レタスの育て方・栽培方法

レタス

1.レタス栽培の特徴と時期


レタスの育て方手順に沿って、畑やプランターでレタスを栽培してみましょう!
レタスは簡単に育てられるので、初心者が栽培するのにもオススメの野菜です。

レタスの栽培データ
■レタスの栽培難易度:★★☆☆☆

■レタスの旬:春6月~7月、秋冬10月~12月

■連作障害:あり

■栽培時期:春植え・秋植え

■春の種まき:2月~3月
 春植え:3月~5月
 収穫時期:6月~7月

■秋の種まき:7月~8月
 秋植え:8月~10月
 収穫時期:10月~12月

■レタスの苗や種が買えるお店
レタスの苗や種を買いたい場合は、販売店をのぞいてみましょう!
こちらから購入するとポイント還元があります。

レタスは年2回栽培することができる野菜で、レタスの旬は、春は6月~7月、秋冬は10月~12月です。

レタスの科目は、キク科に属する植物であり、一般的に冷涼な気候を好みます。
レタスはサラダに欠かせないほど、味や見た目が良く、料理にも使いやすい野菜です。

レタスの品種としては、『ウィザード』『カルビーグリーン』『カルビーレッド』『パパレタス』『ママレタス』『晩抽サンブライト』『シニア』『ユニバース CLASSICクラシック』『エクセル(エクセルヘッドグラス)』『バンパー(バンパーヘッドグラス)』など様々な品種があります。

栽培適温は15℃~20℃であり、夏場になり日が長くなると、とう立ちするので、夏栽培は高冷地が適しています。

レタスの栽培時期は1年間に2回収穫が可能なので、より多くの収穫が望めます。
収穫時期は、6月~7月の夏場に収穫するタイミングと、12月頃の冬場に収穫するタイミングがあります。

レタスの種まきは、春まきと秋まきになります。レタスは、玉レタスやサニーレタス、サンチュ、サラダ菜、ベビーリーフなど様々な種類があります。

レタスの種類

育てるうえでの好適土壌pHは6.0~6.5程度が適しています。
雨が多い場合はpHが低くなることがあるので、定期的に土壌pHを測り、低くなる場合は有機石灰を足して中和することが必要となります。

また、連作障害も出る野菜なので、2年同じ土壌で育てた場合は、異なる土壌で育てる必要があります。

他の野菜にもあてはまることですが、連作することで土壌病害や線虫害、生理障害などが発生するので、同じ土壌で作らずに異なる科の野菜を順番に作っていく輪作を行うことが栽培のポイントです。

土の中の土壌環境が偏らず、連作障害を気にする必要もなくなります。
例えば、レタス専用のプランターを1つと、ブロッコリー専用のプランターを1つ準備します。ブロッコリーも1年に2回種まきができ、好適土壌pHも6.0~6.5なので、2年間同じプランターを使用します。
その後、プランターを交代して植え換えれば、連作障害を受けることもありません。

この輪作は2種類でもできますが、なるべく栽培する野菜の数を増やすことで連作障害を受けにくいので、3種類以上の異なる科目の野菜を植えることでバランスの良い土壌ができ、野菜が育ちやすくなります。

2.レタスの栽培基本(畑・プランター)

肥料

レタスの栽培の基本について紹介します。
レタスは葉が弱いことで傷が付きやすい繊細な植物なので、水やりや追肥など栽培中は葉や株を傷つけてしまわないことが大事です。傷の部分から細菌やカビが侵入して病気を発症しやすいで、丁寧に扱うことが大切です。

また、酸性土壌に弱いので、種まきをする2週間前になったら土作りのために、石灰や堆肥、肥料を土と混ぜ合わせて耕しておきます。

レタスの土壌はpHが6.0~6.5が適正なので、定期的に測定することが大切です。

肥料は適度にまくことが大切ですが、まきすぎると害虫や細菌も増えるので病気になりやすいので注意します。

種まきをする際には、前日は1日水につけて置くと発芽しやすくなります。
また、いきなり畑などにまくのではなく、ポットなどに種をまき、薄く覆土して、たっぷりと水をやります。発芽した場合は、間引きして1本立ちにします。

ポット苗の場合は、春まきは暖かい環境で育て、秋まきは涼しい環境で育てます。育苗をする時のポイントとして、十分な日光は当てますが、暑くなりすぎないように換気することが必要です。
また、水やりは朝やることで徒長を防ぐことができます。

種まきの覆土は薄くすることで発芽しやすくなります。秋まきの場合は、気温が高く発芽しにくいので、種まきの前日までに湿らせたガーゼなどに包み、冷蔵庫の野菜室で冷やすと休眠打破の効果があり発芽しやすくなります。

レタスは本葉が5枚ほどになった頃に、プランターや畑に植え付けを行います。
畑の場合は、高さ10cmほどの畝を作り、少し大きめの根穴を掘り、穴にたっぷりと水をやります。
水が引いたら、株間30cm~40cmで根に付いた土を壊さないように、浅く植えていきます。植え付けた後は、苗がぐらつかないように根元の土を手で少し押さえて固めます。
この時のポイントとして、株元の肩が地面と同じ高さになるように植え付けることです。

レタスは暑さを嫌うために、秋まきの時など日中に高温になる場合は、夕方の涼しい時間帯に定植する方がベストです。その後、植え付けから約2週間後に株間に追肥をする必要があります。

葉が巻き始めた頃にも同様に追肥することで健康に育ちます。
レタスの葉は柔らかく、傷がつきやすいので、追肥の際に葉に肥料をかけたりして傷を付けて病気を発症しないように注意が必要です。プランターで植え付けをする場合には、広いスペースがないので、株間10cm~20cm程度で植えつけます。
ただし、植えた後に定期的に間引きをしなければ健康なレタスが育ちません。

間引きしたレタスがもったいないと感じて間引きをしないと、かえって健康なレタスが育たなくなるので、その気持ちを捨てて間引きするべきです。

プランターで育てる利点は、手軽に行えることと、自宅で育てる場合は土の状態や葉の状態を頻繁にチェックできるところにあります。

畑の場合は本格的に広範囲に栽培できますが、その場所に行かなければ状態を確認することができません。プランターで育てる方が、初心者向きの育て方です。

3.レタスの栽培手入れ

水やり

レタスの手入れは水やりと間引き、除草が基本となります。
水やりは土が乾いたらやるのが基本です。
しかし、畑の場合はそのタイミングを常に観察する時間は難しいので、天気と相談しながら2、3日に1回程度の定期的な水やりが必要になります。

土がサラサラになり、手に何もつかない状態が水やりのベストです。
プランターで植えている場合は、こまめに土の状態を確認できるので便利です。

水やりをする時は、勢いの強いものだと葉に傷をつけることがあり、病気の原因になるので、なるべくジョウロなどの勢いの弱いものでの水やりが理想的です。

プランターの場合は、株間が狭いので間引きが重要になります。
間引きは、込み入った苗を適切な間隔にするために他の苗を抜くことですが、間引きしたものも捨てることなくサラダで食すことができます。

間引きにより、プランターに残ったレタスが、よりたくさんの養分を吸収し、ストレスなく生育することが可能となります。畑の場合は、もともと30cm以上の広いスペースで株間を確保しているのでその必要はありません。

これらのことは日常で必要な手入れですが、最も気を付けなければならないのは、害虫や病気になった場合の対処です。
特に畑の場合など、たまにしか見に来ることができない場合は、病気は広範囲に感染が拡大してしまうことがあり、ひどい場合は全滅ということもあります。

したがって、病気や害虫にいかに早く気付けるかということが重要になってきます。
プランターの場合は毎日確認することが大事ですし、畑の場合も最低でも3日に1回は確認しておく必要があります。

基本的なことですが、日当たりの良いところで育てることが重要です。プランターの場合は移動できるので、日当たりの良い場所に移動することが大切です。また、定期的な除草も大切になります。

4.レタスの収穫時期について

レタスの収穫

レタスの収穫時期は、種まきから約50日ぐらいが収穫時期です。
収穫期の前に内側から葉が巻き、結球し始めます。この結球部を手で押してみて締まっていれば適切な収穫時期です。

レタスは冷涼な地域を好みますが、結球してから霜が降りるなど寒さに当たると味が落ちてしまうので、冬場に収穫する場合は霜が降りる前に収穫することが非常に大切です。外葉を押し下げて株元を包丁などで切り取って収穫します。

また、レタスを切った際に出る白い液体は、傷口を赤く変色させるので拭き取っておく必要があります。

レタスがきちんと結球して大きく育つには、多くの養分が必要なので株間の間隔をしっかり30cm~40cm取ることで大きなレタスになり収穫量も大きく変わることがあります。

収穫時期になって、レタスの葉が枯れる症状が出ることも起こります。
様々な要因がありますが、枯れる原因として多いのは、ネキリ虫などの害虫や細菌類などの病気に侵されていることが考えられます。

害虫の場合は捕殺し、薄めた農薬をまくと効果が出ます。細菌類の場合は株ごと引き抜いて処分し、感染が広がることを防ぐ必要があります。

これを防ぐためには、定期的にレタスの葉の状態を確認しておくべきです。

5.レタスに発生しやすい病気と害虫

レタスの病気

レタスを育てる上で、発生する病気には注意を払わなければなりません。
その中でかかりやすい病気がいくつかあります。

レタスの収穫期近くに結球葉が黒変し、腐敗する腐敗病があります。これは葉が濡れたようにベタつき、そこに斑点ができ徐々に拡大していきます。最終的にはベタベタなり腐っていきます。

対策としては、発病した株は抜き取るしか方法はありません。予防法としては、腐敗病の元になる細菌が湿度を好むので、水はけを良くすることです。
芽かきなどにより、傷口から細菌が感染することもあるので、天気の良い日に行う必要があります。

レタスの下葉からしだいに黄化・萎縮・奇形化し、しおれてくる萎黄病も発赤しやすい病気です。これは細菌やカビなどが根から侵入して、維管束を通って根から葉に上ります。葉が黄色に変色し、その部分の生育が悪くなり奇形化します。進行が早く、次々に葉が黄変するので枯死します。
萎黄病になった場合は、抜き取って焼却処分するべきです。

一度発生してしまった土壌は、農薬を使用して消毒しなければなりません。予防法として太陽熱消毒をすることや連作を避けることが効果的です。

地ぎわ部に水浸状の病斑ができ、やがて全体が軟化、腐敗して悪臭を発生する軟腐病も注意しなければならない病気です。
これは、レタスに傷がついていた場合や、窒素過多により軟弱に育った場合に、細菌に侵入されやすくなります。
軟腐病になった場合はすぐに株を抜き取り処分します。
また感染しているおそれがある場合は、専用の農薬をまくことで、次回の予防ができます。

レタスの育て方を読んだあなたにおすすめの記事:

レタスの後作に植えても良い野菜とは?(連作障害)

2018.09.19

肉みそレタス包みレシピ

2018.07.30




レタス