パプリカの育て方・栽培方法

パプリカの育て方・栽培方法

1.パプリカ栽培の特徴と時期


パプリカの育て方手順に沿って、畑やプランターでパプリカを栽培してみましょう!
パプリカは比較的簡単に育てられるので、初心者が栽培するのにもオススメの野菜です。

パプリカの栽培データ
■パプリカの栽培難易度:★★☆☆☆
■分類:ナス科トウガラシ属
■原産地:南アメリカ
■パプリカの旬:7~10月
■栽培時期:春まき
 春の種まき:3月、植え付け:4月、収穫時期:7~10月
■連作障害:あり(3~4年あける)
■好適土壌pH:6.0~6.5
■発芽適温:25~30℃
■生育適温:22~30℃
■パプリカの種が買えるお店
パプリカの種を買いたい場合は、販売店をのぞいてみましょう!
こちらから購入するとポイント還元があります。

〇特徴
パプリカは、ナス科トウガラシ属の植物で、原産地は南アメリカです。トウガラシを品種改良して辛みを除いたものが、ピーマンやパプリカです。ピーマンは緑色が主流で、緑色から赤や黄色に完熟したものがカラーピーマンです。パプリカは、カラーピーマンよりも肉厚で大きい品種のものを指しています。
パプリカは、マリネにして食べたり、焼いたり、炒めたり、スープに入れて煮込んだり様々な料理に重宝してくれる緑黄色野菜です。

〇品種
パプリカの品種には、『フルーピーレッドEX』『フルーピー(赤・黄)』『ライムホルン』『ガブリエル(赤・黄)』『ブロッキー(赤・黄)』『パプリカ サラダピーマン』『フルーツパプリカ セニョリータ』など様々な品種があります。

〇栄養素
パプリカには、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、βカロテンなどが含まれています。ビタミンCやビタミンEはピーマンよりも多く含まれていて、βカロテンは、黄色よりも赤いパプリカに多く含まれています。風邪の予防や疲労回復、貧血防止や美肌づくりにも効果があります。また、ピーマンやパプリカに含まれているビタミンCは、加熱しても壊れにくいという特徴があります。

パプリカ栽培

〇栽培のポイント
パプリカは育てやすい野菜ですが、種から苗を育てていくのは温度管理が難しいため、苗から栽培することをおすすめします。栽培のポイントは、①日当たりと水はけの良い環境で育てる、②ナス科の連作を避け3~4年以上の期間をあける、③栽培期間が長いので肥料切れや水切れに注意することです。

〇栽培時期
パプリカの種まきは3月中旬に行い、植え付けは4月下旬が目安となります。多湿や乾燥に弱いので、水はけの良い環境で育てます。植え付けは、地温が十分に上がってから行います。発芽適温は25~30℃、生育適温は22~30℃です。

〇連作障害
パプリカは連作を嫌いますので、同じナス科の連作を避けて、3~4年以上の期間をあけるようにします。

〇好適土壌pH
パプリカの好適土壌pHは、6.0~6.5です。

〇収穫時期
パプリカは、手入れをしっかり行うことで、7月上旬~10月下旬まで収穫することができます。開花してから40~50日が目安です。1株から40~50個程度を収穫することが出来るので、収穫が遅れないようにします。

2.パプリカの栽培基本(畑・プランター)

肥料

パプリカは、種まきから育てることもできますが、温度管理がとても重要で、植え付けまで70~80日かかります。
初心者の場合は、良い苗を育てるのは難しいため、ホームセンターなどで市販の苗を購入して栽培することをおすすめします。1~2株でも十分な収穫量が得られますので、市販の苗を利用するのがお手軽です。

〇種まき
種まきは、3月中旬から可能ですが、保温管理が必要になります。夜間は冷え込みますので、発芽するまでは25~30℃を維持し、畑やプランターに植え付けるまでの間もしっかりと温度管理を行うことが重要です。
パプリカは、植え付けまで暖かい環境で育てる必要があるため、ビニールハウスや温室の存在が欠かせません。ベランダ菜園などでも簡易的な温室を作ることはできますが、揃える道具も多くなります。

種から育てる場合は、育苗箱や育苗ポットに種をまき、発芽したら大きめのポットに移し替えて苗を育てます。
育苗箱では、板などを使って深さ1㎝のまき溝を作り、1㎝間隔ですじまきにします。土を5㎜ほど被せたら水をたっぷりとやり、発芽まで乾燥させないようにします。約5~7日で発芽しますので、密集している箇所は間引きをします。本葉2枚になったら4号ポット(12㎝径)に移植し、植え付けできる大きさになるまで育てます。

移植をしないで苗を育てる場合は、4号ポットに野菜用培養土を入れ、指先で3カ所の窪みを作り、1カ所に1粒ずつタネをまきます。土を1㎝ほど被せて手で軽く押さえ、たっぷりと水やりをします。本葉3~4枚頃に間引いて、1ポット1株にします。

〇土づくり
畑に栽培する場合は、植え付け2週間前までに苦土石灰1㎡当たり150gを全面にまいてよく耕します。植え付け1週間前に堆肥1㎡当たり3~4kg、化成肥料150g、溶リン50g程度をまいてよく耕します。畝は幅60㎝、高さ10~15㎝程度の高畝にします。

〇植え付け
パプリカの植え付けは、気温が十分に上がり、晩霜の恐れがなくなってから、晴れた日の午前中に行います。本葉10枚程度で、一番花の開花直前の苗が植え付けに適しています。株間は50㎝程度にします。株間が詰まっていると、日当たりや風通しが悪くなり、病虫害も発生しやすくなります。植え付け時に、苗をポットから乱雑に引き抜いたり、根鉢を崩したりすると、根を傷めてしっかり育たなくなってしまう恐れがありますので、丁寧にポットから抜き出しましょう。

苗をホームセンターなどで購入する際は、色つやが良く、葉が8~10枚程度の苗を選びます。早い時期に苗を購入したときは、一番花が咲く直前まで育ててから、植え付けを行います。植え付けの際は、畝に根鉢より少し大きめの穴を掘り、浅植えにして土を寄せて水をたっぷりと与えます。植え付け後は、苗が風で倒れないように仮支柱を立てて、8の字にゆるくひもをかけて、支柱側で結びます。

〇プランターでの栽培方法
種まきから育てる場合は、育苗ポットを使って種まきをします。手順は畑栽培と同じですが、温度管理をしっかりと行う必要があります。
プランターサイズは、標準サイズ(60㎝)以上で、深型のものを用意します。パプリカは、水はけの良い環境を好みますので、鉢底石を入れて、水はけを良くします。土は目いっぱい入れないで、ウォータースペースを2~3㎝とります。連作障害や病害虫防除のため、新しい土を使用することをおすすめします。

植え付けは4月下旬が目安ですが、パプリカは低温に弱いため、日中の平均温度が十分に上がってから植え付けします。
株間は20~25㎝以上離して植えるようにします。標準プランターで2株が目安です。株間が狭いと日当たりや風通しが悪くなり、病虫害も発生しやすくなり、生育不良になりますので注意します。植え付け後はたっぷり水を与えます。苗が風で倒れないように仮支柱を立て、ひもを8の字に交差させて、支柱と茎を緩く結わえます。

3.パプリカの栽培手入れ

水やり

〇支柱立て
パプリカは、茎が弱く倒れやすいので、大きく育ってきたら、本支柱を立てます。支柱の長さは1.5m程度で、株元から4~5㎝離して垂直に1本立てます。支柱と茎にひもを8の字に交差させて、結び目を支柱側にして結わえます。パプリカの成長に伴って実の重みで枝が折れてしまうことがあるので、側枝にも支柱を用意します。

〇わき芽の摘み取り
わき芽は、茎と葉のつけ根から伸びてくる芽のことを言います。パプリカが成長してくると、わき芽がたくさん出てきます。一番花(1番最初に咲く花)が見え始めたら、一番花の下のわき芽を2本残し、それより下のわき芽はすべて摘み取ります。摘み取った後からもわき芽が出てきますが、これも摘み取ってしまいます。わき芽を摘み取ることで、大きい実が収穫できます。わき芽の摘み取りは、天気の良い日の午前中に行います。また、古い葉や傷んだ葉は病気の要因にもなるので、同時に取り除きます。

〇一番花の摘み取り
パプリカの一番花は、早めに摘み取ります。花を摘み取ることで株全体に栄養分が届いて株の成長を促すことができるので、一番花は必ず摘み取るようにします。

〇追肥
実がつきはじめたら、追肥を施します。化成肥料1㎡当たり20~30g程度を畝の肩部にまき、土と軽く混ぜ合わせて土寄せします。以後は様子をみながら、2~3週間に1回施します。プランター栽培では、化成肥料20g程度を3週間に1回与えます。

〇水やり
パプリカは、根が浅いので、水切れを起こしやすくなります。夏場は朝と夕方の2回水やりをするようにします。プランターの場合は、底から水が染み出すくらいたっぷりとあげます。ただし、多湿を嫌う野菜でもあるので、水のやりすぎには注意が必要です。乾燥を防ぐために、根元に敷きワラなどを敷いておくのもおすすめです。

4.パプリカの収穫時期について

パプリカの収穫

〇収穫適期
パプリカは、開花してから40~50日後から収穫できます。実の長さが6~7㎝ほどの大きさになったら収穫します。実らせたままにすると株が弱ってきますので、早めに収穫しましょう。パプリカの枝は折れやすいので、ハサミを使って収穫します。

〇生理障害
パプリカは、比較的丈夫な野菜ですが、低温に弱いため、種から育てる場合は温度管理をしっかりと行います。
乾燥状態が続くとカルシウム不足になり、実が黒ずんでくることがありますが、これは病気ではなく「尻腐れ」という生理障害ですので、株元に水をたっぷりと与えて様子をみます。「日焼け果」は、整枝するときに刈り込みすぎることが原因です。実が日に焼けて変色してしまうので、混み合ってきた部分だけを整枝します。病害虫の発生を予防するためには、ナス科の連作を避けて、乾燥や窒素肥料の過多に注意し、日当たりや風通しを良くします。

5.パプリカに発生しやすい病気と害虫

パプリカ

パプリカに発生しやすい病気や害虫について紹介します。
パプリカを栽培する際には、栽培方法だけでなく病気や害虫への対処法や予防策についてもしっかり押さえておくようにしましょう。

■主な病気
〇青枯病(あおがれびょう)
青枯病は、元気だった葉が急にしおれて、青いまま株全体が枯れていきます。原因は根からの細菌感染です。土の中の病原菌が根から侵入し、茎の導管内で増殖するため、栄養分の上昇が遮断されて株全体に栄養分が行かなくなってしまいます。温度が上がると病原菌が活発化するため、日中は葉が萎れて、夜間に気温が下がると回復します。これを繰り返すうちにやがて青いまま枯れてしまいます。夏の高温期や水はけが悪いと多発しますので、水はけを良くし、適度な水やりを心掛けます。発病した場合は、株ごと抜き取って撤去処分します。

〇萎凋病(いちょうびょう)
萎凋病は、根が病原菌に侵されて下の葉から徐々に枯れていき、最終的に株全体が萎れて枯れてしまう病気です。発症した株は撤去処分します。発病後の治療はできないので、連作を避け、土壌消毒で予防します。

〇疫病(えきびょう)
疫病の病原菌は、湿度が高いと繁殖します。病原菌が野菜の体内に侵入し、地際の部分に黒っぽい病斑が現れます。病気を放置すると株全体に被害が拡大します。発病した葉や株は撤去処分します。泥はねなどによって発生するので敷きワラを施します。

〇モザイク病
モザイク病は、葉に黄単色の斑紋が現れ、モザイク状になって広がっていきます。主にアブラムシがウイルスを媒介しますので、アブラムシの飛来を予防します。モザイク病は薬剤治療ができないので、病気にかかった葉や株は早めに撤去処分し、被害の拡大を防ぎます。

■主な害虫
〇アブラムシ
アブラムシは、野菜の葉や茎を吸汁し、モザイク病などのウイルスを媒介する厄介な害虫です。葉が過密状態になるとアブラムシが発生しやすいので、不要な枝葉を整枝し、風通しを良くして日光が当たるようにします。また、窒素肥料の過多にも注意します。新葉は窒素分が多いので寄生されやすくなります。アブラムシは光るものを嫌うので、シルバーマルチを敷くと効果があります。

〇テントウムシダマシ
テントウムシダマシは、成虫も幼虫もナス科の野菜を好んで食害します。肥料分が多いと株に寄生しやすくなりますので、肥料過多に気をつけます。寄生されると一気に繁殖してしまうので、幼虫や卵を見つけて捕殺します。

〇ハダニ
ハダニの成虫は体長0.5㎜ほどで、葉の裏に寄生し、生育を阻害します。乾燥時に発生しやすいので、マルチシートを外して敷きワラを施すと乾燥を防ぐことができます。

パプリカの育て方を読んだあなたにおすすめの記事:

パプリカの後作に植えても良い野菜とは?(連作障害)

2018.09.25

パプリカ&豚肉炒め(オニオントマトソース)レシピ

2018.08.23




パプリカの育て方・栽培方法