らっきょう(ラッキョウ)の後作に植えても良い野菜とは?(連作障害)

ラッキョウ

1.らっきょうの後作に植えたほうが良い野菜

らっきょうの後作にどんな野菜を植えればよいかわからなかったり、
悩んだりしていませんか?

らっきょうの後作に良い野菜はいくつかありますので、
らっきょうの後作について順番にみていきましょう!

らっきょうの収穫時期は、だいたい6月~7月頃なので、夏から秋にかけて植えていけるらっきょうと相性の良い野菜を見ていきましょう。

らっきょうの後作に植えたほうが良い野菜
チンゲン菜、小松菜
チンゲンサイ

らっきょうの次に後作した方が良い野菜には、
チンゲン菜、小松菜などの作物があります。

基本的にらっきょうの次に後作した方が良いもの、それはネギ科以外の野菜です。
特に葉野菜が育てやすく、時期的にもピッタリと言えます。
ネギ科の野菜は3年~4年ほど連作を続けるとその収穫量に変化が出てくることがありますので気をつけましょう。

チンゲン菜は、ゆでても焼いてもシャキシャキとしたみずみずしい食感がでるのが特徴となっています。

らっきょうの後作に良いチンゲン菜
らっきょうの後作にチンゲン菜を育ててみたい方はチンゲン菜栽培の関連記事をご覧ください。秋の種まき:8月~9月

チンゲン菜(青梗菜)の育て方・栽培方法

2018.04.15

小松菜は簡単に育てられるので、初心者が栽培するのにもオススメの野菜です。
小松菜の栽培時に1~2週間ずらして種をまくと、長く栽培収穫することができます。

らっきょうの後作に良い小松菜
らっきょうの後作に小松菜を育ててみたい方は小松菜栽培の関連記事をご覧ください。春、夏、秋の種まき:3月~11月

小松菜(コマツナ/こまつな)の育て方・栽培方法

2018.04.11

2.後作した方が良い理由

畑の芽

後作した方が良い理由には、土壌の状態を改善するため、連作障害による被害を最小限に抑えるためです。

らっきょうは色々な料理に活用することが出来るため、毎年のように作っていきたいという気持ちはわかりますが、やはりその後も家庭菜園を続けていくつもりであれば計画的に後作に適した野菜を取り入れていくことがポイントになっていきます。
初心者の場合、比較的世話のしやすいチンゲン菜や小松菜などの葉物野菜がよりおすすめになっていきます。

らっきょうを収穫した後、ある程度土壌を改良してからすぐに植え付けを行うことが出来るので、ロスを最小限に抑えることも可能です。
これかららっきょうを栽培していきたいという人は、こうした後作に適した野菜についてもしっかり把握していくようにしましょう。

たったこれだけのことでも、その土壌でどれだけの野菜を収穫することが出来るのか、そして、どれだけ空白期間を少なくして土壌を有効活用できるのかが変わってくることになるわけです。

3.らっきょうの後作に植えないほうが良い野菜

タマネギ
らっきょうの後作に植えないほうが良い野菜
タマネギ、わけぎ、白ネギ
らっきょうで後作しない方が良いものとしては、タマネギ、わけぎ、白ネギなどの野菜があげられます。

4.後作しない方が良い理由

家庭菜園

らっきょうは基本的に連作をしてもあまり影響がない作物として知られています。
ただ、連作に強いからといって何度も同じ土壌で栽培を続けていればいつかは何かしらの影響が出てくることになります。
他の野菜と同じように、連作によって土壌の中に含まれる栄養分が不足してしまったり、あるいは害虫や病原菌などによる被害を受けやすくなっていきます。

らっきょうを栽培する際には、その栽培の方法、収穫のポイントや注意点なども含めてしっかり知識を身につけておくことが大切です。
必要に応じて、先に挙げたような後作に適さない野菜もリサーチしておいて、計画的に家庭菜園の土壌を活用していくようにしましょう。
たったこれだけのことでも家庭菜園の土壌を有効活用していくことができますし、収穫時期をずらしていけば野菜の収穫量もアップさせていくことが可能です。

らっきょうの後作には、後作に良いチンゲン菜、小松菜などの野菜を積極的に取り入れて植えていくと良いでしょう。

らっきょうの後作に植えても良い野菜とは?を読んだあなたにおすすめの記事:

エシャロットと厚揚げのサラダレシピ

2018.08.06

らっきょう(ラッキョウ)の育て方・栽培方法

2018.04.14




ラッキョウ