カブの収穫時期と収穫方法は?

カブ収穫時期の見極め方は?

1.カブの収穫について

カブの収穫について

カブの収穫はいつからいつまでの時期に収穫できるのか、また、カブの収穫タイミングはいつが良いのか、カブはどのように収穫すればよいのか、カブの収穫で気をつけることは何かなど、疑問に思われている方も多いので、今回はカブの収穫について見ていきたいと思います。

カブ(かぶ・蕪)の栽培データ
■カブの栽培難易度:★★☆☆☆
■分類:アブラナ科アブラナ属
■原産地:地中海沿岸
■カブの旬:6~7月、10~12月
■栽培時期:春まき、秋まき
春の種まき:3~6月、収穫:6~7月
秋の種まき:8~10月、収穫:10~12月

2.カブの収穫時期

カブの収穫時期

カブは春まきであれば、3月~6月に種まきをして、6月~7月に収穫時期を迎えます。
秋まきであれば、8月~10月に種まきをして、10月~12月に収穫時期を迎えます。

カブは、やや冷涼な気候を好むため、秋に種まきをして年内に収穫するのが一般的です。
カブは大きさによって、『小カブ』『中カブ』『大カブ』の3種類に分かれ、種まきから収穫までの日数は、小カブで60日、中カブで70日、大カブで100日ぐらいです。

収穫したカブは、野菜スープにしたり、煮物にしたり、一夜漬けにしたり色々な方法で美味しくいただきたいですね。

3.カブの収穫タイミング

野菜をかごに収穫する女性

カブの収穫タイミングは、植え付けた時期や、カブの大きさから判断できます。
収穫は、晴れた日の午前中の時間帯に行うと良いでしょう。

カブは、品種や種まきの時期によって変わってきますが、基本的に種まきから2~3ヵ月ぐらいで収穫することができますので、収穫の目安にしてみてください。

カブの根茎が土から出ていて、肥大したものから順に収穫します。

収穫タイミングは、カブの大きさからも判断できます。
小カブは直径4~5cm、中カブは8~10cm、大カブは20~30cmくらいを収穫目安にしてみてください。

また、試しに1本抜いてみて、カブが大きくなっているか確認するとより確実です。
カブは早採りしてもおいしく食べることができますが、カブがまだ小さいと思った場合は、もう一度埋めなおしてしばらく待って、お好みの大きさになったら適宜収穫してください。

4.カブの収穫方法

カブの収穫方法

カブの収穫方法はとても簡単です。
カブの葉の付け根を持って、一気に真っ直ぐ引き抜くと簡単に引き抜けます。

カブは葉っぱも食べられますので、捨てずに一緒に収穫していきましょう。

カブは収穫が遅れてしまうと裂根(実割れ)が起こりやすく、スが入って味が落ちてしまうことがあるので収穫適期に収穫していきましょう。

カブの収穫時期と収穫方法は?を読んだあなたにおすすめの記事:

カブの育て方・栽培方法

カブ(かぶ・蕪)の育て方・栽培方法

2021年8月15日
小カブの育て方・栽培方法

小カブ(小かぶ・蕪)の育て方・栽培方法

2021年8月15日
カブ

カブ(かぶ/蕪)の後作に植えても良い野菜とは?(連作障害)

2018年8月17日
カブのそぼろあんかけレシピ

小カブのそぼろあんかけレシピ

2018年8月2日

カブ収穫時期の見極め方は?