サンチュの水やり頻度や時間帯は?

サンチュの水やり頻度や時間帯は?

1.サンチュの水やり

サンチュの水やり頻度、水やりの時間帯、水やり時の注意点などについて疑問を持たれていませんか?
サンチュはレタスの仲間で、春と秋にタネや苗から育てることができます。
梅雨の時期や乾燥期に、毎日水をあげればよいかどうか悩んでいる方も多いと思いますので、サンチュの水やり方法について順番に解説していきます。

2.サンチュの栽培と水やり(地植え)

サンチュは、タネと苗から栽培を始めることができますが、市販の苗を購入して植え付けると手軽です。
また、高温多湿が続くと病害虫が発生しやすいので、秋の栽培がおすすめです。

土づくり
日当たりと水はけの良い場所を選び、植え付けの2週間以上前に苦土石灰を施します。1週間前に完熟堆肥と化成肥料を施し、幅60㎝、高さ10㎝~15cmの畝を作っておきます。
苗から始める場合も、植え付けの2週間以上前に土づくりをします。

種まき
タネから始める場合は、育苗ポットやセルトレイで育苗して植え付けるのが一般的です。
育苗ポットの場合は、3号ポット(9㎝径)に培養土を入れ、真ん中に浅い窪みを作り、タネを2~3粒まきます。土を薄くかぶせて、手で軽く押さえて土と密着させます。
タネをまいた後は、やさしくたっぷりと水やりをします。

土が乾くとうまく発芽しないため、発芽までは土を乾燥させないように毎日水やりをします。
発芽後は、土の表面が乾いたら水やりをします。
発芽したら本葉2~3枚の頃までに1本に間引き、本葉4~5枚の頃に畑に植え付けます。

植え付け
株間を30㎝にして、苗の植え穴を掘ります。活着を促進するために、植え穴にバケツやジョウロでたっぷりと水を注ぎ、水が引いたら植え付けます。
根鉢は崩さないで浅めに植えて、株元に土寄せをして軽く押さえつけます。
植え付け直後にたっぷりと水やりを行い、根付くまでの約1週間は毎日水やりをします。
苗が根付いた後は、毎日の水やりは必要ありませんが、土が乾燥したら、たっぷりと水をやります。

水やりの際は、シャワータイプで水が出るジョーロでやさしくかけてあげましょう。
シャワータイプでないものは水の勢いが強いため、土やタネが水で流されてしまい、サンチュがうまく育たない原因になります。

■サンチュの水やりにも使えるジョーロが買えるお店
サンチュの水やりにジョーロを買いたい場合は、販売店をのぞいてみましょう!
お洒落でかわいいジョーロや、水がたくさん入るジョーロなどが豊富にあります。
使う頻度が高いジョーロは、いいものを選びたいですね。

3.サンチュの栽培と水やり(プランター)

水やり

プランター栽培の場合も、苗から始める方法が手軽でおすすめです。
苗は、病害虫の被害や葉の折れがないか確かめます。

種まき
タネから始める場合は、地植えの場合と同じように育苗ポットにタネをまきます。
発芽するまでは、土の表面が乾かないように水やりをします。
発芽したら本葉2~3枚の頃までに1本に間引き、本葉4~5枚の頃に植え付けます。

植え付け
プランターは、標準タイプ(深さ20cm程度)のもので、3~4株植えられます。
プランターの底に鉢底石を敷き、市販の野菜用培養土を8分目ほど入れます。
植え付ける際は、根鉢の土を崩さないように苗を取り出し、土の表面より少し高くして、浅植えにします。

植え付けた後は、株元に土を寄せて軽く押さえ、プランターの底から水が流れ出るくらいたっぷりと水をあげます。
土の表面が軽く濡れただけでは水が浸透しないため、水不足になってしまいます。プランターや鉢はたっぷりと水やりすることで、新鮮な水と空気を供給することができます。

4.サンチュの高温多湿期の水やり

高温多湿期の水やり

サンチュの栽培時期は、地域や品種によって異なるので、タネ袋の記載事項に沿って栽培するようにします。
春まき(2月~4月)の場合は、収穫時期が5~6月ですので、梅雨の時期にかかります。
秋まき(8月~9月)の場合は、植え付け後に台風や秋の長雨に遭うこともあります。

サンチュは、高温多湿が続くと病害虫が発生しやすくなります。
梅雨の時期は、多湿状態にならないように注意し、排水状態が悪い畑の場合は、あらかじめ畝を高く作り、排水状態をよくしておきます。

畑の場合は、根が活着した後は毎日の水やりは必要ありませんが、土の表面が乾燥したら水やりをします。
プランターの場合は、土の表面が乾いたら底から水が流れ出るくらいたっぷりと水を与えます。
水やりは、午前中の涼しい時間帯に行うようにします。

5.サンチュの生育障害と水やり

サンチュは、苗を植え付けてから約30日後から収穫することができます。
かき取り収穫を続けるため、水切れや肥料切れなどで生育不良にならないように注意します。

地植えの場合、根付いた後は毎日の水やりは必要ありませんが、土の表面が乾燥したら水やりをします。
一方、多湿状態が続くと生育不良になり、軟腐病や灰色かび病などにかかりやすくなります。
排水状態が悪い畑は、畝を高く作って排水をよくします。
プランター栽培では、土の表面が乾いたら水やりをしますが、多湿状態にならないように注意します。

サンチュは連作障害を起こすので、同じ場所でキク科の野菜を栽培する場合は、最低でも1~2年の期間を空けるようにします。連作すると生育不良を起こし、病害虫も発生しやすくなります。
また、土壌が酸性の場合も生育不良になるため、植え付けの2週間以上前に苦土石灰をまいてよく耕しておきます。

6.サンチュの病気と予防

サンチュは、多湿状態になると軟腐病や灰色かび病などにかかりやすいので注意します。

軟腐病(なんぷびょう)
軟腐病は細菌による病気で、葉などの傷口から細菌が侵入し、地際部分が軟化、腐敗して悪臭を放ちます。
高温多湿の6月以降に多発し、窒素肥料が多い場合も軟弱に育って発生します。
連作を避け、高畝にして排水性をよくします。窒素過多に注意し、中耕などで葉に傷を付けないようにします。発病した株は、早期に抜き取り撤去処分します。

灰色かび病
灰色かび病はカビによる病気で、雨が長く降り続くような湿度が高い環境で発生しやすくなります。
地際部分から感染して、茎や葉が茶褐色に変色して灰色のカビを生じます。
灰色かび病は多湿を好むので、水のやりすぎに注意します。水やりの際は、葉の上からの水やりを避け、株元に与えるようにします。
灰色かび病が発症したら、薬剤で治療することはできません。被害拡大を防ぐため、早めに取り除いて処分します。

「サンチュの水やり頻度や時間帯は?」を読んだあなたにおすすめの記事:

サンチュの育て方・栽培方法

サンチュの育て方・栽培方法

2021年10月23日

サンチュの水やり頻度や時間帯は?