トマト栽培で固い皮を柔らかくしたい場合は?

トマト栽培で皮を柔らかくしたい場合は?

トマトの固い皮を柔らかくしたい場合


家庭菜園のトマトが、
市販のものと比べると、皮が固く、
もっと皮を柔らかく育てる方法はないかなと
思ったことはありませんか?

トマトの固い皮を柔らかく育てたい場合は
下記の方法をチェックしてみてください。

トマトの皮が固い原因は?

皮の柔らかいトマト

大きく2つです。
品種の違いによるものと、
育て方によるものです。

スーパーなどに売っているハウス栽培用トマトと、
家庭菜園用のトマトの品種では
皮の強さや固さが異なります。

一般的に、
ハウス栽培のトマトの品種は、
雨にあたらないので、皮が軟らかく、
家庭菜園向けのトマトは外でも強く育つよう
皮が固い傾向にあります。

軟らかい皮のトマトを育てるには?

①皮の薄い品種を選ぶ

トマトの皮の柔らかい品種

トマトやミニトマトを育てる際に、皮の薄い品種を選びます。
トマトには皮が柔らかい品種や皮が薄い品種があります。
育てる際に注意することは、
裂果を防ぐために雨除け対策をしっかり行って育てることです。
皮が薄くて食べやすいトマトができるはずです。

②水分管理を行う

水やり

トマトを甘く育てたいからと水やりを少なめにしている場合、
甘いトマトができますが、その代わり皮が固くなる傾向があります。
皮をやわらかくするには水分を多めに与えると良いです。

③摘果を行う

トマトの摘果

トマトは、たくさんの実を付けてしまうと、
実が小さく、皮が硬くなるため、
摘果を行って実の数を調整します。
これにより甘く軟らかい皮のトマトを作ります。

④強い直射日光を避ける

トマトにあたる直射日光

トマトの実自体に強い直射が当たると
日差しから実を守るため、皮が厚くなって固くなってしまいます。
摘芯のときに、葉を最上段に2枚ほど残しておき、
直射日光を避けられるようにしておくとよいでしょう。

⑤秋トマトは早めに収穫する

トマトの追熟

秋のトマトは、種を作るためにトマトの皮が固くなってきます。
夏の終わりごろのトマトは、少し早めに収穫し、
窓辺などで追熟して赤くするぐらいがちょうどよいでしょう。

トマト栽培で固い皮を柔らかくしたい場合は?を読んだあなたにおすすめの記事:

トマト(とまと)の後作に植えても良い野菜とは?(連作障害)

2018.07.01

トマトの実が割れてしまうのはなぜ?

2018.05.20

トマトに実がつかないのはなぜ? 

2018.05.10

トマトを赤くする簡単な方法!

2018.05.08

ミニトマト(プチトマト)の育て方・栽培方法

2018.04.10




トマト栽培で皮を柔らかくしたい場合は?