オカヒジキ(おかひじき)の育て方・栽培方法

おかひじき

1.オカヒジキ栽培の特徴と時期


オカヒジキの育て方手順に沿って、畑やプランターでオカヒジキを栽培してみましょう!
オカヒジキは簡単に育てられるので、初心者が栽培するのにもオススメの野菜です。

オカヒジキの栽培データ
■オカヒジキの栽培難易度:★★☆☆☆
■分類: アカザ科オカヒジキ属
■原産地:日本、中国
■オカヒジキの旬:5~8月
■栽培時期:春まき
 春の種まき:4~5月、収穫時期:5~8月
■連作障害:あり(1~2年あける)
■好適土壌pH:6.5~7.0
■発芽適温:20~25℃
■生育適温:20~25℃

■オカヒジキの種が買えるお店

オカヒジキの種を買いたい場合は、販売店をのぞいてみましょう!

特徴

オカヒジキは、アカザ科オカヒジキ属で、日本では海岸の砂地に自生しています。オカヒジキはスーパーなどであまり目にする野菜ではありませんが、日本では古くから食用として利用されてきた野草のひとつです。葉の形が海藻のひじきに似ていて、最近では各地で栽培されています。
夏場に繰り返し収穫できるので、プランターなどで育てておくと重宝する野菜でもあります。オカヒジキは、和え物、おひたし、炒め物などに利用できます。
病害虫の発生も少なく、栽培期間も短いので、家庭菜園初心者の場合でも育てやすい野菜の一つです。

栄養価

オカヒジキには、β-カロテン、ビタミンC、ビタミンK、カリウム、カルシウム、ミネラル、食物繊維が豊富に含まれています。β-カロテンは小松菜に並ぶほど豊富で、粘膜を保護して免疫力を高めます。ビタミンKは骨粗鬆症予防に効果があるとされています。

品種

オカヒジキは、『オカヒジキ』『おかひじき』などの品種名で販売されています。オカヒジキの種は、園芸店やホームセンターなどで購入できます。

栽培のポイント

オカヒジキの栽培ポイントは、①日当たりと風通しの良い場所で育てる、②酸性土壌に弱いため酸度調整を行う、③間引きを適時に行う、④連作をしないことです。
移植でもオカヒジキを育てることができます。

栽培時期

オカヒジキは、4~5月に種まきを行い、5~8月にかけて収穫することができます。発芽適温および生育適温は、20~25℃です。

連作障害

オカヒジキは、連作による大きな障害はほとんどありませんが、一度オカヒジキを栽培した場所では、 1~2年の期間をあけるようにします。

好適土壌pH

オカヒジキの好適土壌pHは、6.5~7.0です。土壌pH値が高いので、苦土石灰を施して酸度を調整します。

2.オカヒジキの栽培方法(畑・プランター)

肥料

土づくり

オカヒジキを畑に栽培するときは、日当たりと風通しの良い場所を選びます。種まきの2週間前までに苦土石灰1㎡当たり150~200gを畑全面にまいてよく耕します。種まきの1週間前に、1㎡当たり堆肥2㎏、化成肥料100gを施してよく耕します。畝幅60㎝、高さ10㎝程度の畝を作り、平らに均しておきます。

種まき

オカヒジキの種まきは、4月中旬~5月下旬が適期です。オカヒジキは、間引きをしながら育てていくので、すじまきが一般的です。条間は30㎝にします。支柱などを畝に押し当てて深さ0.5~1㎝のまき溝を作り、オカヒジキの種が重ならないように1~2㎝間隔でまいていきます。種をまいた後は、溝の両側の土を指でつまむようにして、厚さ0.5~1㎝ほど被せ、表面を軽く手で押さえます。その後、たっぷりと水やりをします。

間引き・追肥

オカヒジキの栽培では、生長を促すために間引きを2回行います。間引きをしないで育てると、株同士の間隔が狭くなり、日当たりが悪くなり、風通しも悪くなります。
オカヒジキの1回目の間引きは、本葉が出たら株間が3~4㎝間隔になるように間引きします。間引き後は株元がぐらつかないように軽く土寄せします。
2回目の間引きは、本葉3~4枚の頃に株間が8~10㎝間隔になるようにします。2回目の間引きが終わったら、株の様子を見て追肥します。条間に化成肥料1㎡当たり20~30g程度を施し、表面の土と肥料を軽く混ぜて、株元に土を寄せます。

プランターでの栽培方法

オカヒジキをプランターで育てる場合、プランターサイズは、標準タイプ(60㎝程度)のものを用意します。深さ20㎝程度の浅型のプランターでも大丈夫です。土は市販の培養土を利用すると便利です。用土は標準のもので可能ですが、オカヒジキは酸性を嫌うので苦土石灰で調整します。鉢底石を敷き詰めて、土は8分目くらい入れてウオータースペースを作ります。

オカヒジキは間引きをしながら育てるので、すじまきにします。条間を10cm程度とって、板や棒などを土の表面に押し当てて深さ1㎝程度のまき溝を作り、1㎝間隔で種をまいていきます。種をまいた後は土を被せて、軽く手で押さえ、たっぷりと水やりをします。

オカヒジキの1回目の間引きは、本葉1~2枚の頃に形の悪いものを間引いて、株間3~4cmにします。2回目の間引きは、本葉3~4枚の頃に間引いて、株間8~10cm程度にします。
2回目の間引き後に追肥を行います。化成肥料10g程度を条間にまいて、土と軽く混ぜ合わせ、株の根元に寄せるようにします。その後は、2週間に1度、同じように追肥と土寄せを施します。

移植での栽培方法

オカヒジキの種がたくさん発芽して間引く場合は、苗を移植してもオカヒジキは元気に育ちます。
オカヒジキの移植のポイントとしては、苗の主根をちぎらないように注意して移植することです。
オカヒジキの主根は深く、葉の部分は絡まりやすいので、ほどこうとして引っ張るとすぐにちぎれてしまいます。
深めにスコップや移植ゴテなどで掘り起こして移植しましょう。
オカヒジキを移植した後は水やりをたっぷりとしておくとしっかりと育ってくれます。

3.オカヒジキの栽培手入れ

水やり

水やり

オカヒジキが発芽した後は、土の表面が乾燥したらたっぷりと水を与えるようにします。プランター栽培の場合は、底から水が流れ出す程度までしっかりと水やりをします。また、収穫時期に水分が少なくなると茎葉が硬くなるので、多めに水やりを行います。

除草

オカヒジキを生育させるためには、除草も重要です。オカヒジキは生育が遅いので、雑草に負けないようにします。また、多湿に弱いため、風通しをよくすることも大切です。除草は適度に行っていくのが無難です。数日おきに除草を行えば、その手間もさほどかかりません。

4.オカヒジキの収穫時期と生理障害

オカヒジキ

収穫適期

オカヒジキの収穫時期は、種まきから30~40日前後で、草丈10~15cmほどで収穫の適期です。葉の先端から10㎝ほどの若くて軟らかい部分を摘み取って収穫します。収穫が遅れると葉や茎が固くなってしまうので、早めに収穫するようにします。株元を3㎝ほど残して追肥を施すと、わき芽が伸びてきますので、長い間収穫を楽しむことができます。追肥は化成肥料1㎡当たり30g程度を施します。

生理障害

オカヒジキは病害虫に強い野菜ですが、連作は避けます。生理障害は主に高温多湿によって引き起こされますので、密植を避け、風通しをよくします。

5.オカヒジキに発生しやすい病気

オカヒジキ

オカヒジキに発生しやすい主な病気をご紹介します。

立枯病(たちがれびょう)

立枯病は、土の中のカビによる病気で、根が侵されて株の生育が悪くなり、上部の葉が黄色く変色し、やがてオカヒジキの株全体が枯れてしまいます。立枯病の原因は、連作や水はけが悪いことが主な原因です。発病した場合はオカヒジキの株ごと抜き取って撤去処分します。

6.オカヒジキに発生しやすい害虫

オカヒジキに発生しやすい主な害虫をご紹介します。

アブラムシ

アブラムシは、ほとんどの野菜に発生する体長2~4㎜ほどの害虫で、オカヒジキの葉の裏や芽の先に寄生して汁液を吸収し、ウイルス病を媒介します。アブラムシはウイルス病を媒介するので、見つけ次第ガムテープなどで捕殺します。

オカヒジキの育て方を読んだあなたにおすすめの記事:

オルトラン粒剤の使い方・オルトラン効果まとめ!

2018.10.27




おかひじき