スティックセニョールの種まきと苗づくり方法

スティックセニョールの種まきと苗づくり方法

1.スティックセニョールの特性

スティックセニョールは、ブロッコリーと中国野菜を掛け合わせた品種で、種苗会社サカタのタネが開発したものです。
スティックタイプのブロッコリーであることから、別名「スティックブロッコリー」、「茎ブロッコリー」とも呼ばれています。

スティックセニョールは、茎の部分から次々と伸びてくる側花蕾(そくからい)を収穫するように育成された品種です。一般的なブロッコリーは、先端にできる大きな花蕾(からい)を主に収穫します。

スティックセニョールは、家庭菜園では夏まき栽培が適して、8月~9月に苗を植え付けると10月下旬頃から収穫を楽しむことができます。
スティックセニョールは、1株から15本前後の側花蕾が収穫できるので、家庭菜園初心者にもおすすめの野菜です。

2.スティックセニョールのおすすめ品種

スティックセニョール(サカタのタネ)、グリーンボイス(タキイ種苗)、スティッコリー(トキタ種苗)、紫セニョーラ(サカタのタネ)、スカーレットダンス(丸種)など。

3.スティックセニョールの栽培ポイント

・日当たりと水はけのよい場所で栽培する。
・アブラナ科野菜を2~3年間栽培していない場所を選ぶ。
・早期に防虫ネットを張り、害虫被害を予防する。
・側花蕾を長期間収穫するため、定期的に追肥を施す。

4.スティックセニョールの種まき(畑)

畑での種まき

畑での種まき

スティックセニョールは、アブラナ科の害虫被害に遭うので、ポリポットに種をまく方法が一般的です。

①良い種を選ぶ

スティックセニョールの種を購入する際は、地域にあった品種を選び、栽培適期を守るようにします。
種袋には、品種の特徴、栽培時期、栽培方法、発芽・生育適温、発芽率、有効期限などが記載されています。
種には寿命があるので、種袋の裏にある有効期限もチェックしましょう。

スティックセニョールの種は、ホームセンターや園芸店で購入することができます。
購入する際は、直射日光の当たる場所に陳列されているものは避けましょう。
欲しい品種がない場合は、インターネットで購入すると便利です。

②適温時期に種をまく

スティックセニョールの発芽適温は20~25℃、生育適温は15~20℃です。
発芽適温に達していないと、うまく発芽することができません。
種袋に発芽適温・生育適温の記載があるので、適期に種まきをしましょう。
夏まき栽培の場合は、7月~8月に種まきをします。

③種のまき方

スティックセニョールは、アブラナ科の害虫被害に遭うので、家庭菜園ではポットに種をまいて、しっかりと苗を育ててから植え付ける方法がおすすめです。

④適切な用土を使う

ポットに種をまく場合は、「種まき専用培養土」がおすすめです。
種まき専用培養土は、発芽しやすいように微粒の各種用土がブレンドされています。保水性・排水性・通気性に優れているため、発芽後も安心です。

5.スティックセニョールの苗づくり

苗づくり(セルトレイ)

苗づくり

スティックセニョールは、ポリポットに種をまく方法(ポットまき)が一般的です。
ポットまきは温度管理や水やりが簡単で、丈夫に育った苗を選んで植え付けることができます。
ポットまきの手順は、以下のとおりです。

①3号ポット(直径9㎝)に種まき専用培養土を入れる。
②土をならして、指先で深さ1㎝ほどのくぼみを3~4箇所作り、1粒ずつ種をまく。
③まわりの土を薄く被せて手で軽く押さえ、土と種を密着させる。
④種まき後に、ジョウロでたっぷりと水やりをする。
⑤発芽して本葉2枚の頃までに間引きを行い、最終的に1ポット1本にする。
⑥本葉5~6枚の頃に植え付ける。

6.スティックセニョールの種まき(プランター)

プランターでの種まき

プランターでの種まき

種まき

スティックセニョールは、アブラナ科の害虫被害に遭うので、家庭菜園ではポットに種をまいて、しっかりと苗を育ててから植え付ける方法がおすすめです。
ポットまきの手順は、畑の場合と同じです。

植え付け

プランターは大型サイズで2株、10号鉢(直径30㎝)で1株が栽培目安となります。

スティックセニョールは連作を嫌うので、用土は新しいものを使うことをおすすめします。ホームセンターなどで野菜用培養土を購入すると、土づくりの手間が省けます。
排水性を良くするため、鉢底石をプランターの底に敷き詰めて、野菜用培養土を7~8分目くらい入れます。

ポット苗を植え付ける場合は、ポリポットよりも少し大きめの植え穴を作り、根鉢を崩さずに株元が少し高くなるように植え付けます。
植え付け後は、株元に土を寄せて手で軽く押さえて安定させ、たっぷりと水をあげます。

苗が根付くまで1週間ほどかかるので、乾燥しないように注意します。
害虫の被害を少なくするため、防虫ネットは植え付け直後に速やかに掛けるようにします。
プランターや鉢は、日当たりと風通しの良い場所で管理します。

「スティックセニョールの種まきと苗づくり方法」を読んだあなたにおすすめの記事:



スティックセニョールの種まきと苗づくり方法