大根(だいこん/ダイコン)の育て方・栽培方法

ダイコンの育て方・栽培方法

1.大根栽培の特徴と時期


大根の育て方手順に沿って、畑やプランターで大根を栽培してみましょう!
大根は春植え・夏植え・秋植えと、比較的いつでも植えられるので、家庭菜園でとても栽培しやすい野菜です。

大根(だいこん/ダイコン)の栽培データ
■大根の栽培難易度:★★☆☆☆

■大根の旬:夏6月~7月、秋10月~12月

■連作障害:あり

■栽培時期:春植え・夏植え・秋植え

■春の種まき:3月~6月
 収穫時期:6月~7月

■秋の種まき:8月~10月
 収穫時期:10月~12月

■大根の種が買えるお店
大根の種を買いたい場合は、販売店をのぞいてみましょう!
こちらから購入するとポイント還元があります。

大根は年2回栽培することができる野菜で、大根の旬は、夏は6月~7月、秋は10月~12月です。

大根は、アブラナ科目に属しています。日本でも歴史が古く、元々は地中海からのものが原産として栽培されていたものが中国へと渡り、日本に広まったという非常に歴史のあり食べものであると言えるでしょう。

大根の栄養素としては、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンK、カルシウム、食物繊維、葉酸などが含まれます。

大根の品種としては、『三太郎大根』『秋こまち大根』『YR早生おでん大根』『与作大根』『春づまり大根』『春がすみ大根』『中型アルタリ大根』『緑輝』『耐病総太り』『関白』『冬自慢』など色々な品種があります。

大根の栽培では、良い土を使ってよく耕していくことがよりよい大根の栽培ポイントです。

また、大根に限らず野菜を栽培する際についての全般で言うことができることですが、連作障害というものがあります。

連作障害とは、同じ作物を同じ場所で栽培し続けると土の中で有害な虫が多くなったり、土壌の中の栄養分が大幅に不足してしまうというものです。

大根畑

大根の連作障害を防止するためには一度作った作物の場所ではしばらく期間をおいて違う作物などを育てるなどの工夫をする必要があります。

このような栽培期間をあける期間のことを輪作年限と呼び、大根の場合ですと2~3年の期間開ける必要があります。
できるだけ連続で育てたい場合は、別の土地を使用するなどの作業が望ましいです。

大根の連作障害が発生しやすい作物はナスなどのウリ科やアブラナ科、マメ科の作物が引き起こすことが多いので、作物を栽培するときには、連作していないかということを確認してから栽培をするようにしましょう。

同じ作物ばかり育てているとその作物が作り出すアミノ酸、有機酸や糖などの各種栄養が一定のものに偏ってしまいます。

また、これらの養分は微生物の貴重な栄養分になります。養分が偏ってしまうということは微生物の種類が偏ることにもつながるので、土壌の生物多様性が失われてしまうのです。

生物多様性が崩れてしまうと、土壌の中の病原菌のみが増えていくことで、青枯病、根こぶ病などの病害を作物に発症させてしまうことになるでしょう。

せっかく栽培する野菜ですので、細心の注意を払って栽培しましょう。

次に、好適土壌pHという指標があります。これは、作物を育てると土壌が酸性になるということを知っておく必要があります。
このことに付け加えて、酸性に傾きすぎたものにはアルカリ性を加えることにより強くなりすぎた酸性の成分を抑えるという作業が必要になってきます。

大根の場合では、好適土壌pHが5.5~6.5であるとわかっているので、その基準にあわせて調節をしましょう。土壌の酸度を測るには、pH測定器というものを使用します。

この種類はピンからキリまであるのでできるだけ使いやすいものを選びましょう。土に突き刺して測定する方法のものは簡単で3千円ほどで購入できるのでお勧めです。

大根の栽培時期については、冷涼な気候を好むので、それを活用した秋採りが一番基本の栽培方法です。

夏採りの栽培でも栽培が可能ですが、種を早くまきすぎたり、遅くまきすぎたりで病害虫の影響が発生しやすくなってしまうので、初心者のかたには秋採り栽培がおすすめで、秋採り栽培に適している大根の品種を選ぶと良いです。

2.大根の栽培基本(畑・プランター)

肥料

大根は基本的には、土壌中の肥料が少ない場合の荒れ地でも比較的よく育つ作物であると言えるでしょう。それが乾燥しやすい冬で収穫ができる大根の特徴でもあります。

肥料の使い過ぎには注意をしましょう。栽培期間の全体に渡って少しずつ肥料を使っていくことがコツになります。肥料のバランスについてもできるだけバランスの良いもの選択して、偏りすぎないようにすることがポイントです。

肥料でも2種類あり、有機のものと化学のものが存在します。
有機のほうは、植物性の油粕や米ぬかなどを中心とした有機物と動物性の糞などを中心とした有機物などがあります。利点としては、土壌の中の生物が多様になるということや効果の持続性が長く続くということです。

また、欠点は、土壌中の微生物が分解をするというプロセスでガスが発生することで作付けが半月ほどかかるということでしょう。
一方で、化学性のものでは、窒素ガスや鉱物などを主原料にしているものがあるということが主な特徴になります。

利点は、どのくらい使うべきかということが明確であるということでそういう点では初心者にも簡単に使うことができるということがあげられます。
いずれにしても、両者をバランスよく使用をしていくことが推奨されています。そうすることで、土づくりに化学肥料を加えたことにより早く作ることができるようになったということにもなるのです。

土作りをしていく際の手順としては、畝を作るときには株間が30㎝になるようにしましょう。横から見ると凸凹上になっていることが特徴である畝については高くなるようにしていくことが望ましいですが、その理由は、加湿になることによって発生する「軟腐病」を発生させないようにする狙いがあります。

また、大根には保水力が高いという特徴があるので、排水性が高い土壌を作り上げていくという工夫が大切になってきます。

大根は根が長いので根が伸びていって障害物に当たってしまうと二つに根が分かれてしまうという状態になります。そのため、できるだけ深く耕して土の堅い塊や石などの障害物となりえるものは排除しておくことをお勧めします。

次に、種まきについて説明していきます。種まきは、株間がおよそ30㎝ほどになるように1つの場所で4粒ほどまいていきましょう。

そして、地中深くに埋め込むのではなく、軽く土をかぶせる程度に直播きで良いです。この方法は、畑で育てていく際の方法ですが、プランターに苗になるまで育てていきたいというような場合も想定されます。

その場合では、大根が根を地中深く伸ばすという特徴があることから、深さのあるプランターを使用することがおすすめです。プランターの底にはすのこか軽石などを敷き詰めておきましょう。深さは40㎝あれば十分です。

あとは畑で栽培する手順と同じです。ゆくゆくは苗になるので、苗まで成長したら畑の土に植え付けていくことも可能です。このように気軽に小規模に栽培もすることが可能ですので、一度小さな容器で栽培してみて出来そうであったら、大きい規模の栽培方法に方向転換をするというやり方をする事もできます。

このことは初心者などの野菜の栽培についてできるかどうか不安だという方の失敗してしまった際のリスクを和らげることになるので、大変おすすめの育て方だと言えるでしょう。
もちろん上級者の方でもスペースが小さく済ませたい場合には良い方法です。

3.大根の栽培手入れ

水やり

大根の栽培手入れについて説明していきます。
まず、芽がのびて発芽したばかりの芽は一つ間引き、2~3本は残すようにしましょう。
そして、3~4枚になったら、2本間引き、5~6本になったら今度は1本抜くということをしましょう。この時に抜くべきものは、枯れているようなものや虫食いのものなどダメになっているようなものを抜くようにしてください。

そうして苗に成長をさせていきます。受粉についてですが、大根は自家受粉という同じ株同士の受粉がしづらいという性質があります。
そのため、他家受粉の考え方が必要です。他家受粉では、他の株から花粉を運ぶという作業が必要です。

このような作業は昆虫が多い時期の夏などは虫に受粉を任せることができます。一方でそれが困難な場合もあります。そのような場合は人工授粉によって筆などで他の株から花粉を一方の株の雄しべにつけるという作業をします。

除草作業も重要です。
その理由は、雑草が周りにあるとその草が土壌の栄養分を吸収してしまうので、きちんと作物に栄養が行き届くためにもこまめに雑草を抜くことを怠らないことが大切です。

このように土壌への気配りは大変重要であり、土への対策や水やりなどの土に関わるような要素さえ網羅することができるようになれば、初心者の方でも栽培しやすい作物の一つです。

4.大根の収穫時期について

大根の収穫

大根の収穫時期について説明していきます。
収穫の時期については、品種によって異なってくる部分もありますが、基本的には大根が成長をしたかどうかを自分の目で確かめるという作業が収穫できるかどうかの判断の主要な方法になります。タイミングとしては、育っている大根の首の太さが7センチぐらいになった時がいい頃でしょう。

ここでいう長さは大根を上からみた場合の円の直径を意味しています。これが太いほどいい育ち方をしているとみることができます。

取り方としては、ニンジンなどを引き抜くときには根の部分ではなくても簡単に引き抜くことができますが、大根を抜くときには、首の部分をつかんで引き抜いて取るようにします。収穫時期が大幅に遅れてしまうと「す」がはいることによって食感が変化してしまいます。
このような「す」入り大根やまた大根、肌荒れ大根などは生理障害になっている状態です。

この状態を防ぐための方法としては、適量の水を与えることや土に未熟である栄養分を残さないこと、高温などの気温の変化に注意するということが挙げられます。

肌荒れや又になってしまうということは土に未熟な栄養が残っているという状態です。そのため、肥料などを使用する際には種をまく2週間以上前にしておくなどの対策が肝心です。「す」入り大根の原因は、気温が不適切であるということです。生育不良がどういうものなのかというものについて知っておくことも必要です。

大根で言う生育不良は最大の不良だと見た目でもわかる場合は、根が十分に育っていないというようなケースです。
そもそも大きい根であることが特徴の作物なので、成長不足だと一目瞭然であると言えます。そのような原因の一つに日照不足であったということが挙げられます。
日当たりの良い場所を好むので、

プランター栽培で、日陰の場所にある場合は移動をさせることをお勧めします。
これは葉の生育が悪いということにも関わってきます。

そのほかには、肥料の量が十分ではないという問題があります。肥料切れを起こしていると気づいたときには、速効性のある肥料で応急措置を取りましょう。
このことは主に、水やりや日当たり、土の質も大丈夫なのに作物の成長があまりよくない場合は肥料が少ない可能性が考えられるので、追加するようにします。

そのほかに原因があるとするならば、土の質が悪いことが挙げられます。土の質はその土地の状況によって変わってくるので、粘土質の土なのか、硬い土なのかということを考え、その場合は、大根には不向きなので、市販の柔らかい土を買ってきて、水持ちが良い土を選ぶよう資することで、生育不良になるような状況を回避することができるようになります。

種をまいてから収穫するまでには、60日くらいかかると言えますが、品種によって違ってくるので種子の袋などに記載されている説明に書かれている記述を参考にすると良いでしょう。

このようによりクオリティーの高い作物を収穫するまでには多くの時間や配慮が必要ですが、大切に育てていってきれいな作物ができた時の作物の状態はその労力のおかげで質の良いものを作ることを促す要因になってくれるので最後まで丁寧に続けていることを怠らないことが非常に大切です。

しかし、一度慣れてしまえば、あとはその慣れに任せていくだけですのでそれまでのプロセスを大事にしていきましょう。

5.大根に発生しやすい病気と害虫

大根

大根を育てる際に発生しやすい病気と害虫について説明します。大根栽培における厄介な害虫には、大根サルハムシという害虫がいます。

大根サルハムシは、別名を大根ハムシとも呼ばれています。
この虫は、大根などのアブラナ科の植物に発生することが多いです。
大根の葉を穴だらけにしてしまい、幼虫であろうが成虫であろうが、葉を食い荒らしてしまいます。幼虫のサイズはおよそ体長が7㎜ほどの大きさで成虫で4㎜ほどです。

この虫に対処するには、自分の手で見つけたらすぐに取り除くことが望ましいですが、どうしても抑えることができない場合には、速効性と持続性のある農薬を使用すると良いでしょう。

この種の害虫は残念ながら繁殖力に優れているので、作物が成長してきたら、早めの対策が重要です。例えば、成虫の苦手な光を発生させるために全体に反射テープを張り巡らせるなどの工夫が必要になります。

それ以外にもCDを吊り下げたりするだけでも太陽の光を反射して、裏面を光らせることができるのでそのような対策も効果的です。

その他にも、「黒腐病」というような名前の病気が存在します。
葉の色は葉緑体で構成されており、緑色を帯びた葉っぱであることが普通の状態ではありますが、このような葉は、先端部分のへこんでいる箇所の色が黒色に変化してしまうという特徴があります。この発生はすべてのアブラナ科の植物で発生することが想定されます。

大根もアブラナ科です。
これはさらに種子の頃から感染して、最終的に葉をつける局面になった時点で病気の兆候が現れます。
具体的な対策方法としては、食害性の害虫である虫の駆除を徹底することにあります。

「菌核病」という病気では、おもに暗緑色の病斑を発症し、多湿である状態の下では、クモの巣のような埃のようなカビが生成されることが特徴の病気であります。

発生の仕組みは病斑上に形成された菌の核が原因で土壌中で生存するということにより降雨の多い季節に発生するので、結果としては無加温の施設や、早春や早い時期の秋に多発するというケースが多いので、そのような場合に備えて防ぐ必要があります。

具体的な対処方法としては、ハウス栽培の場合では、被害軽減が期待できる方法では、紫外線カットできるフィルムをつけることが挙げられます。
また、専用の薬品を使用することで効果が期待できると言えます。

大根の育て方を読んだあなたにおすすめの記事:

オルトラン粒剤の使い方・オルトラン効果まとめ!

2018.10.27

辛味大根(からみだいこん)の後作に植えても良い野菜とは?(連作障害)

2018.09.22

大根と豚バラ肉の煮ものレシピ

2018.08.19

ダイコン(大根/だいこん)の後作に植えても良い野菜とは?(連作障害)

2018.08.06

辛味大根(からみだいこん)の育て方・栽培方法

2018.04.15




ダイコンの育て方・栽培方法