カリフラワーの追肥(追肥のやり方・時期・回数量)

カリフラワーの育て方

1.カリフラワーの追肥とは?

追肥とは何か?

カリフラワーなどの作物の生育に応じて、追加で養分になる肥料を与えることを『追肥』といいます。

カリフラワーに追肥はしたほうが良いのか、しない方が良いのか悩まれている方も多いですが、追肥は行ったほうが良いです。

カリフラワーはビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2、カリウム、鉄分、食物繊維を豊富に含む野菜で、成長には十分な栄養が必要です。
カリフラワーは、きちんと栄養を与えて育てると、美味しいカリフラワーを収穫することが可能なため、追肥は必須と言えます。

肥料の吸収は、カリフラワーが育つにつれて大きくなっていきますので、その吸収に対応できるように肥料を切らさないように追肥することが必要です。
また、雨が降ったり、灌水することによって土壌中から栄養成分の流亡もあるため、それを補うためにも追肥が必要です。

カリフラワーは追肥をしないと、うまく育たなくなり、食べれないカリフラワーも出て来ると、収穫量が減ってしまいますので、きちんと追肥をしてあげましょう。

カリフラワーは家庭菜園でも人気の野菜で、『バロック』『バイオレットクイーン』『ブライダル』『ロマネスコ』『美星』『オレンジブーケ』『パープルフラワー』『スノークラウン』など色々な品種がありますが、一般的には追肥を行って育てます。

2.カリフラワーの追肥時期はいつか?

カリフラワーは、追肥をすることで豊富な収穫を期待できます。

カリフラワーの1回目の追肥は、カリフラワーの苗を植え付けてから本葉7~8枚の頃に施します。
2回目の追肥は、1回目の追肥から3~4週間後に施します。

3.カリフラワーの追肥方法

追肥方法

カリフラワーの追肥は、鶏糞、カリ、硫安、草木灰、液肥、化学肥料など何を使えばいいか悩んでいる方も多いですが、カリフラワーの追肥は『化成肥料』を使用します。

カリフラワーに適した肥料の成分

インターネットでは『カリフラワーに適した肥料』なども購入することができますので、こちらの肥料を使うのも良いでしょう。

動物有機と植物有機を独特な方法で加工し製品化した高品質の使いやすい粒状アミノ酸入り肥料です。
吸収されやすいアミノ酸などを豊富に含むので、食味の向上などが期待でき、味にこだわる野菜づくりに特におすすめです。

カリフラワーの追肥におすすめの肥料

1回目の追肥方法

カリフラワーの1回目の追肥は、苗を植え付けてから本葉7~8枚の頃に行います。
化成肥料1㎡あたり30gを株間に施し、周りの土と軽く混ぜて株元に土寄せをします。

2回目以降の追肥方法

2回目以降の追肥は、1回目の追肥から3~4週間後行います。
1回目と同様に、化成肥料1㎡あたり30gを株間にを施して土寄せをします。

プランター栽培の追肥方法

プランター栽培の場合は、植え付け後2~3週間後に化成肥料3gを株の周りに施し、土と軽く混ぜ合わせて株元に土寄せをします。
2回目は、1回目の追肥から3~4週間後に同量の化成肥料を施し、土寄せをします。
液肥を施す場合は、1週間に1回、水やり代わりに施します。
土が流れて減ってきたら新しい用土を足し、株元に土寄せをします。

4.カリフラワーの追肥の注意点

スコップで肥料を混ぜる

カリフラワーの追肥は、たくさん肥料を与えればよいというわけではありませんので、注意点に気をつけながら栽培を行いましょう。

肥料の与えすぎに注意

美味しいカリフラワーを育てるには栄養を切らさないことが重要になりますが、美味しく育てようとして肥料を与えすぎるとカリフラワーに害虫がつきやすくなったり、追肥を施すことによって雑草が生えやすい環境になってきます。

放置すると雑草に、カリフラワーが育つための栄養分や水分を吸い取られてしまい、害虫も住みやすくなるため、定期的に除草するようにし、肥料の与えすぎには気をつけるようにしましょう。

5.カリフラワーの栽培ポイント

家庭菜園

カリフラワーは、極早生や早生、中早生、晩生種などがあり、品種によって、白、紫、オレンジ、緑色などのカラフルな花蕾が収穫できます。

カリフラワーを栽培する際は、以下の栽培ポイントに気をつけながら育てていきましょう。

カリフラワーの栽培ポイント
  1. 栽培環境:日当たりが良く、水はけのよい環境で栽培する。
  2. 防虫対策:防虫ネットを活用して害虫被害を予防する。
  3. 連作障害:連作を避け、同じ場所で栽培する場合は2~3年の期間を空ける。
  4. 収穫:収穫の適期を逃さず早めに収穫する。
  5. 肥料切れに注意:カリフラワーの追肥は適切なタイミングで定期的に与える。

カリフラワーの追肥を読んだあなたにおすすめの記事:



カリフラワーの育て方