ゴーヤ(ツルレイシ)の育て方・栽培方法

ゴーヤ(ツルレイシ)の育て方・栽培方法

1.ゴーヤ栽培の特徴と時期


ゴーヤの育て方手順に沿って、畑やプランターでゴーヤを栽培してみましょう!
ゴーヤは簡単に育てられるので、初心者が栽培するのにもオススメの野菜です。

ゴーヤ(ツルレイシ)の栽培データ
■ゴーヤの栽培難易度:★★☆☆☆

■ゴーヤの旬:夏7月~9月

■連作障害:あり

■栽培時期:春植え

■春の種まき:4月~5月
 春植え:4月~5月
 収穫時期:7月~9月

■ゴーヤの種が買えるお店
ゴーヤの種を買いたい場合は、販売店をのぞいてみましょう!
こちらから購入するとポイント還元があります。

ゴーヤは年1回栽培することができる野菜で、ゴーヤの旬は、夏の7月~9月です。

ゴーヤは、科目はウリ科、南国の気候を好む、苦みが特徴的な沖縄地方の代表的野菜です。
暖かい気候を好みますが、苗作りの時期に温度に注意して栽培すれば、南国地域でなくても簡単に栽培できます。
病気や虫にも強いので、近年では真夏の日差しを遮るグリーンカーテンとして人気のつる性植物です。

関東地方では、ゴーヤはあまり好んで食べる人は多くありませんでしたが、東日本大震災後の夏の電力不足、エコ対策のためにゴーヤのグリーンカーテンが推奨されたため、栽培する家庭が一気に増えました。
成長が早く栽培も簡単で、朝顔やキュウリ、ヘチマよりも病害虫に強いため、真夏の日除けには最適と夏の定番植物となりました。

ゴーヤの品種としては、『あばしゴーヤ』『長れいし』『太れいし』『中長ゴーヤ』『プチれいし』『中長ニガ瓜』『願寿ゴーヤ』『島娘』『群星』『汐風』など色々な品種があります。

ゴーヤは日除け効果だけでなく、食べられる野菜でビタミンCも豊富なことで注目を集め、ゴーヤチャンプルーやゴーヤジュースなどで、夏バテ防止にもなると一石二鳥です。
ゴーヤの栄養素としては、ビタミンC、鉄分、食物繊維などの栄養素が含まれています。

ゴーヤの苦みがダメという人もいますが、調理次第でかなり苦みは軽減できます。
あの苦みがクセになり、夏の暑い時期のパワーになり好きだという人もいます。

ゴーヤ

ゴーヤの苦みは内側の白いワタ部分なので、苦みが苦手な人は調理の際にはできるだけスプーンで白い部分をこそげとることがおすすめです。
薄くスライスして水にはなしておくとかなり苦みは薄まりますし、サッとゆでればさらによいでしょう。
意外とツナ缶にあうので、薄くスライスしたゴーヤにツナ缶の油ごと和えて数時間おけば、美味しく食べられます。マヨネーズを追加してもOKです。

ゴーヤ栽培のポイントとして、苗作りは温度管理に注意して暖かい環境で行い、苗がしっかり育ってから畑やプランターに定植することです。
好適土壌pHは5.5~6.5、連作障害もあるため輪作年限2~3年です。

ゴーヤの栽培時期は、4月頃に種をポットにまいて育苗しますが、その際に寒の戻りなどもありますので暖かい環境でしっかり育てることが大切です。
種を水分につけて1週間くらいで根が少し出た状態でポットにまくのも育てるポイントです。

5月中旬頃になり、ツルが伸びるくらいに苗が育ってきたら、畑やプランターに定植して支柱を立てます。
夏は台風や暴風雨、竜巻などが発生する地域もありますので、支柱やネットはしっかり固定し、風にあおられたり倒れないように注意してください。

グリーンカーテンにする場合は2階や3階まで楽々と伸びますし、四方八方にツルが枝分かれしますので、幅広いネットを利用するのがおすすめです。
上へ上へと延びる頃に摘心して分岐させ、日除けしたい方向へツルを誘引するのもポイントです。

地域や品種により栽培時期は異なりますが、4~5月頃には種だけでなくポット苗もたくさん出回っていますので、種まきが遅れた場合はポット苗を活用するのもよいでしょう。

関東地方ではゴールデンウィークあたりに土に定植すれば、夏の陽射しが強くなる頃にはツルが伸びて葉も増えてきて、日除けとして活躍できる程度に成長します。
初夏には黄色い花が咲きはじめ、真夏~9月いっぱいくらいまで長く収穫できます。

葉がたくさん茂っているとゴーヤの実がついていることに気づかず、緑の状態で収穫し損ねることがあります。
収穫し損ねたゴーヤは、段々と黄色く熟してきて最後は赤くなってきます。
完熟して黄色くなったゴーヤを割ってみると、中のワタは真っ赤になり、舐めると甘くなっているのも特徴です。
完熟した実の中の種の周囲の赤い果肉を取り除いて乾燥させておけば、翌年の種として使うこともできます。
収穫漏れがあったら、少し種をとっておくとよいでしょう。

2.ゴーヤの栽培基本(畑・プランター)

肥料

種まきはポットに3粒くらい、指で第一関節の深さまで穴をあけてまき、土を軽くかけて水をたっぷりやります。
育苗時期は暖かい環境で育てる必要があるため、ビニールをかけたり、室内や温室などで寒さから守ってください。
種から苗を育てるには、庭やベランダでビニールで覆い、温室状態を作ってポットを保護することが大切です。

発芽を促すために、ポットにまく前に1週間くらい水分に浸して種の外皮を柔らかくしておくと、根が出やすくなります。
ゴーヤの種は皮が固くて発芽しにくいので、外皮の一部を傷つけて吸水しやすくし、一晩おくという方法もあります。

根が出た種だけをポットにまくのもひとつの手です。
ポットで発芽したら、本葉2枚くらいの時期に間引いて1本だけの苗にします。
南国の野菜ですから日当たりの良い場所で、日光に十分当てて育てます。
ビニール等で覆っていると高温になるケースもありますから寒気には注意してください。

水やりは朝が望ましく、夜に水分が多いとヒョロッとした徒長の原因になります。
本葉5~6枚までしっかりポットで育てていると、ツルが伸びてくるくらいになりますので、定植時期です。

畑やプランターへの植え付けの3週間前までに、土作りをしておいてください。
畑の場合は堆肥や元肥を入れてよく耕し、株間90㎝、畝幅90㎝で畝を立てます。
土壌pHは、5.5~6.5がよいでしょう。

ゴーヤは長く実をつけますので継続的に肥料を必要とする野菜ですが、多過ぎると葉ばかり茂ってしまうケースもあります。
葉ばかりで花芽が付かなくなり、グリーンカーテンには良くても収穫が少ないので、肥料の与え過ぎもよくありません。
野菜用のバランスのとれた配合肥料がおすすめです。

ゴーヤの苗の植付けは気温が十分に高くなってから、寒さが戻ってこない時期がおすすめで、関東地方ならゴールデンウィークあたりがよいでしょう。
本葉が5~6枚で定植し、株間90cm程度、ツルを誘引するための仮支柱をたてておきましょう。
定植の前にはポットごと吸水させておくか、定植した後にたっぷりと水をやってください。
植え付けは晴れた暖かい日の午前中がおすすめで、午後の陽射しで根をはりやすくなるので活着がよくなります。

ゴーヤは連作障害がありますので、同じ畑での栽培は2~3年は間をあけるようにしましょう。
ニラやネギを一緒に植えるとコンパニオンプランツとなり、土壌病害の防止になります。
双方の根の周囲にいる微生物が、それぞれの根に良い影響を与え活性化されて、生育が促進され健康に育ちます。
畑に定植してから2週間くらいしたら、支柱を立ててネットをかけましょう。

ブランターの場合は、種を直接まいてビニールで覆い温室化することも可能です。
ただし、できればポットで苗の状態まで暖かい環境でしっかり管理して育ててから、プランターへ植え替えする方がよいでしょう。
苗の状態での生育はバラバラなこともありますし、芽が出ないケースもありますので、元気な苗に育ててからプランターへ定植することが安心です。

ゴーヤ向けのブランターは、野菜用の根がしっかりはれるような深めのプランターを用意してください。
土作りは畑と同様ですが、野菜用のバランスのよい肥料を選べばよいでしょう。
株と株の間は畑ほどはとれませんが、20~25㎝くらい、プランターに3~4株程度がおすすめです。
ひとつのプランターに多く植え付けると、夏に根がまわって苦しくなり生育が悪くなります。

3.ゴーヤの栽培手入れ

水やり

ツルが伸び始めのうちは、細くて弱々しいのでヒモで誘引するとよいでしょう。
成長とともに巻きヒゲをドンドン伸ばしていきますので放っておいても構いませんが、葉が重なると日が当たりませんし、グリーンカーテンの場合は隙間ができてしまうため、ネットに広がるように随時誘引するのがおすすめです。

ネットからツルが飛び出していると不安定で弱りますので、飛び出したツルの先端はカットして摘心しましょう。
気温が高くなってくると成長が早まり、一気に3m以上にも育ちます。

ゴーヤは、親ヅルより子ヅルの方が実がつきやすいので、最初の本葉6~7枚くらいで親ヅルは摘心し、子ヅルを伸ばしていきましょう。
ツルは放任してしまうと自由に茂り過ぎ、実の数は増えますが大きく育ちません。

大きなゴーヤを収穫したいなら、なるべく上部の元気な子ヅルを2本伸ばして、他のわき芽は摘み取るのがよいでしょう。
ゴーヤの収穫よりもグリーンカーテンでの日除けが目的であれば、親ヅルの摘心だけで十分な剪定となります。

ゴーヤは同じ株に雄花と雌花が咲き、放っておいても自然に受粉して結実してくれます。
花の根元に小さなキュウリのようなふくらみがあるのが雌花で、雄花と比べると数も少なめです。
初期は雄花ばかりが咲いて雌花は遅いですが、雌花は短日条件(日が短い)の性質なので6月後半から増えてきます。

夏至(6月下旬)を過ぎると短日になり、8月には盛んに雌花が咲いて結実するようになってきます。
雌花は子ヅルに多く咲くという習性もあり、親ヅルより子ヅルを伸ばす方がよいでしょう。

ゴーヤの実付きが悪いと思ったら、朝の早い時間に雄花の花粉を雌花にこすりつけ、人工授粉させる方法もあります。
実ができないのは授粉していないためなので、人工授粉させるか、花を虫が発見しやすいようにする手もあります。

葉が過剰に茂ってしまい、花が葉の陰に隠れて埋まっていると、虫が飛んできても受粉できないというケースもあり得ます。
ツルを上手に誘引して、飛んできた昆虫たちの受粉チャンスを逃さないようにするのも大切です。
肥料の与えすぎが原因でツルボケとなり、ツルや葉ばかりで花がつかないこともあります。
施肥量を控えめにしてみるのも良いかもしれません。

逆にゴーヤの収穫は不要でグリーンカーテンとして大きく日除けの役割を果たして欲しいのなら、葉やツルを伸ばして茂らせる方がよいケースもあるでしょう。
しっかり肥料を与えてスクスク成長させていけば、1階から2階のベランダまで覆うような立派なグリーンカーテンになります。
たまに2階立ての家がすっぽりゴーヤに覆われていて、屋根まで達している状態を見かけることもありますね。

ゴーヤは朝顔のようにまっすぐ1本で上へ伸びるだけとは異なり、親ヅルの摘心によって横へ幅広く茂らせることができます。
葉が重なってモッタリしていたり、隙間が開いていると見栄えが悪いですが、ネットの幅いっぱいにまでゴーヤの葉を一面に茂らせることが可能です。
ネットに均一に葉をバランスよく茂らせて、飛び出たツルは剪定するという方法で美しい緑のカーテンを楽しむことも可能です。

9月後半になってくると、ゴーヤの緑の葉も黄色く枯れ始めてきます。
枯れて来れば巻きヒゲも枯れてネットから取り外しやすくなりますが、生きている間はしっかり巻き付いているのでネットから外すのは容易ではありません。
グリーンカーテンの場合は枯れると見栄えが悪いので、ネットごと上手にはずせるように設置しておくとよいでしょう。
ネットごと外して、ゴーヤが枯れてから取り外すという方法がおすすめです。

4.ゴーヤの収穫時期について

ゴーヤの病気

ゴーヤの生育不良の原因はいろいろで、日当たりが悪い場合や水が足りない、天候不順で気温が低すぎたり、日照不足の場合もあるかもしれません。
あるいは水やりが多すぎ、雨続きで根腐れしているケースもあるかもしれません。
プランターの場合は株が多すぎると、根詰まりしていて生育不良ということもあるでしょう。
土壌の肥料バランスが悪くなって、生育不良となってしまうことも多々あります。

毎年、同じように育てているのに不思議だなと思ったら、連作障害の場合もあるかもしれません。
ゴーヤは連作障害があり、同じ場所で続けて育てていると生育が悪くなります。
何年も同じ土で育てているとセンチュウ被害が起きやすくなりますので、土壌消毒をすることがよいでしょう。
土作りをするときに消毒しておくことや、土の肥料濃度をチェックしてバランスよい土壌にするという準備も大切です。

プランターで育てる場合は、毎年新しい培養土を利用することが望ましいです。
前年にゴーヤを植えたプランターや土をリサイクル使用する場合は、消毒してから再利用するようにしましょう。
容器などを消毒しておくことも大切です。

ゴーヤには生理障害もあり、南国の植物なので株が低温にさらされると成長が止まります。
雌花の開花時期に、気温が低いと受粉が正常にできず実が大きくならなかったり、結実しないこともあります。

雌花が咲いた時期に雄花が開花していないと受粉できないので、受粉障害によって実ができないこともあります。
あるいは開花の日がタイミングが悪くて雨だったりすると、虫も飛んでこないで受粉が成功しないこともあるでしょう。

受粉障害がある場合、結実しても実が大きくならないまま黄色くなって落ちてしまうこともあります。
実はたくさんできているのに、なぜか大きくならないというケースは決して少なくないのです。

栄養が実に行き渡らなくなっている場合なども大きく育ちません。
真夏には朝夕とたっぷり水が必要なので水切れしてしまって生育しなくなることも多々あります。
土壌も栄養不足となりスタミナ切れにもなりがちなので、追肥が必要なこともあるでしょう。

ゴーヤの収穫時期は初夏から真夏8~9月ですが、取り方はゴーヤの上の細い緑色のうちに収穫しましょう。
もう少し大きくなるだろう、大きく育ってからと待っているうちに熟してしまい、黄色くなってしまうことがあります。

ゴーヤは熟してくると緑から黄色になり、パカッと割れて落ちてしまいます。
黄色くなったゴーヤは柔らかくなり、苦みは少ないですがシャキシャキ感が無くなって、あまり美味しくありません。
完熟すると中の種は真っ赤になって、黄色と赤でなかなかグロテスクです。

完熟状態になったゴーヤのワタはオレンジから赤い色に変わり、種の表面も赤くなっています。
完熟したゴーヤの種は翌年も育てることができますので、種の表面をきれいに洗うと赤い色は消え、白っぽい種になりますので、乾燥させて春まで保存しましょう。

ただし、購入したゴーヤの種やポット苗のタグに「F1」や「一代交雑(交配)」という記載があれば、一代限りの品種ということになります。
種がとれたとしても同じ品種のモノは育ちませんし、生育不良になりがちなので注意が必要です。

5.ゴーヤに発生しやすい病気と害虫

ゴーヤの実

基本的にはゴーヤは丈夫な植物ですが、病気になることもあります。
適応性が高くて病害虫に強く育てやすい野菜なのですが、排水の悪い土壌で多湿になってしまうと根腐れして弱ってきます。

生育がよかったゴーヤが徐々に葉が萎れてしまったり、黄色くなったり病斑がでるようになったら、病気かもしれません。
キュウリのような梅雨どきの蒸れやウドンコ病よりも、べと病が発生することが多いでしょう。

べと病は葉に黄色い斑点ができてきて、やがて茶色く下の方から枯れてしまいます。
梅雨時期と秋の長雨の時期など、水分が多くて蒸れやすい頃に発生しやすく、株ごとすべてダメになったりはしませんが、下から葉が枯れてくるような状態です。

真夏に発生することはないので、梅雨どきさえ乗り切れば真夏に収穫する家庭菜園では、さほど大きな問題にはならないでしょう。
カビの一種なので、梅雨の高湿度で蒸れやすい環境にならないようにしてください。
梅雨の頃はまだ葉が多くはない時期なので、風通しなどに気をつければ大丈夫です。

ゴーヤは高温には強いけれど寒さと乾燥に弱いので、植え付け時期と水管理に注意することが病気発生の予防につながります。
ポット苗状態から定植するときは、十分に気温が高くなった時期を見計らって植え付けることも大切です。

病気になりやすいのは、気温が低い梅雨時期、冷夏や長雨が続いて蒸れやすい時期で、多湿環境がカビが原因の病気を引き起こしやすくなります。

べと病以外では、株全体が青みを残したままで萎れてしまう「青枯れ病」や、葉が白っぽく粉状態のカビ発生する「ウドンコ病」、葉に水がしみたような病斑ができる「斑点細菌病」、モザイク模様がでる「モザイク病」などがあります。

モザイク病に感染すると、株の成長が極端に悪くなってしまいますし。苗が萎れてしまう「苗立枯病」では、進行すると株ごと枯れてしまいます。

ゴーヤは害虫には強い植物ですが、苗から植え付けしたばかりの時期は、害虫に食べられてしまうこともあります。
蛾や蝶・ハエなどの幼虫、野菜の天敵アブラムシ、ダンゴムシもゴーヤにつくことがあります。
ワタアブラムシは、体長1.5mmほどの緑色した小さな虫で葉裏に細かく群生して、栄養分を吸い取り弱らせてしまいます。
暗緑色・茶褐色のイモムシ状のオオタバコガやヨトウムシなどもいます。

8月末~9月頃になってくると、ゴーヤの実に穴をあけて実を食べる害虫もでてきます。
まずは葉裏について食害し、そのうちにゴーヤの実にも穴をあけて食害していく、縦に二本の白線が入っているウリノメイガです。
傷ついたゴーヤはすぐに黄色くなって傷んでしまうので、黒い糞がたくさん落ちていたら要注意です。
丸まったり包まれている葉の中に隠れていますので、早急に駆除しましょう。

もともとゴーヤは病害虫にも強く丈夫な植物なのですが、なんらかの理由で弱ってくるとやはり病気にも感染しやすくなりますし、害虫もつきやすくなります、

ゴーヤは乾燥に弱くて多湿も嫌いますので、水の管理が重要なポイントになります。
苗の生育時期は水やりは朝で夕方に水やりすると徒長の原因になりますが。夏場は毎日夕方にたっぷり水やりしましょう。
ただし、排水性の悪い土壌の場合は、多湿にならないように水やりのしすぎにも注意する必要があります。

病気発生の予防には、株と株の間は十分とって密植しないこと、葉が混みあいすぎないように、蒸れないように風通しを重視することです。
ツルを上手に誘引して葉が重ならないようにし、葉が混みあっている状態なら摘葉するなど、しっかり管理してあげることが大切です。

ゴーヤの育て方を読んだあなたにおすすめの記事:

ゴーヤ(ニガウリ)の後作に植えても良い野菜とは?(連作障害)

2018.08.02

レンジで簡単!ゴーヤのおひたし

2018.04.24

ゴーヤ茶で免疫力アップ!ビタミンCの栄養もたっぷり

2018.04.23

お豆腐入りゴーヤチャンプルー!栄養満点

2018.04.22




ゴーヤ(ツルレイシ)の育て方・栽培方法