サヤエンドウ(絹さや)の育て方・栽培方法

サヤエンドウ

1.サヤエンドウ栽培の特徴と時期


サヤエンドウの育て方手順に沿って、畑やプランターでサヤエンドウを栽培してみましょう!
サヤエンドウは簡単に育てられるので、初心者が栽培するのにもオススメの野菜です。

サヤエンドウの栽培データ
■サヤエンドウの栽培難易度:★★☆☆☆
■分類:マメ科・エンドウ属
■原産地:中央アジア~中近東
■サヤエンドウの旬:4~6月
■栽培時期:秋まき(寒冷地は春まき)
 秋の種まき:10~11月、植え付け:11月、収穫時期:翌年4~6月
■連作障害:あり(5年あける)
■好適土壌pH:6.0~7.0
■発芽適温:18~20℃
■生育適温:15~20℃

■サヤエンドウの種が買えるお店
サヤエンドウの種を買いたい場合は、販売店をのぞいてみましょう!

〇特徴
サヤエンドウは、年1回収穫することができる野菜で、サヤエンドウの旬は、4~6月です。
エンドウは、マメ科のつる性植物で、日本には中国を経て渡来し、明治時代に品質の高い品種が多数導入されました。エンドウは、用途別にサヤの中の実を食べるグリーンピースと、若いサヤごと食べるサヤエンドウに分かれます。さらに、サヤエンドウは、絹さや、スナップエンドウなどに分けられます。
サヤエンドウは、栄養価の高い緑黄色野菜で、卵とじや煮物の彩り、汁の実、炒め物などに幅広く使われる食材です。サヤエンドウは比較的簡単に栽培できるので、家庭菜園初心者の場合でもオススメの野菜です。

〇品種
サヤエンドウの品種はサヤの大きさによって、絹さやと大さやに分けられます。また、つるあり種、つるなし種があり、つるあり種は草丈が2mにもなりますが、つるなし種は草丈が70~100㎝ですのでプランター栽培に適しています。品種は、『絹さやえんどう』『大さやえんどう』などの名前で多く市販されています。

〇栄養価
サヤエンドウは緑黄色野菜で、βカロテン、ビタミンC、食物繊維を多く含んでいます。がんの予防、生活習慣病の改善、風邪の予防、免疫力アップなどに効果があるとされています。豆の部分には糖質の代謝に欠かせないビタミンB1やたんぱく質も含まれ、疲労回復や美容に効果があります。

〇栽培のポイント
サヤエンドウは、冷涼な気候を好み、幼苗は耐寒性が強いので秋に種をまいて越冬させ、春に収穫します。
栽培のポイントは、種まきの適期を守り、早まきをしないことです。秋に早まきをして株が大きくなった状態で冬越しさせると、寒さにやられてしまいます。また、水はけのよい場所を選び、連作障害にも注意します。一度栽培した場所では5年ほど間隔を空けるようにします。

〇栽培時期
栽培時期は、地域や品種により違いがありますが、関東地域では10月中旬~11月上旬に種まきをし、11月中旬~11月下旬に植え付けを行います。
サヤエンドウは、秋に種まきをして冬越しをさせ、春に収穫する栽培方法が一般的です。本葉2~3枚ほどの大きさの時が最も寒さに強いという特徴を持っています。種まきが早すぎると、苗が育ち過ぎて耐寒性が失われ、寒さにやられてしまいます。苗が小さすぎても春に大きく育たないので、種まきの適期を守ることが重要です。発芽適温は18~20℃、生育適温は15~20℃です。

〇連作障害
サヤエンドウは連作に弱いため、5年以上マメ科の作物を栽培していない場所を選んで栽培します。同じ場所で同じ作物を栽培することを「連作」と言いますが、連作障害が発生すると土の中の微生物が偏ってしまい、病害虫が発生して生育不良になります。

〇好適土壌pH
サヤエンドウは、酸性土壌に弱いので苦土石灰を施し、土壌酸度を調整します。好適土壌pHは、6.0~7.0です。植え付けの2週間以上前に苦土石灰を施します。

2.サヤエンドウの栽培方法(畑・プランター)

サヤエンドウの苗

〇土づくり
サヤエンドウを上手に栽培するためには、畑の土作りが重要です。
日当たりと排水性の良い場所を選び、苗を育てて植え付ける場合は、2週間以上前までに土作りを行います。エンドウ類は酸性土壌に弱いため、苦土石灰1㎡当たり100gをまいて深く耕しておきます。植え付けの1週間以上前になったら、堆肥1㎡当たり2kg、化成肥料50gをまいてよく耕します。
マメ科の作物には根粒菌がつくので、窒素は少なめします。根粒菌が空気中の窒素を植物が使えるように変換して窒素を供給してくれます。窒素が多すぎると、つるや葉が繁茂して実つきが悪くなりますので、肥料の与え過ぎに注意します。
土をよく混ぜたら、畝を作ります。1列で作る場合は畝幅60㎝、2列で作る場合は畝幅120㎝にします。過湿に弱いため、土壌水分の多いところでは畝の高さを10~20㎝ほどにして水はけを良くします。

〇種まき
種まきは、10月中旬~11月上旬に作業を行います。早くまいてしまうと、苗が大きくなりすぎて耐寒性が弱くなります。遅すぎるとつるが伸びず、サヤがたくさんつかないので、種まきは適期を守るようにします。
種まきは、直接畑にまく方法(直まき)と、ポットに種をまいて苗を育ててから畑に植え付ける方法があります。

直まきの場合は、畝に深さ3㎝ほどの穴を作り、点まきにします。1箇所に4~5粒の種をまき、土をかぶせて手で押さえ、水をたっぷり与えます。株間は30㎝にします。
発芽するまでは、鳥害に遭わないように寒冷紗などを掛けておくことをおすすめします。本葉が3~4枚になったら、生育の悪い苗を間引いて2本立てにします。なお、エンドウ類は嫌光性種子といって明るいところでは発芽しない性質を持っているので、種の2~3倍ほどの厚みで覆土することが大切です。

ポットに種をまく場合は、3号ポット(9㎝径)を用意します。培養土をポットに入れ、手の指で深さ2~3㎝のくぼみを4箇所作ります。1箇所に1粒ずつ種を入れ、土をかぶせて手で押さえ、水やりをします。発芽したら間引きを行い、生育の良いものを3本残します。エンドウ類は互いにつかまり合うようにして育つので、あえて1本にする必要はありません。

〇植え付け
植え付け時期は、11月中旬~11月下旬となります。植え付けのポイントは、初霜の前に草丈7~8㎝の苗を植えることです。12月下旬~2月の厳寒期を迎える頃に、草丈が15~20㎝程度になるように育てます。幼苗は寒さに強く、本葉2~3枚の頃に耐寒性が最も高いと言われています。冬の間にしっかりと根を張って、春になると生育が進みます。

植え付けは、畝にポットの大きさと同じくらいの植え穴を作ります。穴は、ビンなどの底を利用して深さ3㎝程度にします。株間は、つるあり種は30㎝、つるなし種は20㎝にします。植え付けの際は、ポットを逆さまにして苗を取り出し、根鉢の土を崩さないようにして穴に植えます。植え付け後は、苗を安定させて軽く押さえつけ、水をたっぷりとあげます。なお、春になるとホームセンターや園芸店でポット苗が販売されますので、それを購入して植え付けることもできます。

〇プランターでの栽培方法
次に、プランターでの栽培方法を紹介します。容器は、標準以上のサイズならどれでも使えます。標準サイズのプランターで、3株が目安です。株間は15㎝程度にします。サヤエンドウは連作を嫌うので、土は新しいものを使うことをおすすめします。ホームセンターなどで野菜用培養土を購入すると土づくりの手間が省けます。

種まきからはじめる場合は、早まきにならないように注意します。秋まきの適期は10月上旬~11月上旬です。耐寒性が強い本葉2~3枚の状態で冬越しさせるようにします。野菜用培養土は、プランターの上部から3㎝下のところまで入れます。土を入れたら、ビンの底などを利用して直径10㎝程度のくぼみを作り、1つのくぼみに3~4粒ほど種をまきます。種をまいた後は土をかぶせて、上から軽く手で押さえます。その後、プランターの底から水が出るくらいたっぷりと水をあげます。間引きは本葉が2〜3枚になったら行います。生育の良くないものや病害虫の被害のあるものを間引いて、2本立てにします。
市販の苗を利用する場合は、草丈7~8㎝程度で、茎が太く節間が詰まっていて、葉が濃い緑色でツヤのある苗を選びます。節間が長いものや、茎が細いものは選ばないようにします。

草丈が10㎝程度になったら、プランターに植え付けます。プランターの底に鉢底網を敷き、底全体が見えなくなるまで鉢底石を敷きます。土はプランターの上部から3㎝のところまで入れます。培養土を入れたら、ポリポットの大きさと同じくらいの植え穴を作ります。植え穴は、深さ3㎝、株間15㎝程度になるようにします。
ポットを逆さまにして根鉢の土を崩さないように苗を取り出し、植え穴におきます。苗の株元に土を寄せて手で軽く押さえます。植え終わったら、プランターの底から水が出るくらいたっぷりと水をあげます。

つるあり種は、つるが大きく伸びる前に支柱立てを行います。長さ1〜2mの支柱をプランターの四隅と中央に立てて、支柱同士をヒモで結んで連結します。成長に合わせて中段、上段にも支柱を連結すると良いでしょう。暖かくなると苗の成長が早くなるので、支柱立ては早めに準備します。

3.サヤエンドウの栽培手入れ

水やり

〇水やり
水やりは、葉がしおれるようであれば水を与える程度で、それ以外は自然の雨で足ります。プランター栽培でも頻繁に水をあげすぎないように注意します。土の表面が完全に乾燥している時に1日1回程度あげるようにします。過湿を嫌うため、少し乾燥気味に育てるのがコツです。サヤが出来てきたら水を少し多めに与えます。

〇追肥
追肥は、植え付けから1か月後に株元に化成肥料1㎡当たり30gをまき、軽く耕して土を寄せます。2回目の追肥は2月下旬、3回目は3月中旬に行います。4月以降は収穫終了までに2週間に1回を目安に同量を追肥し、土寄せを行います。追肥する場合にも、窒素の量に注意が必要です。窒素が多すぎるとつるボケになり、葉が伸び過ぎて実がつかなくなってしまいます。
プランターの場合は、株の周りに化成肥料1㎡当たり15gをまいて、土と軽く混ぜ合わせて株元に寄せます。この時、葉に直接化成肥料がかからないように注意します。プランターの用土が流出して苗の根が見えていたら、野菜用培養土を補充します。

〇防寒対策
12月下旬~2月にかけては、寒さが一段と厳しくなります。サヤエンドウは寒さに強い野菜ですが、冬越しさせるために防寒対策を施します。畝全体に寒冷紗や不織布をかける方法や、株元にワラを敷くと良いでしょう。畝の北側にササ竹を立てることも効果があります。ササ竹は2月に入ってつるが伸びてきたら取り外します。

〇支柱立て
2月頃になるとつるが伸びてきますので、その前に支柱立てを行います。放任すると雨風で茎葉が折れたり、つるが四方八方に伸びてしまい、病害虫も発生しやすくなります。
つるあり種は2mほどの高さに成長するので必ず支柱を立てるようにします。サヤエンドウは地面から垂直に伸びる性質を持っているので、支柱は地面に対して垂直に立てます。合掌式の支柱にする場合も片方だけの支柱を斜めにし、もう一方は垂直に立てます。支柱を立てたらネットを張りますが、サヤエンドウはツルがつかまるものがないと根が揺さぶられて株が弱ってしまうので、できるだけ早めにネットを張るようにします。ちなみに、ネットにはツルがたくさん絡むので収穫後の片付けが面倒というデメリットがあります。ネット代わりに麻ひもを支柱にくくりつけ、畝の周りを囲うという方法もあります。これならば、収穫後に囲った横ひもを引き抜くだけできれいに片付けることができます。

4.サヤエンドウの収穫時期について

サヤエンドウ

〇収穫適期
サヤエンドウの収穫時期は、4月中旬~6月上旬です。品種にもよりますが、開花してから約20~25日で収穫できます。サヤエンドウは、サヤが膨らみすぎないうちに収穫します。収穫が遅れると、すぐに固くなってしまうので、取り遅れないようにします。収穫はヘタの部分から手で摘み取るか、ハサミで切り取ります。

〇生理障害
サヤエンドウは、寒害、酸性土壌、連作障害によって生理障害を引き起こします。生育が悪くなるだけにとどまらず、根元の部分が腐って、株全体が枯れるといった大きな被害をもたらすことも珍しくありません。一度マメ科の作物を栽培した場所には連作しないことが重要です。最低でも4~5年の間隔を空けるようにします。
連作障害による立枯病が現れた場合、病原菌は土壌中で繁殖するので、株を抜き取って畑の外に撤去処分する必要があります。立枯病のほかに、根腐れや初芽不良などの生理障害がありますので、注意しましょう。

5.サヤエンドウに発生しやすい病気と害虫

サヤエンドウ

サヤエンドウに発生しやすい病害虫について、代表的なものをご紹介します。
■主な病気
○うどんこ病
葉や茎にうどん粉を振りかけたような白い斑点が現れます。白い粉の正体はカビで、被害が進むと株全体に広がり、最終的には全部枯れてしまいます。このカビは空気が乾燥した環境を好むため、乾燥時には水を切らさないようにします。
種まきの時点で株間を十分取り、日当たりや風通しを良くして対処します。葉やつるが繁茂してきたら摘芯や整枝を行います。窒素過多の場合も病気が発生しやすいので、追肥にも気を付けます。うどん粉病が発症したら、白い斑点が出た葉は切り取って撤去処分します。白い粉が他の葉に飛んで病気が広がることもありますので、注意します。

〇立枯病
株の生育が悪くなり、葉が黄色くなって、最終的には株全体が枯れてしまいます。立枯病の原因は、連作や水はけが悪いことが主な原因です。伝染性の病気ですので早期に対策することが大切です。立枯病が発症した場合、株を抜き取って撤去処分し、被害が大きい時は薬剤を使って対応します。

〇褐斑病(かっぱんびょう)
褐斑病はカビが原因で起こる病気で、葉、茎、サヤなどに発症します。葉の表面に淡褐色の病斑が出て、徐々に大きくなっていきます。連作を避け、水はけが悪い場所での栽培を避けます。症状が現れた葉や株を撤去処分しますが、蔓延を防ぐには早めに薬剤で処理します。

〇モザイク病
モザイク病は、アブラムシがウイルスを媒介します。葉にモザイク状の斑点ができて、葉が縮んでしまいます。モザイク病にかかった株の汁を吸ったアブラムシが、ほかの健康な株の汁を吸うと健康な葉にも伝染して被害が拡大します。病気になった株は撤去処分します。アブラムシを防除することがモザイク病の予防になります。

■主な害虫
〇アブラムシ
アブラムシは、春先に発生する2~4㎜ほどの害虫で、口針を刺しこんで葉や茎の汁を吸収し、モザイク病などのウイルスを媒介します。繁殖力が非常に旺盛なため、発生したら早急に捕殺するか、殺虫剤を株全体に散布して駆除します。光るテープを張って虫の飛来を防ぐ方法も効果があります。

〇ウラナミシジミ
ウラナミシジミは、シジミチョウの仲間で、幼虫が花の蕾やサヤに侵入して食害します。成虫は体長1.5~2㎝前後のチョウで、花のガクに白い卵を生み付けます。防虫ネットを使って侵入を防ぎ、成虫を見つけたら補殺します。

〇ナモグリバエ
エンドウ類の葉に潜るため、エンドウハモグリバエとも言われています。ナモグリバエはハエの仲間で、幼虫が葉肉を食害します。秋よりも春に発生が多く、多発すると葉全体が白い筋だらけになり、生育が遅れ、サヤの数が少なくなってしまいます。最も効果的な方法は殺虫剤の使用で、葉に白い筋がつき始める頃に薬液を散布します。

〇ハモグリバエ
ハモグリバエはハエの仲間で、別名「エカキムシ」とも呼ばれ、葉に絵を描いたように食害し、葉に白い線が現れます。成虫が飛来してきて葉の内側に産卵し、孵化した幼虫が葉の内側から侵入します。肥料過多や弱った株に寄生することが多く、白い線の先端部分や葉の内側に幼虫がいます。見つけたら捕殺するか、速効性の殺虫剤を株全体に散布して駆除します。被害が少ない時は、葉を切り取って撤去処分します。

〇ヨトウムシ
ヨトウムシはヨトウ蛾の幼虫です。ヨトウ蛾は夜間に産卵し、数百個の卵を葉に産み付けます。幼虫は集団で行動し、一晩で野菜を食い尽くすほどの害虫です。苗の植え付け時に防虫ネットで覆うと産卵の被害を抑えることができます。葉の裏をこまめに観察して、卵を見つけたら潰して駆除します。大きくなった幼虫は、日中は株元の地面に潜って隠れているので発見が困難ですが、株元を割りばしで掘って捕殺する方法もあります。

サヤエンドウの育て方を読んだあなたにおすすめの記事:

スナップエンドウの育て方・栽培方法

2018.11.09

枝豆(エダマメ/えだまめ)の育て方・栽培方法

2018.04.13

そら豆(ソラマメ)の育て方・栽培方法

2018.04.12

大豆(だいず/ダイズ)の育て方・栽培方法

2018.04.11




サヤエンドウ