らっきょうの収穫時期と収穫方法は?

らっきょう収穫時期の見極め方は?

1.らっきょうの収穫について

らっきょうの収穫について

らっきょうの収穫はいつからいつまでの時期に収穫できるのか、また、らっきょうの収穫タイミングはいつが良いのか、らっきょうはどのように収穫すればよいのか、らっきょうの収穫で気をつけることは何かなど、疑問に思われている方も多いので、今回はらっきょうの収穫について見ていきたいと思います。

らっきょう(ラッキョウ)の栽培データ
■らっきょうの栽培難易度:★★★☆☆
■分類:ユリ科ネギ属
■原産地:中国
■らっきょうの旬:夏6月~7月
■栽培時期:秋植え
■植え付け:8月~9月
エシャロット収穫時期:翌年3月~4月
らっきょう収穫時期:翌年6月~7月

2.らっきょうの収穫時期

らっきょうの収穫時期

らっきょうは、8月~9月に植え付けをして、翌年6月~7月に収穫時期を迎えます。
エシャロットの場合は、8月~9月に植え付けをして、翌年3月~4月に収穫時期を迎えます。

らっきょうの栽培時期は基本的に、10ヵ月~11ヵ月ですが、エシャロットの場合は、7ヵ月~8ヵ月で収穫できます。
また、らっきょうの茎も収穫したい場合は、同じ時期に一緒に収穫していきましょう。

収穫したらっきょうは、サラダにしたり、甘酢漬けにしたり、炒め物にしたり色々な方法で美味しくいただきたいですね。
緑色の葉は食べることが出来ますので、葉を天ぷらのかき揚げなどにして食べてみてください。

3.らっきょうの収穫タイミング

野菜をかごに収穫する女性

らっきょうの収穫タイミングは、植え付けた時期や葉から判断できます。
収穫は、晴れた日の午前中の時間帯に行うと良いでしょう。

らっきょうは、植え付けからだいたい10ヵ月~11ヵ月ぐらいで収穫することができますので、収穫の目安にしてみてください。
らっきょうの収穫時期は、大体6月下旬ごろが目安となります。

地上部の葉が枯れ始め、球が長卵型に肥大したら収穫タイミングですので、株を掘り上げます。
1つの種球で大体8個~12個程度のらっきょうを収穫することが出来ます。

収穫量を増やしたい場合は、収穫をしないでもう1年育てます。
その場合には、小粒で実の詰まったらっきょうが、1つの種球で30個以上採れることでしょう。

らっきょうではなく、エシャロットとして収穫したい場合には、夏まで待たずに3月~4月頃の春に収穫をします。
この場合は、葉が枯れ始める前に若採りををします。

エシャロットは生ですぐに食べられて香りやクセがあまりなく、らっきょうよりも食べやすいので、一度収穫をしてみて食べ比べてみるのも良いでしょう。
ドレッシングや味噌をつけて食べると美味しくいただけます。

4.らっきょうの収穫方法

らっきょうの収穫方法

らっきょうの収穫はとても簡単です。
らっきょうの葉の付け根を持って、一気に真っ直ぐ引き抜くと収穫できます。

収穫する数が多い場合は、スコップを使います。
土中に埋まっているらっきょうを傷つけないように、株元から20〜30cm程度離れた場所にスコップを差し入れて掘り起こします。
掘り起こしたら、葉を掴んで引き抜いて収穫していきましょう。

らっきょうを掘り上げたあとは、1球ずつにばらしておきます。

5.らっきょうの保存方法

らっきょうの保存方法

らっきょうを種球用として保存するときは、球はばらさずに、葉を切り落として、根は1cm程度残した状態で切り落とします。
その後、ネットなどに入れて風通しのよい軒下などに吊るして保存しておきます。

らっきょうは、収穫後にそのまま常温で置いておくと、先から芽が伸びて成長してしまいます。
もし、すぐに料理などをして食べない場合は、袋などに入れて冷蔵庫で保存しておきましょう。

らっきょうの収穫時期と収穫方法は?を読んだあなたにおすすめの記事:

らっきょう(ラッキョウ)の育て方・栽培方法

らっきょう(エシャロット)の育て方・栽培方法

2021年8月15日
ラッキョウ

らっきょう(ラッキョウ)の後作に植えても良い野菜とは?(連作障害)

2018年9月22日
エシャロットと厚揚げのサラダ

エシャロットと厚揚げのサラダレシピ

2018年8月6日

らっきょう収穫時期の見極め方は?