シソ(大葉)の収穫時期と収穫方法は?

シソ(大葉)の収穫時期と収穫方法は?

1.シソの収穫について

シソの収穫について

シソの収穫はいつからいつまでの時期に収穫できるのか、また、シソの収穫タイミングはいつが良いのか、シソはどのように収穫すればよいのか、シソの収穫で気をつけることは何かなど、疑問に思われている方も多いので、今回はシソの収穫について見ていきたいと思います。

シソの栽培データ
■シソの栽培難易度:★☆☆☆☆
■分類: シソ科シソ属
■原産地:ヒマラヤ、中国
■シソの旬:7~10月
■栽培時期:春まき
春の種まき:4~5月、植え付け:5~6月、収穫時期:7~10月

2.シソの収穫時期

シソの収穫時期

シソは春まきが一般的で、4~5月に種をまいて、5~6月に植え付けをし、7~10月に収穫時期を迎えます。
収穫したシソは、お刺身のつまにしたり、シソジュースにしたり、醤油漬けにしたり色々な方法で美味しくいただきたいですね。

シソは、収穫する段階によって名前が変わり、収穫時期も異なってきます。
収穫は、晴れた日の朝か夕方の時間帯に行うと良いでしょう。

芽紫蘇の収穫時期

種をまいてから本葉が1~2枚出た頃は、芽紫蘇と呼ばれており、よくお刺身のつま食としてべられています。
芽紫蘇として収穫する場合の収穫時期は、4月~5月です。

シソ、大葉の収穫時期

一般的なシソの葉の収穫は、草丈30㎝程度で本葉10枚以上になったら収穫タイミングですので、下の葉を順次収穫します。
3~5節くらいまで主枝が生育したら、摘芯してわき芽の生育を促進させると、長くシソの収穫が楽しめます。
シソ、大葉の収穫時期は、7月~10月です。

花穂の収穫時期

咲き始めの花穂は、お刺身のあしらいとして利用されます。
シソは短日植物のため、9月頃からとう立ちしますので、この時期に花穂が収穫できます。
花穂の茎は柔らかいので、香りを楽しみながらそのまま生で食べることができます。
花穂の収穫時期は、9月です。

シソの穂・シソの実の収穫時期

花が咲き終わると、茎の部分が少しずつ固く丈夫になって伸びていきます。
種はシソの実として醤油等に漬け、ご飯と一緒に美味しくいただけます。
プチプチとした食感と、シソの香りを楽しめます。

穂先に2~3輪ほど、花が残っており、茎がまだ緑色の状態で、穂の中に緑色の実が見えたら収穫します。
シソの穂・シソの実の収穫時期は、9月~10月です。

3.シソの収穫方法

シソの収穫方法

シソの収穫はとても簡単です。
シソを収穫する場合は、葉の付け根部分を園芸バサミで切り取って収穫します。
収穫する際は、下の葉から順番に収穫ていきます。

シソは生育が旺盛で分岐性も強いため、大胆に収穫をしていっても次々と新しい葉が育ちます。
余分な葉を収穫することで日当たりが良くなり、若い芽が育ちやすくなりますので、収穫時期に入ったらどんどん収穫していきましょう。

赤ジソを収穫する場合は、背丈が50cmぐらいになったら、側枝を2本残して主軸を枝ごと収穫していきます。
収穫後に追肥をしておくと、側枝が茂ってきて、再度収穫することができるようになります。

4.シソの保存方法

収穫したシソとシソの実

シソは種を取っておいて、次の年にまた育てることもできます。

種の取り方は、シソの実がついた枝を陰干しし、乾燥させます。
ビニール袋の中に入れ、上から手でもみます。

その後、ふるいにかけて殻などのいらないものを取り除いて種のみ採取して保存します。
種は小さいので散らばらないように注意しましょう。

シソの収穫時期と収穫方法は?を読んだあなたにおすすめの記事:

シソの水やり頻度や時間帯は?

シソ(大葉)の水やり頻度や時間帯は?

2021年8月29日
赤しそと青しそ

シソ(しそ・大葉)の育て方・栽培方法

2021年8月12日
家庭菜園

オルトラン粒剤の使い方・オルトラン効果まとめ!

2018年10月27日

シソ(大葉)の収穫時期と収穫方法は?