菜の花(菜花/ナバナ)の育て方・栽培方法

菜の花(ナノハナ)の育て方・栽培方法

1.菜の花栽培の特徴と時期


菜の花の育て方手順に沿って、畑やプランターで菜の花を栽培してみましょう!
菜の花は簡単に育てられるので、初心者が栽培するのにもオススメの花野菜です。

菜の花(菜花/ナバナ)の栽培データ
■菜の花の栽培難易度:★☆☆☆☆
■分類:アブラナ科アブラナ属
■原産地:地中海沿岸など
■菜の花の旬:1~3月
■栽培時期:秋まき
秋の種まき:9~10月、収穫時期:翌年1~3月
■連作障害:あり(1~2年あける)
■好適土壌pH:6.0~6.5
■発芽適温:18~20℃
■生育適温:18~20℃

■菜の花の種が買えるお店

菜の花の種を買いたい場合は、販売店をのぞいてみましょう!
食用の菜の花の種などを購入することができます。

特徴

菜の花は、アブラナ科アブラナ属の植物で、地中海沿岸が原産地とされ、日本には弥生時代に中国から渡来し、日本全国に広がったと言われています。
菜の花の栽培は、食用、観賞用、菜種油用に分けられ、それぞれに適した品種があります。食用の菜の花は、菜花(ナバナ)、花菜(ハナナ)とも呼ばれていて、若い花径や葉、つぼみを食べます。
菜の花は、栄養価がとても高い緑黄色野菜で、一足早く春の訪れの季節感を味わうこともできます。
比較的丈夫な野菜であり、家庭菜園初心者でも栽培しやすい人気の高い野菜の一つでもあります。

品種

菜の花の品種には、『秋華』『冬華』『伏見寒咲花菜』『食用耐病菜の花花娘』『CR華の舞』『CR花まつり』『CR京晴』『三陸つぼみ菜』『極早生花菜早陽一号』『早春なばなハナナ』など、多くの品種があります。

菜の花の栄養素

菜の花は、栄養素のバランスが非常に良く、βカロテン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、ビタミンC、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄分、葉酸、食物繊維などを豊富に含んでいます。
ガンの予防、高血圧の改善、貧血予防、免疫力アップのほか、疲労回復、ダイエット、美肌づくりなどにも効果があるとされています。生活習慣病の改善や健康維持に欠かせない野菜の一つでもあります。

菜の花栽培

栽培のポイント

葉の花の栽培ポイントは、①日当たりと水はけの良い場所で育てる、②肥料切れを起こさない、③アブラナ科野菜との連作を避けることです。

栽培時期

菜の花の栽培時期は、中間地では気温が下がり始める9月上旬~10月下旬が種まきの時期です。日当たりと水はけの良い環境で栽培するようにします。
菜の花は、品種や地域によって栽培時期が大きく異なりますので、種袋の記載説明を見て確かめるようにします。

連作障害

菜の花は連作障害を起こすため、アブラナ科野菜を栽培した土壌では1~2年の期間をあけます。

好適土壌pH

菜の花の好適土壌pHは、6.0~6.5です。酸性土壌では生育が悪いので、種まきの2週間前までに苦土石灰をまいて酸度を調整する必要があります。

収穫時期

菜の花は、品種によって異なりますが、種まきをしてから60日~80日前後で収穫することができます。

2.菜の花の栽培基本(畑・プランター)

肥料

土づくり

種まきをする前に畑の土づくりを行います。種まきの2週間前に苦土石灰を1㎡あたり100g~150gをまいて良く耕します。種まきの1週間前に、1㎡あたり完熟堆肥2kg、化成肥料100gを施して良く耕します。畝は幅60㎝、高さ10~20㎝程度にして、レーキなどを使って畝の表面を平らに均しておきます。

種まき

菜の花の種まきは、中間地では9月上旬~10月下旬に行います。
支柱などを使って畝に深さ1㎝程度のまき溝を作り、1㎝間隔ですじまきにします。2列にまく場合は、条間を30~40㎝にします。覆土したら手で軽く土を押さえて、たっぷりと水やりをします。
点まきにする場合は、深さ1㎝、直径3~4㎝のまき穴を作り、1つの穴に種を4~5粒まき、土を薄く被せてたっぷりと水やりをします。株間は20~30㎝程度にします。

間引き・追肥

すじまきをした場合、種まきから3~5日程度で発芽します。生育の良すぎるものや悪いものを間引き、生育の良い苗を残します。
1回目の間引きは、双葉が完全に開いた頃に3~4㎝の間隔にします。2回目の間引きは、本葉2~3枚の頃に5~6㎝の間隔にします。同時に化成肥料1㎡あたり30~50g程度を施し、株元に軽く土寄せをします。3回目の間引きは、本葉5~6枚の頃に15~20㎝の間隔にします。同時に化成肥料1㎡あたり30~50g程度を施し、株元に土寄せをします。以後は1か月に1回、同量の追肥を施します。
点まきにした場合は、本葉2~3枚の頃に2本立ちに間引き、本葉4~5枚の頃に1本立ちにします。

プランターでの栽培方法

プランターは、標準タイプ(60㎝)のものを用意します。深さ20㎝程度の浅型のプランターでも大丈夫です。用土は市販の野菜用培養土を利用すると手軽です。プランターに鉢底石を敷き詰めて、土は8分目くらい入れてウオータースペースを作ります。

菜の花は間引きをしながら育てるので、すじまきにします。
支柱などを使って、深さ1㎝程度のまき溝を作り、1㎝間隔で種をまきます。種をまいた後は、まき溝の土を指でつまみながら薄く被せていきます。最後に表面を手で軽く押さえ、プランターの底から水が流れ出るまでたっぷりと水やりをします。土が乾かないように水やりをすると、3~5日程度で発芽します。

1回目の間引きは、双葉が完全に開いた頃に3~4㎝の間隔にします。生育の良すぎるものや悪いものは、株元を手で押さえて引き抜きます。株元をハサミで切っても大丈夫です。間引き後は、周囲の土を軽くほぐして株元に土寄せをします。
2回目の間引きは、本葉2~3枚の頃に5~6㎝の間隔にします。同時にプランター全体に化成肥料10g程度を施し、表面の土と肥料を軽く混ぜて株元に土寄せをします。
3回目の間引きは、本葉5~6枚の頃に10~20㎝の間隔にします。同時にプランター全体に化成肥料10g程度を施し、2回目と同じように土寄せをします。その後は株の生育状況を見ながら、2週間に1回程度、追肥と土寄せをします。

点まきにする場合は、10~20㎝の間隔でまき穴を作り、1つの穴に3~5粒の種をまきます。軽く土を被せてから、たっぷりと水やりをします。本葉2~3枚の頃に2本立ちに間引き、本葉4~5枚の頃に1本立ちにします。


3.菜の花の栽培手入れ

水やり

防虫ネット

菜の花は、アブラナ科の害虫に対する備えが必要となります。草丈の低い時期には害虫が飛来するので、産卵や寄生をされないように早めに防虫ネットなどをかけて予防します。

除草

菜の花の生育期間中は、除草を行うようにします。雑草に養分を奪われてしまうと肥料切れになり、生育に影響が出たり、病害虫の発生につながります。除草作業は適度に行っていくのが無難です。数日おきに除草作業を行えば、その手間もさほどかかりません。

水やり

畑栽培では、自然の雨で十分ですが、土の乾燥が激しいときは水やりをします。プランター栽培は、土が乾燥しやすいので、土の表面が乾いたらたっぷりと水やりをします。

4.菜の花の収穫時期について

菜の花の収穫

菜の花の収穫適期

菜の花は、種まきをしてから60日~80日前後で収穫ができますが、品種によって収穫時期が異なります。
草丈が20~30㎝ほど伸びてきて蕾が膨らみ、花が咲く直前が収穫適期です。蕾の先端から10~15㎝の花茎部分をハサミもしくは手で折って収穫します。

菜の花の生理障害

菜の花は、寒さにも強く比較的病気に強い植物ですが、過湿には弱いので菌核病や白さび病などの病気に感染することがあります。日当たりと水はけの良い環境で育てるようにして病気を予防します。
また、菜の花はアブラナ科植物のため、アオムシ、アブラムシ、ハダニなどの害虫の被害を受けることもあります。防虫ネットなどを早めに施して予防対策をすることも大切です。

種の取り方

菜の花の花が咲き終わるとやがて種ができます。サヤがパリパリに乾燥すると種の採種ができます。枝ごと切り取り、バケツなどの入れ物の中で、サヤを手でもみながら種を取り出します。

5.菜の花に発生しやすい病気

菜の花

菜の花に発生しやすい主な病気についてご紹介します。

菌核病(きんかくびょう)

菌核病は、カビによる病気で、菜の花の茎や葉に淡褐色の病斑が現れ、被害が株全体に広がり、やがて株が萎れてしまいます。アブラナ科野菜の連作を避けて、間引きを適時に行って風通しを良くします。土づくりの段階で、畝を高くして水はけを良くすることも大切です。発病した株を放置すると病気が拡大するため、早めに株を抜き取って撤去処分します。

白さび病

白さび病は、カビによる病気で、葉の裏側に多数の白色の病斑が現れます。雨の多い時期に多湿条件で発生しやすくなります。アブラナ科野菜の連作を避けるとともに、畝を高くして水はけを良くします。泥はねによって感染することもあるので注意します。発病した場合は、病気の拡大を防ぐため株を撤去処分します。

根こぶ病

根こぶ病は、アブラナ科の作物だけに感染する病気です。病原菌が根から侵入し、根にコブができます。コブが導管を圧迫するため、地上部の茎葉が栄養を吸収できなくなり生育不良になります。アブラナ科野菜の連作を避け、水はけの良い環境で栽培します。発病したら、根こぶが腐敗する前に株を撤去処分します。

べと病

べと病は、カビによる病気で、菜の花の葉に淡黄色の不規則な病斑が現れ、次第に拡大していきます。多湿時の泥はね、密植、肥切れなどによって発生することが多い病気です。敷きワラなどで泥はねを防止します。発病した株は早めに撤去処分します。

6.菜の花に発生しやすい害虫

菜の花に発生しやすい主な害虫についてご紹介します。

アオムシ

アオムシはモンシロチョウの幼虫で、アブラナ科の野菜を好んで食害します。幼虫は食欲が旺盛なため、被害が大きくなります。窒素分が豊富な株に産卵されやすいので、肥料の与えすぎに注意します。防虫ネットなどで成虫の産卵を防ぎ、葉の裏をこまめに観察して卵や幼虫を捕殺します。

アブラムシ

アブラムシは、体長1~5㎜ほどの小さな虫で、成虫が飛来して葉に産卵します。アブラムシはウイルス病を媒介するため、健康な株にも病気が拡大します。繁殖力が強く、集団で食害するため被害が大きくなります。寄生される前に菜の花を防虫ネットで覆い、成虫の飛来を予防します。窒素分の多い肥料を与え過ぎないように注意します。

キスジノミハムシ

キスジノミハムシは、体長2~3㎜の小さな虫で、黒い体に黄色い2本のスジがあり、手を近づけると跳ねて逃げます。成虫が葉を食害し、葉に直径1~2㎜の小さな穴をたくさんあけます。幼虫は根を食害します。アブラナ科の連作を避け、種をまいた後は0.8㎜目以下の防虫ネットを掛けて成虫の飛来を防ぎます。株元の地中に産卵しますので、すき間から侵入されないように注意します。捕殺は困難ですので、シルバーマルチなどを掛けて産卵を予防します。

コナガ

コナガは蛾の仲間で、幼虫がアブラナ科の野菜を食害します。葉の内部に潜り込んで葉の表皮だけを残して葉肉を食害します。食害された部分は、網目状になります。窒素分の多い株に産卵されやすく、幼虫は成長が早いので放置すると被害が大きくなります。防虫ネットなどで覆って成虫の侵入や産卵を防ぎます。被覆後も葉をこまめに観察して、卵や幼虫を捕殺します。

ハダニ

ハダニは、草花、野菜、果樹などの植物に寄生します。体長が0.3~0.5㎜でとても小さく、肉眼では見つけにくい虫です。成虫は主に葉の裏に卵を産み、幼虫は葉の組織から養分を吸いとります。
ハダニは、蜘蛛の仲間であることから、蜘蛛のように吐き伸ばした糸を風に乗せて飛来するので、防虫ネットを設置して予防します。少数の場合にはガムテープなどで駆除しますが、大量に発生した場合は殺虫剤を散布して対応します。ハダニは水に弱いので、葉の裏に水を強くかけると寄生数を減らすことができます。

菜の花(菜花/ナバナ)の育て方を読んだあなたにおすすめの記事:

菜の花と豚肉の炒め物レシピ

2019.11.27

オルトラン粒剤の使い方・オルトラン効果まとめ!

2018.10.27

かき菜のごま和えレシピ

2018.09.02

かき菜(カキナ)の育て方・栽培方法

2018.04.15




菜の花(ナノハナ)の育て方・栽培方法