ニラ(韮)の後作に植えても良い野菜とは?(連作障害)

ニラ

1.ニラの後作に植えたほうが良い野菜

ニラの後作にどんな野菜を植えればよいかわからなかったり、
悩んだりしていませんか?

家庭菜園で野菜を栽培していく際、注意していきたいのがその連作障害です。
同じ土壌で同じ作物を続けて栽培すると、土壌の栄養分が偏っていきますし、当然作物の成長、実りにも影響が出てくることになります。

野菜によっては病気になりやすくなることもあるのでとりわけ注意が必要になってくるわけです。

ニラはこうした連作障害がでにくい野菜として知られており、

地植えの場合には株を残したまま茎から上を収穫していくのでシーズン中に何度か収穫することも可能です。

ただ、連作障害があらわれにくいとは言いつつも何の影響もないのか、と言われればそうではありません。
何年も同じ場所でニラを育てていれば当然土壌環境は悪化していきます。
なので、ニラの後作には同じ科の作物は土壌の質の悪化を招くことになるので栽培の際には気をつけていきましょう。

ニラの後作に良い野菜はいくつかありますので、
ニラの後作について順番にみていきましょう!

ニラの収穫時期は、だいたい5月~7月頃なので、春から夏にかけて植えていけるニラの後作と相性の良い野菜を見ていきましょう。

ニラの後作に植えたほうが良い野菜
トマト、ダイコン
トマト

ニラ栽培の後作にした方が良い野菜にはトマト、ダイコンなどの作物が挙げられます。

トマトは、ビタミンC、ビタミンE、カロテン、カリウムが豊富な野菜です。
トマトは畑でもプランターでも栽培できるため、家庭菜園で人気の高い野菜です。

ニラの後作に良いトマト
ニラの後作にトマトを育ててみたい方はトマト栽培の関連記事をご覧ください。ミニトマト春植え:4月~6月/トマト春植え:5月~6月

ミニトマト(プチトマト)の育て方・栽培方法

2018.04.10

トマト(とまと)の育て方・栽培方法

2018.04.06

ダイコンは、土壌中の肥料が少ない場合の荒れ地でも比較的よく育つ作物なので、家庭菜園初心者にもおすすめの野菜です。
普通のダイコンより、ややサイズの小さい辛みダイコンも家庭菜園では良く育てられています。

ニラの後作に良いダイコン
ニラの後作にダイコンを育ててみたい方はダイコン栽培の関連記事をご覧ください。辛味大根秋の種まき:8月~9月/ダイコン秋の種まき:8月~10月

辛味大根(からみだいこん)の育て方・栽培方法

2018.04.15

大根(だいこん/ダイコン)の育て方・栽培方法

2018.04.09

2.後作した方が良い理由

畑の芽

後作した方が良い理由は連絡障害を防ぐためですが、同時に土壌の状態を改善して家庭菜園での収穫量をアップさせていくためでもあります。
土壌内の栄養分が偏ってしまうことが家庭菜園では最大の注意点として挙げられます。
長く家庭菜園を続けていくというのであれば猶の事、土壌の状態を常にキープしていくことがポイントになってきます。

ニラを栽培した後、ある程度の期間土壌を休ませていけば連作障害を防ぐことが出来ますが、何年もその土壌を放置していくわけにはいきません。
ここで挙げた後作に適した野菜を適度に取り入れてその都度土壌改良、消毒を行っていきましょう。
特にトマトやダイコンは家庭菜園初心者であってもチャレンジしやすい野菜です。

プランター栽培は土もすぐ買えられるため、新しい培養土なら安心です。

たったこれだけのことでも土壌をより賢く活用していくことが出来ますし、家庭菜園全体の収穫量もアップさせていくことが可能です。

3.ニラの後作に植えないほうが良い野菜

ネギ
ニラの後作に植えないほうが良い野菜
葉ネギ、白ネギ、玉ねぎ
ニラの栽培をして後作しない方が良いものには葉ネギ、白ネギ、玉ねぎなどの作物が挙げられます。

4.後作しない方が良い理由

家庭菜園

連作障害を防ぐためです。同時に土壌環境をそれ以上悪化させない、害虫や病原菌による被害を最小限に抑えることも可能になっていきます。

ニラは害虫被害を受けにくい野菜としても知られていますが、だからといって油断をするのは禁物です。
それこそ害虫や病原菌によってそのシーズン中の収穫が絶望的になることもあるので、家庭菜園の収穫量をアップさせていきたいという人も参考にしていくといいでしょう。

ニラの後作には、後作に良いトマト、ダイコンなどの野菜を積極的に取り入れて植えていくと良いでしょう。

ニラの後作に植えても良い野菜とは?を読んだあなたにおすすめの記事:

レバーとニンニクの芽炒めレシピ

2018.07.05

ニラ(韮)の育て方・栽培方法

2018.04.11




ニラ