には、『甘露マクワウリ』『黄金マクワウリ』『ニューメロン』『網干メロン』『金太郎』などがあり、糖度の高い品種も出回っています。

栄養素

メロンには、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンC、カリウム、葉酸などが多く含まれています。メロンはカリウムの含有量が特に多く、体内の余分な塩分を排出し、高血圧や動脈硬化などの予防に効果があるとされています。

マクワウリの収穫時期

栽培時期

苗の植え付け時期は、5月が適しています。生育適温が25~30℃と比較的が高いため、できるだけ暖かくなってから苗を植え付けるようにします。種から育てる場合は、4月に育苗ポットに種まきを行い、5月に植え付けます。収穫は、7~8月になります。

栽培のポイント

①連作障害があるので、3~4年の期間をあけるようにします。
②親づる、子づる、孫づるの整枝・摘芯を適時に行い、孫づるに果実をつけるようにします。
③つるボケ(葉ばかり生長して結実しないこと)になりやすいため、窒素肥料の与え過ぎに注意します。

好適土壌pH

マクワウリの好適土壌pHは、6.0~6.5です。雨が多い日本では土が酸性になりがちですので、植え付け場所に苦土石灰をまいてよく耕しておきます。苦土石灰は、1㎡当たり100~150gが適しています。

連作障害

マクワウリは、連作障害が出やすい果菜です。一度メロンやウリ科野菜を作った場所では、3~4年の期間を空けるようにします。
連作すると、病気などが発生しやすくなりますので、注意が必要です。

2.マクワウリの栽培基本(畑・プランター)

肥料

畑での栽培方法

マクワウリは、種まきから始めることもできますが、市販の苗を購入して植え付けると育苗の手間が省けます。苗を選ぶときは、病害虫に強い接ぎ木苗を購入すると、丈夫で育てやすいのでおすすめです。

種まき

種から育てる場合は、4月にポットに種をまきます。培養土を入れたポリポット3号(直径9cm)に、指で1㎝ほどのくぼみを3箇所つくり、1粒ずつ種をまきます。
日中は、25~30℃以上、夜は18℃以上に保つと発芽しやすくなります。
本葉3~4枚の頃までに間引きを行い、育ちの良い苗を1本残して育苗します。本葉4~5枚になったら、畑に植え付けます。

土づくり

苗を植え付ける際は、2週間前に土づくりを行います。植え付け場所の全面に、苦土石灰100~150g/㎡をまいて深く耕します。
植え付け1週間前に、完熟堆肥2~3kg/㎥、化成肥料100g/㎥を施して再度耕します。畝幅は80~100cm、高さ10cmほどにし、水はけをよくします。
また、敷き藁やビニールマルチを畝に施しておくと、地温が上がって苗の活着が良くなります。

植え付け

苗は、本葉4~5枚に育ったものを植え付けます。遅霜の心配があるので、気温が十分に上がってから植え付けるようにします。
ポリポットから取りだした苗は、根鉢を崩さずに浅めに植え付けます。ポット表面の土が、畝の土より5㎜~1cmほど出るようにします。苗を数株植え付けるときは、株間を90cm以上あけるようにします。
植え付け後は、防寒のためにホットキャップを被せておき、つるが伸び始めたらはずします。

プランターでの栽培方法

マクワウリは、プランターや鉢でも栽培ですることができます。
プランターは長さ73cm・深さ25cm以上(46リットル)、鉢は10号鉢(直径30cm・16リットル)以上で、土が多めに入るサイズが適しています。
植え付けの際は、容器の底に鉢底石を敷いて、市販の培養土を8分目の高さまで入れます。
ポリポットから取りだした苗は、根鉢を崩さずに浅めに植え付けます。ポット表面の土が、畝の土より5㎜~1cmほど出るようにします。
植え付けが終わったら、たっぷりと水をあげ、ホットキャップや防虫ネットを被せておくとよいでしょう。
つるが伸びてきたら、あんどん仕立てなどの立体栽培にして、つるを誘引していきます。

3.マクワウリの栽培手入れ

水やり

おいしくて良質な果実を収穫するためには、整枝・摘芯、人工授粉、摘果などの日常管理が大切です。

整枝・摘芯

①畑栽培
親づるは、本葉が5~6枚になったら本葉4~5枚を残して先端を摘芯します。子づるが20cmほど伸びたら元気の良い子づる3~4本を残し、それ以外の子づるはすべて除去します。
また、子づる1~4節目までの孫づるもすべて摘み取ります。
雌花は孫づるに多く咲きますので、人工授粉を行って着果させ、着果した孫づるは、葉2枚を残して先端を摘芯します。
子づるは15~20節目くらいで先端を摘芯し、孫づるは混みすぎない程度に残して株が疲れないようにします。

②プランター・鉢栽培
親づるは本葉が5~6枚になったら、本葉4~5枚を残して先端を摘芯します。子づるが出てきたら元気の良い子づる1~2本を残し、それ以外の子づるはすべて除去します。
また、子づる1~8節目までの孫づるもすべて摘み取ります。
雌花は孫づるに多く咲きますので、人工授粉を行って着果させ、着果した孫づるは、葉2枚を残して先端を摘芯します。
子づるは15~20節目くらいで先端を摘芯し、孫づるは混みすぎない程度に残して株が疲れないようにします。

人工授粉

孫づるに確実に着果させるために、人工授粉を行います。花の下に小さな膨らみがあるのが雌花で、膨らみが無いのが雄花です。開花している雄花を摘み取り、開花している雌花の柱頭に雄花の花粉をこすりつけます。花粉の寿命が短いので、晴れた日の午前9時頃までに人工授粉の作業を終わらせるようにします。
なお、授粉した日付を書いたラベルを近くに付けておくと、収穫時期が分かりやすくなります。マクワウリは、交配後40日前後が収穫時期になります。

摘果

摘果は、不要な果実を摘み取り、良質の実を残す作業です。果実を多く着果させると、養分が分散されてしまい、良質な果実ができなくなります。
摘果は、果実がピンポン玉くらいの大きさになったら、楕円形のものを数個残して、それ以外の果実や花弁は取り除きます。
1株当たりの収穫数は、畑栽培で6~8個、プランター栽培では2~4個が目安です。果実を多くつけすぎると、株が消耗して枯れることもあります。

追肥

窒素肥料が多いと、つるボケになりやすいので、着果したことを確認してから、追肥を行います。
畑栽培の場合は、1回目の追肥は、果実がタマゴくらいの大きさになったら行います。化成肥料30g/㎡を畝の肩に施し中耕し、土寄せします。2回目の追肥は、生育の状況を見ながら同量の化成肥料を施します。
プランター・鉢栽培では、果実がついた頃と、果実が肥大した頃の2回に分けて追肥します。容器の縁に、化成肥料10gをぱらぱらとまいて土に軽く混ぜます。水やりなどで用土が減っていたら、肥料の上に補充しておきます。

水やり

畑栽培の場合は、苗の植え付け直後はたっぷりと水やりをします。その後は乾燥ぎみに育てますが、つるや葉が萎れてきたら水をあげます。
プランター・鉢栽培の場合は、土の表面が乾いてきたら水やりをします。収穫予定の10日ほど前になったら、水やりを控えて糖度を高めるようにします。

4.マクワウリの収穫時期

マクワウリ

収穫適期

収穫適期は、地域や品種などによって異なります。マクワウリは、交配してから40日前後で収穫ができます。果実が黄色などに色づき、果実の直径が8~10cmほどになり、ほんのりとした甘い香りが出始めたら収穫時期です。交配した日付を確認してから収穫します。
完熟すると果実がつるから落下することもありますので、ヒモやネットを使って落下防止を施すとよいでしょう。
収穫する際は、果実を軽く握り、つるをハサミで切り取ります。

5.マクワウリに発生しやすい病気

マクワウリの植え付け

野菜作りでは、病害虫の予防対策を行うのは当然ですが、無農薬で完全に防除するのは困難です。
薬剤は、使用目的、使用時期、使用回数などをきちんと守って使用することがとても重要になります。
薬剤使用が気になる場合は、お酢100%のポンプスプレータイプ『殺虫殺菌剤 アースガーデン やさお酢 1000mL』なども参考にするとよいでしょう。

うどんこ病

高温多湿の環境で発生しやすく、カビが原因の病気です。葉や茎に、うどん粉をまぶしたような白いカビが発生し、光合成ができなくなって枯れてしまいます。
窒素肥料の与え過ぎに注意し、日光が良く当たるようにし、風通しを良くして予防します。症状がひどい場合は、感染拡大を防ぐため、発病した葉を取り除きます。

べと病

葉の表面に褐色の病斑が現れ、しだいに大きくなって広がり、やがて枯れてしまう病気です。
水はけをよくし、日当たりや風通しを良くします。窒素肥料の過多にも気をつけます。病斑の出た葉は、早めに摘み取って畑の外に撤去処分します。

つる枯れ病

茎の地際部が水が浸みたようになり、葉に褐色の病斑が現れ、徐々に拡大してやがて枯れてしまう病気です。
発病すると感染源になるため、株を抜き取って撤去処分します。高畝にして水はけをよくして予防します。

つる割れ病

茎が、地際部分から裂けて割れてしまう病気です。割れた部分からカビが生え、症状が進むと茎が萎れて枯れてしまいます。
カボチャを台木にした接ぎ木苗を選び、植え付け前に苦土石灰をまいて土壌酸度を調整します。発病した株は抜き取り、畑の外に撤去処分します。

6.マクワウリに発生しやすい害虫

害虫では、ウリハムシ、アブラムシ、ハダニなどに注意します。苗の購入時に虫の有無をチェックし、植え付け後に防虫ネットをかけて成虫の飛来や産卵を予防します。

ウリハムシ

ウリハムシは、成虫は体長7㎜ほどの甲虫で葉を食害し、幼虫は地際の茎を食害します。成虫は、キラキラ光るものを嫌うため、畑の通路などにシルバーマルチを敷くと成虫の飛来を抑えることができます。

アブラムシ

アブラムシは、体長2㎜ほどの小さな虫で、茎や葉に集団で寄生して植物の栄養を吸汁します。ウイルス病を媒介し、すす病を誘発するため、日当たりや風通しをよくして予防します。害虫では、ウリハムシ、アブラムシ、ハダニなどに注意します。

ハダニ

ハダニは、高温乾燥時に発生する1㎜以下の小さな害虫で、葉裏に寄生して汁を吸います。葉に針で突いたような小さな斑点が現れ、次第に白いカスリ状になります。極端に乾燥させないようにして予防し、被害が大きい場合は、殺虫剤で駆除します。

マクワウリの育て方を読んだあなたにおすすめの記事:

ころたん メロンの育て方・栽培方法

2020.05.18

プリンスメロンの育て方・栽培方法

2020.05.09

キウイフルーツ(ゴールド系キウイ)の育て方・栽培方法

2018.11.09

ブルーベリーの育て方・栽培方法

2018.04.14

スイカ(西瓜/すいか)の育て方・栽培方法

2018.04.10

イチゴ(苺/いちご)の育て方・栽培方法

2018.04.08




マクワウリの育て方