ニンニク(にんにく)の育て方・栽培方法

ニンニク(にんにく)の育て方・栽培方法

1.ニンニク栽培の特徴と時期


ニンニクの育て方手順に沿って、畑やプランターでニンニクを栽培してみましょう!
ニンニクはベランダのプランターでも育てられるので、家庭菜園で栽培するのにオススメの作物です。

ニンニク(にんにく)の栽培データ
■ニンニクの栽培難易度:★★★☆☆

■ニンニクの旬:春から夏5月~7月

■連作障害:あり

■栽培時期:秋植え

■植え付け:9月~10月
 収穫時期:翌年5月~7月

■ニンニクの苗や種が買えるお店
ニンニクの苗や種を買いたい場合は、販売店をのぞいてみましょう!
こちらから購入するとポイント還元があります。

ニンニクは年1回栽培することができる作物で、ニンニクの旬は、春から夏5月~7月です。

ニンニクは、ユリ科ネギ属で、中央アジアが原産地と言われています。主に肥大した鱗片を食用としますが、鱗片の他にもトウの部分をニンニクの芽として食用に利用します。

ニンニクの栄養素としては、タンパク質、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2、カリウム、カルシウム、リン、ナイアシン、鉄、糖質などの栄養素が含まれています。ナスは全体の94%が水分でできています。

ニンニクの品種としては、『ホワイト六片』『富良野』『上海早生』『島にんにく』『壱州早生』『沖縄早生』『北海道在来』『遠州極早生』など色々な品種があります。

野菜にはそれぞれ栽培に適した好適土壌pHがありますが、ニンニクの場合には好適土壌pHが6.0~6.5と弱酸性の土壌を好み、酸性土壌には弱いという特徴を持っています。ニンニクの生育は、土壌pHに大きな影響を受けますので注意が必要です。

土壌水分についてですが、鱗片が大きくなるためには水分が必要なので、水持ちの良い土質が適しています。しかしながら、土壌の水分が多すぎると根が酸欠状態となり、腐ってしまう原因にもなりますので、水持ちが良いと同時に水はけの良さも大切になります。
なお、日光を好むので一日中、太陽が当たるような場所が栽培に適しています。

ニンニクの育て方

毎年同じ場所で同じ野菜を育てていると、土壌の栄養バランスなどが崩れてしまい、野菜が上手く育たなくなるということがあります。これを連作障害と言いますが、連作障害の症状や出やすさは、それぞれの野菜によって異なっています。

ニンニクの場合、比較的連作障害が出にくく、毎年同じ場所で栽培を続けてもそれほど深刻な連作障害の被害が表れることは少ないと言えます。

しかしながら、3年以上同じ場所で栽培を続けると鱗片が小さくなってしまったり、病気にかかりやすくなるといった症状が出る場合があるので、できれば1年以上はニンニクを栽培していない場所で育てるようにした方が無難です。

また、ユリ科同士の野菜を連作すると障害が出やすくなってしまいますので、ニンニクを植える場所には、その前後にニラ、ネギ、タマネギといったユリ科野菜を植えないように気をつけましょう。

なお、連作障害とは逆にトマトやナスなどの夏野菜の跡地は良く肥えていて、栽培に適しているだけでなく、ユリ科の植物は根から土壌を殺菌する物質を放出しますので、ニンニクを育てた後の畝にトマトやナスを植えると病気にかかりにくいという効果があります。このようにどのような場所で育てるかということが栽培のポイントになります。

次に栽培時期ですが、発芽適温が15~20℃ですので、一般地では9月末~10月中旬頃に鱗片を植えつけます。あまり早くに植えすぎると発芽前に土の中で腐ってしまう場合があります。逆に植え付けるのが遅すぎると発芽しづらくなり、仮に発芽したとしても本格的な寒さが訪れる前に十分に成長することができなくなり、冬の寒さに耐えられずに枯れてしまう原因になります。

植え付け後、発芽適温であれば1週間ほどで芽が出てきて、冬が来るまで葉っぱが成長し続けますが、冬が訪れると一旦成長が止まり、冬眠をします。
なお、冬眠をするのは六片ホワイトなどの寒地向きの品種だけで、暖地向けの品種である壱州早生などは冬眠をしません。そのため、寒さに弱く寒冷地で暖地向けの品種を育てると冬場に枯死してしまいます。

しかしながら、冬眠しない分だけ早く収穫できることなどから、温暖地では暖地向けの品種が育てやすいと言えます。その後、春になると一旦、枯れた葉が再び成長し始めて、4月頃からニンニクが肥大し始めます。

そして、5月中旬から下旬頃になると収穫できます。ニンニクは、栽培方法自体はそれほど難しくはありませんが、植え付けてから収穫期まで、およそ9か月ほどと長いことが特徴のひとつです。

2.ニンニクの栽培基本(畑・プランター)

肥料

ニンニクの栽培方法ですが、まずは植え付け前にしっかりとした土作りを行うことが大切です。土づくりに使用するのは完熟堆肥、リン酸を含んだ肥料、苦土石灰などです。

まず、完熟堆肥ですが、必ず完熟のものを使うようにします。特に動物のフンなどを含んだ未熟な堆肥を土に鋤き込んでしまうと、病気の原因になってしまいます。また、肥料については化学肥料でも有機肥料でも構いませんが、過剰施肥にならないことが大切です。

特に成長期後半に養分が必要となりますので、初期肥用はそれほど必要でありません。大きく育てたいがために、ついつい肥料は多めに与えたくなりますが、肥料を多く与えても効果がないだけでなく、病気や生理障害に繋がる場合があります。

苦土石灰ですが、これは主に酸性土壌を矯正するために使用します。そのため、適正土壌pHである場合には使用を控えます。適正土壌pHにもかかわらず苦土石灰を使用すると、土壌が中性からアルカリ性へと傾いてしまい、ニンニクにとって都合の悪い土壌pHとなってしまいます。

特に一旦、アルカリ性になった土壌は簡単には元に戻らないので、苦土石灰を使用する前には、事前に土壌pHを調べて、目標とする土壌pHまでどれだけ苦土石灰が必要なのか調べておきましょう。

なお、緩効性の有機石灰は雨などに溶け出すことで徐々に土壌pHが上がり、効果が長続きするので、栽培期間の長いニンニクの場合、苦土石灰の代わりに使用しても良いでしょう。そしてこれらの肥料などをまんべんなく土に混ぜ込んでおきます。
なお、プランターの場合には野菜作り用の土やニンニク専用の土をそのまま使用します。

種については、ぶよぶよしていない硬くて大粒のものを選びます。ニンニクは大粒の種のものほど、収穫できるものも大きくなるので種の大きさは大切です。
また、既に芽が出てしまっているような種も避けた方が良いでしょう。

次に植え付けですが、畑の場合には事前に黒いビニールマルチを敷いておくと雑草を抑制し、地温も安定します。特に春先からは雑草の成長するスピードも早くなり、想像以上に除草作業が大変ということにもなりかねませんが、黒いビニールマルチを使用すればそのような心配もありません。

鍬や移植ゴテなどを使ってマルチに穴を開けて、15cm感覚で種の厚みの2~3倍の深さに植えていきます。この時、芽が出る尖った部分を必ず上に向けて植えるようにします。

あまり深く植えすぎると発芽率が悪くなりますし、逆に浅すぎると霜などの被害を受けやすくなってしまいますので、植える際には深さに注意しましょう。そして、種を植えたら土を被せて軽く押さえます。

なお、通常であれば土壌に含まれる水分だけで発芽することができるので、植え付け時に水やりは不要です。しかしながら、植え付け後に何日も乾燥が続くようであればたっぷりと水やりをします。
プランターの場合は乾燥しやすいので、植え付け時にたっぷりと水をやり、その後も乾燥するようならば定期的に水を与えます。

ニンニクは、ナスやトマトのように剪定や誘引といった作業がなく、植え付け後は季節が秋から冬に向かいますので、生育初期の除草に神経質になる必要もなく、植え付け後はそれほど多くの作業があるわけではありません。

そのため、植えるまでが上手なニンニク栽培のポイントとも言えます。まずは、しっかりと栽培に適した土づくりを行うようにしましょう。

3.ニンニクの栽培手入れ

ニンニクの収穫時期

ニンニクは植え付け後の作業がそれほど多くないと説明しましたが、それでも放任栽培ではなかなか品質の良いものを収穫することが難しいです。

植え付け後の具体的な手入れについてですが、まず植え付け後1週間ほどで発芽し始めますので、雨がほとんど降らずに乾燥している場合には水を与えます。

また、ビニールマルチを使っている場合、発芽した芽がマルチの下に引っ掛かっている場合がありますので、引っかかっているのを見つけたら、そっとビニールマルチの外に引っ張り出します。
発芽したばかりの芽は折れやすいので無理やり引っ張らずに、出しにくければ少しマルチを破るなどしましょう。

なお、秋から冬にかけて生えてくる雑草はそれほど背が高くならず、春になれば枯れるものが多いので、発芽後の段階では除草にそれほど気を遣う必要はありません。

しかし、ヨモギやチガヤなどの雑草は根で繁殖し一面にはびこりますので、見つけた場合には根から引き抜き、畑の外に持ち出しておくと春先の除草の手間を減らすことができます。

次に追肥です。追肥には色々な考え方があるため、はっきりとした正解はありませんが、厳冬期にはニンニクが冬眠し栄養をほとんど吸収しませんので、植え付けから冬までは追肥は必要ありません。

仮に追肥をするとしても12月頃に1回のみ、少量を与える程度でよいでしょう。
ニンニクに限らず、野菜は肥料分が少ないほど養分を吸収しようとして、深く広くしっかりと根を張っていきます。十分に根を張れなかったニンニクは冬の寒さで枯れる場合があることからも冬までの追肥は控えるか、少量に留めるのが無難といえます。

冬までに行っておくべき手入れでもっとも大切なのがわき芽かきです。通常、1本の芽が発芽して、そこから本葉が数本伸びていきます。

発芽した芽をよく見てみると芽が2本、3本と出ている場合がありますので、1本に間引きます。これをわき芽かきと呼びますが、わき芽をそのままにしておくと土の中でわき芽の本数だけ球ができてしまうため、その分1粒が小さくなってしまい、形もいびつなものになりがちです。

わき芽を見つけたら、最も大きなわき芽を1本残し、残りは根元から手で抜いていきます。なお、抜いたわき芽も炒め物などにして食べることができます。

3月中旬~下旬頃になると冬眠から覚め、それまでの葉が一旦枯れて新しい葉っぱを成長させ始めます。この時期は栄養分をたっぷり吸収してぐんぐんと成長しますので、追肥を行うタイミングです。追肥は10日に一度ほどのペースでこまめに与えることがおすすめです。

また、冬前に間引きを行っても、春先に再度わき芽が出てくる場合がありますので、見つけ次第改めてわき芽かきを行います。

4月に入ると雑草も勢いを増してきます。この時期の雑草は冬のものとは違い、背が高くなりニンニクの成長に悪影響を与えるので、早めに除草し株元に日光が十分に当たるようにします。

5月に入ると鱗片がいよいよ肥大を始めますが、肥大には水が必要になります。5月は晴れた日が多く乾燥しやすいので、たっぷりと潅水するように心がけます。

なお、トマトは雨により実が割れるため、雨よけなどを使って栽培しますが、ニンニクではそのような心配はありませんので雨よけは不要です。

そして、6月になると花芽が出てきます。花芽をそのままにしておくと肥大が不十分になる場合があるので、見つけ次第手で折ってしまいましょう。

4.ニンニクの収穫時期について

ニンニクの収穫

6月中旬頃~下旬頃になると葉先が少し枯れてきますが、これが収穫のタイミングのサインになります。

なお、植えたニンニクの一部のみの葉が枯れている場合には生理障害の可能性もありますので、まず、葉先が枯れた株を試しに堀ってみます。
もし、収穫したものが変形していたり、根が茶色く変色している場合には生理障害の可能性が高いので、畑の外に持ち出して処分します。残りの株については葉先が変色するまで収穫を見送るようにしましょう。

また、生育不良の場合にも収穫期を前に葉が枯れてしまう場合があります。収穫前に生育不良で枯れた株を見つけた場合には肥料切れや水の過不足など原因の特定と、早めの対策を心がけます。

実際に収穫期になってニンニクを掘ってみて、肥大したニンニクを見てみます。もし、ニンニクの球が少し縦長の状態であれば、収穫適期までもう少し日にちがかかります。逆にニンニクの鱗片同士が割れて離れていれば、既に栽培適期が過ぎてしまっています。
少し横に平たく、根の付け根が平らになっていれば収穫適期ですので、まとめて収穫してしまいましょう。

取り方については、ニンニクの付け根を手で持って上に引き抜くだけです。しかし、粘土質の硬い土などでは手で引っ張っても上手く抜けずにちぎれてしまう場合がありますので、剣先スコップなどを使って収穫します。

剣先スコップなどを使う場合にはニンニクが植えられている場所から少し離れた部分に刺し込み、土ごと掘り上げるようにしたり、周りの土をほぐしてから手で引き抜くようにします。
あまりニンニクの近くに剣先スコップを刺し込んでしまうと鱗片を傷つけてしまう可能性があるので注意しましょう。鍬は土に対して斜めに刺さるような形になり、鱗片を傷つけやすいのでおすすめしません。

なお、土が乾燥している状態で収穫したものの方が、貯蔵性が高く日持ちがしますので、天気やニンニクの状態を見ながら、可能であれば晴れた日が3日以上続いた後に収穫するようにします。

根を残しておくと、根が呼吸し鱗片のエネルギーを消費してしまい、その結果、ニンニクの球がどんどん小さくなっていってしまいます。それだけでなく、収穫後、時間が経ってしまうと根の付け根が硬くなってしまい、包丁でも切りづらくなってしまうため、収穫後はすぐに根をきれいに切り落としてしまいましょう。

ニンニクは土が少し皮についている方が若干貯蔵性は良くなります。しかし、泥が乾いてしまうと落とすことが難しくなるので、白く見た目の良いニンニクにするには根を切った後に早めに外側の皮を1枚向きます。
その後、半日から1日ほど天日干しにします。こうすることで鱗片の表面を適度に乾燥させることができ、カビなどを防ぐ効果があります。

なお、干し方は畑などにそのまま置いて並べるだけで良いですが、まんべんなく乾かすためにも一度、裏表をひっくり返すようにします。そして、天日干しにした後、葉はすべて切り落とし、茎を15cmほど残して葉の部分はすべて切り落としてしまいます。あとは束ねて風通しが良い場所や冷蔵庫などで保存します。

日光の当たる場所に保管してしまうと、乾燥しすぎるだけでなく、劣化も早まりますので注意が必要です。また、湿度が高い場所に保存すると水分が上手く抜けず貯蔵性が低下します。鱗片は秋になると発芽しやすくなりますので、秋になったら一粒ずつばらして冷凍保存すれば翌春、新たにニンニクが収穫できるまで保存することが可能です。

5.ニンニクに発生しやすい病気と害虫

ニンニクの写真

ニンニクは比較的、病気や害虫に強い植物ですが、病気や害虫の被害がまったくないわけではありません。

ニンニクがかかりやすい病気にはさび病があります。
さび病はユリ科の植物に多く見られる病気で、その名の通り、葉っぱが錆びたように赤茶色に変色する病気で放置していると、発生した株だけでなく胞子によって周囲の株まで感染が広がっていきます。

他には葉先が乾燥したように枯れた後に腐っていく乾腐病や、春先に株元が腐って倒れてしまう春腐病、葉先から白くなっていき、進行すると地下部分が腐ってしまう黒腐菌核病といったものがあります。

これらの病気を予防するには土壌pHを適正に保つことや、土壌の水分が過剰になったり乾燥状態にならないように畝を高くしたり溝を掘るなどし、適正な水分状態を保つことなどを心がけることが大切です。

また、病気を拡散させないためには、できるだけ早めに病気の株を見つけて、畑の外に持ち出すことが大切です。周りの株と比べて調子が悪い株などがあれば写真を撮るなどし、該当する病気がないかどうか調べてみましょう。場合によっては農薬などを使用して病気の拡散を防ぐことも大切です。

ニンニクの害虫による被害を見てみると、他の野菜と同様にアブラムシによる被害があげられます。
特にネギやタマネギなどのユリ科の植物と同様に、黒色をしたネギアブラムシがつくことが多いです。アブラムシは極めて繁殖力が強いだけでなく、様々なウィルスを媒介します。

他にも、ネギコガは、ニンニクの葉に卵を産み付けて、ふ化した幼虫はすぐにニンニクの内部に潜り込んでしまうため、後から捕殺したり農薬で駆除することが難しい害虫です。

なお、チューリップサビダニは肉眼で確認するのが難しいほど小さく、収穫後の鱗片を茶色く変色させるといった被害をもたらします。

害虫の中でも最も深刻な被害を及ぼすのが、イモグサレセンチュウによる線虫被害です。イモグサレセンチュウは目に見えないほど小さく、感染したものは健康なものと変わりがないため、一見病気に感染しているようには見えません。

しかしながら、収穫後しばらくすると鱗片が腐敗してしまいます。そして感染した鱗片をそのまま植え付けてしまうと、その株だけでなく周囲の株にまで被害が広がってしまいます。

線虫被害の最も恐いのが、一度蔓延してしまうと完治させることが難しいということです。また、イモグサレセンチュウの場合にはジャガイモやラッキョウといった作物にも被害を及ぼすので、一度発生してしまうとその後に栽培する作物にも影響を与えてしまいます。

こうした害虫被害も病気と同様に早めに発見し捕殺したり、農薬を散布することで対応できます。害虫は、化学肥料が過剰施肥された土壌や、未熟堆肥をすき込んだ土壌で発生しやすくなりますので、堆肥を使用したり、肥料の量を控えるといった工夫によって害虫の被害を受けにくい土壌を作ることが大切になります。

また、線虫というと害虫のイメージがありますが、すべての線虫が野菜に害を与えるわけではなく、本来土の中には様々な種類の線虫が存在しています。土壌の成分バランスが崩れることで一部の線虫が増殖し、野菜に被害をもたらしてしまいますので、線虫被害を防ぐにもやはり土壌が健康であることが大切と言えます。

なお、インゲンなど一部の野菜は土壌の線虫を増やす可能性があるので、線虫が確認された場所ではそのような作物の栽培を避けることも大切です。

ニンニクの育て方を読んだあなたにおすすめの記事:

ペペロンチーノレシピ

2018.08.08

ニンニク(にんにく)の後作に植えても良い野菜とは?(連作障害)

2018.07.22

レバーとニンニクの芽炒めレシピ

2018.07.05




ニンニク(にんにく)の育て方・栽培方法