スティックセニョール(茎ブロッコリー)の育て方・栽培方法

スティックセニョールの育て方・栽培方法

1.スティックセニョール栽培の特徴と時期


スティックセニョール(茎ブロッコリー)の育て方手順に沿って、畑やプランターでスティックセニョールを栽培してみましょう!

スティックセニョールは簡単に育てられるので、初心者が栽培するのにもオススメの野菜です。

スティックセニョール(茎ブロッコリー)の栽培データ
■スティックセニョールの栽培難易度:★★☆☆☆

■スティックセニョールの旬:春5月~6月、秋10月~12月

■連作障害:あり

■栽培時期:春まき・夏まき

■春の種まき:2~3月、収穫時期:5~6月

■夏の種まき:7~8月、収穫時期:10~12月

■スティックセニョールの苗や種が買えるお店
スティックセニョールの苗や種を買いたい場合は、販売店をのぞいてみましょう!
こちらから購入するとポイント還元があります。

スティックセニョールは年2回栽培することができる野菜で、スティックセニョールの旬は、春は5月~6月、秋は10月~12月です。

スティックセニョールの科目はアブラナ科で、原産地は地中海沿岸です。
スティックセニョールは茎ブロッコリーとも呼ばれており、ブロッコリーと中国野菜を掛け合わせたもので、日本で品種改良された野菜です。サカタのタネが作った品種ですが、アメリカで人気があったことからスティックセニョールという商品名で逆輸入された野菜です。

ブロッコリーは花蕾の部分を食用としますが、スティックセニョールは、茎の側花蕾(わき芽)を食用とします。茎の部分は、アスパラガスに似た甘みがあります。
ブロッコリーと同様に栄養価も高い野菜で、スティックセニョールの栄養としては、ビタミンC、ビタミンE、カロテンなどが多く含まれており、がんの予防効果にもなるスルフォラファンも含まれており注目されています。

茎ブロッコリーの品種としては、甘みが強く花蕾も茎もやわらかい『グリーンボイス』や、紫の花が珍しい『スカーレットダンス茎ブロッコリー』や『アスリー』『グリーンボイス』などもあります。

スティックセニョール

スティックセニョールは、春と秋の2回栽培することができますが、春栽培では、種まきを2月~3月中旬に行い、収穫は5月~6月、秋栽培では、種まきを7月~8月中旬に行い、収穫は10月~12月が目安となります。
収穫は、20㎝程度の側花蕾が15本は取れます。側花蕾は次々と伸びてくるので長期間収穫できます。

スティックセニョールの好適土壌pHは6.0~6.5とされています。
家庭菜園初心者であれば、土壌pHと言われてもピンとこない人もいるかもしれませんが、野菜にはそれぞれ適した土壌pHというものが存在しています。
それぞれの野菜に合った土壌を用意することが、栽培のポイントとなります。

スティックセニョールには、連作障害があります。同じ場所で栽培する場合は、最低でも2~3年間の間隔をあけて植えることをおすすめします。
同じ場所に同じ野菜を栽培すると、土壌の中の微生物に偏りが出て、野菜の成長に悪影響が出ます。収穫量が極端に減ってしまうこともあるため、連作障害には注意が必要です。

スティックセニョールの栽培のポイントは、日当たりの良い場所で育てること、水をやりすぎないこと、肥料を切らさないこと、摘芯をすることです。

スティックセニョールは、日光を好むので、日が当たる場所で育てます。
水は、やり過ぎないように注意し、土が乾いたら水をたっぷりと与えます。
蕾がつき始める時期になったら、肥料切れに注意します。
頂花蕾を摘芯することで側枝が出てきますので、花蕾を摘芯します。

スティックセニョールは、暑さに強く、たくさん収穫できるので、初心者にも育てやすい野菜です。

2.スティックセニョールの栽培基本(畑・プランター)

肥料

野菜栽培において、まず大切になってくるのがその土壌です。野菜作りに適した土壌には、培養土や堆肥が用いられます。
培養土や堆肥は、ホームセンターなどでも気軽に購入することが出来ますし、これから家庭菜園を始めるという人には必要不可欠なアイテムでもあります。

堆肥と聞くと匂いがきついのでは?と不安を感じる人もいるでしょうが、最近では良質で匂いがほとんどしない商品も売り出されています。ベランダ菜園や住宅地での畑作りの際にも周りに迷惑をかけることがありません。
こうした堆肥や培養土を使って、まずは土壌内の養分、微生物を増やしていくことから始めていきましょう。

そして、土壌内の土の塊、小石などもしっかり取り除いていくことが大切です。栄養分と微生物が豊富でふかふかの土壌が野菜作りの基本となります。
スティックセニョールの場合でもそれは同様で、土作りの際にはこうした点に重点を置いておくといいでしょう。

スティックセニョールを植える2週間前に、苦土石灰を1㎡当たり100gをまいてしっかりと耕しておきます。植え付け1週間前に、堆肥1㎡当たり2kg、化成肥料1㎡当たり120g程度を施して耕します。
降雨後に株元やその周囲に水たまりができないように、高さ5㎝の畝を作ります。水はけが悪いところでは高畝にします。畝幅は60~70cm、株間は45㎝程度を目安とします。

スティックセニョールの種まきはポットで行います。
一つのポットに5粒~6粒ほど、種が重ならないようにまいていくのがポイントです。その後、薄く土をかぶせてたっぷり水を与えます。

発芽してからは大きな本葉が2枚生えるまで間引きを行います。最終的に大きな1本の苗になった段階で植え付けに移っていきます。

スティックセニョールの植え付けの作業は、本葉が5枚~6枚程度になったタイミングで行うのがおすすめです。まず畑、もしくはプランターに植え付け用の溝を掘り、そこに苗を植え付けていきます。株と株の間には20㎝以上の間隔を設けるのがポイントです。

このとき、ポットの状態で十分に土を湿らせておくか、植え付けをした後でたっぷりと水を与えるようにしましょう。
そうすることで定植がしやすくなりますし、土の乾燥を未然に防ぐことが出来ます。

スティックセニョールをプランターで栽培する場合は、標準サイズの容器で大丈夫です。移動も可能なプランターでの育て方がおすすめです。用土は標準のもので可能ですが、酸性を嫌うので苦土石灰で調整します。
肥料は、野菜作りに適した配合肥料を用いると栽培中の手間を省くことが出来るのでお勧めです。

スティックセニョールは、プランターの場合は特に浅植えにするので、ある程度成長していく段階で支柱が必要になってきます。風などの影響で苗がぐらつかないように、早めに支柱の用意をしておきましょう。

きつく縛りすぎてしまうと苗に大きなダメージを与えてしまいますし、成長の妨げにもなります。
最低でも指1本が緩く入る程度の隙間をあけるのがポイントとなってきます。

スティックセニョールの栽培はプランターの場合でも畑の場合でも、種まきや植え付けの手順は同じですが、どちらの場合でも水のやりすぎには注意が必要です。
ブロッコリーはもちろんですが、スティックセニョールも多湿にはあまり強い野菜ではありません。
土の表面が乾いたころに水やりをする、この程度で十分です。極端に乾燥させてしまうのは危険ですが、だからと言って水のやりすぎで苗が枯れてしまったり、成長が遅れてしまう事態は避けるに越したことはありません。

3.スティックセニョールの栽培手入れ

水やり

スティックセニョールの栽培中、適度に畑やプランターの除草を行っていきましょう。

野菜を育てるうえでこれは当たり前のことですが、土壌内の栄養分を上手く野菜にいきわたらせるためにはこの除草が欠かせません。
雑草が生えたまま放置していれば、土壌内の養分がその雑草に奪われてしまいます。せっかく肥料を与えていたとしても、それが無駄になってしまうわけです。雑草はちょっとの間にも着々と成長していきます。
こまめに除草をして、スティックセニョールの栽培に支障がないように注意していきましょう。

また、スティックセニョールの栽培中には適度な間引きも必要です。
特に、種まきから植え付けまでのポット栽培では、間引きの手間は重要になってきます。
弱くて細い苗は取り除いていき、虫の被害がある場合にはそれも間引きの対象となります。できるだけ強い苗を残していくことで、最終的な収穫量を確保していくというわけです。

スティックセニョールは多肥性なので、栽培中には追肥の必要があります。間隔は半月に1回、株元から少し離れた場所に肥料を施していきます。
周りの土を軽く混ぜ合わせるようにするのがおすすめですが、この時、深く土を掘りすぎてしまうと根元を肥料で傷つけてしまう恐れもあるので注意が必要です。

また、スティックセニョールは収穫が始まってから、収穫のたびに追肥を行います。収穫をした後のこうしたケアを忘れてしまうと、つぼみが出なくなったり、発育が極端に遅くなるなど肥料切れの症状があらわれます。
継続して収穫量を確保していきたいという場合には、追肥の存在は大切になってくるというわけです。

スティックセニョールは長い収穫期間が魅力で、家庭菜園初心者にもおすすめの野菜とされていますが、その分追肥や間引きの手間はかかります。
栽培の際には事前に栽培の知識をしっかり身に着けておくこと、十分な土壌管理、追肥を徹底していくようにしましょう。

4.スティックセニョールの収穫時期について

スティックセニョールの収穫

先に挙げたようにスティックセニョールは一度収穫が始まってからも、追肥を適度に行うことで十分な収穫量を確保することが出来ます。
もちろん、それが無限に続くというわけではありませんが、長い期間実りを楽しむことができるという点は家庭菜園初心者にもうれしい魅力です。

スティックセニョールは、苗を植えてから約50日以降に収穫できます。側枝が20㎝以上に大きくなり、花蕾が10円玉の大きさになった頃が収穫のタイミングとなります。
蕾がしまっているうちに、ハサミなどで茎を切ります。切り口に水がたまると腐ってしまうため、まっすぐ切らずに斜めに切ります。切り口が乾きやすいように、晴天の日の午前中の収穫がベターです。なお、収穫後の追肥も忘れないように施しましょう。

栽培方法に間違いがないにも関わらず苗が途中で枯れてしまう、収穫量が激減してしまうというケースもあります。
こうした場合、栽培の方法に問題があるというよりも、土壌や苗自身に何らかのトラブルが起こっている可能性があります。
具体的には、土壌環境の悪化による病気、害虫による食害が挙げられます。
もちろん、それぞれのケースで苗が枯れる原因は異なってきますが、栽培方法に問題がないという場合には、病気や害虫がその原因だと考えていいでしょう。

5.スティックセニョールに発生しやすい病気と害虫

スティックセニョールの病気

スティックセニョールを栽培する場合、その栽培方法や特徴はもちろんですが、どんな病気にかかりやすいのか、害虫の被害があるのかを知っておくことが大切です。
ある程度知識を身につけておけばいざという時に迅速に対応することが出来ますし、被害を最小限に抑えることが出来ます。
収穫量を減らさないためにも事前の情報収集は徹底しておきましょう。

〇黒腐病
スティックセニョールに発生しやすい病気の代表的なものとして黒腐病が挙げられます。この病気はアブラナ科に多い病気で、葉の病変がV字型に広がっていくのが特徴です。
原因は細菌の一種で、高温多湿になる季節に発生しやすくなります。
すでに発症してしまったスティックセニョールの株はそのまま抜き取り、焼却処分となります。
虫を介して細菌が広がる可能性もあるため、害虫対策も一緒に行っていきましょう。

また、スティックセニョールには、アオムシやヨトウムシなどの害虫被害があります。
害虫による食害は葉だけでなく、ひどいとスティックセニョールの茎や株全体に広がっていきます。害虫の数が多ければ多いだけ被害は拡大していくことになるのでとりわけ注意が必要です。
こうした害虫は見つけ次第駆除していくのがベストですが、もしも手が回らないという場合には、天然由来の殺虫剤を用いていくのがおすすめです。

スティックセニョールを栽培する際には、土壌作りやその栽培方法はもちろんですが、病気や害虫に対する対策にも気を配っていきましょう。
予防が可能であればそれを徹底すること、たったこれだけのことでも畑やプランターでの収穫量を十分に確保することが出来ますし、実りを楽しむことが可能です。

スティックセニョールの育て方を読んだあなたにおすすめの記事:

オルトラン粒剤の使い方・オルトラン効果まとめ!

2018.10.27

ブロッコリーの後作に植えても良い野菜とは?(連作障害)

2018.09.17

ブロッコリーのミルクスープレシピ

2018.09.02

鶏とブロッコリーのスープレシピ

2018.07.12

ブロッコリーの育て方・栽培方法

2018.04.12




スティックセニョールの育て方・栽培方法