カブ(かぶ・蕪)の育て方・栽培方法

カブ(かぶ)の育て方・栽培方法

1.カブ栽培の特徴と時期


カブの育て方手順に沿って、畑やプランターでカブを栽培してみましょう!
カブは簡単に育てられるので、初心者が栽培するのにもオススメの野菜です。

カブ(かぶ・蕪)の栽培データ
■カブの栽培難易度:★★☆☆☆
■分類:アブラナ科アブラナ属
■原産地:地中海沿岸
■カブの旬:6~7月、10~12月
■栽培時期:春まき、秋まき
春の種まき:3~6月、収穫:6~7月
秋の種まき:8~10月、収穫:10~12月
■連作障害:あり(2~3年あける)
■好適土壌pH:6.0~6.5
■発芽適温:20~25℃
■生育適温:15~20℃
■カブの種が買えるお店
カブの種を買いたい場合は、販売店をのぞいてみましょう!
こちらから購入するとポイント還元があります。

特徴

カブは年2回栽培することができる野菜で、カブの旬は、春は6~7月、秋は10~12月です。
カブは、奈良時代には日本に渡来し、江戸時代から地方にあったカブが育成され、今では80品種を超えるカブが栽培されているといわれています。
カブは、やや冷涼な気候を好むため、秋に種まきをして年内に収穫するのが一般的です。
カブは、大きさによって小カブ、中カブ、大カブの3種類に分かれますが、種まきから収穫までの日数は、小カブで60日、中カブで70日、大カブで100日前後です。
小カブや中カブは、サラダや炒め物、一夜漬け、煮物などに利用され、大カブは、ふろふきや千枚漬けなどに利用されています。
カブは緑黄色野菜で、根の部分や葉にビタミンCやミネラルが豊富に含まれています。サラダなどの生で食べると効率よく摂ることができます。
カブは、プランターでも栽培することができるので、家庭菜園でも人気の高い野菜となっています。

栄養素

カブは緑黄色野菜で、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、カリウム、β-カロテン、カルシウム、食物繊維などがたくさん含まれています。風邪の予防、免疫力のアップのほか、ガンの抑制効果もあるとされています。また、ダイコンと同じようにアミラーゼも含まれています。アミラーゼは胃腸の働きを助ける消化酵素で、胃酸過多、胃もたれ、胸やけなどに効果があります。

かぶの収穫

品種

カブの品種としては、『聖護院大蕪』『京千舞』『早生大蕪』『耐病にしき蕪』『天王寺』『玉里』『はくれい』『金町小かぶ』など色々な品種があります。大きさ、色、形もいろいろありますが、どの種類でも栽培方法は同じです。

栽培時期

カブは、春と秋に種まきができますが、カブは涼しい気候を好むので、秋まきがおすすめです。長く収穫を楽しむ場合は、種まき時期をずらして栽培します。
春まきは3~6月に種まきを行い、6~7月に収穫します。秋まきは8~10月に種まきを行い、10~12月に収穫します。

栽培のポイント

栽培のポイントは、①日当たりが良く、水はけのよい環境で栽培する、②間引きを3回に分けて行う、③アブラナ科野菜の連作をしない、④防虫ネットを活用して害虫被害を予防することです。
カブは、間引きを3回行い、株間を十分に確保しながら育てます。間引きを行わないと根の部分が大きく育ちません。また、苗がある程度成長するまでは、防虫対策を施すようにします。

好適土壌pH

カブの好適土壌pHは6.0~6.5ですので、苦土石灰をまいて土壌pHを調整します。家庭菜園初心者の場合は、好適土壌と言われてもピンとこないかもしれませんが、pH測定器などが市販されているので決して難しいことではありません。

連作障害

カブは連作障害がありますので、2~3年はアブラナ科の作付けを避けます。前年と同じ場所に植えないで、他の場所を選んで栽培します。同じ土壌で同じ野菜を育てると、生育不良や病害虫の被害に遭ってしまいます。

2.カブの栽培基本(畑・プランター)

肥料

■畑での栽培方法

土づくり

畑に栽培するときは、水はけが良く、日当たりの良い場所を選びます。種まきの2週間前までに苦土石灰1㎡当たり100gを全面にまいてよく耕します。1週間前に堆肥1㎡当たり2kgと化成肥料1㎡当たり100~150gをまいてよく耕します。種まき前までに畝を作ります。畝は幅60㎝、高さ10㎝程度にして、土の塊や石などを取り除き、レーキなどで表面を平らにします。

種まき

カブの種まきは、すじまきにします。条間は15~20㎝にします。棒や板などを使って深さ1㎝のまき溝を作り、1㎝間隔で種が重ならないようにまきます。種をまいたら、土を被せて表面を軽く手で押さえます。種をまいた後は、種が水で流れないように注意し、たっぷりと水やりをします。約1週間で発芽します。

点まきにする場合は、株間25~30㎝にして、一つの穴に5~6粒の種を重ならないようにまきます。間引きや追肥のタイミングは、すじまきの場合と同じように行います。間引きの際は、1回目の時に3本、2回目に2本、3回目に1本にします。

間引き・追肥

カブは、根の成長を促すために、3回に分けて間引きを行います。間引きをして株間を十分に確保することによって、根が大きく育つようになります。間引き菜は、おいしく食べることができますので活用しましょう。

1回目の間引きは、本葉が1~2枚出たら株間が2~3㎝間隔になるようにします。生育の悪い苗を選び、株元を手で押さえて引き抜きます。間引き後は、周囲の土を軽くほぐして株元に寄せます。土を寄せるときは、本葉が出てくる成長点に土が被らないように注意します。
2回目の間引きは、本葉3~4枚の頃に5~6㎝間隔になるようにします。2回目の間引きが終わったら、追肥をします。化成肥料1㎡当たり20~30gを条間に施し、表面の土と肥料を軽く混ぜて、株元に土を寄せます。
3回目の間引きは、本葉5~6枚の頃に10~12㎝間隔になるようにします。間引いた後は、周囲の土を軽くほぐして株元に寄せます。

■プランターでの栽培方法

プランターで栽培する場合は、標準タイプ(60㎝程度)のプランターを用意します。土は市販の培養土を利用すると便利です。土作りを自分で行う場合には、赤玉土:バーミキュライト:川砂を5:3:2の割合にします。これに石灰を用土10ℓ当たり10~20g、化成肥料を用土10ℓ当たり10~20gを混ぜます。土作りが大変だという場合には、市販の野菜用培養土を購入すると手間が省けます。プランターに鉢底石を敷き詰めて、土を8分目くらい入れてウォータースペースを作ります。プランターは、日当たりと風通しの良い場所で管理します。

種まきは、すじまきにします。棒や板などを使って深さ1㎝程度のまき溝を作り、1㎝間隔で種をまきます。2列にする場合は、条間を7~10㎝にします。土を被せて軽く手で押さえ、種が水で流れないように注意し、たっぷりと水やりをします。土が乾かないように水やりをすると、約1週間で発芽します。
1回目の間引きは、本葉が1~2枚の頃に株間が2~3㎝間隔になるようにします。生育の悪い苗を選び、株元を手で押さえて引き抜きます。間引き後は、周囲の土を軽くほぐして株元に寄せます。土を寄せるときは、本葉が出てくる成長点に土が被らないように注意します。
2回目の間引きは、本葉2~3枚の頃に4~5㎝間隔になるようにします。2回目の間引きが終わったら、追肥をします。化成肥料5~10gを条間に施し、表面の土と肥料を軽く混ぜて、株元に土を寄せます。
3回目の間引きは、本葉4~5枚の頃に10~12㎝間隔になるようにします。間引いた後は、周囲の土を軽くほぐして株元に寄せます。

3.カブの栽培手入れ

水やり

水やり

プランター栽培では土が乾燥しやすいので、水やりに気を付けます。種をまいたら、発芽するまでの間は土の表面が乾かないように水やりを行います。水やりの基本は1日1回、早朝にたっぷりと与えます。水の勢いで株が倒れないように株元にやさしく与えるようにします。畑栽培では、極端に乾燥しない限り、自然の降雨だけで足ります。

間引き・追肥・土寄せ

カブの栽培においては、間引き、追肥、土寄せが大切です。
間引きは、葉が触れ合う程度に株間を開けるようにします。密植状態では根の肥大が悪くなり、病害も発生しやすくなります。株間を開けすぎると苗が倒れやすくなり、害虫も寄ってきます。間引きを行うと、残した苗が倒れやすくなりますので、周りの土を細かく砕いて株元に土寄せをします。

畑栽培では、2回目の間引きが終わったら化成肥料1㎡当たり20~30gを条間に施し、株元に土を寄せます。プランター栽培では、2回目の間引きが終わったら化成肥料5~10g程度を条間に施します。

防虫ネット

カブには、アブラナ科野菜の害虫が発生します。アブラムシ、アオムシなどの被害を防ぐため、防虫ネットや寒冷紗などを掛けておくと安心できます。害虫は、防虫ネットなどの隙間をくぐり抜けて入ることもあるので、こまめに葉の裏を観察して被害が大きくならないようにします。

4.カブの収穫時期について

カブ(かぶ・蕪)

カブの収穫時期は、品種や種まきの時期によって変わってきますが、基本的に種まきから60日程度で収穫が可能です。カブの根茎が土から出てきたら、肥大したものから順に収穫します。収穫の方法は簡単で、葉の根元を手で持って土から引き抜くだけです。

収穫が遅れてしまうと裂根(実割れ)が起こりやすく、スが入って味が落ちてしまうことがあるので注意が必要です。生育後期に急激に肥大すると裂根の原因となりますので、水やりと追肥に気を付けます。乾燥状態が続かないように注意し、追肥は早めに施して生育後半に急激に肥大しないようにします。

5.カブに発生しやすい病気

カブ(かぶ・蕪)

カブに発生しやすい病気には、黒腐病や根こぶ病などがあります。

黒腐病(くろぐされびょう)

黒腐病は、土壌中の細菌によって起こる病気です。細菌は、害虫による食害や葉の傷口部分などから侵入します。葉の先端部が黄色くなり、中心に向かってV字型の病斑を生じ、やがて葉全体が枯れてしまいます。発病した株は撤去処分します。アブラナ科野菜の連作を避け、過湿にならないように水はけを良くします。

根こぶ病

根こぶ病は、アブラナ科だけに感染する病気です。病原菌が根から侵入して根にコブができます。コブが導管を圧迫するため、地上部の茎葉が栄養を吸収できなくなり生育不良になります。アブラナ科野菜の連作を避け、水はけの良い環境で栽培します。発病したら、根こぶが腐敗する前に撤去処分します。

白さび病

白さび病は、カビによる病気で、葉の裏側に多数の白色の病斑が現れます。雨の多い時期に多湿条件で発生しやすくなります。アブラナ科野菜の連作を避けるとともに、畝を高くして排水を良くします。発病した株は撤去処分します。

6.カブに発生しやすい害虫

アブラナ科の害虫であるアオムシ、アブラムシなどによる食害が顕著です。

アオムシ

アオムシは、モンシロチョウの幼虫です。幼虫は体が大きくなると食欲が旺盛になり、葉を食べ尽くすこともあります。成虫は葉に卵を産みつけるので、防虫ネットを被せるなどして産卵を防ぎます。モンシロチョウを見つけたら葉の裏を調べて、卵や幼虫を捕殺します。窒素肥料が多いと産卵されやすくなります。
必要に応じて殺虫剤を用いるのもおすすめです。

アブラムシ

アブラムシは、葉などの柔らかい部分に群がります。アブラムシが出す甘露でベタベタになりカビが生えて、「すす病」にもなります。アブラムシはウイルス病を媒介しますが、ウイルス病にかかると治療法はありませんので注意が必要です。繁殖力が非常に旺盛なため、見つけたら早急に駆除します。ウイルス病が発症する前に天然由来の殺虫剤を用いるなどして対処していくのも一つの手です。

コナガ

コナガは蛾の仲間で、幼虫が葉の内部に潜り込んで葉の表皮だけを残して葉肉を食害します。食害された部分は、網目状になります。窒素分の多い株に産卵されやすく、幼虫は成長が早いので、放置すると被害が大きくなります。防虫ネットなどで覆って成虫の侵入や産卵を防ぎます。被覆した後も葉をこまめに観察して、卵や幼虫を捕殺します。

カブラハバチ

カブラハバチは、ハチの仲間で体長は1~2㎝です。幼虫は、アブラナ科の野菜を好み、アブラナ科の雑草にも発生します。幼虫は、真っ黒で太ったイモムシで、やわらかい葉を食害します。天敵も少なく、春と秋に発生します。種まき後に防虫ネットを施して、産卵されないように予防します。

カブの育て方を読んだあなたにおすすめの記事:

カブ(かぶ/蕪)の後作に植えても良い野菜とは?(連作障害)

2018.08.17

小カブのそぼろあんかけレシピ

2018.08.02

小カブ(小かぶ・蕪)の育て方・栽培方法

2018.04.15




カブ(かぶ)の育て方・栽培方法