ラディッシュ(二十日大根)の収穫時期と収穫方法は?

ラディッシュの収穫時期と収穫方法は?

1.ラディッシュの収穫について

ラディッシュの収穫について

ラディッシュの収穫はいつからいつまでの時期に収穫できるのか、また、ラディッシュの収穫タイミングはいつが良いのか、ラディッシュはどのように収穫すればよいのか、ラディッシュの収穫で気をつけることは何かなど、疑問に思われている方も多いので、今回はラディッシュの収穫について見ていきたいと思います。

ラディッシュの栽培データ
■ラディッシュの栽培難易度:★☆☆☆☆
■分類:アブラナ科ダイコン属
■原産地:地中海沿岸
■主な旬:5月~6月、10月~11月
■栽培時期:春まき、秋まき
春の種まき:3月~4月、収穫:5月~6月
秋の種まき:9月~10月、収穫:10月~11月

2.ラディッシュの収穫時期

ラディッシュの収穫時期

ラディッシュは、春の種まきを3月~4月におこなうと、5月~6月に収穫時期を迎えます。
また、秋の種まきを9月~10月におこなった場合は、10月~11月に収穫時期を迎えます。

ラディッシュの収穫タイミングは、時期や本葉、根から判断できます。
収穫は、晴れた日の午前中の時間帯に行うと良いでしょう。

ラディッシュは種まき後30日で収穫時期を迎えます。
本葉が6~7枚になり、根部が肥大してくると、地面から徐々に顔を出してきます。
根の直径が2~3㎝ぐらいの大きさになれば、収穫適期です。
根が食べられるサイズになったらどんどん収穫していきましょう。

株が込み合ったところを間引きながら、少しずつ収穫すると長く楽しめます。
ラディッシュは、葉っぱから根の部分まで栄養が豊富で、まるごと食べることができます。
間引きしたラディッシュの葉は、ベビーリーフとしてサラダに入れ食べるのがおすすめです。

ラディッシュは大きく育ちすぎたり、採り遅れるとスが入ったり、根が割れたりして味も落ちるので、大きなものから収穫するようにしましょう。
あまり大きく育てようとせず、収穫適期に採るのがポイントです。

3.ラディッシュの収穫方法

ラディッシュの収穫方法

ラディッシュの収穫方法ですが、特に道具を使わなくても手で抜いて収穫することができます。
素手でも抜けますが、畑などでたくさん収穫する場合は、手を保護するために軍手をはめてから収穫作業をするとよいでしょう。

ラディッシュを抜くときには、株元を手で持って引き抜いて収穫していきます。
葉を手でまとめると引き抜きやすくなります。

収穫したら、しなびないように葉と根を早めに切り離してしまうのが良いでしょう。
保存袋に入れて、冷蔵保存すれば数日は鮮度を保てます。
葉は食べやすいサイズにカットし、軽く塩ゆでしてからパックに入れれば、冷凍庫で保存が可能です。

ラディッシュの収穫時期と収穫方法は?を読んだあなたにおすすめの記事:

ラディッシュの収穫時期と収穫方法は?