イタリアンパセリの水やり頻度や時間帯は?

イタリアンパセリの水やり頻度や時間帯は?

1.イタリアンパセリの水やり

イタリアンパセリの水やり頻度、水やりの時間帯、水やり時の注意点などについて疑問を持たれていませんか?
イタリアンパセリは、春に種まきや苗を植え付けて栽培します。
種まきや植え付け後に、毎日水をあげればよいかどうか悩んでいる方も多いと思いますので、イタリアンパセリの水やり方法について順番に解説していきます。

2.イタリアンパセリの栽培と水やり(畑)

イタリアンパセリは、種から育てることもできますが、5月~6月に苗を植え付けると育苗の手間が省けるので簡単に栽培することができます。

土づくり
イタリアンパセリは連作障害を起こすので、セリ科の野菜を1~2年間栽培していない場所を選びます。
日当たりと水はけの良い場所を選び、植え付けの2週間以上前に苦土石灰100g/㎡をまいてよく耕します。
1週間前に完熟堆肥2㎏/㎡、化成肥料100g/㎡を施し、幅60㎝、高さ10~15㎝の畝を作っておきます。

植え付け
イタリアンパセリの苗を植え付ける際は、ポリポットよりも少し大きめの植え穴を作り、根鉢を崩さずに根鉢の肩が地面と同じ高さになるように植え付けます。
植え付け後は、株元にたっぷりと水やりを行います。

植え付け時の水やりは、植え穴にハス口を外したジョーロで水を注ぎ、水が引いたら苗を植え付ける方法もおすすめです。
苗が根付くまで1週間ほどかかるので、この間に水切れにならないように注意します。

種まきから栽培する場合
イタリアンパセリは、種から育てることができますが、育苗に2か月近くかかります。
栽培する株数が少なくてもよい場合は、ポリポットに種をまいて、しっかりと苗を育ててから植え付ける方法がおすすめです。

イタリアンパセリのポットまきの手順は、以下のとおりです。
①3号ポット(直径9㎝)に種まき専用培養土を入れる。
②土をならして、指先で浅いくぼみを3箇所作り、各くぼみに2~3粒ずつ種をまく。
③まわりの土をごく薄く被せて手で軽く押さえ、土と種を密着させる。
④種まき後に、ジョウロでたっぷりと水やりをする。

種は、水、温度、酸素などの条件がそろうと吸水を始め、蓄えた養分と酸素を使って発芽します。
イタリアンパセリの種をまいた後はたっぷりと水やりをし、発芽するまでの間は乾燥しないように管理します。

水やりは、シャワータイプのジョーロでやさしく水をかけましょう。
シャワータイプでないものは水の勢いが強いため、種や土が水で流されてしまい、イタリアンパセリがうまく育たない原因になります。

イタリアンパセリの水やりにも使えるジョーロが買えるお店
イタリアンパセリの水やりにジョーロを買いたい場合は、販売店をのぞいてみましょう!
お洒落でかわいいジョーロや、水がたくさん入るジョーロなどが豊富にあります。
使う頻度が高いジョーロは、いいものを選びたいですね。

3.イタリアンパセリの栽培と水やり(プランター)

水やり

プランター栽培の場合も、苗から始めると栽培が簡単です。
プランターは65㎝標準タイプで3株、7号鉢(直径21㎝)で1株が栽培目安となります。
プランターや鉢は、目詰まりを起こすと排水性や通気性が悪くなります。用土を入れる前に鉢底石などを敷いて、水と空気の通りをよくします。

イタリアンパセリは連作を嫌うので、用土は新しいものを使うことをおすすめします。ホームセンターなどで野菜用培養土を購入すると、土づくりの手間が省けます。
市販の培養土は、排水性、保水性、通気性、保肥性に優れていますのでおすすめです。

植え付け
イタリアンパセリの苗の植え付けは、畑栽培と同じように行います。
ポリポットよりも少し大きめの植え穴を作り、根鉢を崩さずに植え付けます。
植え付け後は、株元に土を寄せて手で軽く押さえて苗を安定させ、株元にたっぷりと水やりを行います。

プランター栽培は、土の容量が限られるので乾燥に注意し、土の表面が乾いたら容器の底から水が流れ出るくらいたっぷりと水やりをします。
十分に水やりすることによって、新鮮な水と酸素を土の中に供給することができ、二酸化炭素や有害物質を排出してくれます。

4.イタリアンパセリの高温多湿期の水やり

高温多湿期の水やり

イタリアンパセリは、高温にやや弱く、多湿が続くと病気が発生しやすくなります。
梅雨や秋の時期は雨が多いので、多湿状態にならないように注意します。

畑栽培は、苗が根付いた後は自然の降雨で足りるので、基本的に水やりの必要はありません。雨が少ないときは乾燥させないように注意し、水やりをします。
乾燥防止のために、株元に敷きワラを施す方法も効果があります。

プランター栽培は、土の表面が乾いたらプランターの底から水が流れ出るくらいたっぷりと水をあげます。水を多く与え過ぎると土が過湿状態になり根腐れを起こすので注意します。

5.イタリアンパセリの生育障害と水やり

畑栽培は、苗の活着後は自然の降雨で足りますが、雨が少なくて乾燥が続くようなときは水やりをします。
イタリアンパセリは、乾燥すると葉が黄色く変色するので、雨が何日も降らないときは水やりが必要です。

植え付け後に株元に敷きわらを施すと乾燥防止や除草対策になり、雨による泥はねを防ぐこともできます。

プランター栽培で多い失敗は、水のやりすぎと肥料の与え過ぎですが、特に水のやりすぎに注意します。多湿状態になると根が酸素不足になり、水分や養分が十分に吸収されなくなってしまいます。
イタリアンパセリは、春から秋は1日1回、朝の早い時間帯にたっぷりとあげます。夏場の水やりは、日中を避けて気温の低い時間帯にたっぷりとあげます。

6.イタリアンパセリの病気と予防

軟腐病(なんぷびょう)
軟腐病は細菌による病気で、イタリアンパセリの根などの傷口から細菌が侵入し、地際部分が軟化、腐敗して悪臭を放ちます。
高温多湿の時期に多発し、窒素肥料が多い場合も軟弱に育って発生します。
連作を避け、高畝にして排水性をよくします。
発病したイタリアンパセリの株は、早めに抜き取り撤去処分します。

「イタリアンパセリの水やり頻度や時間帯は?」を読んだあなたにおすすめの記事:



イタリアンパセリの水やり頻度や時間帯は?