ナスの葉っぱが白いのは病気?原因と対策方法!

うどんこ病で白くなった葉っぱ

1.ナスの葉が白い原因

家庭菜園で育てているナスの葉が白くなってしまって、なぜ白くなってしまったのか気になったことはありませんか?
大事に育てているナスが病気になってしまったのではないか、枯れてしまう前兆ではないのかと大変心配される方も多いと思います。

ナスの葉が白くなる原因は色々ありますが、葉が白くなったり、葉の白い斑点の原因で多いのは「うどんこ病」や「炭疽病」などの病気によるものです。
また、生理障害によって葉が白くなることもあります。
これらについて順番に詳しく見ていきたいと思います。

2.ナスのうどんこ病

うどんこ病の葉っぱ

ナスはうどんこ病にかかることがある野菜です。
うどんこ病はカビ(糸状菌)による伝染性の病気で、ナスの主要病害です。
被害部位は主に、ナスの葉、茎、果実の部分で、葉が小麦粉をまぶしたように白くなり、カビが生える病気です。

ナスの葉の白い粉のようなものはカビの胞子で、風で飛散するため、周囲のナス株にも伝染していき、伝染すると健康な葉も白くしていきます。
うどんこ病の病原菌は発病した株とともに土の中で冬を越し、翌年の伝染源にもなるため注意が必要です。

うどんこ病の発生時期

うどんこ病の主な発生時期は、6~10月です。
この時期にナスの葉っぱが白くなりやすいので、発生時期には気をつけましょう。

うどんこ病の症状

うどんこ病の発生初期には、葉っぱの表面に白く丸い粉状の小さな斑点が発生します。
被害が進んでいくと、白いカビが葉の全面に広がっていき、葉っぱが真っ白に覆われていきます。

ナスは葉全体が白く覆われると、光合成がうまくできず生育が悪くなってしまいます。
果実にも十分な栄養が行かず、収穫量にも影響が出る原因にもなります。

症状がひどい場合は、ナスの株全体が枯れてしまい、白い葉っぱだけでなく、緑だった葉っぱもやがて衰弱して枯れて落ちてしまいます。

うどんこ病の発生条件

うどんこ病は雨が少ない、乾燥ぎみの条件で発生するため、湿度が低い曇りの日が続いている場合は注意が必要です。
また、ナスを大きく育てようとして、肥料を与え過ぎて葉ばかりが茂り過ぎたり、密植して日当たりや風通しが悪い状態で育てると、うどんこ病が発生しやすくなります。

3.うどんこ病予防方法

家庭菜園プランター野菜

うどんこ病で、ナスの葉が白くなって枯れてしまう前に、事前に予防できることがありますので、対処していきましょう。

ナスの株間

ナスの葉っぱや茎、果実への日当たりや風通しが悪くならないように、植え付けの際は、十分な間隔を取って植えましょう。
ナスの株間は50~60cmあけて植えます。

節間の短い丈夫な苗を選んで本葉6~8枚になるまで育ててから植え付けるようにします。

ナスの追肥量に注意

うどんこ病は窒素肥料が多いと発病しやすいです。
ナスを大きく育てたいからと言って、窒素肥料を一度に施し過ぎないように注意しましょう。

うどんこ病で白くなった葉っぱや株の処分

うどんこ病は、ナスの下葉から発病して株全体に広がります。
被害を受けたナスの葉などは早めに畑の外に持ち出して処分します。
持ち出す際は、健全な葉に白い粉が飛散しないように注意します。

4.うどんこ病対処方法

酢を散布

うどんこ病は薬剤を使う防除方法があります、薬剤はインターネットやホームセンターなどで購入することができます。
まだ葉っぱがうっすらと白くなっている程度の発生初期であれば薬剤で対処しても良いでしょう。
ナスの葉っぱが白くなっているのを見つけたら、枯れる前に早めに散布して対処しておきましょう。

うどんこ病の自然派薬剤

自然派薬剤では、ベニカマイルドスプレーがおすすめです。
環境にやさしい自然派薬剤で、あらゆる野菜類に使えます。
ベニカマイルドスプレーはうどんこ病の発生初期に使います。
使用方法は、そのまま薄めずに、ナスの株全体に散布して使います。

うどんこ病の化学合成薬剤

化学合成薬剤では、ダコニール1000がおすすめです。
ダコニール1000は、広範囲の病気に効果のある総合殺菌剤です。
薬剤が作物を覆って、病原菌の胞子発芽や菌糸の侵入を防いでくれます。

長期間病気を予防する残効性にすぐれていますが、薬害もほとんどなく使いやすいのが特徴です。
使用方法は、水で1000倍に薄め、霧吹きなどの容器に入れてうどんこ病の発生初期に株全体に散布して使います。
ナスに使う場合の総使用回数は4回以内です。

5.ナスの炭疽病

べと病の葉っぱ

ナスは炭疽病にかかることがある野菜です。
炭疽病は水浸状青白色の斑点が拡大して、白褐色の円形や斑点ができ、葉が古くなると穴があく病気です。
カビ(糸状菌)が原因で発生する病気です。

被害部位は主に、ナスの葉、茎、実の部分です。

炭疽病の発生時期

炭疽病の主な発生時期は、6~9月です。
炭疽病は低温多湿の梅雨の時期に多く発生します。
この時期にナスの葉っぱが黄色や白っぽくなりやすいので、発生時期には気をつけましょう。

炭疽病の症状

ナスが炭疽病にかかった場合、初期病斑では、葉っぱが白色~茶色になる症状が出るのが特徴です。
果実では褐色でへこんだ病斑ができます。
被害が進むと、ほとんどの葉が枯れて収穫量が大きく減ります。

炭疽病の発生条件

炭疽病は、気温が23度前後で降雨が続き、湿度が高く風通しが悪い条件で発病しやすくなります。
排水が悪い畑では発病しやすいので気を付けましょう。

6.炭疽病予防方法

炭疽病で、ナスの葉が黄色や白っぽく変色して枯れてしまう前に、事前に予防できることがありますので、対処していきましょう。

ナスの水やり

カビの胞子は雨の跳ね返りなどで飛び散り、周囲に伝染します。
ナスの株の上部からの水やりを避け、敷きワラを施して、雨や水による泥はねを防止します。

肥料や風通しに注意

チッ素肥料を一度に施し過ぎたり、茎葉が茂り過ぎたりすると発生が促されるので注意します。
枝葉が密集して風通しが悪い場合は、間引くように剪定します。

炭疽病で白くなった葉っぱや株の処分

炭疽病は、発病して落ちた葉やなどで越冬し、翌春の伝染源になります。
被害を受けたナスの葉などは早めに畑の外に持ち出して処分します。

7.炭疽病対処方法

炭疽病は薬剤を使う防除方法があります、薬剤はインターネットやホームセンターなどで購入することができます。
発生初期であれば薬剤で対処しても良いでしょう。
ナスの葉に炭疽病の症状がある場合には、枯れる前に早めに散布して対処しておきましょう。

化学合成薬剤では、ダコニール1000がおすすめです。
耐光性、耐雨性に優れ、病気から植物を守る残効性があります。
ダコニール1000使用方法は、水で1000倍に薄め、霧吹きなどの容器に入れて炭疽病の発生初期に株全体に散布して使います。

ナスは、うどんこ病や炭疽病以外に、疫病、褐色腐敗病、菌核病、黒枯病、立枯病、苗立枯病、灰色かび病、半身萎凋病にもかかることがありますので、病気にならないように気を付けて栽培しましょう。

8.ナスの生理障害

肥料

ナスは生理障害が起こる野菜です。
ナス栽培には、窒素(N)・リン酸(P)、カリ(K)の三要素だけではなく多量要素と、微量要素も必要です。

ナスの葉が白っぽくなったり、色が薄くなる症状が出る場合は、窒素、銅、マグネシウムが欠乏している場合などです。
窒素は「葉肥」ともいわれ、成長を促進し、ナスの葉色を濃くしてくれます。
窒素が不足すると、ナスの花や果実のつきが悪くなり、葉色が淡くなります。

銅は光合成や、呼吸に重要な役割をしており、欠乏すると葉が黄白化します。

マグネシウムは、葉緑素の構成成分で、欠乏すると葉緑素の生成が少なくなり、葉が黄化します。

このように、ナスの葉にとって必要な栄養素が欠乏すると、葉が白や黄色に色抜けたようになる症状が出ます。

また、反対にカリウムやマンガンなどの栄養素が過剰な状態になっても、
ナスの葉が白色化したり黄色に色抜けたようになる症状が出ますので、生理障害の疑いがないかもチェックしてみてください。

「ナスの葉っぱが白いのは病気?原因と対策方法!」を読んだあなたにおすすめの記事:



うどんこ病で白くなった葉っぱ