ビーツの収穫時期と収穫方法は?

ビーツの収穫時期と収穫方法は?

1.ビーツの収穫について

ビーツの収穫について

ビーツの収穫はいつからいつまでの時期に収穫できるのか、また、ビーツの収穫タイミングはいつが良いのか、ビーツはどのように収穫すればよいのか、ビーツの収穫で気をつけることは何かなど、疑問に思われている方も多いので、今回はビーツの収穫について見ていきたいと思います。

ビーツ(テーブルビート)の栽培データ
■ビーツの栽培難易度:★★☆☆☆
■分類:ヒユ科フダンソウ属 
■原産地:地中海沿岸
■ビーツの旬:春5月~7月、秋11月~12月
■栽培時期:春まき・秋まき
■春の種まき:3~5月、収穫時期:5~7月
■秋の種まき:9月、収穫時期:11~12月

2.ビーツの収穫時期

ビーツの収穫時期

ビーツは春まきであれば、3~5月に種をまいて、5~7月に収穫時期を迎えます。
秋まきであれば、9月に種をまいて、11~12月に収穫時期を迎えます。

ビーツは品種にもよりますが、種まきから約60日~70日が収穫の目安となります。
また、ビーツの茎や葉も収穫したい場合は、同じ時期に一緒に収穫していきましょう。

収穫したビーツは、ボルシチにしたり、サラダにしたり、マリネにしたり色々な方法で美味しくいただきたいですね。
ビーツの茎は、きんぴらにして食べるのがおすすめです。
ビーツの葉っぱは、浅漬けやおひたしにして食べることができます。

3.ビーツの収穫タイミング

野菜をかごに収穫する女性

ビーツの収穫タイミングは、根の状態や草丈から判断できます。
ビーツの収穫時期は、11~12月が目安となります。
ビーツの収穫は、晴れた日の午前中の時間帯に行うと良いでしょう。

用土から出ている根の直径が5㎝~6㎝、草丈が25~30㎝程度になった頃が収穫タイミングです。
ビーツの収穫は、晴天が続いているときに収穫すると良いでしょう。
収穫が遅れてしまうと、鬆(す)が入る場合もありますので注意しましょう。

ビーツは、気温が下がるにつれて茎の赤みが増していきますが、収穫が遅れてしまうと葉っぱが黄色くなって、枯れる原因になりますので収穫適期に収穫しましょう。

4.ビーツの収穫方法

ビーツの収穫方法

ビーツを収穫する際は、手を痛めないように軍手をはめてから作業をするとよいでしょう。

ビーツの収穫方法はとても簡単です。
ビーツの葉の部分を束ねて根元を持ちながら引き抜くと収穫することができます。

また、間引くように1株おきに収穫していけば、10㎝~12cmぐらいまで大きく育てることができます。

ビーツの収穫時期と収穫方法は?を読んだあなたにおすすめの記事:

ビーツの育て方・栽培方法

ビーツ(テーブルビート)の育て方・栽培方法

2021年8月15日

ビーツの収穫時期と収穫方法は?