スティックセニョールの収穫時期と収穫方法は?

スティックセニョールの収穫時期と収穫方法は?

1.スティックセニョールの収穫について

スティックセニョールの収穫について

スティックセニョールの収穫はいつからいつまでの時期に収穫できるのか、また、スティックセニョールの収穫タイミングはいつが良いのか、スティックセニョールはどのように収穫すればよいのか、スティックセニョールの収穫で気をつけることは何かなど、疑問に思われている方も多いので、今回はスティックセニョールの収穫について見ていきたいと思います。

スティックセニョール(茎ブロッコリー)の栽培データ
■スティックセニョールの栽培難易度:★★☆☆☆
■分類:アブラナ科アブラナ属
■原産地:地中海沿岸
■スティックセニョールの旬:春5~6月、秋10~12月
■栽培時期:春まき・夏まき(苗:春植え・秋植え)
春の種まき:2~3月、植え付け:3~4月、収穫:5~6月
夏の種まき:7~8月、植え付け:8~9月、収穫:10~12月

2.スティックセニョールの収穫時期

スティックセニョールの収穫時期

スティックセニョールは春まきであれば、2~3月に種をまいて、5~6月に収穫時期を迎えます。
夏まきであれば、7~8月に種をまいて、10~12月に収穫時期を迎えます。

スティックセニョールの収穫タイミングは、時期や花蕾の状態から判断できます。
収穫は、晴れた日の午前中の時間帯に行うと良いでしょう。

スティックセニョールは側枝の先になった花蕾を摘み取って収穫します。
スティックセニョールは、種まきから70~80日、植え付けから50~60日で収穫できます。

スティックセニョールは、主茎の先端に頂花蕾という蕾ができます。
頂花蕾が500円玉くらいになったら、蕾がしまっているうちに収穫します。
その後1~2週間すると、側枝が伸びてきますので、側花蕾ができたらどんどん収穫していきましょう。
側枝が15~20㎝以上に大きくなり、花蕾が2㎝くらいになったら収穫タイミングです。

上から10~20㎝くらいのところで茎ごとカットして収穫します。
1株から10~20本くらいできるので、順次収穫していきましょう。

スティックセニョールの高さが20cmを超えてくると倒れやすくなりますので早めに収穫しましょう。
また、スティックセニョールは花が咲いても食べられますが、花が咲くと茎がかたくなり味が落ちてしまい、株が弱る原因にもなるので、早めに収穫しましょう。
暖かくなると開花時間が短くなるので、収穫適期を逃さないように、つぼみが開く前の固く締まった花蕾を収穫していきましょう。

3.スティックセニョールの収穫方法

スティックセニョールの収穫方法

スティックセニョールの収穫方法は簡単です。
収穫は、ハサミなどで側枝を斜めに切り取ります。切り口に水がたまると腐って病気の発生につながるため、切り口が太陽の方角を向くように斜めに切ります。
切り口が乾きやすいように、晴れたの日の午前中に収穫をするよが良いです。
スティックセニョールは、収穫が始まってからも追肥を2~3週間に1回行うことで、十分な収穫量を確保することが出来ます。

スティックセニョールの収穫時期と収穫方法は?を読んだあなたにおすすめの記事:

野菜一覧

アブラナ科の野菜一覧

2021年8月15日
スティックセニョールの育て方・栽培方法

スティックセニョール(茎ブロッコリー)の育て方・栽培方法

2021年8月10日

スティックセニョールの収穫時期と収穫方法は?