チンゲン菜の収穫時期と収穫方法は?

チンゲン菜の収穫時期と収穫方法は?

1.チンゲン菜の収穫について

チンゲン菜の収穫について

チンゲン菜の収穫はいつからいつまでの時期に収穫できるのか、また、チンゲン菜の収穫タイミングはいつが良いのか、チンゲン菜はどのように収穫すればよいのか、チンゲン菜の収穫で気をつけることは何かなど、疑問に思われている方も多いので、今回はチンゲン菜の収穫について見ていきたいと思います。

チンゲン菜(青梗菜)の栽培データ
■チンゲン菜の栽培難易度:★☆☆☆☆
■分類: アブラナ科アブラナ属
■原産地:中国
■チンゲン菜の旬:5~7月、10~12月
■栽培時期:春まき・秋まき
春の種まき:4~5月、収穫時期:5~7月
秋の種まき:9~10月、収穫時期:10~12月

2.チンゲン菜の収穫時期

チンゲン菜の収穫時期

チンゲン菜は春まきであれば、4~5月に種をまいて、5~7月に収穫時期を迎えます。
秋まきであれば、9~10月に種をまいて、10~12月に収穫時期を迎えます。

チンゲン菜の品種にりますが、種まきから収穫までの日数は、夏まきで40~45日、春・秋まきで50日ぐらいです。

収穫したチンゲン菜は、スープにしたり、炒め物にしたり、おひたしにしたり色々な方法で美味しくいただきたいですね。

3.チンゲン菜の収穫タイミング

野菜をかごに収穫する女性

チンゲン菜の収穫タイミングは、植え付けた時期や株から判断できます。
収穫は、晴れた日の午前中の時間帯に行うと良いでしょう。
春まきは5月下旬~7月下旬、秋まきは10月中旬~12月中旬が収穫タイミングとなります。

草丈が15~20㎝前後になり、株元のつけ根が太く膨らんだものから収穫していきます。
大きく育ち過ぎると筋っぽくなり、味も落ちてしまうので早めに収穫しましょう。

チンゲン菜には小さいサイズの品種がありますので、ミニチンゲンサイなら10~15cmくらいで収穫しましょう。

何回も収穫したい場合は、チンゲン菜の外側の葉だけを収穫していきます。
時間が経つと、内側にある新芽が育ち、再度収穫することができる様になります。
長くたくさん収穫したい場合には、試してみてください。
途中で生育が鈍くなってきた場合は追肥を行ってください。

4.チンゲン菜の収穫方法

チンゲン菜の収穫方法

チンゲン菜の収穫方法はとても簡単です。
チンゲン菜を収穫する方法は2つあり、引き抜く方法と、切り取って収穫する方法があります。

チンゲン菜を引き抜いて収穫する場合は、株元を持って、根っこごと引き抜きます。
チンゲン菜を切り取って収穫する場合は、地際の部分を包丁かハサミで切り取って収穫します。

チンゲン菜の収穫時期と収穫方法は?を読んだあなたにおすすめの記事:

チンゲン菜の育て方・栽培方法

チンゲン菜(チンゲンサイ・青梗菜)の育て方・栽培方法

2021年8月15日
チンゲン菜の後作に植えても良い野菜とは?

チンゲン菜(青梗菜)の後作に植えても良い野菜とは?(連作障害)

2018年9月22日
チンゲンサイ

チンゲン菜の豚肉中華スープ煮レシピ

2018年9月8日

チンゲン菜の収穫時期と収穫方法は?