シソ(しそ・大葉)の育て方・栽培方法

赤しそと青しそ

1.シソ栽培の特徴と時期


シソの育て方手順に沿って、畑やプランターでシソを栽培してみましょう!
シソは簡単に育てられるので、初心者が栽培するのにもオススメの野菜です。

シソの栽培データ
■シソの栽培難易度:★☆☆☆☆
■分類: シソ科シソ属
■原産地:ヒマラヤ、中国
■シソの旬:7~10月
■栽培時期:春まき
 春の種まき:4~5月、植え付け:5~6月、収穫時期:7~10月
■連作障害:あり(1~2年あける)
■好適土壌pH:6.0~6.5
■発芽適温:20~25℃
■生育適温:20~25℃

■シソの種が買えるお店
シソの種を買いたい場合は、販売店をのぞいてみましょう!

〇特徴
シソは、年1回収穫することができる野菜で、シソの旬は、7~10月です。
シソはシソ科の植物で、ヒマラヤ~中国が原産とされています。シソは古くから栽培され、比較的栽培が簡単なことで知られています。シソは葉色や葉面のしわにより、青ジソ、赤シソ、チリメンシソに分けられます。葉が緑色の青ジソは「大葉」とも呼ばれています。赤ジソは、梅干しやショウガの色付けに使われています。シソは、刺身のつま、てんぷら、肉巻き、ベーコン巻きなど様々な料理に使われ、芽や花穂も食用にすることができます。
一度まけば手間がかからず、家庭菜園初心者の場合でも栽培しやすいので人気の高い野菜の一つです。

〇栄養価
シソは、βカロテン、ビタミンB2、カルシウム、鉄分などの栄養素が豊富に含まれています。抗菌作用、防腐作用、食中毒予防、食用増進の効果があります。

〇品種
『青紫蘇』『大葉青しそ』『青ちりめんしそ』『赤ちりめんしそ』など、様々な品種があります。

〇栽培のポイント
シソは、種まきの時期を守れば失敗することは少ないので、非常に育てやすい野菜です。シソは発芽適温が20~25℃となっていることから、あまり暑い場所での栽培を避け、乾燥に注意します。また、常に新鮮な葉を収穫するために肥料切れをしないように追肥を行うことも大切です。

〇栽培時期
種まきは4月上旬~5月上旬までが適しており、暑くなる前に種をまくのがポイントです。苗の植え付けは5月上旬~6月下旬までに行います。シソの発芽適温・生育適温は20~25℃です。

〇連作障害
シソは連作障害があるので、1~2年の期間を空けて栽培します。

〇好適土壌pH
好適土壌pHは6.0~6.5になっています。種まきの2週間以上前に畑に苦土石灰を施します。

2.シソの栽培方法(畑・プランター)

肥料

シソは、畑でもプランターも基本的な栽培方法は同じです。
〇土づくり
シソを栽培するためには、畑の土作りが重要です。水はけの良い場所を選び、種まきの2週間前までに土作りを行います。苦土石灰1㎡当たり100gをまいてよく耕しておきます。種まきの1週間以上前になったら、堆肥1㎡当たり2kg、化成肥料100gを畑全面にまいてよく耕します。土をよく混ぜたら、畝を作ります。1列で作る場合は畝幅60㎝、高さ10㎝の平畝にします。

〇種まき
種まきは4月上旬~5月上旬までに作業を行います。種を直接畑にまく場合(直まき)は、すじまきか点まきにします。すじまきにする場合は、1㎝間隔で種をまき、間引きを行って最終的に30~40㎝の間隔にします。植え付ける株数が少ない場合は、ポットに種をまいて苗を育てるほうが安全です。
種まきは、十分気温が上がってから行います。気温が低いと発芽しないで腐ってしまうこともあります。シソは日光を好む性質があるので、土を被せる際には5㎜程度に薄くかけることが大切です。
また、種は水を十分に含まないと発芽しにくいので、種をまく前の日に一昼夜、水につけて吸水させてからまくと発芽率がよくなります。

〇植え付け
苗を育ててから畑に植え付ける場合は、3号ポット(9㎝径)を用意します。ポットに培養土を入れ、浅いくぼみを3箇所作り、1粒ずつ種をまきます。シソは好光性のため、土はごく薄く掛けるようにします。土を厚く掛け過ぎると、発芽しなくなりますので注意します。本葉が4~6枚に成長したら、間引きを行い、1ポット1株にします。

本葉が8~10枚に成長したら、畑に植え付けをします。植え付け時期は、5月上旬~6月下旬に行います。畝にポットの大きさと同じくらいの植え穴を作り、株間は30~40cmにします。ポットを逆さまにして苗を取り出し、根鉢の土を崩さないようにして植えます。植え付け後は、苗を安定させて軽く押さえつけ、水をたっぷりとあげます。

〇プランターでの栽培方法
プランターでの栽培では、大型サイズ(60㎝以上)で、深型(20㎝以上)を使用するようにします。シソは、一つのプランターに2~3株が栽培目安となります。水はけを良くするために、底部に鉢底石を敷きつめます。土は市販の培養土を利用すると簡単です。土はプランター高さの8分目まで入れ、ウオータースペースを作ります。

種まきから栽培する場合は、すじまきか点まきにします。発芽するまで土が乾燥しないように濡れた新聞紙などをかぶせておくと発芽が高まります。ポットで苗を育ててから植え付ける方法もあります。いずれの場合も、畑の場合と同じように行い、間引きをしながら育てます。プランターでの栽培は乾燥しやすいため、水やりは毎日行います。夏場は1日2回水やりを行い、乾燥させると株が弱るため、敷きワラを施して乾燥を防止します。

3.シソの栽培手入れ

水やり

〇水やり
シソは病気にも非常に強く、生命力が旺盛ですが、水やりをしっかり行うことが大切です。種をまいてから発芽するまでの間や、苗を植え付けてから根が定着するまでの間は毎日しっかりと水やり行うようにします。

〇追肥
植え付け後は、草勢や葉の色の様子を見ながら、1か月に1~2回追肥を行います。化成肥料1㎡当たり20~30gを葉の下にまいて表面の土と軽く混ぜて株元に土寄せをします。プランター栽培では、化成肥料2~3gを葉の下にまいて表面の土をほぐして株元に土寄せします。

〇摘芯
シソの草丈が25~30cmほどに成長したらわき芽を伸ばすために主枝の先端を摘芯します。主枝を摘芯することで側枝が多く出て、より多く収穫することができます。摘芯した葉は食べることができます。

4.シソの収穫時期について

シソ

〇収穫適期
シソの収穫適期は、7~10月になります。草丈30㎝程度で本葉10枚以上になったら収穫時期です。葉ジソ(大葉)は開いて間もない軟らかい葉をハサミで切り取って収穫します。シソは生育が旺盛で分岐性も強いため、大胆に収穫をしても次々と新しい葉が出てきます。余分な葉を収穫することで日当たりが良くなり、若い芽が育ちやすくなります。

シソは病気にも強い作物ですが、植え付けの際に株間を広くとって植え付けることや、葉に日光が当たるようにすることで病気や生理障害を防ぐことができます。

5.シソに発生しやすい病気と害虫

シソ

■主な病気
○サビ病
葉の裏側に橙色のサビ色が生じることから、定期的に葉の裏側をチェックすることをおすすめします。
水はけを良くして、肥料切れを起こさないようにします。発病した葉は撤去処分します。

■主な害虫
〇アブラムシ
アブラムシは、春先に発生する2~4㎜ほどの害虫で、口針を刺しこんで葉や茎の汁を吸収し、モザイク病などのウイルスを媒介します。繁殖力が非常に旺盛なため、発生したら早急に捕殺するか、殺虫剤を株全体に散布して駆除します。窒素肥料の過多にも注意します。

〇ハダニ
ハダニには葉の表側に群集し、葉を食害します。雨の少ない高温期に多発します。敷きワラをすることで高温乾燥を防ぎ、発生被害を軽減できます。

〇ベニフキノメイガ
幼虫が葉の裏側に生息し、葉を食害します。葉が食害されていないか観察し、見つけ次第捕殺します。

シソの育て方を読んだあなたにおすすめの記事:

オルトラン粒剤の使い方・オルトラン効果まとめ!

2018.10.27




赤しそと青しそ