ビーツ(テーブルビート)の育て方・栽培方法

ビーツの育て方・栽培方法

1.ビーツ栽培の特徴と時期


ビーツの育て方手順に沿って、畑やプランターでビーツを栽培してみましょう!
ビーツは栽培難易度も低いので、初心者が栽培するのにもオススメの野菜です。

ビーツ(テーブルビート)の栽培データ
■ビーツの栽培難易度:★★☆☆☆

■ビーツの旬:春5月~7月、秋11月~12月

■連作障害:あり

■栽培時期:春まき・秋まき

■春の種まき:3~5月
  収穫時期:5~7月

■秋の種まき:9~11月
  収穫時期:11~12月

■ビーツの苗や種が買えるお店
ビーツの苗や種を買いたい場合は、販売店をのぞいてみましょう!
こちらから購入するとポイント還元があります。

ビーツは年2回栽培することができる野菜で、ビーツの旬は、春は5月~7月、秋は11月~12月です。

ビーツは、アカザ科フダンソウ属の根菜で地中海沿岸が原産地です。別名ビート、テーブルビート、赤ダイコンとも呼ばれており、見た目は赤カブに似ています。

食用ビーツの品種としては、『デトロイトダークレッド』が有名な品種になります。
ビーツの中でも強健でとても育てやすい豊作種です。
平べったい形が特徴の『エジプト』や、切り口が可愛らしい赤と白のうず巻き模様の『ゴルゴ』などもよく栽培されています。
ビーツは様々な品種が出回っていますが、どれも比較的良く育ちますので、初心者の方でも簡単に栽培できる野菜です。

日本ではあまり栽培されていないことから馴染みが薄い野菜ですが、ロシア料理のボルシチ(スープ)の材料に欠かせない高級食材の野菜です。
サラダにしても美味しく、ビーツ独特の赤い色が食欲をそそります。

ビーツの栄養素としては、カルシウム、カリウム、ナトリウムなどのミネラルや、ビタミンB類のナイアシン、パントテン酸、食物繊維などが含まれます。

ビーツ料理

ビーツの赤い色はポリフェノールの一種ベタシアニンという成分で、抗酸化作用が強いことから健康管理面からも効果があるとされています。根の部分は赤カブのように肥大し、切り口は木の年輪のような輪紋があるのが特徴です。ビーツは主に根の部分を食用にしますが、若い葉はベビーリーフとしても利用できます。

好適土壌pHは6.0~7.0です。酸性土壌では発芽不良や生育不良になるため、苦土石灰で土壌pHを調整する必要があります。
ビーツは連作障害があるので、同じ場所で栽培する場合は最低でも1~2年間の間隔を空けることをおすすめします。

ビーツは冷涼な気候を好むので、春または秋に栽培を開始します。耐寒性は強いのですが、暑さにはやや弱いところがあります。種まきから60日~70日で収穫ができます。
種子(種球)の中に2~3粒の小さな種が入っています。種をまいたら間引きを行いながら育てます。間引きは3回行います。

栽培に適している温度は15℃~20℃です。
ビーツは、日当たりを好むため、風通しの良い場所を選びましょう。
ビーツは乾燥に弱い野菜ですので、乾燥にも注意します。特に幼苗の頃は水切れを起こさないように、水やりはしっかり行いましょう。

プランターでも栽培することが可能です。栽培期間も比較的短いので栽培しやすい野菜です。

2.ビーツの栽培基本(畑・プランター)

肥料

ビーツを畑で栽培する場合の基本について、ご紹介します。

土作りは、種まきの2週間前までに、畑に苦土石灰1㎡当たり100gをまいて耕しておきます。種まきの1週間前には、堆肥1㎡当たり2kg、化成肥料1㎡当たり100gを入れてよく耕します。畝は幅60cm程度が良いでしょう。

種まきは、春まきは3月中旬~5月下旬、秋まきは9月上旬~11月上旬にかけて行います。ビーツの種は、1つの種球に2粒~3粒の種が入っています。ビーツの種は皮が固くて発芽しにくいので、1晩水に浸けておくと発芽しやすくなります。

畝の表面に支柱などを押し当てて深さ1㎝のまき溝を作り、そこに2㎝~3㎝間隔で種をまいていきます。1つの種から複数の芽が出てきますので、条まきにします。

種をまいたら土を被せて、土の表面を軽く押さえ付けます。
種をまいた後は、種が流れないように注意しながら水やりをします。
発芽するまで約10日間を要しますが、この間は土の表面を乾燥させないように水やりを行います。

ビーツは、収穫までの栽培期間は短いですが、肥料切れを起こさないようにします。追肥は2回目と3回目の間引きの際に土寄せと併せて行います。
また、根が肥大する収穫前の2週間前は、肥料を最も必要としますので忘れずに追肥をします。

種まき後、約60日程度で根の直径5~6㎝、草丈25~30㎝程度になったら収穫適期となります。

プランターで栽培する場合は、畑と同じように日当たりの良い場所を選ぶことが大切です。プランターのサイズは、標準タイプ(60㎝~65㎝)を用意します。
ビーツは深く根をはらないので、浅型のプランターでも栽培が可能です。土は、市販の野菜用の培養土を使用するのが良いでしょう。

高温・多湿の時期に種をまくと病害が多発しますので、種をまく時期にも注意します。棒や板を使って深さ1㎝のまき溝を作り、そこに2㎝間隔で種をまき、土を被せます。
その後、水やりをしますが、種子が流れないように注意しましょう。
2回目の間引きの際に、化成肥料を追肥します。
この時以降に間引いた葉は、サラダなどの生食で美味しく食べることができます。
3回目の間引きした際も、株のまわりに化成肥料を施します。
ビーツは、プランターでも栽培が出来るので、育てやすい野菜でもあります。

3.ビーツの栽培手入れ

水やり

種をまいてから約10日で、1個の種から数本の芽が出てきます。双葉が開いたら1回目の間引きを行います。

1回目の間引きは、双葉展開から本葉1~2枚までの間に行い、株間は3㎝ほどにします。
1つの種から数本の芽が出てくるので、発育の良い芽2本を残し、不要な芽はハサミで切り取ります。間引きが不十分だと根の発育に影響するので、躊躇なく行いましょう。
根の乾燥と株のぐらつきを防ぐため、間引いた後は株元に土寄せを行います。

2回目の間引きは、種まき後約20日から本葉3~4枚までの間に行い、株間は6㎝ほどにします。このとき、化成肥料1㎡当たり約50gを追肥します。

3回目の間引きは、種まき後約30日から本葉6~7枚までの間に行い、株間を10㎝ほどにします。3回目の間引きが最終間引きとなりますので、遅くても本葉が6~7枚になるまでの間に行うのがポイントになります。

畑のビーツ

株間が狭いと根の生育が悪くなりますので、毎引きの際は株間の間隔を十分に空けるようにします。なお、2回目以後に間引いた芽は、サラダなどにして食べることが可能なので活用しましょう。

種を植えてから発芽するまでは、土の表面が乾かないようにすることが大切です。
発芽してからは、気温の高い時間帯に水やりをします。

ビーツは、種をまいてから60日~70日程度で収穫することが出来ますが、この間に追肥を行う必要があります。3回目の間引き以後は、2週間に1回追肥を施します。肥料切れは生育不足になりますので注意しましょう。また、収穫の2週間前あたりは最も肥料を必要とする時期ですので、必ず追肥を行います。

雑草は土の栄養を奪い取って成長するので、ビーツを生育させるためにしっかりと除草をしましょう。土作りの際に畝の上に黒マルチを設置すると、雑草対策になり、保湿や地温を上げる効果にもなります。

ビーツは涼しい時期に育てるので、害虫の心配は少ないほうですが、防虫ネットを設置すると安心です。防虫ネットを設置しても、アブラムシやヨトウムシなどの害虫が付くことはあります。こまめに観察して、害虫が付いていたら捕殺することが大切です。
ビーツは、ホウレンソウと同じ科目の野菜ですので、ホウレンソウに発生しやすい病気にも注意しましょう。

ビーツの生育適温は15~20℃ですが、15℃以下になると葉が縮れて生育が悪くなるため、寒冷紗や不織布などで覆い、防寒対策をすることをおすすめします。

4.ビーツの収穫時期について

ビーツの収穫

ビーツは、種をまいてから60日~70日後が収穫の目安となります。
春まき(3月~5月)は、5月~7月が収穫時期となり、秋まき(9月~11月)は、11月~12月が収穫時期となります。

用土から出ている根の直径が5㎝~6㎝、草丈が25~30㎝程度になった頃が収穫適期です。収穫が遅れてしまうと、鬆(す)が入る場合もありますので注意しましょう。
収穫をする際は、葉の部分を束ねて根元を持ちながら引き抜くと作業が楽になります。

収穫量を増やすためには、春と秋に種まきをして収穫するのがおすすめです。
ただし、連作障害があることも頭の中に入れておきましょう。

ビーツは、気温が下がるにつれて葉の赤みが増していくので、気候が比較的涼しくなってから植えるのが上手に育てるコツになります。

5.ビーツに発生しやすい病気

ビーツ(ビート)

病気を発見した場合は、他の株に伝染しないように適切に処理することが大切です。
ビーツに発生しやすい病気は軟腐病です。
他に発病しやすい病気は、褐斑病、根腐れ病、苗立枯病、そう根病などがあります。

軟腐病(なんぷびょう)
軟腐病は、ビーツの葉、茎、根に発生します。地際部分が水でしみた状態になり、やがて黄褐色になり軟らかくなって腐ってしまう病気です。腐った部分から強い悪臭を生じます。腐って枯れてしまうため、生育が悪くなり、収穫量も減ってしまいます。
気温が高く雨が多くなる梅雨の時期や、水はけが悪い場所でも発生します。また、連作した場合も発病しやすくなります。
発病した株を見つけたら根ごと抜き取って処分します。

褐斑病(かっぱんびょう)
褐斑病は、様々な植物の葉に発生します。糸状菌(カビの仲間)によって起こる病気で、葉の部分に円形の褐色の斑点が生じます。
斑点になった部分はやがて枯れてしまい、株の生育が悪くなります。
発病した葉は早めに取り除いて処分します。予防は、植えつけ間隔を適切にとり、間引きを行って風通しを良くします。プランター栽培では、葉に水がかからないように注意しましょう。

6.ビーツに発生しやすい害虫

春植えの場合には、害虫が発生しやすくなります。特に、ハモグリバエ、ヨトウムシ、アブラムシ、シロオビノメイガなどの被害が発生します。
害虫も早期発見を心がけて、見つけたらすぐに駆除することが大切です。

ハモグリバエ
ハモグリバエは、野菜や草花に寄生する害虫です。小さなハエで、葉に卵を産み付けて成虫になります。
幼虫が葉の組織を蛇行しながら食害するため、緑色の葉が白い線を描いたようになります。食害がひどくなると、生育不良になります。
効果的な防除方法は殺虫剤を使用します。種まきの際に粒剤を撒くのも効果があります。殺虫剤を使用したくない場合は、防虫ネットで対処します。

ヨトウムシ
ヨトウムシの幼虫は、葉や茎などを食害します。成虫は灰褐色の蛾で、葉の裏に卵塊を産みつけます。ふ化した幼虫は葉を食べて成長し、土の中で蛹(さなぎ)になり、やがて成虫になります。
幼虫は、昼間は地中などに潜み、夜に地上に出て植物を食い荒らします。 葉の裏の卵や幼虫を見つけたら、葉ごと取り除いて捕殺します。

アブラムシ
アブラムシは、多くの植物に寄生し、葉、新芽、蕾、花などの柔らかい部分に群がります。天敵はテントウムシです。
アブラムシが出す甘露で植物がベタベタになり、カビが生えて、すす病にもなります。
アブラムシはウイルス病を媒介しますが、ウイルス病にかかると治療法はありません。
効果的な防除方法は殺虫剤の使用です。種まき時や苗の植えつけ時に粒剤を処理すると効果的です。

ビーツの育て方を読んだあなたにおすすめの記事:

ロシアの家庭料理!ボルシチのレシピ

2019.09.04

ビーツ(ビート)の後作に植えても良い野菜とは?(連作障害)

2018.09.11




ビーツの育て方・栽培方法