クレソンの収穫時期と収穫方法は?

クレソンの収穫時期と収穫方法は?

1.クレソンの収穫について

クレソンの収穫について

クレソンの収穫はいつからいつまでの時期に収穫できるのか、また、クレソンの収穫タイミングはいつが良いのか、クレソンはどのように収穫すればよいのか、クレソンの収穫で気をつけることは何かなど、疑問に思われている方も多いので、今回はクレソンの収穫について見ていきたいと思います。

クレソンの栽培データ
■クレソンの栽培難易度:★☆☆☆☆
■分類:アブラナ科オランダガラシ属
■原産地:ヨーロッパ
■クレソンの旬:春4月~6月、秋10月~11月
■栽培時期:春まき・秋まき
■春の種まき:3~5月
 収穫時期:4~6月
■秋の種まき:9~10月
 収穫時期:10~11月

2.クレソンの収穫時期

クレソンの収穫時期

クレソンは春まきであれば、3~5月に種をまいて、4~6月に収穫時期を迎えます。
秋まきであれば、9~10月に種をまいて、10~11月に収穫時期を迎えます。

クレソンの収穫タイミングは、時期や草丈の状態から判断できます。
収穫は、晴れた日の朝の時間帯か、使う際にその都度新鮮な葉を摘み取るのがよいでしょう。

クレソンの収穫時期は気温が15℃~18℃になる5月から、気温が5℃を下回る11月頃までです。

クレソンを種から育てた場合は約2ヶ月で収穫をはじめることができます。
購入した苗から育てた場合は、約1ヶ月で収穫をはじめることができます。

クレソンは、草丈が15cmくらいになったら収穫タイミングです。
茎の先端を摘みとって脇芽を生やしていき、草丈が20cmに生長したら、順次葉と茎を摘みとって収穫していきましょう。
クレソンは摘芯をこまめに行うことで、脇芽が徐々に増加すると共に、食感が柔らかく味の良い葉の収穫量が増加します。

クレソンは20cm以上成長させてしまうと、新芽の柔らかさが失われて硬いクレソンになってしまうので、4~5枚くらい葉をつけたタイミングで収穫しましょう。
この頃でしたら苦味や辛味も少ないのでおすすめです。

クレソンは花が咲くと茎や葉が硬くなってしまうので、長く収穫を楽しみたい場合は、つぼみは取り除き、花が咲かないようにしながら収穫していきましょう。

収穫したクレソンはあまり日持ちがしませんので、早めに食べましょう。

3.クレソンの収穫方法

クレソンの収穫方法

クレソンの収穫方法は、簡単です。
先端の柔らかいクレソンの葉を手で摘み取るか、ハサミで切り取って収穫します。

収穫したクレソンはサラダにしたり、炒め物にしたり、お肉の付け合わせにしたり色々な方法で楽しみたいですね。

クレソンの収穫時期と収穫方法は?を読んだあなたにおすすめの記事:

クレソンの育て方・栽培方法

クレソンの育て方・栽培方法

2021年8月15日

クレソンの収穫時期と収穫方法は?