春菊(シュンギク)の育て方・栽培方法

春菊(シュンギク)

1.春菊栽培の特徴と時期


春菊の育て方手順に沿って、畑やプランターで春菊を栽培してみましょう!
春菊は簡単に育てられるので、初心者が栽培するのにもオススメの野菜です。

春菊(シュンギク)の栽培データ
■春菊の栽培難易度:★☆☆☆☆

■春菊の旬:春夏5月~7月、秋冬10月~翌年1月

■連作障害:あり

■栽培時期:春まき・秋まき

■春の種まき:3~5月、植え付け:4~6月、収穫時期:5~7月

■秋の種まき:8~9月、植え付け:9~10月、収穫時期:10~翌年1月

■春菊の苗や種が買えるお店
春菊の苗や種を買いたい場合は、販売店をのぞいてみましょう!
こちらから購入するとポイント還元があります。

春菊は春と秋に栽培することができる野菜で、春菊の旬は、春夏は5月~7月、秋冬は10月~翌年1月です。

春菊の科目は、キク科シュンギク属で、原産地は地中海沿岸です。12月頃に多く出回り、鍋物やお浸しで食べられることが多いです。
春菊の栄養素としては、βカロテン、ビタミンC、カルシウム、鉄、葉酸などが含まれています。

葉のギザギザが特徴的な野菜で、特有の香りと風味があります。
関西では菊菜と呼ばれることもあり、春になると菊に似た花が咲くという特徴もあります。

春菊は、葉の切れ込み具合によって種類が分かれていて、浅い切れ込みは「大葉種」、深い切れ込みのものは「中葉種」、葉が細めで切れ込みの深いものは「小葉種」となっています。
一番よく栽培されているのは中葉種で、側枝が発生しにくく茎が伸びやすい「株立ち型」と、株元から側枝がたくさん出る「株張り型」があります。

この2つは収穫方法が異なり、株立ち型はわき芽を摘み取って収穫するのに対し、株張り型は株ごと抜き取って収穫するという違いがあります。

春菊の品種としては、『菊の助』『博多改良中葉春菊(4号)』『サラダ春菊』『たつなみ春菊』『中葉春菊』『金成株張中葉』『河内中葉』『青波』『早苗』『大阪株張中葉』『さとゆたか』など様々な品種があります。

春菊は、春まきと秋まきができます。基本的には畑に直まきですが、プランターでも問題なく栽培できます。
冷涼な気候を好むので育てやすいのは秋まきです。
ただし、霜にあたると葉が霜焼けを起こし傷むので、できれば年内に収穫することを目標としましょう。

春菊栽培

栽培時期は、地域や品種によって異なりますが、春まきは3月中旬~5月上旬で収穫は5月~7月頃となり、秋まきは8月~9月初旬で収穫は10月下旬~1月となります。

連作障害があるので同じ場所での栽培は1~2年あける必要があります。
連作障害を無視すると生育不良になるだけでなく、病害虫の原因にもなります。

春菊は酸性土壌を嫌うので、石灰を入れて土壌pHを調整する必要があります。
好適土壌pHは6.0~6.5なので、pH測定液や測定器で計測すると失敗がありません。
測定液は土にかけるとpHによって色が変わり、比較表で測定するものです。測定器は土に直接さして測定します。

春菊は、初心者でも簡単に作ることができる野菜です。
栽培のポイントとなるのは、株立ち型と株張り型で収穫方法が違う点と、春の遅まきでは日照時間と高温によってとう立ちしてしまう場合がある点、肥料をたくさん鋤き込んでおく点です。

2.春菊の栽培基本(畑・プランター)

肥料

春菊は、畑でもプランターでも栽培可能です。
栽培の基本となる土作りは、畑の場合では植え付け2週間前までに苦土石灰や堆肥、元肥を入れて耕し畝を作ります。畝は幅60cm、高さ10cmが丁度良いです。

春菊が元気に育つ土は、適度な水分を保持し供給できる土です。空気を含んで柔らかく、多様な微生物が生息できる環境を作ることができれば最適です。この環境を作ることができるのが団粒構造で、これは大小の粒が混ざり合っている土を言います。

粒と粒の間には隙間がたくさんできるので、水捌けが良く空気もよく通ります。
土の塊に水や養分を保持できますし、水持ちや肥料持ちも良くなります。

微生物が生息しやすい環境にすることも大切で、多様な微生物が生息できると春菊に害を与える特定の生物が増えないので、病害虫が発生しにくくなります。

プランターの場合の土作りは、市販の培養土(野菜の土)を使用するのが一番簡単です。あまりに安いものは元肥が入っていないものもあるので、購入時に確認しましょう。
元肥入りであればプランターに入れるだけで使えます。
ココヤシピートが主原料の軽い培養土もあり、購入しやすいのでおすすめです。

春菊は肥料が好きなので、元肥となる堆肥を多めに鋤き込みます。
肥料はボカシ肥や市販の野菜用肥料を使います。ボカシ肥は米ぬかや油粕、魚粉など数種類の有機物を合わせて発酵させたものです。三要素のバランスが良く、ミネラルがたっぷりで微量要素もとても豊富で万能なのでよく使われています。

有機肥料は、ゆっくり効果が現れ肥効も長く、土壌中の微生物の種類も増えるので土を元気にしてくれます。
市販の野菜用肥料は化成肥料が使われていることがほとんどで、こちらは効きが早いです。
成分量がはっきりしていますし施肥が簡単なので、プランターで春菊栽培をする場合におすすめです。

春菊の種まきは、畑の場合では条間20~30cmでまき溝を作って条まきします。
春菊は発芽率があまり高くないので多めにまくことがポイントになります。
発芽の時に光が必要なので(好光性種子)、種まきの後の覆土はできるだけ薄くして適度に押さえます。

土を薄くかけている程度なので乾燥しやすいため、種まき前に水やりをして土を十分に湿らせておきましょう。切りワラや新聞紙で覆って乾燥に気を付けさえすれば、1週間前後で揃って発芽します。発芽適温は15~20℃、発芽温度は10~35℃です。

春まきは、育苗して植え付けも可能です。ポットに種まきをして、ある程度苗を育ててから畑に植え付けるやり方です。ポットに種をまいても育苗は可能ですが、たくさんの株を作りたい場合は、ポットひとつずつに種をまいていくよりも育苗箱を使うのが一般的です。

育苗箱に条まきし、発芽後本葉が出てから1、2本ずつポットに植え替え、本葉が4、5枚になったら苗を1本ずつ定植していきます。

プランターは摘み取りタイプの株立ち型で栽培されることが多く、その場合は栽培・収穫期間が非常に長くなります。

春菊栽培に適したプランターは、幅65cmがおすすめです。このサイズでは、直まきで1箇所に5粒の4点まきが最適です。種まきはプランターの端から10cmのところに1点目をまき、そこから15cmおきに合計4点まいていきます。
このまき方は間引き菜の収穫を目的としていませんので、柔らかい間引き菜を収穫して食したい場合は条まきにするのも良いでしょう。

3.春菊の栽培手入れ

水やり

春菊の栽培の手入れは間引きと追肥、水やりと除草が中心となります。
発芽後に生育を見ながら、順次間引きを行っていきます。
畑の場合、1回目は本葉が1、2枚の時に2~3cmの間隔にし、2回目は本葉が4、5枚に時に5~6cmになるようにして最終株間を15cmにします。

本葉が伸び始めたら中耕する必要があり、その際に溝を掘りそこに追肥して株元に土寄せします。追肥は2週間ごとに行い、化成肥料を1㎡当たりに軽く一握り(約30g)施します。

プランターの場合では間引きして1箇所3株にし、ある程度育ってからもう1株抜くか園芸用のハサミで切り、2本立ちにします。
葉が重なるようになったら最終的に1本にし、合計4株にします。

プランターは、畑のように大地からの養分が得られないので、栽培期間の長い春菊は定期的な追肥と適度な水やりがとても重要になります。追肥は春まきの場合で2週間に1回、秋まきの場合で4週間に1回が目安です。定期的に追肥することで生育を促すことができます。

春菊栽培に慣れてきたら、葉の色を見ながら追肥することもできるようになります。
葉の色が全体的に薄い場合や下葉が黄色くなってきた場合など、すぐに栄養を与えた方が良いと判断した場合は液肥で対応することも可能です。

畑では雨が降り、地面の深いところに水分がある状態なので、ある程度水やりをしなくても大丈夫ですが、プランターではすぐに乾燥するので水やりは欠かせません。
ただし、畑でも土の表面がカラカラに乾いていたら水やりが必要です。

プランターの水やりは、排水口から水が流れ出るまでたっぷりと行います。
土が乾いていないのに日課として水やりをしてしまうと与え過ぎになり、根腐れによる生育不良の原因となってしまいますので注意が必要です。

除草についてですが、雑草は春菊の養分を取ってしまうので、早めに除去する必要があります。春菊の生育の妨げとなるのでこまめに取り除きましょう。
また、放置していると病害虫がつく元にもなります。雑草が芽を出し始めたらすぐに抜いて、いつでも清潔な環境にしてあげる必要があります。

4.春菊の収穫時期について

春菊の収穫

春菊の株立ち型は、草丈20cmほど(下葉10枚程度)になったら下葉を4~5枚残し、主枝の先端を摘芯する必要があります。
そうすることで主枝の生長が止まり、わき芽がどんどん出てくるようになります。株立ち型はわき芽を摘み取って食べるので、わき芽の葉を1~2枚残して先端20cmほどを切り取ります。
摘芯や摘み取りの際は、園芸用のハサミを使いましょう。

株張り型は、株ごと収穫する品種で、株元の地際から側枝が伸びます。
本葉7~8枚、草丈15~20cmになった頃に、根をつけたまま収穫して後で株元を切ります。株張り型でも、わき芽の摘み取り収穫は可能です。

春菊は育ち過ぎると筋が出て硬くなるので、茎は細い方が柔らかく美味しいです。そのタイミングで食べたいので、収穫は早めに行うことがポイントです。
春まきはトウ立ち前に収穫する必要があります。

秋まきで、収穫が真冬に差し掛かった場合は葉を傷めないように霜に注意して、不織布や寒冷紗をトンネル掛けにして防寒する方が良いです。

春菊の収穫量は、1株300~400gが平均です。
畑とプランターでは畑の方が収穫量は多くなりますが、プランターでも上手くいくと十分な収穫が見込めます。
春菊は強い野菜ですが、水やりをしなかったり、「べと病」にかかると枯れる原因となります。
適度な水やりと病害虫を寄せ付けない毎日の管理が、収穫量を増やすことに繋がります。

5.春菊に発生しやすい病気と害虫

春菊

春菊は、病害虫に強い野菜ですが、栽培環境によっては病気になり、美味しい野菜なので虫たちも好んで食べに来ます。

春菊がよくなる病気は、「さび病」と「べと病」です。
さび病は、オレンジ色の楕円形で、やや膨らみのある小さな斑点ができる病気です。

また、春菊を枯らすこともあるべと病は、葉に黄白色のぼやけた病斑が発生します。
それが次第に大きくなって葉は淡い黄色になり、やがて枯れてしまいます。
「モザイク病」や「炭そ病」にもかかります。

代表的な害虫は、「ミナミキイロアザミウマ」や「ワタアブラムシ」、「ナモグリバエ」、「ヨトウムシ」です。
ミナミキイロアザミウマは、体長1~2mmの非常に小さな成虫や幼虫が寄生して春菊の汁を吸います。

ワタアブラムシも同様に、小さな虫が葉の裏に群生して吸汁します。ナモグリバエは体長3mmほどで乳白色の幼虫です。
葉にもぐって歯肉を食べ、葉の表面に迷路のような白い筋の食痕を残すのが特徴です。

ヨトウムシは、イモムシのような風貌の幼虫で、夜間に葉を食べてしまいます。
多食性で夜に葉を盗むようにすっかり食べてしまうので、夜盗虫と呼ばれています。

特にアブラムシ類は、茎や葉に葉みどりのモザイク状の濃淡の斑紋が現れるモザイク病の原因となります。モザイク病に感染すると治療ができないので十分注意しましょう。
連作と密植を避けて、水はけと風通しの良い土壌で栽培することが、最も有効な防御手段です。
また、高温期や梅雨時の栽培を控えるのも方法の一つです。

春菊の育て方を読んだあなたにおすすめの記事:

春菊(シュンギク)の後作に植えても良い野菜とは?(連作障害)

2018.09.26

フライパンでも作れる!人気のすき焼きレシピ

2018.09.02




春菊(シュンギク)