ツルムラサキの育て方・栽培方法

ツルムラサキ

1.ツルムラサキ栽培の特徴と時期


ツルムラサキの育て方手順に沿って、畑やプランターでツルムラサキを栽培してみましょう!
ツルムラサキは簡単に育てられるので、初心者が栽培するのにもオススメの野菜です。

ツルムラサキの栽培データ
■ツルムラサキの栽培難易度:★☆☆☆☆
■分類:ツルムラサキ科 ツルムラサキ属
■原産地:熱帯アジア
■ツルムラサキの旬:6~10月
■栽培時期:春まき
 春の種まき:4~6月、植え付け:5~7月、収穫時期:6~10月
■連作障害:あり(1~2年あける)
■好適土壌pH:6.0~6.5
■発芽適温:20~30℃
■生育適温:20~30℃

■ツルムラサキの種や苗が買えるお店
ツルムラサキの種や苗を買いたい場合は、販売店をのぞいてみましょう!

〇特徴
ツルムラサキは、年1回収穫することができる野菜で、旬は6~10月です。ツルムラサキは、熱帯アジアが原産で、ツルムラサキ科に分類されます。ツルムラサキは、別名セイロンホウレンソウとも言われ、高温を好み、暑さにとても強く、生育の旺盛なつる性植物で、栄養価も豊富なことが特徴です。
若い茎葉を摘み取って食用にしますが、葉物が少ない夏場に収穫できるので重宝されています。病害虫の心配も少ないので、家庭菜園初心者の場合でも栽培しやすい野菜の一つです。

〇品種
ツルムラサキの品種には、『つるむらさき(赤茎、青茎)』などがありますが、病害虫に強いのでどれを選んでも失敗が少ない野菜です。

〇栄養素
ツルムラサキは、栄養価がとても高く、β-カロテン、ビタミンC、カルシウム、鉄などのビタミンやミネラルを豊富に含んでいます。ホウレンソウと比較してもカルシウムは約3倍、ビタミンCも同じくらい多く含まれています。
β-カロテンはガンや動脈硬化の予防、ビタミンCは風邪の予防や美容効果、カルシウムは骨粗鬆症の予防に効果があるとされています。また、胃潰瘍、肝臓病などにも効果があるとされています。

〇栽培のポイント
ツルムラサキは、高温を必要とするので夏場の栽培に向いている野菜です。生育も旺盛で葉がすぐに生い茂ってくるので、日当たりが悪くならないように注意します。また、霜には弱いので、遅霜に注意して植えるようにします。種を早くまきすぎると生育不良になることもあります。

〇栽培時期
種まきは、4月下旬~6月下旬までに行い、苗の植え付けを5月下旬~7月中旬までに行うことで品質の良いものが収穫できます。
ツルムラサキの発芽適温は20~30℃、生育適温は25~30℃です。

〇連作障害
ツルムラサキは連作障害があるので、1~2年の期間を空けて栽培します。

〇好適土壌pH
好適土壌pHは6.0~6.5になっています。種まきの2週間以上前に畑に苦土石灰を施します。

〇収穫時期
ツルムラサキは、6~10月までの長期間にわたって収穫を楽しむことができる野菜です。

2.ツルムラサキの栽培方法(畑・プランター)

肥料

〇土づくり
ツルムラサキを栽培するためには、畑の土作りが重要です。
日当たりと排水性の良い場所を選び、種まきの2週間前までに土作りを行います。苦土石灰1㎡当たり150gを撒いて深く耕しておきます。種まきの1週間以上前になったら、堆肥1㎡当たり2kg、化成肥料100gを撒いてよく耕します。
土をよく混ぜたら、畝を作ります。1列で作る場合は畝幅60㎝、高さ10㎝の平畝にします。その後、黒色のマルチシートを張ります。

〇種まき
種まきは、4月下旬~6月下旬までに作業を行います。
種を直接畑にまく場合(直まき)は、畝に直径5㎝、深さ3cmほどのまき穴を作り、点まきにします。1箇所に5~6粒の種をまき、土を1㎝ほどかぶせて手で押さえ、水をたっぷり与えます。株間は30cmにします。
ツルムラサキの種は日光を嫌うので、土を被せる際には、土と種が密着するようにします。
また、ツルムラサキの種の外皮は硬いので、一晩水につけてからまくと発芽率がよくなります。発芽するまでは朝と夕方の2回水やりを行います。発芽したら、本葉2枚の頃に1箇所3本に間引き、本葉4枚の頃に1箇所1本に間引きます。

〇植え付け
苗を育ててから畑に植え付ける場合は、3号ポット(9㎝径)に種をまきます。腐葉土をポットに入れ、手の指で深さ2~3㎝のくぼみを3箇所作ります。1箇所に1粒ずつ種を入れ、土をかぶせて手で押さえ、水やりをします。
室内で25℃で管理すると、1週間ほどで発芽します。発芽し、本葉3~4枚の頃に生育の悪いものをハサミで切り取って間引きを行い、1ポット1株にします。本葉5~6枚になったら畑に植え付けします。
植え付けの時期は、5月下旬~7月中旬となります。
畝にポットの大きさと同じくらいの植え穴を作ります。ポットを逆さまにして苗を取り出し、根鉢の土を崩さないようにして穴に植えます。植え付け後は、苗を安定させて軽く押さえつけ、水をたっぷりとあげます。

〇追肥
ツルムラサキは、追肥をすることで豊富な収穫を期待できます。本葉2~3枚の頃に化成肥料を1㎡当たり20~30gを施し、その後は月に1~2回施します。マルチを張ってある場合は、マルチのすそを外して肥料を施します。

〇プランターでの栽培方法
プランターでの栽培では、大型サイズ(60㎝以上)で、深型(20㎝以上)を使用します。ツルムラサキは、50㎝以上の草丈に成長しますので、一つのプランターに2~3株が栽培目安となります。水はけを良くするために、底部に赤玉土を敷きつめます。土は市販の培養土を利用すると簡単です。土はプランター高さの8分目まで入れ、ウオータースペースを作ります。

種まきから栽培する場合は、10~15㎝の間隔を取って点まきにします。深さ1㎝の窪みを作り、種を2~3粒ずつ入れ、周囲の土を被せて手で軽く押さえます。
種をまいたあとはたっぷりと水やりをします。発芽まで乾燥させないように水やりを行い、本葉4枚頃までに間引きを2回行って、1箇所1株になるようにします。間引く際は他の株を傷めないようにハサミで切ります。

ポットで苗を育てる場合や、市販の苗を購入して植え付ける場合は、畑の場合と同じように行います。プランターでの栽培は乾燥しやすいため、夏場は敷きワラを施して乾燥を防止します。追肥は株の生育を見ながら1株あたり2~3gの化成肥料を株のまわりに施し、周りの土を軽くほぐして株元に寄せます。

3.ツルムラサキの栽培手入れ

ツルムラサキの花

〇水やり
ツルムラサキは乾燥に弱いので、種が乾燥しないように朝と晩の2回水やりをします。真夏の乾燥時期は株元に敷きワラを施すことで、乾燥を防止できます。

〇支柱立て
支柱を立てる場合は、長さ1.5~2mの支柱を用意して合掌型か直立型にします。ツルムラサキの草丈が20~30㎝になったら、つるを支柱に誘引し、ひもを8の字形にして支柱に緩めに結びつけます。
支柱なしで栽培する場合は、主枝の先端を摘芯し、わき芽をこまめに収穫することで草丈を低くすることができます。

〇摘芯
ツルムラサキは、新芽を収穫するので、摘芯をしてわき芽の成長を促進させます。草丈30㎝ほどになったらわき芽を出させるために先端から10㎝くらいの長さで切ります。
また、つるが支柱の先端に届くようになったら、その先は摘芯します。株元から出ている複数のつるや、込み合っている部分のつるはハサミで切り取って風通しを良くします。切り取ったつるからも根が出ることもあるので、放置しないで撤去するようにします。

4.ツルムラサキの収穫時期について

ツルムラサキ若葉

〇収穫適期
ツルムラサキの収穫適期は、6月中旬~10月中旬になります。収穫時期のサインは、わき芽が15㎝ほどになってきた時期です。収穫が遅くなってしまうと葉が硬くなってしまうので、おいしく食べるためにも葉が若いうちに収穫をするようにします。

〇生理障害
ツルムラサキは、葉が委縮して変色することがありますが、変色した葉を見つけたらすぐに除去します。また、風通しを良くしておくことも大切です。日照不足や乾燥がひどいと株が弱くなりますので注意します。

5.ツルムラサキに発生しやすい病気と害虫

ツルムラサキ病気

■主な病気
〇うどんこ病
葉や茎にうどん粉を振りかけたような白い斑点が現れます。白い粉の正体はカビで、被害が進むと株全体に広がり、最終的には全部枯れてしまいます。このカビは空気が乾燥した環境を好むため、乾燥時には水を切らさないようにします。
種まきの時点で株間を十分取り、日当たりや風通しを良くして対処します。葉やつるが繁茂してきたら摘芯や整枝を行います。うどん粉病が発症したら、白い斑点が出た葉は切り取って撤去処分します。

■主な害虫
〇アブラムシ
アブラムシは、春先に発生する2~4㎜ほどの害虫で、口針を刺しこんで葉や茎の汁を吸収し、モザイク病などのウイルスを媒介します。繁殖力が非常に旺盛なため、発生したら早急に捕殺するか、殺虫剤を株全体に散布して駆除します。光るテープを張って虫の飛来を防ぐ方法も効果があります。

ツルムラサキの育て方を読んだあなたにおすすめの記事:

オルトラン粒剤の使い方・オルトラン効果まとめ!

2018.10.27




ツルムラサキ