古い土の再生方法!簡単にプランターの土を再生

プランター野菜

1.一度使った土を再生する

土の再生方法

ここでは、土を再生する方法として、①再生材を使う、②日光消毒をする、③熱湯消毒をする方法について、ご紹介します。

野菜の収穫が終わったあとの、プランターや鉢の土はどうしていますか?
枯れた株と一緒に、プランターや鉢の土を捨てたりしていませんか?

1回使っただけで土を捨ててしまうのは、とてももったいない事です。
しかし、そのまま何度も土を使いまわしていると、水はけや通気性が悪くなって野菜の栽培に適さなくなります。
また、病原菌や害虫の卵が残っていたり、微量養素の欠乏などで、野菜がうまく育たなくなってしまいます。

一度使った土でも、少し手を掛けてやることで、野菜や花を植えられる土として再利用することができます。

2.古い土を再生させる(再生材を使う)

土の再生方法

一番簡単な再生方法は、市販の「土の再生材」を使うことです。
土の再生材には、堆肥、牛ふん、木炭、石灰などが配合されています。
古くなった土をふるいにかけて分別し、再生材と混ぜ合わせることで、ふかふかの土に改善してくれます。また、土に混ぜた直後から、野菜を植え付けることもできます。

①用意する材料

・ビニールシート
・ふるい
・スコップ(移植ごて)
・再生材

②古い土の分別

プランターや鉢から、枯れた茎、根、小石などを取り除きます。
ビニールシートにプランターや鉢の土をあけて、鉢底ネット、鉢底石を取り除きます。
ビニールシートの上で、目の粗いふるいにかけて、枯れた茎や根を取り除きます。
根鉢が残っている場合は、根をほぐして土を落として根や茎を取り除きます。
土は、目の細かいふるいにもう一度かけて、微塵(粉状の細かい土)を取り除きます。
再生に利用する土は、ふるいに残ったほうの土を使います。
微塵は、野菜用に適さないため、庭土などに使います。
鉢底石は取り除いて洗っておき、天日で乾かしてから再利用します。

③古い土と再生材を混ぜ合わせる

古い土は、再生材を入れて混ぜ合わせます。
再生材の使用量は、古い土4:再生材1の割合にします。
容器やサイズによって配合割合が異なるので、再生材の説明書きを確認するようにしましょう。

3.古い土を再生させる(日光消毒1~2週間)

太陽消毒

使用した土から、病原菌や害虫の卵をしっかり駆除したい場合は、日光消毒をして土を再生させましょう。
日光消毒は、太陽熱を利用して土壌消毒を行う方法ですので、夏に限られます。
また、ウイルス病以外の病気や害虫に効果があります。

①用意する材料

・ビニールシート
・ふるい
・黒のビニール袋
・スコップ(移植ごて)
・腐葉土または堆肥

②古い土の分別

プランターや鉢から、枯れた茎、根、小石などを取り除きます。
ビニールシートにプランターや鉢の土をあけて、鉢底ネット、鉢底石を取り除きます。
ビニールシートの上で、目の粗いふるいにかけて、枯れた茎や根を取り除きます。
根鉢が残っている場合は、根をほぐして土を落として根や茎を取り除きます。
土は、目の細かいふるいにもう一度かけて、微塵(粉状の細かい土)を取り除きます。
再生に利用する土は、ふるいに残ったほうの土を使います。
微塵は、野菜用に適さないため、庭土などに使います。
鉢底石は取り除いて洗っておき、天日で乾かしてから再利用します。

②日光で消毒する

前記の土を十分に湿らせ、黒色のビニ-ル袋に入れて密封します。
日当たりの良い場所に置いて、1~2週間ほど日光で温めて、蒸し焼き状態にします。
太陽熱でビニールの中の水分が水蒸気となって高温になるため、殺菌・殺虫を行うことができます。ビニール袋をときどき裏返すと効果的です。
白いビニール袋でも大丈夫ですが、黒い方が熱を集めるため効果的です。

③古い土の再利用

消毒が終わった土は、ビニールシートの上で乾かします。
古い土7:腐葉土または堆肥3を混ぜれば、家庭用の園芸土は再生できます。
再生させた土は、日光や雨の当たらない場所で保管します。
なお、再生した土が足りない場合は、同量の野菜用培養土を混ぜます。

4.古い土を再生させる(熱湯消毒をする)

熱湯消毒

使用した土から、病原菌や害虫の卵を駆除したい場合は、熱湯で消毒する方法もあります。
病害虫の菌や卵を死滅させるには、60℃以上の熱湯で、15分以上置くようにします。

①用意する材料

・ビニールシート
・ふるい
・スコップ(移植ごて)
・バケツ(耐熱)
・腐葉土または堆肥

②古い土の分別

プランターや鉢から、枯れた茎、根、小石などを取り除きます。
ビニールシートにプランターや鉢の土をあけて、鉢底ネット、鉢底石を取り除きます。
ビニールシートの上で、目の粗いふるいにかけて、枯れた茎や根を取り除きます。
根鉢が残っている場合は、根をほぐして土を落として根や茎を取り除きます。
土は、目の細かいふるいにもう一度かけて、微塵(粉状の細かい土)を取り除きます。
再生に利用する土は、ふるいに残ったほうの土を使います。
微塵は、野菜用に適さないため、庭土などに使います。
鉢底石は取り除いて洗っておき、天日で乾かしてから再利用します。

②熱湯で消毒する

高温に耐えられるバケツや容器に、前記で作った土を入れます。
再生したい土と同量の熱湯を土に注ぎます。
病原菌や害虫の卵を死滅させるためには、60℃以上の熱湯で15分以上置くことが大事です。
温度を保つために、ビニール袋でバケツ全体を包む方法も有効です。
土の温度が下がったら、ビニールシートの上に土をあけて、天日で土を乾燥させます。
土が乾燥したら、ふるいにかけてゴミを取り除きます。

③古い土の再利用

古い土は大きい粒と小さい粒に分けます。粒が小さい土には、新しい野菜用培養土を3分の1ほど加えて混ぜ合わせます。プランターに使う場合は、大きい粒を先に入れて、その次に新しい土と混ぜた小さい粒の土を入れるとよいでしょう。

5.古い土を処分する方法

土の処分

野菜の病気や連作障害を回避したり、引っ越しなどの理由で、プランターや鉢の土が不要になってしまうことがあります。
公園や空き地などに勝手に捨てるのは、ルール違反になります。
不要な土を処分する場合は、ホームセンターや自治体で引き取ってくれる場合があります。土を処分したい方は、関連記事を参考にしてください。

土の捨て方!土の処分方法や廃棄場所は?

2019.05.06

古い土の再生方法!を読んだあなたにおすすめの記事:

連作障害対策をプランターで行うには?

2019.05.02

【初心者向け】家庭菜園の道具!必須7アイテム

2019.05.01

プランターで育てられる野菜!人気ランキング15野菜

2019.04.21




プランター野菜