レモンの収穫時期と収穫方法は?

レモンの収穫時期と収穫方法は?

1.レモンの収穫について

レモンの収穫について

レモンの収穫はいつからいつまでの時期に収穫できるのか、また、レモンの収穫タイミングはいつが良いのか、レモンはどのように収穫すればよいのか、レモンの収穫で気をつけることは何かなど、疑問に思われている方も多いので、今回はレモンの収穫について見ていきたいと思います。

レモンの栽培データ
■レモンの栽培難易度:★★☆☆☆
■レモンの旬:10月~3月
■栽培適地:関東地方南部以西の暖地。暖地以外は鉢植え
■栽培方法:庭植え、鉢植え
■植え付け時期:3月~4月
■収穫時期:10月~3月

2.レモンの収穫時期

レモンの収穫時期

レモンは、3月~4月に植え付けをし、10月~3月に収穫時期を迎えます。

レモンの収穫タイミングは、時期や皮の色から判断できます。
収穫は、晴れた日の午前中の時間帯に行うと良いでしょう。

レモンは、開花からおよそ6カ月後が収穫適期となり、秋果は10月頃から収穫できるようになります。
レモンの収穫時期は、グリーンレモンが9月頃、黄色のレモンは12月以降です。
品種にもよりますが、直径約5cmが収穫の目安で、レモンの皮の色が緑から黄色へと変わる途中がベストタイミングです。

グリーンレモンは、緑色のうちに収穫した実で、香り高く、酸味が強いのが特徴です。
酸味や香りを楽しむのであれば、未熟な果実を早めに収穫してしてください。
グリーンレモンは、青色の実でも収穫して料理に利用することができます。

レモンが黄色くなるのは12月以降になりますが、成熟しすぎると酸味が無くなってきますので早めに収穫するようにします。
また、木になったまま放置すると、置いておけば置いておくほど果実の皮が分厚くなってきます。
熟しすぎてしまうと酸味や果汁が減り、果汁が少ないスカスカな実になってしまうので、熟し過ぎには注意しましょう。

3.レモンの収穫方法

レモンの収穫方法

レモンの収穫方法は、簡単です。
収穫の際は、実を手で持ち、果柄部分をハサミで切り取ります。
切り取った果柄は、果実を傷つけてしまわないように二度切りにします。
手でレモンの実をもぎ取った場合、果実が傷ついてしまうこともあるため、ハサミを使うのがおすすめです。

レモンの枝にはトゲが生えているので、収穫の作業をするときは、けがをしないように長袖や軍手を着用するのがおすすめです。

収穫した果実は、常温で10日ぐらい保存することができます。
収穫したまだ青いレモンは、徐々に室内で追熟させることも可能です。
黄色いレモンであれば収穫してから3~4日追熟させることで、酸味が落ち着いてきます。
ただ、熟しすぎてしまうと酸味が飛んでしまうので、熟し過ぎには注意しましょう。

レモンの収穫時期と収穫方法は?を読んだあなたにおすすめの記事:

レモンの収穫時期と収穫方法は?