ニラ(韮)の育て方・栽培方法

ニラの育て方・栽培方法

1.ニラ栽培の特徴と時期


ニラの育て方手順に沿って、畑やプランターでニラを栽培してみましょう!
ニラは簡単に育てられるので、初心者が栽培するのにもオススメの野菜です。

ニラ(韮)の栽培データ
■ニラの栽培難易度:★☆☆☆☆
■分類:ユリ科ネギ属
■原産地:中国
■ニラの旬: 4~10月
■栽培時期:春まき・秋まき
 春の種まき:3~4月、植え付け:6~7月、収穫:翌年4~10月
 秋の種まき:9~10月、植え付け:翌年3~4月、収穫:翌年7~10月
■連作障害:あり(1~2年あける)
■好適土壌pH:6.0~6.5
■発芽適温:15~20℃
■生育適温:20~25℃

■ニラの苗や種が買えるお店

ニラの苗や種を買いたい場合は、販売店をのぞいてみましょう!
こちらから購入するとポイント還元があります。

〇特徴

ニラは多年草なので、一度植えると1年に3~4回程度の収穫ができ、その後も3~4年間収穫できます。原産地は中国で、ユリ科ネギ属の緑黄色野菜です。ニラが日本に渡来したのは弥生時代で、奈良時代には薬用として利用されていたと言われています。
ニラは、葉ニラ、黄ニラ、花ニラに分けられ、一般的に食されているのは緑色の葉ニラです。ニラは病害虫に強く、数年間収穫が楽しめるため、家庭菜園でも人気の野菜の一つです。

〇品種

ニラの品種としては、『大葉ニラ』『グリーンベルト』『ニコニコ太郎』『タフボーイ』『グリーンロード』『きぬみどり』など様々な品種があります。春まきと秋まきがありますので、季節にあったものを選びます。

〇栄養素

ニラは独特の強い香りを発しますが、硫化アリルによるもので、葉先より根元の部分に多く含まれています。ニラには、疲労回復、スタミナ強化のほか、殺菌作用やコレステロール値を下げる働きがあります。βカロテン、ビタミン類なども豊富に含まれており、抗酸化作用や、整腸作用、風邪予防など、生活習慣病予防や健康面からもその効果が認められている野菜です。

ニラレバ炒め

〇栽培時期

ニラを種から育てる場合、春まきと秋まきができます。春まきは3~4月に種をまいて、6~7月に植え付けを行います。秋まきは9~10月に種まきを行い、翌年3~4月に植え付けをします。発芽適温は15~20℃、生育適温は20~25℃です。

〇栽培のポイント

ニラを上手に栽培するためには、①排水の良い場所で栽培する、②1年目は収穫を控える、③4~5年で植え替える、④収穫したらお礼の追肥を施すことです。

〇好適土壌pH

ニラの好適土壌pHは、6.0~6.5です。

〇連作障害

ニラは連作障害がありますので、同じ場所での栽培は1~2年あけます。同じ場所に同じ野菜を栽培すると、土壌中の微生物に偏りが出て、野菜の成長に悪影響が出ることがあります。

〇収穫時期

ニラを長く収穫する場合は、1年目は収穫を控えて株を大きく育てます。春まきは翌年の4月、秋まきは翌年7月以降に収穫することで良質のものを収穫することが出来ます。

2.ニラの栽培基本(畑・プランター)

肥料

ニラの栽培は、種まきから育てる方法と、苗を植え付けて育てる方法があります。

〇苗床作り

種まきから育てる場合、苗床を作って苗を育てます。苗床は、種をまいて苗を育てるための場所を言います。畑に植え付けるまで約3か月かかりますので、この間、畑に別の作物を栽培できるという利点もあります。種まきの2週間以上前に、全面に苦土石灰1㎡当たり100~150gをまき、元肥3㎏を入れよく耕します。畝は幅60㎝、高さ10㎝程度の平畝にします。なお、育苗用セルトレイなどに種まきする方法でもかまいません。

〇種まき

春まきは3月、秋まきは9月の時期に種をまきます。板などを使って畝の表面を平らにし、条間10~15㎝、深さ1㎝のまき溝を作ります。1㎝間隔ですじまきをして、土を5㎜ほど被せて表面を軽く押さえます。種をまき終わったら水をたっぷり与えます。発芽まで乾燥させないように新聞紙やワラを被せておきます。

〇発芽

種をまいてから10~14日で発芽しますので、新聞紙などは早めに取り除きます。本葉1~2枚の頃に株間1~2cmに間引きます。間引きした苗は料理に使うこともできます。育苗期間は80日~90日になります。草丈が20㎝程度になったら畑に植え付けをします。

〇土作り

植え付け2週間以上前に、苦土石灰1㎡当たり100~150gをまいてよく耕します。植え付け1週間前に1㎡当たり堆肥2~3kg、化成肥料100~150gを入れてよく耕します。植え付け用の畝は幅60㎝、高さ10㎝程度にします。

〇植え付け

春植えの場合は、6~7月に植え付けをします。植え付けの際は、苗の根を傷つけないようスコップなどで掘り出します。苗4~5本を1株にまとめて、深さ5㎝、株間15~20㎝で植え付けをします。植え付け後は株元に土を寄せ、たっぷりと水を与えます。

〇プランターでの栽培方法

プランター栽培も畑と同様、種まきから育てる方法と、苗を植え付けて育てる方法があります。
①種まき
種まきから育てる場合、春まきは3月、秋まきは9月の時期に種をまいて苗を育てます。プランターに培養土を入れ、土の表面を平らにして深さ1㎝のまき溝を2本作ります。条間は10~15㎝にします。まき溝に1㎝間隔ですじまきにし、周りの土を5㎜ほど被せて手のひらで軽く押さえます。種をまき終わったら種を流さないように水をたっぷり与えます。なお、プランターに直接種をまいたり、市販の苗を購入して植え付けてもかまいません。
種をまいてから10~14日で発芽します。本葉1~2枚になったら間引きます。育苗期間は80日~90日ですので、育苗中は液肥や化成肥料を月に1~2回施します。

②苗の植え付け
春まきは6月、秋まきは翌年3月に植え付けをします。植え付けの際は、苗の根を傷つけないように掘り出します。プランターに新しい用土を入れ、苗3~5本を1株にまとめて深さ5㎝で1条植えにします。幅60㎝のプランターで5株が目安です。植え付け後は。たっぷりと水をあげます。植え付け1か月後に化成肥料5gを追肥します。


3.ニラの栽培手入れ

水やり

〇追肥

畑に植え付け後、本葉10枚頃になったら1回目の追肥を行います。化成肥料1㎡当たり30gを株元にまき、土寄せをします。その20日後に2回目の追肥を行います。2年目は、収穫ごとに化成肥料1㎡当たり30gを株元に追肥し、土寄せをして新芽を促します。プランター栽培では、化成肥料5gを施します。

〇土寄せ

植え付け25~30日後に、除草を兼ねて中耕と土寄せを行います。株元に土寄せすることで養分が蓄えられ、2年目に大きく成長します。土寄せの際は、ニラの生長点を埋めない程度の厚さにします。2回目の土寄せは、25~30日後に同様に行います。

〇水やり

畑栽培の場合は、土がカラカラに乾燥しなければ水やりは頻繁に行わなくても大丈夫です。ただし、乾燥しすぎると生育不良になりますので、土が乾燥したらたっぷりと水やりをします。プランター栽培でも、土の表面が乾いていたら水やりをします。

〇花茎の摘み取り

7月頃になると花茎が出てトウ立ちしてきます。花を咲かせると株が弱るので蕾がついたら茎を5~6㎝残して早めに摘み取ります。

〇株分け更新

毎年収穫を繰り返していると、株が混み合ってきて、茎が細くなり品質も落ちてきます。株を更新することで生育が良くなりますので、株分けして植え直します。株分けの時期は、3年目の2~3月が目安です。ニラは冬の間は葉が枯れて休眠状態に入りますが、春先には養分が蓄えられ目覚めてきます。
ニラの根は密集して深く張っているのでスコップなどで掘り起こします。掘り上げたら根の土を落として1芽ずつばらしていきます。3~5芽を1株にまとめて、1年目と同じ要領で植え付けをします。地上部の葉は5㎝程度に切りそろえますが、掘り起こす前に切ってもかまいません。

4.ニラの収穫時期について

栽培・育て方

〇収穫適期

1年目は収穫しないで土寄せだけをして株を大きく育てます。霜が降りたら敷きワラなどをして越冬させます。春まきは翌年4月、秋まきは翌年7月から収穫できます。草丈が20~25㎝になったら、株元の部分3~4㎝を残してはさみで刈り取ります。収穫後は、お礼の肥料を株の周りに化成肥料1㎡当たり30gを施し土寄せします。プランター栽培の場合は、化成肥料5gを施します

〇生理障害

ニラは、比較的病気に強い野菜ですが、水はけが悪いと生育不良になり、株が枯れてしまうこともあります。土づくりの段階で水はけのよい環境にします。また、植え付け後に乾燥が続くと根の活着が悪くなり生育が遅れてしまうので、乾燥にも注意します。連作や窒素肥料の過多も生育に影響を及ぼします。害虫が多発した場合も生育不良を起こすため、アブラムシなどの飛来を予防することも大切です。

5.ニラに発生しやすい病気

ニラ

ニラに発生しやすい主な病気についてご紹介します。

〇萎縮病

萎縮病は、葉や茎に症状があらわれます。かすり模様状の斑紋を生じ、進行すると株全体も萎縮します。病原ウイルスはアブラムシによって媒介されるので、アブラムシの飛来を予防します。

〇さび病

さび病は、カビが原因の病気です。秋季に長雨が続くと発生しやすくなります。株が弱くなると発病しやすいため、水はけを良くし、多肥や肥料不足に注意します。発症した葉は撤去処分します。

6.ニラに発生しやすい害虫

ニラに発生しやすい主な害虫についてご紹介します。

〇アブラムシ

アブラムシは体長1〜4㎜の小さな虫で、風に乗って飛来し、葉の裏や茎に棲みついて植物の汁を吸います。病気の植物を吸汁することで病原ウイルスを体内に保有し、健康な植物に病原菌を伝染させてしまいます。見つけ次第駆除し、被害のあった葉は撤去処分します。繁殖力が強いので天然由来の殺虫剤を用いるのもおすすめします。

〇アザミウマ

アザミウマは体長1~2㎜の虫で、ウイルス病を媒介することもあり注意が必要です。葉に白いかすり状の食害痕を生じ、多発すると葉全体が白っぽくなります。新芽や葉に症状があらわれた場合にはすぐに除去します。対応が追いつかない場合はアブラムシ同様に、天然由来の殺虫剤を用いることをおすすめします。

〇ネダニ

ネダニは、ニラの株元や根に寄生し、葉の曲がりや生育不良を引き起こします。連作を避け、高温多湿にならないように注意します。発症した葉や株は撤去処分します。

ニラの育て方を読んだあなたにおすすめの記事:

ニラ(韮)の後作に植えても良い野菜とは?(連作障害)

2018.09.08

レバーとニンニクの芽炒めレシピ

2018.07.05




ニラの育て方・栽培方法