ローズマリーの収穫時期と収穫方法は?

ローズマリーの収穫時期と収穫方法は?

1.ローズマリーの収穫について

ローズマリーの収穫について

ローズマリーの収穫はいつからいつまでの時期に収穫できるのか、また、ローズマリーの収穫タイミングはいつが良いのか、ローズマリーはどのように収穫すればよいのか、ローズマリーの収穫で気をつけることは何かなど、疑問に思われている方も多いので、今回はローズマリーの収穫について見ていきたいと思います。

ローズマリーの栽培データ
■ローズマリーの栽培難易度:★★☆☆☆
■分類:シソ科マンネンロウ属
■原産地:地中海沿岸
■ローズマリーの旬:5~9月
■栽培時期:春まき・秋まき
 春の種まき:3月、植え付け:3~5月、収穫時期:4~9月
 秋の種まき:9月、植え付け:9~10月、収穫時期:10~11月

2.ローズマリーの収穫時期

ローズマリーの収穫時期

ローズマリーは春まきであれば、3月に種をまいて、3~5月に植え付けをし、4~9月に収穫時期を迎えます。
秋まきであれば、9月に種をまいて、9~10月に植え付けをし、10~11月に収穫時期を迎えます。

ローズマリーの収穫タイミングは、時期や草丈の状態から判断できます。
収穫は、晴れた日の朝の時間帯か、使う際にその都度摘み取るのがよいでしょう。

ローズマリーは、常緑のハーブですので、1年を通して収穫できますが、香を活かしたい場合は開花前に収穫するのがおすすめです。
ローズマリーは、使いたい時に必要な分だけ収穫して使えるというのが魅力です。

ローズマリーは苗を植え付けた最初の年は収穫を控えて、2年目から収穫します。
収穫は、草丈が30cm程度になったら、枝先から10cmほど切り取って収穫をします。

ローズマリーは収穫を兼ねて剪定を行います。
収穫後に葉が生えてこない茎や、弱っている茎や枯れている茎がある場合は、生え際から切り取っておきましょう。
剪定をすることによって、風通しが良くなるので、病害虫の発生を抑えることもできます。
ローズマリーは夏場に弱いので、7~9月の間は剪定を避けるようにしましょう。

ローズマリーは冬の間は生育が滞るため、切りすぎると株が弱ってしまうので、収穫は控えめにしましょう。
少しずつ収穫しないとローズマリーが枯れてしまうことがあるので、収穫量には注意します。

3.ローズマリーの収穫方法

ローズマリーの収穫方法

ローズマリーの収穫方法は、簡単です。
ローズマリーは、必要な分を枝先から10cmほどハサミで切り取って収穫します。

ハサミは清潔なものを使用して、切り口から菌が入って病気にならないように注意します。

収穫したローズマリーは肉や魚の臭み取りに利用したり、ピザやパンの香りづけに利用したり、ハーブティーやハーブバスなど色々な方法で楽しみたいですね。

たくさん収穫できたローズマリーは、密閉容器にいれるか冷凍保存することで1ヶ月ほど日持ちします。
凍った状態でも利用できますので、解凍の必要がなくお手軽に使えます。

ローズマリーの収穫時期と収穫方法は?を読んだあなたにおすすめの記事:

ローズマリーの育て方・栽培方法

ローズマリーの育て方・栽培方法

2021年8月15日
ローズマリー

ローズマリーの後作に植えても良い作物とは?(連作障害)

2018年9月22日

ローズマリーの収穫時期と収穫方法は?