枝豆の収穫時期と収穫方法は?

枝豆の収穫時期と収穫方法は?

1.枝豆の収穫について

枝豆の収穫について

枝豆の収穫はいつからいつまでの時期に収穫できるのか、また、枝豆の収穫タイミングはいつが良いのか、枝豆はどのように収穫すればよいのか、枝豆の収穫で気をつけることは何かなど、疑問に思われている方も多いので、今回は枝豆の収穫について見ていきたいと思います。

枝豆(エダマメ/えだまめ)の栽培データ
■枝豆の栽培難易度:★★★☆☆
■分類:マメ科ダイズ属
■原産地:アジア
■枝豆の旬:7~8月
■栽培時期:春まき
春の種まき:4~5月、植え付け:4~5月、収穫時期:7~8月

2.枝豆の収穫時期

枝豆の収穫時期

枝豆は春まきが一般的で、4~5月に種をまいて、4~5月に植え付けをし、7~8月に収穫時期を迎えます。

枝豆の収穫は、晴れた日の朝の時間帯に行うと良いでしょう。
枝豆の収穫タイミングは、時期やサヤの色から判断できます。

枝豆は、品種によって違いますが、開花してから約40日~50日で収穫適期になります。
苗の植え付けから、80日~90日ぐらいが収穫タイミングです。

枝豆は未熟豆を収穫するため、サヤの中の実が全て膨らむまで待っていると採り遅れになります。
実が育ちすぎると、大豆になってしまうので気をつけましょう。

サヤの中の実が膨らんで、実がかたくならない程度の株を、収穫していきます。
サヤを押すと中の実が飛び出しそうになれば収穫できます。

枝豆の花は一気に咲かず、下から順番に咲いて実がつくので、全部の実が膨らむのを待たず、全体の8割程度のサヤが膨らんできたころに、早めに収穫するのがポイントです。
実入りの良いサヤだけを選んで収穫しても良いでしょう。

枝豆は、収穫期間が7日~10日前後で非常に短く、収穫が遅れてサヤが黄色くなり始めると硬くなり、風味も失われてしまいますので注意しましょう。
サヤが黄色になりきって育ち過ぎた場合は、そのまま待って大豆にしてから収穫するという手もあります。

3.枝豆の収穫方法

枝豆の収穫方法

枝豆の収穫方法はとても簡単です。
枝豆を収穫する時は株元にスコップを入れて株ごと抜き取るか、地際からハサミで切って収穫します。

枝豆の収穫後に枝から切り離すと急激に鮮度が落ちるので、収穫後はすぐに茹でるようにしましょう。
葉と枝を付けたまま持ち帰り、茹でる直前にサヤを外すのがオススメです。

収穫量が多く食べきれない時は、すぐに塩ゆでをして冷蔵庫で保存しておきましょう。
収穫した枝豆を生のまま保存する場合は、乾燥を防ぐために湿った新聞紙で包んで冷蔵庫で保存しましょう。
枝から実を取らずに保存すれば、少し鮮度が長持ちます。

枝豆の収穫時期と収穫方法は?を読んだあなたにおすすめの記事:

枝豆(えだまめ)の育て方・栽培方法

枝豆(エダマメ/えだまめ)の育て方・栽培方法

2021年8月15日
マメ科一覧

マメ科の野菜一覧

2021年8月15日
エダマメ

枝豆(エダマメ/えだまめ)の後作に植えても良い野菜とは?(連作障害)

2018年9月10日

枝豆の収穫時期と収穫方法は?