かき菜の収穫時期と収穫方法は?

かき菜の収穫時期と収穫方法は?

1.かき菜の収穫について

かき菜の収穫について

かき菜の収穫はいつからいつまでの時期に収穫できるのか、また、かき菜の収穫タイミングはいつが良いのか、かき菜はどのように収穫すればよいのか、かき菜の収穫で気をつけることは何かなど、疑問に思われている方も多いので、今回はかき菜の収穫について見ていきたいと思います。

かき菜(カキナ)の栽培データ
■かき菜の栽培難易度:★☆☆☆☆
■分類: アブラナ科アブラナ属
■原産地:日本
■かき菜の旬:春2月~5月
■栽培時期:秋まき
■秋の種まき:8月~11月
植え付け:9月~12月
収穫時期:翌年2月~5月

2.かき菜の収穫時期

かき菜の収穫時期

かき菜は秋まきが一般的で、8月~11月に種をまいて、9月~12月に植え付けをして、翌年2月~5月に収穫時期を迎えます。

かき菜の収穫タイミングは、時期やわき芽の状態から判断できます。
収穫は、晴れた日の午前中の時間帯に行うと良いでしょう。

かき菜の収穫時期は、種まきから180日、植え付けから150日前後で、温暖地は2月、高冷地は3~5月になります。

かき菜は冬越しさせて春先にわき芽を収穫していきます。
寒さが和らぎはじめ、主茎に蕾ができたころ先端を摘芯して、脇芽を伸ばします。
その後、次々にわき芽が出てくるので、葉1~2枚を残して収穫をします。
長さ20cm前後をめどに茎の脇から摘み取り、収穫時には株元に1つまみの肥料を施します。

かき菜は害虫被害にあいやすいので、早めの収穫を心がけましょう。

また、かき菜は花が咲くと茎が固くなる上に、株が弱るので、花が咲く前に収穫をしましょう。
食味を落とさないためにも、収穫時期を過ぎないことがポイントです。

3.かき菜の収穫方法

かき菜の収穫方法

かき菜の収穫方法は簡単です。
収穫は、わき芽に蕾ができたころ、清潔なハサミか手で茎の脇から摘み取ります。

収穫した後は少しずつ鮮度が落ちてきますので、なるべく早く食べましょう。
すぐに食べない場合は、水洗いをした後に水で濡らした新聞紙で包んで、野菜室で保存しておきましょう。
冷蔵で2~3日ほど保存することができます。

かき菜の収穫時期と収穫方法は?を読んだあなたにおすすめの記事:

かき菜の収穫時期と収穫方法は?

かき菜の収穫時期と収穫方法は?

2021年11月10日
かき菜の胡麻和え

かき菜のごま和えレシピ

2018年9月2日

かき菜の収穫時期と収穫方法は?